中露米 アサドが 連携している可能性は?

  • 2017.04.15 Saturday
  • 07:52

 

2017年04月11日


アメリカ・シリア攻撃の真意〜ネオコン勢力との最終決戦に入った〜



今回のシリアでの化学兵器使用・米軍の巡航ミサイルでの攻撃について整理。

・オバマ政権ではシリア介入をせず、むしろロシア任せ。シリア和平交渉(ジュネーブ)もロシア主導。

・反政府勢力もロシアとの直接交渉を求めロシア側が応じる。

・こうした経緯から、うまく和平交渉がまとまる時期にさしかかっていた。


このタイミングでアサド政権が化学兵器を使うことは考えにくい。ところがその映像がメディアやネットで流れ、世界中から非難を浴びるかたちとなった。これはロシア主導のシリア和平会談を潰したい勢力(ネオコン・CIA)によるものと考えられる。




◆CIA・ネオコンとの最終決戦に入った?

この情報・映像の出自はCIA筋からのもので、トランプはそれがネオコン・CIAの偽情報であることを分かった上で、ミサイルを発射した。


・発射された巡航ミサイルは59発。

・うち着弾は23発(不発弾には、おそらく自爆プログラムがセットされていた

・破壊されたのは 修理中のミグ23戦闘機 6機/レーダー施設/格納庫。

・攻撃された基地(科学兵器があるとされる)にはロシア空軍も駐留していた。

・6人が死亡。ロシア人はいなかった。(事前にロシア空軍にも連絡が届いていた)

・米中首脳会談の最中に攻撃を行っている。(習近平と次の段取りの算段を取った?)

(ネットでは、シリア政府の化学兵器使用も嘘で、アメリカの攻撃で被弾したとされる基地も、ほぼ無傷との情報もある



59発もミサイルを発射したにも関わらず戦果が乏しい。失敗とも報道されているが、それはトランプにシリア政府軍やロシア空軍を攻撃する意志が、最初からなかったことを意味している。


トランプ政権は、オバマケア廃止に失敗し、予算案もうまくいかず内政は難航している。

そこでシリアで化学兵器を保管している倉庫を空爆することで「事件」を作り出し、それに対してシリア政府の仕業であるとして非難し、更には中国の国家主席がいる中で巡航ミサイルを発射するパフォーマンスを演じたとすれば、国民の関心・支持が集まる。



事実、それまでトランプを敵視するばかりだった米議会が一転してトランプを称賛し始めた。


反トランプの筆頭CNNが「トランプはようやく(一丁前の)大統領になった」と礼賛。難航していた最高裁判事の人事の議会承認が、一気に可決した。


こうして敵を取り込みつつ、化学兵器がCIAの偽情報で、政府はそれに騙されたと公表すれば、CIA・ネオコン勢力を芋づる式に摘発することが出来る。(この場合、攻撃命令を下したトランプにも責任追及が向かうかどうか)



もちろん、アサドもプーチンも、トランプの真意は知っていよう。メディアで流れている各国のトランプバッシングはフェイクと見てよい。

 


つまり新勢力は、トランプを陥れようとしたCIA・ネオコンを逆手にとり、旧勢力の一掃を図る段階に突入したと考えられる。



◆トランプとプーチンは北朝鮮をどうする


同時にこのミサイル攻撃は北朝鮮への警告だとも言われている。事実、米空母カールビンソンは航路を変更し北朝鮮近海に向けて航行中。

アメリカ軍は現在、北朝鮮への大規模軍事行動の準備にあると言われている。

トランプ政権は過去の民主党政権が行ってきた「北朝鮮非関与政策」を非難しており、北朝鮮への大規模攻撃を行う可能性が急速に高まってきている。
 

 


北朝鮮が5日に発射したミサイルは打ち上げ失敗と報道されたが、これは米軍が発射プログラムをハッキングして妨害したもの。或いはロシア軍によるもの。
 

 

この目的も北朝鮮と背後にいるネオコン勢力を威嚇し、一掃する目的であると考えられる。
 

 


ロシアは択捉島をすでに要塞化しているが、これはアメリカ軍の動きに歩調を合わせて、いつでも軍事行動が取れるよう準備しているとも言える。

 



平壌からロシア国境までは地下壕でつながっていると言われており、もし米軍が北朝鮮に総攻撃を仕掛ければ、金正恩はロシアへ逃亡することも出来る。

ここでロシアがアメリカとの裏取引が成立していれば、ロシアがCIA・ネオコンの傀儡である金正恩をアメリカへ引き渡すこともあり得る。
 

 

そうなれば日本の田布施勢力や安倍も無事では済まない。


イスラエルから追い出されたネオコン勢力にとってISと北朝鮮は最後の砦となる。これらを同時期に叩き、一掃する最終決戦の段階に入ったのではなか。



ロシアは、この見返りにウクライナを手中におさめることになる。


http://blog.nihon-syakai.net/blog/2017/04/6666.html




☆ 北と田布施は一体。 

田布施は 最低でも アジア版NWOを 目指している。


北の正恩が去り 次は 正日の息子?


田布施マフィア廃絶まで いってほしい、ひたすら 願っております。

 

 

 

スターリン   日本の移民政策

  • 2017.04.14 Friday
  • 08:11

 

 

スターリンと父親ロスチャイルド

 

 

 

 

 

スターリンは彼らと激しく対立したのだ【スターリンは一国社会主義である】

スターリンはグローバリズムではなかったのだ そう、一国社会主義 だからトロツキーと激しく対立した
 

 

スターリンは臍の緒(へそのお)を通して外国に逃げたトロツキーを仕留めた(1940年)

しかしその後もスターリンの一国社会主義に彼らは我慢できずスターリンを暗殺したのだ



かれらはわれわれの常識の書き換え(そして集団意志の変更←これ重要)を長期的浸透戦争(学者さまがたとかは?情報戦争と一言でいうが?情報戦争よりもっと広い概念であるマインドコントロール(洗脳)が含まれるからだ。 



大量移民は団結を無くする最大のものである 文化、風習、すべてなくなる。


かれらはこの大量移民を【国家戦略特区】ということでやっている。 国家戦略特区は無意識化されていることが証拠である。 だれも国家戦略特区を言わないのだ! 


そして独立型道州制である これは北海道に適用されている 国民は何にも知らされていない 無意識化というサイオプス(心理操作)の為に・・・これが長期的浸透戦争である タヴィストックだ


移民は支配階級を守る赤い盾?なのだ! このことはなかなか理解できないことである。


多数の移民には必ず蛇頭などの犯罪組織(マフィア)がついてくる これが支配階級を守る!!ということだ。


だから支配階級は移民をおしすすめているのである この関係は創価学会とヤクザ組織の夫婦関係・不倫関係で理解できるはずだ?


かれらがアメリカ革命(アメリカをメチャクチャにすること)を達成するにはどうしたら?いいか?調査した。

それは・・・アメリカ憲法をなきものにすることだと結論をえたのである。



それは具体的にはどういう?ことか? 移民で憲法をなきものとすることだ!

 


1965年の自由移民法はこうしてできたのだ。


われわれはかれらがどんな時代でも使うヘーゲル弁証法を使われています。 それは二元論(聖なるものとそうでないもの)です。


ヘーゲル弁証法正反合を繰り返し繰り返しやってかれらが求めるものに近づけていく これです 家族さえターゲットとなって分裂させるのです 小集団をできる限り小集団と分裂させる 砂は多かれど固まらず 団結できなくなるのです


我々が如何に無防備であるか? 日本人すべてが無防備である かれらは何千年も自国が戦場となった民族である 日本人は他族に攻め入れられ自国領土が戦場となったことがない(沖縄のみ)ので民の意識が無防備である



アベノミクスが通貨発行権の仕組みを知っている者によってプロジェクト?か?なんか?分からないが?

 

 

アベノミクスは1992年にネオコンが作成した「世界制覇プロジェクト」みたいなものでこのときはクリントンが渋りまくってモニカ・ルインスキーというラビの娘を送られて(モサドスパイ)やられて、それ以来クリントンは彼らの命令に忠実で殺される(暗殺)を免れたことだ。

 

 



これと同じことがアベノミクスでも見られる? 100万人が聞いて100万人がその経済政策が、経済政策の結果が、なぜ?そうなったのか?分からない?のが彼らのアジェンダの恐ろしいところである。


なにがなんだか?分からないのがアベノミクスで、アベノミクスを民に説明できた経済学者はいない。 ヴェルナー理論(2003年)を完全に理解している学者はいない?のか?(知ってるが?知らんぷりらしい?)


ヴェルナー理論でアベノミクスは初めて説明できるのだ つまりかれらは軽座学者さえ洗脳してコントロールしているということ・・・


フリードマンさえ流通速度がなぜ?流通速度がなぜ下がるのか?20年間悩んだらしい?それほどのもの(力)をかれらは持っている このアベノミクスがかれらが渾身の力をこめて日本を倒さんとするものだ 



橋下徹のやりかた(マッキンゼー部隊上山信一(うえやましんいち))などは簡単に見破れるもので記者連中は皆、知っているだろう?


しかしアベノミクスのことは記者連中は一人として分からないはずだ? 


かれらのキモをさらすギリギリのことをやっているからだ そしてアジェンダは大量移民である(自由移民は最終段階である)


アメリカは1965年に自由移民法をかれらによってやられた!ベトナム戦争のどさくさの中で・・・ 欧州は1992年にEU創設で移動の自由(人物かね)となってしまった(移民自由流入)


日本の自由移民法は2015年年の4月1日だ すべてかれらの攻撃である!
 

 


彼らはある法律を成立させようとするときに、反対運動をするのです? なぜ?こんなことをするのでしょうか? 


日本人には考えられません?し?そんな発想もありません しかしこれがタルムード<ひとをだますこと>であることです 



Talmudは何千年も前からのかれらの言い伝えで子供のときから彼らは読誦(どくしょう)しています 小さい時はなんのことか?わかりませんが?大人になってから分かってくるのです 


異族、異教徒、を殺すことはどうしたら?いいか?の言い伝えなのです 



日本のヘイトスピーチ規制法成立には10年間の期間をみていたらしい? 在特会を立ち上げ、しばき隊を立ち上げ、シールズを立ち上げ、ついに成功しました これらの団体で彼らはアジェンダを成し遂げたのです 


これらの団体には在日団体から資金が提供されています 戦前に三菱とかを介してかれらの資金を与え、軍人を宴会などの接待漬けにしたことです 

 

 

高級将校はこの接待漬けにやられたこと そして指導軍人達は魔素(まそん フリーメーソンのこと)であったことです 在特会の指導層は魔素(まそん フリーメーソンのこと)であることです
 

 


スターリンは反ユダヤ主義を死刑としました しかし、マスコミが一度たりとも報道しないカナダでこのスターリン同様の反ユダヤ主義のヘイト法がある?らしいのです? 


それは・・・英連邦(英連邦から独立する動きを見せること)を口の端(くちのは ことばのはし 口先 うわさ 話題)に上ることをすると問答無用の監獄行きとなること 

 

 

これは彼らの人の肉食らい!とか少女レイプ!などを悪魔降霊儀式としてやっていることを隠す目的もある?の?だ?そうです
 

 


ニュージーランドでは英国を連想させる現在の国旗を変更しようとしていますが同様に弾圧されています 


ニュージーランドにはヘイトスピーチ法はカナダのようなものはないことがこれでわかります ヘイトスピーチ法はかれらが己の防衛と異族・異教徒への攻撃道具なのです これが彼らのprotocol戦略(ユダヤ戦略)です 


ヘイトスピーチ法は攻撃の刀であるのです それは侵略するときに使う刀であり住み続けるための刀です



かれらは日本の現状を常に見張り続けているのです それも研究所のペーパーによる報告書ではなく、実際に目で見るために来日を欠かさないのです

かれらの(国連人権委員会の)ターゲットは日本(及び日本人)であることは間違いありません! 我々日本人は彼らを研究対象(研究動物としてその生態を研究すること)としなくてはならないのです 大学に悪魔教学部を作るべきなのです



http://blog.goo.ne.jp/j4goocast/e/6a84c2090986e4906016f57872ffa763

 

NWO天皇

  • 2017.04.13 Thursday
  • 07:12

 

支配者と奴隷で構成される社会、それがワンワールドだ。

 

イギリスは階級社会、王を頂点にしたピラミッド構造である。

 

中間層は下位層を支配し、自らをに上位層の仲間だと思っている。しかし、ピラミッドの頂点以外は、全て奴隷だ。

 

 

「奴隷」というと、どういうイメージを持つだろうか?
「鉄の鎖でつながれている。」といったイメージを持つのではないだろうか?

 

しかし、「鉄の鎖」は不要だ。

 

1.お金
2.宗教
3.思想・イデオロギー
4.麻薬
5.博打・ギャンブル
6.情報・教育
7.司法

 

 

−その構造−

 

下図は、「大英帝国」と「日本の悪の枢軸」を図解したものである。

 

ところで、現在、金融緩和を行っているが、どういうオペレーションか、お分かりだろうか?

 

 

−その構造−

 

 

下図は、「大英帝国」と「日本の悪の枢軸」を図解したものである。

 


 

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/14/8f/3e6113405e759fcbf8042355bb68948a.png

 

 

 

 

ところで、現在、金融緩和を行っているが、どういうオペレーションか、お分かりだろうか?

 

 

 

 

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1d/ab/b540b2501939884a68b3c72bd341fa7d.png

 

 

 

 

日本銀行は、各金融機関・政府から国債を引き受け、その代わりに日本銀行券を渡す。(日本銀行券とは、我々が日常使っている紙幣である。)

 

 

日本銀行券は無利子だが、国債は有利子。その利子負担を、国民が負っている。

 

国民が貧しくなればなるほど、国債を発行することになるから、その利子負担が国民をさらに圧迫する。

 

 

日本銀行株の55%を政府が所有し、残り45%を天皇家・英国金融マフィアが所有する。

国民が貧しくなればなるほど、肥え太るのが「天皇」である。

 

 

国債発行総額が約1000兆円。その1年分の利払いだけで、政府税収の43%を占める。

国民から搾取しているのは、他ならない「天皇」であることが分かるだろう。

本来、「通貨の発行権」は、政府が持つべきであり、それを歪めている元凶が天皇だ。

 

 

 

英国の官報からの抜粋である。

 

「K.G.」は「Knight of the Garter」の意味であり、明治以降の天皇は英国の騎士であって、英国のために働いている。

 

(出典)ガーター騎士・レディースのリスト(List of Knights and Ladies of the Garter)

 

大英帝国は、日本を奪おうとしている。

 

 

 

http://blog.goo.ne.jp/netken2013/e/cd278e9a28dd53551a11c6b4d492c47b

 

 

 

 

偽物マララ  

  • 2017.04.09 Sunday
  • 06:53

 

 

えぇ〜! ノーベル平和賞のマララさんは、イルミナティーと大の仲良しって本当???

 

 

   

 

 

http://ameblo.jp/64152966/entry-11937386199.html

2014-10-11 05:55:01 wantonのブログ

 

 

ノーベル賞:平和賞は17歳マララさんら2人

http://mainichi.jp/feature/news/20141011k0000m040013000c.html

 

 

 

ノルウェー・ノーベル賞 委員会のヤーグラン委員長は10日、イスラム武装勢力タリバンに襲撃され重傷を負いながら、女性や子供に教育機会を与える必要性を訴えているパキスタン人のマララ・ユスフザイさん(17)=英国在住=と、インドで貧しい子供や若者に教育機会を作る活動を続けるカイラシュ・サティヤルティさん(60)の2人に2014年ノーベル平和賞を授与すると発表した。

 

 

マララさんは史上最年少のノーベル賞 受賞者となる。

 

 

委員長は授賞について、世界の貧しい国では人口の60%が25歳以下の若者である点を指摘し、「子供や若者の権利が尊重されることは、世界の平和と発展のための前提条件だ。

 

 

特に紛争に苦しむ地域では、子供たちの権利を侵害することで暴力が世代から世代に継続される」と述べた。

 

 

委員長はまた、2人への同時授賞について

 

「ヒンズー教徒とイスラム教徒、インド人とパキスタン人がともに教育のために過激主義と闘っている点を重視した」と説明した。

 

 

マララさんはパキスタン北西部でイスラム教徒として誕生。

 

11歳ごろから英BBC放送のホームページでブログを書き始め、タリバン勢力による女子校破壊活動などを批判した。

 

 

12年10月、学校帰りに頭や首に銃撃を受け意識不明の重体に。

タリバンは襲撃理由を「欧米文化を推進した」などと主張した。

 

 

マララさんは英国に運ばれて治療を受け、奇跡的に意識を回復。

 

13年3月から中部バーミンガムの高校に通っている。

 

マララさんは回復後も女性や子供の教育機会の重要性を訴え、13年4月には寄付金を基に「マララ基金」を創設、ナイジェリアの少女やシリア難民の教育援助などに充てている。

 

 

 

国連は同年7月、マララさんの誕生日(7月12日)を

「マララ・デー」と命名。

 

 

国連本部で演説したマララさんは

 

「タリバンは教育や女性の力を恐れている。銃弾で我々を黙らせることはできない」と訴えた。

 

 

 

一方、サティヤルティさんが主宰する非営利組織「子供を救え運動(BBA)」によると、約30年間の活動で劣悪な労働環境の工場や売春宿から救い出した子供たちは8万人以上に上るという。

 

 

サティヤルティさんは、インドで強制的に働かされている子供は約6000万人と推定する。だが、児童の人身売買や強制労働に関わる業者が罪に問われる率は数%という。

 

 

 

サティヤルティさんは今年6月の地元紙とのインタビューで、マララさんと同様、その活動に反対する者に襲われ頭や足、背中を負傷したことを明らかにした。

 

活動家仲間の中には狙撃されたり、殴り殺されたりした者もいるという。

 

 

 

今年のノーベル平和賞には過去最高の278個人・団体への推薦があった。

 

授賞式は、ノーベル賞の創設者であるアルフレッド・ノーベルの亡くなった日にちなみ12月10日、オスロ市庁舎で行われる。

 

今年の賞金は2人合わせて800万スウェーデンクローナ(約1億2000万円)。

 

パキスタン人の平和賞受賞は初めて。

◇ノーベル平和賞の主な授賞理由

 

 

▽2人は、子供や若者への抑圧に反対し、全ての子供が教育を受ける権利を求めて闘ってきた。

 

 

▽サティヤルティさんはガンジーの(非暴力の)伝統を守り、子供からの金銭搾取に抗議する活動を率いてきた。

 

 

▽マララさんは最も危険な状況下で、少女が教育を受ける権利のために何年も闘い、若者であっても状況改善に貢献できることを示した。

 

 

▽ノーベル賞 委員会はヒンズー教徒とイスラム教徒、インドとパキスタンがともに過激主義に反対し、教育を求める闘いに参加することが重要だと考えている。

 

 

【ことば】ノーベル平和賞

1901年に創設され、「国家間の友愛関係」「常備軍の廃止・縮小」「平和会議の開催・促進」に最も貢献した人物や団体に授賞されてきた。

 

ノルウェー国会に任命されたノーベル賞 委員会が多数決の投票で選ぶ。

ノーベル賞 の他の5部門はスウェーデンで決めているが、

平和賞だけはノルウェーで選考している。

 

 

 

<引用終わり>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

管理人

 

日本で゜いうなら、電通あたりに相当するのかな・・・

 

悲しくなるね・・・ホント。

 

 

イルミナティー総本山の英国御用テレビのBBC放送のホームページに、普通の人間がブログを書き込める訳がない。

まして、外国人が・・・

 

 

位の高いイルミナティーフリーメーソンの子女以外には、絶対に無理だと断言してもいい。

 

 

恐らく、イスラム過激派に対する攻撃を正当化する為に、小さい頃より、教育されて来たのだと思います。

 

 

ブログ内容もそうですが、国連演説などにしても、バックで怪しい広告会社が指導しているのではないかと直ぐにピンときました。

 

 

イスラム過激派というのは、大抵、イルミナティーの創作した架空の組織である場合がほとんどです。

 

 

対立する過激派をある目的の為に創作して、世界の各地に送り出している訳ですが、全てがヤラセというのは、今や、ネットの世界では常識になっています。

 

 

タリバンに襲われ、銃撃を受け意識不明の重体というのもどうなんでしょう?

 

 

プロの殺し屋が、バスに乗り込んで来て、至近距離から狙われたら、絶対に助からないと思いますが・・・

頭や腹部に何発も打ち込んで止めを刺すのが常道ですから、

奇跡的に助かったと云われても、俄かには信じられません。

 

 

 

基金を設立して、巨大寄付金ビジネスの線も考えられますが、多くの場合、政治的・軍事的に利用されるのでしょう。

 

今年の8月に、感動的な国連演説をしたという意味は、もうその頃より、ノーベル平和賞受賞は規定路線だった可能性が高いと考えています。

 

 

 

イルミナティーの子飼いの広告塔だと判明した時点で、全てアウトです。

 

政治的・軍事的という意味では、また彼女が襲撃されたといったシナリオをデッチあげれば、イスラム国に対する軍事攻撃は、いつも正当化されることになる訳です。

 

ただ、真実性を際立たせる為に、本当に殺害されないことを祈るばかりです。

 

 

 

マララさんの国連演説を記事にして、感動して喝采を送るのが、今の日本のB層と称される人達の限界でしょう。

 

世界の闇の真相を知らないと、こうなるという良い見本です。

悲しくなるね・・・

 

 

 

今のネットの世界の人の多くは、ノーベル賞そのものの深い闇の部分を既に知っています。

 

 

ただ、私はそれでも、「憲法9条」が、ノーベル平和賞を取れれば良い、是非、受賞して欲しいと願っていました。

 

その効果は、日本の圧倒的大多数を占める、何も知らないB層の人達に抜群の効き目があるからです。

 

 

戦争への極めて絶大なる抑止になるのは間違いありません。

 

 

世界を支配する闇のノーベル賞とて、利用すべき時には、利用しなければ、もはや、どうにもならない状況に、日本国民は追い込まれているからです。

 

 

寄付金巨大ビジネスという話では、かのマザーテレサさんも大いに利用されましたね。

 

後年、マザーテレサ女史は、そのあたりの事を抽象的ではありますが、暴露して、大騒ぎになったことがありました。

 

 

☆マザーテレサが爆弾発言!『Come Be My Light』

 

http://ameblo.jp/umincosmo/entry-11255547963.html

 

 

http://ameblo.jp/64152966/entry-11937386199.html

 

 

http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/496.html 

 

 

ロシアがハッキングという幻想

  • 2017.04.07 Friday
  • 08:16

 

 

大統領選からドナルド・トランプが大統領に就任するまでの間、トランプやその側近たちの通信が傍受され、その一覧表も作成されていたことが確認された伝えられている。

 

 

情報機関に傍受を指示していたのはバラク・オバマ大統領の国家安全保障問題担当補佐官だったスーザン・ライスだとされ、ランド・ポール上院議員はライスに宣誓証言を求めている。

 

 

オバマ前大統領が彼女に命令したのかどうかを確認する必要があるということのようだ。ライス本人は全面的に否定している。

 

 

 

通信をめぐる騒動は2013年3月、ヒラリー・クリントンと親しいシドニー・ブルメンソールのメール・アカウントがハッキングされ、4通のメールがロシア系メディアのロシア・トゥデーにリークされたころから始まる。

 

2012年9月12日付け、同年10月6日付け、同年12月10日付けだが、2013年2月16日付けの4通。ヒラリーは2009年1月21日から13年2月1日まで国務長官を務めていたので、最後の1通は「私人」になってから。

 

 

しかし、その4通目に重要な情報が含まれていた。

 

 

2012年9月11日にベンガジの領事館が襲撃されてクリストファー・スティーブンス大使を含むアメリカ人4名が殺された事件についての情報が含まれていた。

 

 

フランスの情報機関からの情報として、その襲撃に必要な資金を提供したのはサウジアラビアの富豪だとメールには書かれているのだ。なお、襲撃したのはサラフ主義者/ワッハーブ派の武装集団、アンサール・アル・シャリアだと言われている。

 

 

 

その後、ヒラリーは公務の通信に個人用の電子メールを使っていたことが発覚、機密情報の取り扱いに関する法規に批判した可能性があり、また、そうした情報をきわめて軽率に扱っていたことをFBIも認めたのだが、それでもジェームズ・コミーFBI長官は昨年7月5日、不起訴の勧告をしたと発表している。

 

 

 

その電子メールをヒラリーは消去していたので中身を確認できないことをFBIは理由しにしていたが、NSAの内部告発者であるウィリアム・ビニーも指摘しているように、NSAは全ての電子メールを記録しているので消去されてもFBIがその気になればメールも入手できる。

 

 

しかも、消したはずのメールがWikiLeaksなどによって公表され、ヒラリーは頻繁にリン・フォレスター・ド・ロスチャイルドと連絡を取り合っていることも判明した。

 

 

 

本来なら大きな問題になる事実が明らかになったのだが、それをオバマ政権、民主党、有力メディアなどは「ロシアのハッキング」、さらに「ロシアの選挙戦介入」という話を作り上げ、証拠を示すこともなく叫び続けてきた。

 

問題をすり替え、トランプ攻撃の使ってきたわけだが、そうした「幻術」が崩れ始めた可能性がある。

 

 

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201704050000/

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM