被爆データ

  • 2019.07.02 Tuesday
  • 22:02

 

 

実は被曝データは日本の代表者を守るために米国に出しています。

 

米国の秘密特許法の保護を受けている原爆特許を日本の代表者が所有しそれを秘密にし続けるためには更新する必要がある。

 

 

元ABCCでUCLA教授ジェームズヤマザキは原爆をテロと呼び、子々孫々に渡って遺伝子を破壊する武器の威力を説明する

 

 

https://pbs.twimg.com/media/D4LE16vUIAAKfu9.jpg

 

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/1117675136901980160

 

 

 

 

 

テロ(terror)は「恐怖」と和訳すべきと言う翻訳家がいますが、

 

ジャームズ・ヤマザキは原爆の主犯が日本であることを知っているし、

 

その罪深さを医師としてUCLAの公式サイトに遺しています。

 

英日米ディープステイトにとっての原爆は、世界を脅迫して従わせる恐怖政治の核です。

 

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/1117682910201401344

 

 

 

 

 

ニツポンは放射能垂れ流し  ロシアは放射性物質収集システム開発

  • 2019.05.16 Thursday
  • 22:13

 

 

◎ 核爆発だと東電が業務上過失致死罪で刑事告発され、東電の社長らは逮捕されるみたいですね!

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/2408

 

 

◎ 本当の犯人は もちろん

 

天皇の「原爆特許更新」のための 人体実験です。

 

そうでなければ 普通の人間の感性で 垂れ流しで 原発維持が 許されるはずがありません。
 

 

 

 

5.14  ロシア原子力企業、福島第一原発の放射性粉塵の収集システムを開発へ


ロシア国営原子力企業ロスアトム傘下の「テクスナブエクスポルト」は、

福島第一原発から核燃料を取り出す際に発生する危険な粉塵を収集するシステムを開発すると発表した。



このシステムは廃炉作業の安全性を保証する助けになるという。

プロジェクトは日本政府の資金援助を受ける。


2年にわたり、ロスアトムは作業員が核燃料の一部を発見、回収、撤去する際に直面する放射性粒子の性質研究を目的に一連の実験を行っている。

 

 

 

 

◎ 福島3号機は核爆発

 

https://youtu.be/czSjzvXK76g

 

 



 

東電 原発廃炉作業で外国人労働者を受け入れ  放射能汚染水の放出を禁止すべき

  • 2019.04.18 Thursday
  • 22:12

 

 

4.18  東電、福島第1原発の廃炉作業で外国人労働者受け入れへ

 


東京電力は、福島第1原発の廃炉作業などで、4月から始まった新たな在留資格「特定技能」の外国人労働者を受け入れる方針を明らかにした。日本のマスコミが報じた。

 


東京電力は、協力会社数十社を対象にした会議で、日本人が働いている場所では同じように受け入れ可能であると説明したという。

 


朝日新聞によると、対象業種は「建設」「産業機械製造業」「電気・電子情報関連産業」「自動車整備」「ビルクリーニング」「外食業」の6業種。

 

 

東京電力は、再稼働を目指す柏崎刈羽原発(新潟県)でも、特定技能の外国人労働者を受け入れる方針だという。

 

 

☆ サンカ ペクチョンは 非人。


DNA と 脳検査で なにかが分かるはず。


ペクチョンに関しては
李氏朝鮮の 奴隷であったことの 仕返しをしているようにみえて しかたがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12.20 18  露外務省:日本は福島第1原発からの放射性汚染水の太平洋への放出を禁止すべきだ

 

ロシア外務省のザハロワ報道官は20日、日本政府は福島第1原子力発電所事故によって発生した液体放射性廃棄物の太平洋への放出を禁止すべきであると発表した。

 

 

ザハロワ氏は

 

「マスコミで定期的に伝えられている福島第1原子力発電所の大事故によって発生した液体放射性廃棄物を海に大量に放出するという東京電力の方針に関する報道は懸念を呼んでいる。

 

 

特に2017年7月の川村隆東京電力会長の発言や、

 

最近インディペンデントならびにジャパン・ニューズをはじめとした複数の外国の新聞が伝えた記事によって懸念が生まれている」

 

と指摘し、

 

「日本政府は、放射性汚染水の海への放出を禁止し、福島での大事故によって発生した廃棄物を安全に処理する方法を見つけるべきだと考える。

 

日本にそのような技術がないのであれば、日本は国際社会に支援を求めることができるはずだ」と強調した。

 

 

またザハロワ氏は、

 

これが「数十万トンの放射性汚染水」に関するものであることに注目し、

 

「このような大量の放出は、太平洋の環境や水産資源に大きな損害を与える恐れがあると考えている。

 

これは日本の漁業関係者、そしておそらく沿岸地域の住民全体にも打撃を与えるだろう」と述べた。

 

 

ロシアはまた、他の国にも損害を与える可能性があると考えている。

 

ザハロワ氏は「放射性汚染水の放出が、ロシアや地域の他の国々の漁業の利益に悪影響を与える恐れもある」と指摘した。

 

 

 

 

 

福島への帰還 国連が見合わせ要請   原発で核兵器所有

  • 2019.04.03 Wednesday
  • 22:10

 

 

フランス通信社


『福島への帰還、国連が見合わせを要請 日本政府は反論』2018年10月26日:


福島第1原発事故の直後、日本政府は被ばく線量の許容限度を年間1ミリシーベルトから20ミリシーベルトへ引き上げた。…

日本政府には、幼少期の被ばくを予防し、最小限に抑える義務がある




〇 福島への帰還、国連が見合わせを要請 日本政府は反論

 日本政府は、被災地域の大部分で避難指示を段階的に解除してきたが、指示は放射線量が引き続き高い場所では依然出されたままとなっている。


 政府は被災地の復興と再生を強く推し進めているが、

 

政府がいう放射線量の「安全」基準が国際基準に一致していないとの批判にさらされている。(c)AFP

https://www.afpbb.com/articles/-/3194891




〇 福島への帰還を見合わせ要請。

このニュース、拡散を希望します。


国連の特別報告者バスクト・トゥンジャク氏が10月25日に要請。

https://www.afpbb.com/articles/-/3194891




〇 原発は、環境から降注ぐ超高速中性子を遮蔽してくれる深い水から核燃料を出せば、

即、核爆発装置になりますので、核兵器を所有していると言えます。



>戦後、誰もが疑わないのが変です。


憲法調査会には、日本が原爆を投げ棄てたという幣原の言行録が提出されていますよ。


https://twitter.com/honest_kuroki/status/1111139648275795968




 

原爆のトリック   巨大隕石の落下

  • 2019.03.19 Tuesday
  • 22:16

 

 

被爆者はさ、

 

空がピカっと光って、火球が600mもの上空にできたから、

原爆は投下されたというトリックに騙されたのです😭

 


1953年、米国の地上起爆の動画をコマ割rりを見ると、

ピカっと空全体が真っ白になり、地上塔から約600m上空に火球‼

 


広島の原爆の火球は地上から600m‼
長崎の火球は500m‼

 

 


https://twitter.com/honest_kuroki/status/1026252418059620352

 

 

 

 

 

3.19 カムチャツカ沖上空で隕石爆発 昨年12月、
広島原爆の10倍規模 誰も気づかず【写真】



2018年12月18日、ロシア極東カムチャツカ半島の沿岸に近いベーリング海上空で、

火球による強力な爆発が発生していた

米航空宇宙局(NASA)の地球近傍天体観測プログラムでプログラムマネージャーを務めているケリー・ファスト博士の話として、英BBC(電子版)が伝えている。


ファスト博士によると、爆発を記録したのは日本の気象衛星ひまわり。

ひまわりが「煙でできたほぼ垂直の流星飛跡を捉え、隕石は大気の中へ非常に急な角度で突入した」としている。

https://twitter.com/simon_sat/status/1107574033254617089/photo/1


​火球は秒速32キロのスピードで地球の大気を通過し、地表から25.6キロの高さの上空で爆発

BBCの指摘によると、爆発の威力は173キロトンに上り、これは広島に投下された原子爆弾による爆発と比べて10倍強力なものだという。

ファスト博士の話では、今回の火球による爆発は、ロシア・ウラル地方のチェバルクリ湖に落下した「チェリャビンスク隕石」に次いで、最近の30年間で2番目の威力だったものの、海の上空で起きたため、気づかれないままだったという。
 

 

☆ 隕石という名の 戦争やの 宇宙兵器もあるそうですね。

 

この記事は 日本で投下されたという米国製の原爆 という 歴史の通説の 反応のようにも思えましたが

考えすぎかもしれません。

 

 


10.6 17  カメラが巨大隕石が中国に落下し大爆発を起こす瞬間を捉えた

 

 

 

 

 

原爆爆発はいくつもあった  兵器のデモンストレーション

  • 2019.03.14 Thursday
  • 22:29

 

 

〇 串木野町は、1945年8月9日午前11時ごろ、大規模な空襲を受けたことになっています。

 

長崎が原爆投下で大変な被害を受け焼け野原になったということと合わせて、

 

どこでも(串木野でも)同じような状況だった

 

 

「串木野地域の空襲を語る」支援活動 

https://www.city.ichikikushikino.lg.jp/shakyo1/kyoiku/kyoiku/documents/ga94.pdf

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/1102971288425947136

 

 

 

 

〇 長崎のキノコ雲の写真の奥に、広島のキノコ雲の形成プロセスと酷似した雲が、

 

高度2劼寮儕世魎咾い匿燭辰垢阿砲修咾立つ様子が見えます

 

 

原爆投下時の映像

長崎きのこ雲の背後に黒煙 各地で空襲

 

https://mainichi.jp/articles/20180520/k00/00m/040/142000c

 

 

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/1050299872094511105

 

 

 

 

〇 WW2を新兵器のデモンストレーションの機会にしたかったのは、英国王立協会が主催するウラン爆発軍事応用委員会。

 

 

WW2は、英国陸軍元帥天皇配下の日本で、1939年に世界で初めてウラン爆発に成功した論文が、同委員会で査読されていたことに端を発します。


そして核兵器を新世界秩序の核に据えたのです。

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/1104292848143228928

 

 

 

 

 

原爆実験の場所 無人地帯か? 人間が目標か?

  • 2019.03.14 Thursday
  • 22:25

 


3.13  世界初の核実験の処理された動画が公開される


世界初の核実験の処理された動画がネット上に公開された。

実験は今から74年前に米ニューメキシコ州アラモゴードで実施された。同実験のコードネームは「トリニティ」。

 

 

技術誌ポピュラーメカニクスによると、

 

公開された動画は、最初のネガを編集した際の不備を最小限にしたり、キズを除去するなどの処理が施された。

 

原子爆弾は、1945年7月16日午前5時30分に爆発した。

 

 

 

 

 

 

米エネルギー省の報告書では、

 

ニューメキシコ州の砂漠の上空で装置が爆発、爆心地近くの塔は「蒸発」し、

その土台周辺のアスファルトは緑色の砂に様変わりしたと述べられている。

 

 

また爆発から数秒後、砂漠には強い衝撃波が広がったという。」

 

 

原子爆弾開発の責任者だった米国の物理学者ジュリアス・ロバート・オッペンハイマー氏は後に、

 

この出来事は古代インドの聖典『バガヴァッド・ギーター』の

 

「我は死神なり、世界の破壊者なり」という一節を思い出させたと語った。ポピュラーメカニクスが伝えた。

 

 

 

 

 

〇 正直、奥地や山岳民ではない

 

日本人を犠牲にして枚方・広島・長崎・串木野の生活圏で核実験を行った国連憲章の敵国が日本ですから、


核兵器保有国である国連安保理常任理事国の中国政府公式サイトで1939−1940年の日本の核兵器爆発がばらされても何も言えないよね。

説得力あり過ぎて。

 

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/1102922989643812865

 

 

 

 

〇 思うに、日本人は天皇を戦争利用したことも政治利用したことも無く、

 

英国籍の天皇が日本人の人体と遺伝子を科学利用し、

 

そのことが明るみに出ないようにするために、米国秘密特許の更新が現在も続いているようです。

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/1100811906279821312

 

 

なりすましについて 「SKIYAKI」タブーの音楽史(過去記事) 689ワイン

  • 2019.02.17 Sunday
  • 22:16

 

 

普通の人間なら wantonさんも言ってる通り

 

どの民族でも 全く問題はないのです。

 

日本にいて なじめない 独特の感覚がありました。

 

一つは 天皇万歳 それは どこか 強制的でもあります。

 

そして 一つは 芸能界の「お笑い」。

 

なにか 不自然で あまりにも 品がなさすぎる。

 

そうしているうちに 日本を支配しているのは すり替わった天皇であり 田布施族であり

 

その下に 「なりすまし」という 兵隊がいることを知っていきます。

 

 

おかしいとは 思っていた 独特な 「火病」は 「違う人間」を感じていた。

 

 

かれらは なぜ そういう生き方を選ぶのだろう。

 

それは 偽天皇の 歴史の 嘘を 本当と言っていくためです。

 

黒を白と 日本人に思い込ませる 最後の仕事を 引き受けているのです。

 

 

それが どれほど 非人間的にひどいものかということを 

 

ロシアサイトへの書き込みで 体験しました。

 

それは それは ひどいもので 今でも その時 登場したものたちの多数を 覚えています。

 

 

私のコメントが 数千 も 消されたのです。

 

今でも 消されています 即 消されます。

 

ただ 自由に 「事実」は伝える権利が人間にはありますし 堂々と 証拠で戦うことをする権利もあります。

 

ただ ただ 威嚇 暴力しか使わない なりすまし は 軽蔑しかありません。

 

 

それが 在日特権をえる 偽天皇のISとしての生きざまなら 日本を NWOとして摂取する生きざまであるなら

 

広く知らせて 許せない相手でしかありません。

 

 

このようななかから その生き様 偽天皇に利用されていることに 反逆するような動きが出てくるのなら 同胞です。

 

人間通しです。

 

 

 

 

 

〇 「上を向いて歩こう」とタブーの音楽史‼:

Sukiyakiは、マルコムX率いる黒人公民権運動に伴う黒人音楽の台頭が日本人音楽家を後押ししたリリース。

Sukiyaki:  mine鉱山→鋤    roast  焼き


広島の日本ウラン爆発実験を風刺した歌です。

(本物黒酒)

 

 

 

 


 

 

〇 『上を向いて歩こう』

 

中村八大作曲

永六輔作詞

坂本九歌

 

八六九で何を連想する?

 

8月6日9日の原爆?

 

歌詞は「涙がこぼれそうな誰かが、幸せは雲の上と空の上に」と説く。

 

幸せが人の上に無いことを嘆いていませんか

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/906736780879081473

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇 「上を向いて歩こう」スキヤキ🎶

の作曲をされた中村八大さんの息子さん力丸さんから

今日20日が八大さんのお誕生日という事で

届いたワイン🍷です

 

88歳のお誕生日おめでとうございます!

 

 

カリフォルニア、ナパバレーのワイン

      「  6.⒏9 」

ラベルを見るとびっくり‼️

 

作詞をされた   永  六輔さんの   6

作曲をされた 中村 八大さんの  8

そして歌手    坂本  九の             9

 

偶然にもこのようなワインがあるそうです🍷

嬉しい!嬉しい😊贈りもの!

早速   仏壇に!

 

ワインを見ながら  

上を向いて歩こうを

くちずさんでいるわたし!

 

今頃、お空の向こうで✨✨

3人で、ワインを飲みながら

新しい曲を作って🎹

歌っているのかな〜〜🎤

#柏木由紀子

 

https://ameblo.jp/yukikokashiwagi/entry-12434231460.html

 

 

☆ ワインの画像は 柏木由紀子さんのブログからは コピーできずに

一般の ものからのコピーです。

 

個人的に願うのは

 

689トリオの皆さんと ご家族のかたが 神様から癒されて 魂の幸福を得てくださいということです。

 

 

 

なりすましそのものは 

 

歴史がつくりだした 闇の部分もあるでしょう。

 

けれど 黒で生き続けるのなら

 

戦い 告白していきます と いうことです。

 

 

 

チッソの犯罪に触れない 仲間ニツポン  原爆

  • 2019.02.09 Saturday
  • 22:32

 

 

そう言えば、チッソの水俣病に関しても、やっと2013年になって初めてコメントを発している。

 

そして、天皇はここでも「二度とこの悲劇は繰り返しません」と慰霊碑を立てている。

 

(参考:皇太子妃「雅子」は創価学会員。

その祖父は水俣病を広めたチッソ株式会社社長「江頭豊」。この事実をタブーとする日本とは?

 



「戦前、理研の仁科・武谷原爆はウラン10%濃縮で使えた。
これに水を加えると立派な核爆発になる。実際に核爆発したのは800グラム。」


『日米がもっとも隠してきたかった事は負ける役を演じることになった日本が自ら原爆をしかけ、あたかも仮想敵国から落とされたかのごとく装うことである......』

 

 

「広島で使われたのは、このウランの大砲爆弾だった」
「五式十三糎高射砲は広島でも長崎でも配置してあったろう。
これに10%濃縮ウランをつめ水をかけて地上起爆に成功したということだろう。

別の見方では沈没前の大和の製造段階の46センチ砲が使われた可能性もある。

大和が地上起爆の実験台になったとの記述もあるし、あれだけの巨艦船が真二つに割れることは考えづらい。

 

 




 上記の発言の中の「平和利用の濃縮ウランに水を加えるだけで核爆発を起こす」と言う事実は、

まさに核爆発寸前までいった日本史上最悪な臨界事故を起こした東海村JCO臨界事故(バケツ臨界事故)でも実証されてしまった。


 そして【戦艦大和の原爆実験】のブログからも


戦艦大和自体が実は建造当初から原爆製造工場だった、ことがわかってきており、その証拠隠滅のため、自爆させたこともわかってきた。

 

また、調査したジャーナリストや映画監督なども地上起爆の事を知っていることもわかってきている。


「マッチ箱一つで戦艦を爆撃できる」爆弾を最初に実験に使ったのは大和においてであろう。


この威力を見届けた日米上層部はこの劇の最大のイベントである広島・長崎が成功裏に収まることを確信したに違いない。

 

 

 

さらに驚愕の真実が書かれているのが、元米軍戦争犯罪調査部のDavid Snell(デビッド スネル)がアトランタ憲法ジャーナル紙(The Atlanta Journal-Constitution)に書いた記事とその日本語解説だ。


 実は広島の原爆爆破で日本が日本製広島型原爆の開発に成功していた、と言う事だ。

 

原爆・原発製造の特許権は日本の天皇(チッソ・理研)がもっていて、

 

欧米で原子爆弾(核兵器)・原発をドンドン作れば、天皇が儲かり、ウハウハ喜ぶという構図が終戦前に日米で秘密裏に決まっていた、と言う事だ。


その天皇の原爆開発及び原爆・原発特許権に大いに貢献し、また世界の国連の舞台でも、その日米露の原爆開発密約を外交的に守る事にも貢献したのが、日本窒素肥料(今のチッソ)の会社だった、と言うのだ。


現在は旭化成(ヘーベルハウス等)やセキスイに

 

 

 

https://rakusen.exblog.jp/iv/detail/?s=26284880&i=201801%2F01%2F00%2Fe0069900_00524517.jpg
 

 


そう言えば、3.11自作自演テロの東日本大震災で一番儲けたのがチッソグループ(プレハブ住宅建設)
 

 

チッソ・コンチェルンの火薬爆弾製造中心の巨大軍需コンビナートと
当時としては世界最大の発電所が北朝鮮の興南(北朝鮮)にあった
(実は原発特許のパテントもチッソ(=理研)が所有?)

 


チッソ・コンチェルン創始者で財界新人三羽烏の一人 野口遵

 

朝鮮産業革命の祖、朝鮮半島の事業王!


そして創価学会の裏は実は北朝鮮を中心としたチッソグループ!
戦後、北朝鮮から済州島に逃れた人達が日本で創価学会を築いた?

 



 

そんな日本だから、表向き核兵器開発に反対していながら、核兵器禁止条約に賛成するわけがない。

 

またアメリカが朝鮮戦争を始めた本当の理由は、ソ連の核兵器拠点になってしまう、この北朝鮮のチッソをアメリカがソ連から奪い返す目的だった、とも。
 

 

ふー、天皇がチッソの小和田雅子を嫁にせざるを得ない政略結婚の本当の理由はこの辺にあったのでは?


さらに驚愕の事がアトランタ紙の記事の注意書きとして書き込まれていた!


3.11テロの東日本大震災の地震や終戦の直前に起きた昭和東南海地震が人工地震とわかってきたのだが、

 

実は、それも日本側の実験では、と書かれ、終戦に向けたショックドクトリンとしての終戦工作だった可能性がある!

 


これは天皇は今でもディープステート側のCIAエージェントとして働いている、って事を示唆している!

 


実際、地球号は日本財団と米国が掘削を進め、当人自身も「人工地震を発生させるため」と発言!


https://rakusen.exblog.jp/26284880/

 

 

 

☆ 知れば知るほど

 

日本を支配している ニツポンは

 

朝鮮からの 密入者だと 確信してきます。

 

小和田家は お墓でさえ 皇室に入ることが決まった時点で 作られたともいわれている。

 

火病を始め みな 「日本憎し」「日本潰しの兵隊」ですね。

 

普通の朝鮮の人であるなら

 

素性を隠さないでしょう。

 

 

明治天皇自体は サンカという説もあります。

 

これも とても 異星人みたいな サイコパスを感じます。

 

ニツポンの ニセ皇族やら 外務省の人材やら

 

なんだか 発言が 「人間を支配する」ような 異様な わけのわからない 上から目線。

 

 

ついに チッソまでたどりつき

 

その 朝鮮での 日本支配が 完成。

 

朝鮮支配の完成が

 

創価と 統一。

 

 

天皇自体が エイジェントなので

 

このような マイノリティを使う というところでしょう。

 

 

どのようなものたちが 朝鮮から逃げて 日本にやってきたのか

 

朝鮮半島から 世界的に知らせてもらいたいです。

 

だって

 

背乗り も 密入も 無期限の 犯罪でしょう?

 

 

 

 

 

原爆乙女  被爆者が海を渡った歴史 

  • 2019.02.07 Thursday
  • 22:15

 

 

 

 

シャエナ・ランバート

バンクーバー在住 作家

 

へのインタビュー

 

 

太陽が燦々と降り注ぐ夏、私達は今年もまた、原爆の日を迎えようとしている。

 

1945年8月6日に広島、9日に長崎に投下された原子爆弾が引き起こした惨禍は、過ちを繰り返さないようにと次世代へ語り継がれ、”ノーモア・ヒロシマ、ノーモア・ナガサキ“のスローガンの下に展開される全世界的なピースムーブメントの種を蒔いている。

 

 

今回は、80年代にバンクーバーで行なわれた大規模な平和大会にボランティアとして参加したことをきっかけに平和活動に興味をもち、

 

今年初めには、広島で被爆した若い女性の心の機微を描いた『RADIANCE』を出版したカナダ人女性作家、シャエナ・ランバートさんにお話を伺った。

 

 

”原爆乙女“という言葉をご存知だろうか? 

 

 

被爆後遺症に悩む年頃の(または、当時年頃だった)女性の総称である。

 

 

小説『RADIANCE』の主人公は原爆乙女のケイコ。

 

彼女は原爆による熱風で顔に重度のやけどを負った。

 

 

「小説の舞台は1952年。ケイコはアメリカに渡って、顔の形成外科手術を受ける決心をするの。

実際に起こった出来事からヒントを得たのよ

 

 

実際に起こった出来事? 調べてみると、

 

 

1955年、顔や体にケロイドが残る独身の女性被爆者25人が、アメリカで無償治療を受けるために、海を渡っている。

 

 

アメリカ人ジャーナリストで平和運動家でもあったノーマン・カズンズ氏と被爆者で広島流川教会の牧師だった谷本清氏(いずれも故人)が協力して実現させたもので、

 

これを機に日本国内でも被爆者援護を求める声が高まり、57年には原爆医療法(現在の原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律の被爆者援護法)が制定された。

 

 

「ニューヨークに渡った彼女達は、1年ぐらいアメリカに滞在したと聞いているわ。

 

原爆の悲惨さを直接描くより、多感な時期に顔に傷を負い、かつての”敵国“で暮らした彼女たちの気持ちや、彼女たちを取り巻く人々の思いを、1人の少女に託して描くことで平和を訴えたいと思ったの」

 

 

終戦から10年しか経っておらず、強い反日感情が残っていた55年に、アメリカに降り立ち、身をもってその悲惨さを伝えた彼女たち。

 

写真で見る彼女たちの姿は、作家として、また平和活動家としてのランバートさんの心を掴んで放さなかったという。

 

 

「物語の年代を実際に渡米治療が行なわれた55年から52年に変更したのは、まだ水素爆弾が発明されていなかった時に舞台を設定して、

 

ケイコを水爆実験反対のスポークスパーソンに仕立て上げようとする周りと、

 

頑なに口を閉ざし、自分の顔の傷を利用されまいとするケイコの女性としてのプライドと葛藤を描きたかったから。

 

そして、大切なことは利益とか目的を超えて人間として心のレベルで触れ合いを持つこと、それが本当の平和活動だと訴えたかったの。ちょっと内容について話しすぎちゃったかしら(笑)」

 

 

ランバートさんは、この小説を書き始める10年以上前に平和大会に参加し、広島と原爆に対する知識を深めている。

 

 

「1986年にバンクーバーで行なわれた平和活動に参加したの。

 

当時の広島市長の荒木武氏もバンクーバーへ足を運んで平和を訴え、大きな大会となったわ。

 

運営ボランティアとして参加していた私は、荒木氏が原爆資料館から持ってきた”原爆遺品“を箱から出すという仕事をもらって、ディスプレイの手伝いをしていた。

 

 

木の箱に入れられた遺品は、真っ黒になってしまった三輪車や放射能によって木の葉の影が焼き付けられたコンクリートの破片だった。

 

それらを箱から出している間に、なんだか指先が温かくなってきて、そして痒くなった。

 

遺品を見て人類の犯した間違いの大きさに悲しくなったのはもちろんだけど、それと同時に、遺品から何か、

 

例えば、まだ放射能が出ているんじゃないかしら? という気持ちになった…。

 

そんな出来事がきっかけで、広島と原爆についての小説を書こうと思ったの」

 

 

もちろん、日本・広島も何度か訪れたという。しかし、原爆資料館で資料を見て愕然とした。

 

 

(何も)書けないと思ったわ。余りにも悲惨で…。

 

カナダに戻って、いままでのリサーチ資料をすべてクローゼットにしまいこんで何年も放っておいた。

 

でも、01年に全米同時多発テロが起こった時、やっぱり書こうと思ったの。

 

原爆もテロも人類の歴史において、ある意味で同じ、いわゆるランドマークだという感じがした。

 

そこをいったん踏み越えてしまったら、もう後には戻れない。

 

原爆 (投下)?後、世界は変わってしまった。

 

爆弾をなくすか、それとも人類がなくなるか…。

 

そして今度はテロが起こって、また世界は変わった。安全というものがとっても壊れやすいものであることを知った」

 

 

ランバートさんは語る。

 

 

「日本にお化けっていう言葉があるでしょ?

 

 西洋のゴーストと違って、日本のお化けは伝説や歴史、言い伝えによって培われた豊かな背景をもったものだと思うわ。

 

見えたり、見えなかったり、姿を変えたり…。

 

『RADIANCE』の主人公、ケイコは”お化け“なのよ。

 

 

ある人は彼女を妹のように思い、またある人は娘のように、そして、ある人は彼女に自分自身を投影する。

 

自分の心と向き合ったり、自分に欠けているものを彼女の中に見つけるの。

 

この本を、広島への原爆のことを記した本だ、とは思って欲しくない。

 

自分の内面や弱さと向き合うことで他の人間のことがもっとよく理解できるようになる。

 

ストレートではないけれど、そこから始まるピースムーブメントがあってもいいと思うのよ」。

 

 

〈インタビュー/西尾 裕美〉

 

http://www2.bitslounge.com/a00_interview/2007/0720_shae.html

 

 

 

☆ 原爆にも テロにも

 

必ず 犯人がいます。

 

そして その 真犯人は 今でも 明らかにされていません。

 

悪魔が支配する地球で 本当の犯人は 擁護されている。

 

ニツポンの火病は その犯人の 一味です。

 

本当の犯人を知ったなら

 

アメリカも 日本も 

 

「憎む相手」は ようやく 同じであることを知るでしょう

 

そして 人間同志は その時 同志になれる。

 

それを 待っています。

 

 

 

 

 

 

 

アンネの日記 ネタニヤフと天皇 311 島津論文  復習

  • 2018.12.04 Tuesday
  • 23:25

 

 

ひぇー、アンネの日記を破った人は不起訴!

 

そうか!

 

天皇が安倍首相らに原爆を作らせ、イスラエルに福島原発を爆破され、ネタニヤフに謝罪?

 

 

 

 

https://twitter.com/junjihattori/status/577838805127802881?lang=bn

 

 

☆ つまり ネタニヤフに天皇が謝罪するためのツールが 「アンネの日記 やらせ?」

 

 

https://youtu.be/XistLzYzmqE

 

 

 

 

 

 

2つのShimatsu(島津)論文をファイル化しました。 

さとう内科循環器科医院 - 宮城県大崎市 (2015年3月 5日 18:09)

 

 

私の住んでいる宮城県大崎市古川には、あまり放射性セシウムは降下しませんでした。助かっております。

 

しかし、一部の用水路の泥から8000ベクレルを超える放射線が検出されます。

 

 

となり町の加美町に、放射性廃棄物最終処分場建設の話が持ち上がっています。診療所からの20Km離れた山間の谷が候補に上がっているのですが、古川を取り囲む3本の川、全てが、その谷とつながっています。今後、影響がでないとはいえません。

 

 

放射性廃棄物は全て東京電力の所有物です。それ以外に考えられますか?自分たちの不始末を自分たちで始末しないで、なぜ私達に押しつけるのでしょうか。

 

 

私は福島原発の爆発と今後の処理に大いに関心を持っています。安倍晋三氏の「under control」発言は到底納得行きません。

 

 

現状を「見て」、そして「考える」、というのが理性のある人間の根本的態度と思います。このような態度を根本的に欠いているとき、そこから何を生み出すことができるのでしょうか。

 

 

Shimatsu氏の論文は、福島原発の爆発について論じたものですが、単に「爆発した」という問題を扱ったのではなく、日本の歴史的背景、アメリカとの関係から説き起こしたものです。極めて異色で、ショッキングです。

 

 

この論文が英語圏でよく読まれているということに留意すべきです。

 

日本は平和憲法を掲げて、非核三原則などといっているがうそでないか、ということになります。

 

 

早期のうちに中国のメディアでも取り上げられています。

 

当然でしょう。福島原発の爆発は世界中の関心であり、地球全体の問題なのです。

真偽の検討はあとにしても、まず読んでみなければならないものです。

 

 

この論文に書かれた出来事は、日本、アメリカに多くの情報網を持っていなくては知りえない事ばかりで、驚くばかりです。

 

 

ここに書かれている出来事は、一つ一つはインターネットで確かめることができるもの:事実とおもいます。

 

 

 

それらを日本の核武装計画という視点から纏めると、私らの想像とは全く違った日本が見えてきます。

 

 

日本の核武装計画の中で、安倍晋太郎、安倍晋三親子の果たした役割を知らされて驚きます。

 

とくに、彼らとオウム真理教との関連は、今までだれも指摘してこなかったものです。

 

 

翻訳すると、ちょっとした一語にも書き手の気持ちが込められているのがわかります。

 

私は2つの論文を何度か読み、翻訳を点検してみて、Shimatsu氏の「怒り」を感じました。

 

2011年10月2日の論文の終わりの方です。

 

 

 

安倍首相と経産省は、憲法に反して兵器級核物質を供給し、危険性を無視して、向こう見ずで無秩序な保管、濃縮、抽出をおこなった。

 

 

最初に安倍が、ウランとプルトニウムの濃縮を求めなかったならば、他の勢力が巻き込まれることはなかったであろう。

 

 

このようにして、日本が犯罪への重荷を生み出したのだ。

 

 

国際刑事裁判所は、日本、カナダ、アメリカ合衆国、ロシア、南北朝鮮、モンゴル、中国、おそらく北半球全域の、何百万人もの人々の健康に関する訴訟をとり上げるのに十分な根拠を持っている。

 

福島の災害は、卑劣な独裁者に対する人権侵害の告訴以上に、ニュールンベルクや東京裁判所の告訴に匹敵するほどの、人道に反する罪だ。起訴しないことは共犯である。」

 

 

 

2011年4月6日と2011年10月2日の2つの論文を、今後の議論に耐えるように、正確性に留意して翻訳し、pdfファイル化しました。是非、ダウンロードしてお読みください。

 

2011年4月6日の論文

 

日本のエリートは、原発の中に核兵器計画を隠しているのか?

 

http://satouclk.jp/Shimatsu2011Apr06.pdf

 

2011年10月2日の論文

 

秘密裏のアメリカ-イスラエルの核の移送が福島の爆発に導いた 

 

http://satouclk.jp/Shimatsu2011Oct02.pdf

 

 

 

(2016年4月14日追記)

 

2016年4月14日の桜井ジャーナルの記事にさらにすごいことが書かれています。

 

"日本のような地震国に原発を作る狂気を生み出している理由はふたつある。カネと核兵器だ。"

 

"その年の9月2日(8月15日でない)に..." 以下もすごいです。

 

"「非核三原則など」日本の支配層は守っていない。"

 

 

http://satouclk.jp/2015/03/shimatsu.html

 

 

 

☆ 島津論文を さらに深化して 簡単明瞭にすると 「原爆特許所有」と いうことですね。

 

 

 

ウランと人形峠

  • 2018.11.23 Friday
  • 23:09

 

 

重要なのは、戦前に作州でウランの釉薬瓦が生産されていたか否かです。

 

なぜなら、人形峠の緑色に発光する露頭ウランを知らないとは言えなくなるからです。

 

そうすると仁科氏の原爆はウラン不足で完成に至らなかったというのが嘘になる。


露頭ウランは薄暗い山道でこんなふうに光っているんですもの。

 

 

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/848788102516625408

 

 

 

 

 

驚くべきは、その生産が大正14年だったことと、『児島虎次郎略伝』に

「大原家別宅有隣荘の釉薬瓦を注文に作州津山に行き、三千枚の瓦を選ぶ」と記されていること。

 

http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000048357

 

 

当時の人が人形峠のウランを使っていた証拠になります

 

https://pbs.twimg.com/media/C8L1-3PUMAMDlne.jpg

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/847510755679248384

 

 

 

 

 

こうやって 計測するんですね

 

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/847510755679248384

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/848172385169588224

 

 

 

 

戦中戦前の日本が人形峠のウラン鉱の存在を知っていたことが明るみに出ると、核不拡散条約で隠してきた核爆発の仕組が日本の技術であった可能性が広まり、

 

1940年ネイチャ―発表の理研の論文通りを試せば核爆発することがわかってしまうことになる。

 

日本も米国も、その要部分は隠したいでしょうね。

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/848415403348967425

 

 

 

 

 

竹田恒泰 等が属する日本国史学会の代表あいさつ 

 

「日本が原爆を成功したということが、日本だけは話題にされてない」

 

#米朝会談 を踏まえてた2018年3月10日、「日本は核を持つすべき」と主張する理由として暴露した原爆の史実。

 

https://youtu.be/3pfcvXJl1oQ

 

 

 

 

 

 

ニツポンの水中ドローン

  • 2018.11.22 Thursday
  • 23:06

 

 

 

 

あれ この魚雷、米国が日本に投下したことになっている原爆に似てない?

 

そっか、米国は、日本が広島の元安川や長崎の浦上川でやった核実験を米国の武勇に摩り替えたトリックの演出として、わざと魚雷型の原爆模型を作ったのね。

 

それをスプートニクが皮肉ったのがこの写真か

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/1064827672662929408

 

 

 

 

11.20  日本が開発着手の水中ドローン 米国製に類似するか?

 

先日、日本が近々独自の水中ドローン(無人潜水機)の開発に着手することが明らかになった。

 

プログラムは2019〜2024年の計画で行われる。

 

同プログラムの内容はそう多くは明らかにされていないものの、これが全長10メートルとかなり大型のものになることは分かっている。

 

 

無人ドローンは尖閣諸島を含む日本の領海の境界にある離島周辺の水域警備に使われる。

 

 

プロジェクトの詳細な情報は近日中に明らかにされることはまずありえないだろうが、日本の軍事機器の大半によくみうけられる、いくつかの特徴は新プロジェクトにも存在すると思われる。

 

 

そもそも日本の兵器はすべて陸海空とも独自の特徴を持っている。

 

まず、それらは米国企業との共同開発で作られている。

 

第2にそれらは米国の類似した防衛技術システムと互換性がある。

 

 

こうした状況から日本が開発する水中ロボットも米国が達成したものを下敷きにして作られるのではないかと推測することができる。

 

その米国の達成についてはかなりの情報がすでに明らかにされている。

 

 

米国では水中ドローンの開発プログラムはすでに2012年の時点で開始されている。

 

現時点までに米海軍は数種類の無人潜水機を保有している。

 

最初に軍備され、180機と最も数が多いのは小型の「リトラル・バトルスペース・センシング−グライダー(LBS−G)」。

 

これは米国艦隊から発注をうけ、テレダイン・ブラウン・エンジニアリングが開発した。LBS−Gが搭載されているのは米海軍の測量船で、この種の機器は2016年12月15日、南シナ海で中国海軍の救助船によって拿捕され、後日、米国側に引き渡されている。

 

米海軍はこのほかにも「ブルーフィン(Bluefin)12D」や「アイヴァー(Iver)580」といった商用の機器を使用している。

 

これらは2017年9月にできたスコット・スミス代将指揮する米艦隊の潜水無人中隊「UUVRОN」に搭載された。

 

この中隊は2017年11月、ほぼ戦闘状態に接近した作戦に参加した。

 

 

水中ドローンは大西洋で消息を絶ったアルゼンチン海軍の潜水艦サンファン(S−42)の捜索作業にも加わった。

 

この作業には世界18か国の船、航空機が参加したが、結局不成功に終わった。船体は先週末、1年も経過してようやく発見されている。

 

 

米海軍には小型のこうした水中ドローンが割合多く使われており、普通はサイドスキャンソナー(水中音波探知機)が搭載されている。

 

 

ただし米海軍にはより大型の水中ドローンがあるという情報もある。

 

 

日本が独自の大型水中ドローンの開発プログラムに着手したとすれば、そのプロットタイプはおそらく「エコーボイジャー」になるだろう。

 

こうした水中ロボットは敵の潜水艦の捜索が行える。

 

そうした潜水艦は水中の標的を狙う魚雷を搭載している可能性がある。

 

日本の領海ではこうした水中ドローンは大活躍することだろう。日本には、300を超す離島があり、他国の潜水艦や船の接近をコントロールせねばならないからだ。

 

 

https://jp.sputniknews.com/opinion/201811205607558/?utm_source=https://t.co/917mcCIn1D&utm_medium=short_url&utm_content=kcgr&utm_campaign=URL_shortening

 

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

日本古代史

日本古代史入門
クリエーター情報なし
作品社(インプレス)

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM