世界政府の手口  マイノリティ使用 ヤクザ  統一 創価  天皇

  • 2019.02.16 Saturday
  • 22:23

 

 

現在のヤクザは日本財団(統一教会)が戦時中の朝鮮人兵士を使って作ったと海外メディアで報道

 

https://twitter.com/nanokuni/status/951304733448224769

 

 

 

CIAヤクザ日本財団が海外ばかりか日本でもCIAの意向を受け、

統一教会を使い政界マスコミ工作をやってるのは世界の常識!

 

https://rakusen.exblog.jp/22807754/

 

 

 

 

〇 CIAヤクザ日本財団(統一教会)による犯罪:

「イスラム国」人質殺害事件の政治工作なども?

 

 

もう「イスラム国」の裏はイスラエルを中心とした、サウジアラビア、米国戦争屋の3か国の傭兵会社の軍事集団だ、と言う事は世界の常識になってきた。

 

おまけに「ISISの指揮官は、元米陸軍大将のポール・E・バレー氏(Paul E. Vallely)」と言うことまでわかってきており、その仲良しぶりまでも撮影されていた。

 

 

さて、それでは日本側ではどうだろうか?

 

とても安倍自身が綿密に計画、実行してるとは思えない。

 

 

単に世耕の指示通りに行動しているだけで、いわば神輿に乗ってる裸の王様みたいな存在だ。

 

担いでいる連中はみづほ銀行の副頭取など金融マフィアの面々だったのはもうわかっている。

 

 

 

 

 

麻生「ボス!いったん、こいつに牙(憲法9条改正)を戻したら、

日米地位協定(SOFA)があるんだから、

自衛隊(JapanSDF)の本当のボスがわかっちゃいますよ!」

 

 

日本国民に「イスラム国」の恐怖を煽って、

憲法改正の馬車を走らせる安倍首相

 

 

不正選挙のトリックが終わり、

さあ、次なる私のトリックは・・・(平和主義の憲法解体)

 

 

それも安倍や戦争屋政治家を育て、CIAの意向通りに戦後から一貫して進めてきた団体は?

 

 

またアメリカ公文書からもスパイとして任命されていたのは有名だ。

 「米公文書、CIAに買収された暴力団・政治家達」

 

 

そこで調べてみたら、さっそく、そのアメリカCIAの意向を受けている事や、アジアでの政治工作の一端が出てきた。

 

 

なおさらに大きな事実として、創価学会を操るのもCIAヤクザ日本財団だ、と言う事もわかっている。

  ・・・

 

 

ちなみに、思わぬ人も!なんと、あのユダ鳩山由紀夫も笹川良一と繋がっていた!

 

 

 

 

池田大作は、若かりし頃、戦後(太平洋戦争後)、『協友会』という読書サークルに参加しており、

 

東大出身のリーダーを中心に政治・経済等の意見を発表しあい知識の吸収に励んだ、 と「人間革命」の第二巻を中心に載っている。

 

 

しかし、これは偽りであり、実際は「郷友会」という右翼の集団に参加していたと言うことが真実である。

 

リーダーは「須山秀吉」という愛宕山事件の生き残りであり、 笹川良一氏・藤吉男氏等の、右翼の大物に近い存在であった。つまり極右である。

 ・・・

 

 

池田大作は銀座にあった笹川良一氏の国粋同盟の事務所に出入りして、 右翼によって政治の洗礼を受けた。 池田大作の政治志向はここに萌芽すると言って良い。

 ・・・

 

 

池田大作の高利貸しでの過酷な取り立ては有名であるが、池田大作は極右の活動家であったから、そういうことを行うことがで来たと考えられる。

 

 

「人間革命」は虚りの集合体と言って良いであろう。

 

「人間革命」は現代の御書と言われていたが、全くそういう価値は無い。

 

 

 

創価学会と笹川良一の関係がわかってきた。

下記に示すが、端的にその関係を表している。

 

https://rakusen.exblog.jp/iv/detail/?s=22807754&i=201507%2F07%2F00%2Fe0069900_00500845.png

 

 「信州の上田家(上田吉松や笹川良一ら)の家系図」

 

 

 

 

〇 昭和天皇 裕仁の正体  CIAエージェント

 

トランプが公開したCIA機密資料に、仲良くヒトラーと並んでいます。ヒトラーもCIAエージェントであり、第2次世界大戦は、ヤラセでした。敵国条項は、反故にして何ら問題ありません。

https://twitter.com/someone5963/status/1091846089802575872

 

 

 

☆ そうすると

 

明治からの天皇も マイノリティと 評価されたとうことです。

 

朝鮮の兵士がヤクザになったということは

 

侵略をした 日本にも 重大な責任があるようですが

 

けれど この場合の 侵略国日本とは 日本を侵略した ニツポンであり

 

朝鮮を捨てて 日本に住み着いた ペクチョンであると思われます。

 

 

血を大事にするのは 闇サイドです。

 

血に差別など するつもりは さらさら ありませんが

 

強烈な 血 を 卒業するのは 不可能と言ってもよいくらいです。

 

みな その 血の運命を生きているように見えます。

 

 

曽野綾子の本は 結構読みましたが

 

両親の仲が とても悪く と 書かれていました。

 

その父親とは 笹川だったのだろうか?

 

鳩山由紀夫の父も 笹川という説もありますね。

 

本当の素性は言わないという意味でのマイノリティを使うという NWO (大英帝国 ロス茶)の実態。

 

 

明治から 騙され 翻弄されています。

 

ということは

 

日本には 2種類 住んでいるということです。

 

 

 

 

 

 

芸能界に在日とヤクザが多い

  • 2019.02.08 Friday
  • 22:19

 

 

☆ 下記の記事は ほとんど この通りだと思います。

 

私は 朝鮮での 身分制度の被害者とは どうしても 思えないのです。

 

なぜなら 今現在の 日本にいる 自称日本人たち そして 背乗りという 途方もない犯罪で

 

なにがなんでも 日本人と言い張る その姿は

 

まぎれもなく 生まれながらの犯罪者としか 思えないのです。

 

これは ハザール ニセユダヤに似ています。

 

ドストエフシキーや ロマノフ帝は ニセユダヤを 徹底的に嫌いました。

 

それを 差別と言うのでしょうか。

 

それは ニセユダヤの 本質の悪魔を見破っていたからだと思います。

 

 

けれど ニセユダヤのほうは 差別されたと憎しみを募らせて ロシアを悪魔化するという姿勢を 今でも貫いています。

 

 

朝鮮での過酷な身分制度があったとしても

 

今 日本にいるものたちの先祖を 嫌い 追い出したことは

 

朝鮮での平和を取り戻すことにつながったと思うのです。

 

 

ロシア悪魔化している 大英帝国もその配下の戦争やも

 

結局 ニセユダヤの血 なのですよね。

 

 

私たちは 日本にいる ニセユダヤを知り 

 

情的にではなく その不法性を訴えて 世界に 朝鮮に 知らせなければならないと思います。

  

 

◎ 芸能界に在日と暴力団関係が多い理由

2015/12/29 16:30

 

暴力団の出自の内訳は部落(同和)60%、在日韓国・朝鮮人30%、一般の日本人など10%で、

 

約65万人といわれる在日朝鮮人のうち約50%が兵庫・大阪・京都に集中していることと山口組の発展は決して無関係ではなく、

 

また山口組のおかげで大きくなった吉本興業も同様といえる。

 

 

山口組と吉本興業は明治の初代から100年の関係で、三代目が神戸芸能社を立ち上げたころから芸能界と朝鮮民族とヤクザとの関係が深くなったといわれる。

 

 

芸能界朝鮮民族のほぼ全員が日本人として活動を続けていた。

 

 

山口組の構成員2万5千人のうち約70%の者が部落出身者であり、約10%の者が韓国人等の外国人。

 

 

暴力団と部落(同和)は韓国・済州(チェジュ)島から逃げてきた白丁(ペクチョン)とされる。

 

 

在日コリアンの多くは済州島の出身で、その殆どが朝鮮半島では最下位層(奴隷)の白丁(ペクチョン)、

 

広大(大道芸人)・男寺堂(放浪芸能)出身だといわれる。

 

 

済州島は朝鮮における流刑地であり、最下層の地域で白丁が大量に住んでいた。

 

 

白丁とは朝鮮で最下位に位置する被差別民(穢多のようなもの)で、白丁は人間ではないとされていた。

 

殺しても罰されることがなかった。白丁は主に屠殺業に従事していた。

 

 

朝鮮では日本よりずっと身分への差別がすさまじく、現在でも続いている。

 

 

彼らは本国で差別を受けまくり、泣く泣く日本に逃げて来たのです。

 

 

戦後も済州島四・三事件などで多数の済州島民が日本に来ました。

 

本国に帰っても日本より酷い差別を受けるだけ。彼らは帰ることが出来ません。

 

芸能関係者は白丁と並ぶ最低ランクの身分の人とされていた。

 

※朝鮮半島では白丁は日常的用語で白丁と言っても差別ではない。

 

※芸能身分説

 

朝鮮社会は厳しい身分制度の下に、差別の激しい社会です。

 

日本に自主的に渡り、在日コリアンの元になった人は、貧困と差別を避けるために来日した「賤民身分」出身者がほとんどでした。

 

 

白丁と呼ばれる最下位層身分と、同じく賤民身分である広大(大道芸人)・男寺堂(放浪芸能集団)など芸能に関わる人も大勢いたという。労働を貶める劣化儒教では、芸能関係者は白丁と並ぶ最低ランクの身分の人とされていた。

 

 

これらの芸能関係身分の在日朝鮮人や2世が芸能に親しんでいたために、自然に芸能界に入っていったと言う説である。

 

 

白丁(ペクチョン)は帰国して、元の階級に戻るのはイヤだと思っただろうし、

 

それより、差別の少ない日本で威張り散らしていたほうが楽と思ったことや、

 

密入国者だった(殆どが密入国と言われている)。

 

本貫(日本の戸籍のようなもの)が奴隷なのでない、徴兵制度から逃れたい、などの理由

があったようだ。

 

 

当然のことだが在日コリアンは、自称・両班(貴族)階級が多い韓国民からも「白丁」(奴隷)とみられているという。

 

 

韓国民からすれば、在日コリアンは全員奴隷階級と思っているのだろう。

 

 

生粋の朝鮮半島人が、日本人以上に在日コリアンを嫌う理由がここにある。

 

 

そして、「在日」が戦後帰国しなかった最大の理由もこれだという。

 

 

韓国の大学でも、在日は白丁が移民したのだと教えており、

 

よって、本国の朝鮮人は奴隷である在日朝鮮人と一緒にされるのを嫌がる。

 

 

つまり、自分の出身国からも軽視されているのだ。

 

 

※済州島四・三事件(さいしゅうとうよんさんじけん)

 

 

1948年4月3日に在朝鮮アメリカ陸軍司令部軍政庁支配下にある南朝鮮(現在の大韓民国)の済州島で起こった島民の蜂起にともない、

 

南朝鮮国防警備隊、韓国軍、韓国警察、朝鮮半島本土の右翼青年団などが1954年9月21日までの期間に引き起こした一連の島民虐殺事件を指す。

 

 

韓国政府側は事件に南朝鮮労働党が関与しているとして、政府軍・警察による粛清をおこない、島民の5人に1人にあたる6万人が虐殺された。

 

また、済州島の村々の70%が焼き尽くされた。

 

 

1954年9月21日までに3万人が、完全に鎮圧された1957年までには8万人の島民が殺害されたとも推測される。

 

 

韓国軍は、島民の住む村を襲うと若者達を連れ出して殺害するとともに、少女達を連れ出しては、2週間に渡って輪姦、虐待を繰り返した後に惨殺したと言われている。

 

 

歴史的に権力闘争に敗れた両班の流刑地・左遷地だったことなどから朝鮮本土から差別され、

 

また貧しかった済州島民は当時の日本政府の防止策をかいくぐって日本へ出稼ぎに行き、定住する人々もいた。

 

 

韓国併合後、日本統治時代の初期に同じく日本政府の禁止を破って朝鮮から日本に渡った20万人ほどの大半は済州島出身であったという。

 

 

日本の敗戦後、その3分の2程は帰国したが、四・三事件発生後は再び日本などへ避難あるいは密入国し、そのまま在日韓国人となった人々も多い。

 

 

日本へ逃れた島民は大阪などに済州島民コミュニティを形成したが、彼らは韓国人コミュニティからは距離を置いた。

 

済州島では事件前(1948年)に28万人いた島民は、1957年には3万人弱にまで激減したとされる。

 

 

済州島出身の二世ということは、両親は1948年に発生した済州島四・三事件からの難を逃れるために、日本に密入国したと推測される。

 

この事件は韓国政府の「赤刈り」とも言われ、済州島民が大量虐殺されている。

 

当時、この島から日本に密入国した島民は5〜6万人とも言われている。そして大阪では鶴橋、東京では三河島にコミュニティー(隠れ家)を作った。

 

 

※創価学会=部落なのか

 

ベストアンサーに選ばれた回答

yukinami901さん

 

 

★「部落解放同盟」 とは、朝鮮人避難民がそのまま定住した部落、略称は解放同盟 「同和」である★ 

 

福岡・奈良・京都・兵庫・大阪を中心に全国に「朝鮮部落」が存在する。

 

彼らが「部落」と呼ぶ地域が全国に存在する。

 

戦後に密入国してきた朝鮮人のバラック小屋が建ち「朝鮮部落 」化したのは戦後すぐであった。

 

戦後、大量の韓国や北朝鮮人が日本に密入国して入り込 んだ。

 

 

これら朝鮮人集団が日本人の私有地に勝手に入り込み、繁華街の真ん中にも入り込 んで、あっちこっちでバラック小屋を建てた。

 

また戦後は婦女子や老人しかいないことをいいことに日本人住民を追い出しては家を奪い取り住み着いた地域だ。 

 

 

京都には、朝鮮人に不法占拠された「朝鮮部落」が数多く存在する。

 

 

彼らの地域には、番地もなく日本の法律も及ばない無法地帯だった。

 

 

彼ら朝鮮人は、割れたガラスやビン缶などの 不燃ゴミや、破損した冷蔵庫など粗大ゴミ拾いで粗大ゴミ捨て場となり、生活廃水やし尿も 垂れ流しの状態だった。 

 

こうした朝鮮人連中の不法占拠「部落」には、水道や電気の設置などは当然無い。

 

ゴミ回収 やし尿処理もない。

 

「不法占拠」している朝鮮人達は、朝鮮「部落」を差別していると言い出し

 

「部落解放同盟」を全国で「同和」として組織した。

 

 

周辺の日本人住民に対して朝鮮部落「同和」は差別を受けていると言い出し、勝手に敵意と憎しみで日本人住民を脅し始めた。

 

 

市役所は、不法占拠している無法地帯「朝鮮部落」のバラック小屋を立ち退かせるべく、朝鮮人の収容先として無償タダで住める市営団地や公共施設を整備提供した。

 

これに味をしめて、今度は金銭も要求するようになり生活保護も提供した。

 

 

全国の市営住宅にはこのような朝鮮人が集団で住む、特殊な「朝鮮部落」の市営住宅が全国に存在する。

 

部落には多くの在日朝鮮人が住み着いて、団地に住む在日の多くが創価学会を信仰しているので、実質的にそうなります。

 

 

https://s.webry.info/sp/8719st.at.webry.info/201512/article_1.html

 

 

 

次から次へと宗教もどき  踊る宗教 田布施 

  • 2019.01.31 Thursday
  • 22:56

 

 

清和会の名前の由来は

 

田布施の踊る宗教の教祖の子供「北村清和」から取ったと言われてます。

 

初代教祖のサヨは岸信介が戦犯で投獄されてる時に「必ず釈放されて総理になる」と予言して一躍有名に…。」

 

 

 

 

https://twitter.com/YUKKINKIN3t/status/1014795010439434243

 

 

 

 

予言というよりCIAの予定だったかもしれませんね。

 

https://twitter.com/chocoho19312/status/1014795312601358336

 

 

 

 

 

加計学園の渡邊良人は踊る宗教の北村サヨ一族?バチカンや国連人権団体は侵略の先兵で小児性愛犯罪!

 

インテルさがしてる社長募集!金正恩こそ日本の天皇?

 

高天原に墜落した日航機墜落事故は宗教儀式?…6/22(金

 

 

 

 

 

 

 

 

明治の人々が大嫌いだった明治政府

  • 2019.01.31 Thursday
  • 04:29

 

 

『明治の人々が大嫌いだった明治政府。以来、

150年も日本を占拠してきた長州レジーム』

 

 

 

2011年3月の福島の原発事故以来、パンドラの箱が開いて、これでもかこれでもかと長きにわたり国民が国に騙されてきた事実が表に出てきたわけですが、

 

この機に乗じて2012年12月には戦後最悪としかいいようのない戦前回帰を悲願とする安倍政権が誕生。

 

 

違憲・違法立法と汚職、不祥事にまみれ、嘘がばれたら開き直る。

 

スピン報道として閣僚の不祥事も絶え間なく発生させて撹乱。

 

そしてなぜか一番モラルの低い安倍晋三首相自身が「膿を出し切る」とかテキトーなことをほざいておいでですが、お前が膿の塊だろうと言われたりしてます。

 

 

この反知性集団である安倍内閣閣僚らの大半は日本会議という極右組織のメンバーで、欧米の主要メディアではすでに何度か安倍政権が極右政権であることは大きく報じられているのはSNSでもよく知られるところ。

 

 

 

「基本的人権などというものは間違っている」と言い合い、互いに拍手喝采する組織で、

 

軍事独裁政権を恋しがり、戦前回帰をめざしている人たちですが、

 

要するに、その低能ぶりを国内外の軍産複合体に大いに気に入られ、利用されているわけですね。

 

 

リーダーを演じるには知性も教養もなさすぎ、芝居も下手すぎるのに大衆にアピールする必要があるので、大手広告代理店を投入してカバーしてありますが、もう見ていて恥ずかしいぐらい手の内晒しまくりです。

 

 

甚だしい米国に対する隷属を貫き、血税を武器弾薬に使いまくる一方(しかも交渉能力ゼロなので常に相場より高額で)、

 

アジア周辺諸国を見下し、ヘイトを拡散、おまけにお子様レベルの「日本スゴイ」自画自賛番組やキャッチフレーズを、御用タレントやキャスターの口を借りて連日マスコミが垂れ流す毎日…。

 

 

いったいいつからこんな国になってしまったんだろう?…と考えると、第二次世界大戦前夜を飛び越えて、そっくりなことが起こっていた19世紀後半の明治の薩長新政権に行き着きます

 

 

安倍晋三が尊敬する吉田松陰が象徴的な言葉を残していますが、

 

専守防衛で長年平和を守り、欧米列強とも対等に、情報分析と正論を貫いて外交政策を展開していた日本で、まさかの侵略思想だらけ。関良基氏による現代語で書くと…

 

 

『…日本は神の国だから神風が吹く。一億玉砕しても魂が昇華されて七度生まれ変わっても必ず外国を打ち払う』『死んでも魂はまた帰ってきて、生まれ変わって外国を打ち払う』(『七生説』や遺書『留魂録』の中で。)

 

 

『…蝦夷の地を開墾して諸大名を冊封し、隙をついてカムチャッカ、オホーツクを攻め取り、琉球も諭して内地の諸侯と同様に参勤させねばならない』(『幽囚録』)

 

 

『朝鮮を攻めて古来のように盛んに日本に朝貢させ(なければならない)』

※朝鮮が日本に貢いでいたという史実はありません。ほんの一瞬、弱かった頃の新羅に勝ったときの拡大解釈です。

 

 

『北は満州の地を切り取り、南は台湾・ルソンの諸島をわが手に収め、漸次進出の勢いを示すべきである』

 

 

まさにこの松蔭の妄想どおり、長州レジームが続く明治政権は海外侵略を重ね、結果的に新政権樹立からたった77年で、310万の国民と数千万の海外の人々を死なせ、日本の国を焦土としてしまったわけです。

 

 

 

(吉田松陰像。29歳で死亡しているのに熟年男性のように描かれた肖像画が出回っていますが、実際の松蔭は右の写実的なほうが近いと思われます。)

 

 

また、もっと読んでいて恥ずかしくなるのがこちら。

 

 

『ロシアやアメリカとは戦っても勝てないから、ロシアやアメリカと貿易して損をするようなことがあったら、代わりに朝鮮や台湾を取って、そこからの利益で損失を補うべきだ』(兄・杉梅太郎宛て安政2(1855)年4月24日付書簡)

 

 

いやはや、安倍政権になってからの自民党の姿勢そのまんまというか…。スネオイズムというかポチズム(←岩上安身氏の造語)というか、

 

強きを助け弱気を挫く姿勢を貫く安倍晋三に代表される恥さらしな人格というか…。

 

 

とにかく、私たちの原点はこんな明治ではなく、徳川の公儀の時代にこそあったのです。

 

 

明治"維新"の欺瞞を知ると同時に、それでもこの国にはすでに立派な人材が何人も育っていたことを私たちはもっと知る必要があります。知れば、ちょっとホッとします。

 

 

薩長閥の明治政権以来、日本の政治がどうなっていたのかは東北の人たちはずっと知ってたのかもしれません。

 

戊辰戦争というのは一体なんであったのかが語り継がれているのです。

 

 

それを強く実感したのは、たまたま3月にIWJ岩上安身氏による原田伊織氏のインタビューを視聴し、原田氏が2015年に上梓されて以来ベストセラーとなっている

 

「明治維新という過ち : 〜日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト」を読んだときでした。

 

 

 

 

公文書偽造で始まった明治維新! 現在も続く「官軍教育」の中で描かれた「偉人」たちの姿は「ウソ」ばかり!?

 

岩上安身による作家・歴史評論家・原田伊織氏インタビュー2018.3.8 

 

 

戊辰戦争と総称されるこの激しい内戦は、多くの戦から成るもので、鳥羽伏見の戦い、阿波沖海戦、甲州勝沼の戦い、宇都宮戦争、箱根戦争、市川・船橋戦争、上野戦争、北越戦争、朝日山戦争、二本松の戦い、会津戦争、秋田戦争、箱館戦争などが含まます。

 

本物の売国奴らのために国が二分されてしまった大きな内戦です。

 

 

武力鎮圧を必要としない場合でも、

 

大久保利通は「血を流さなければダメだ」と強硬に武力行使にこだわったとのこと。

 

 

原田氏はテロリストらの私利私欲や狂信的な水戸学信仰を強調しているのですが、

 

そこから見えてくるのは、誰がどれほど武器で儲けたか、不要な武力行使を焚き付けたのは誰であったか、ということです。(ここで思い出すべきは、グラバーや坂本龍馬、アーネスト・サトウですね。)

 

 

末尾で

 

「全国民一致で祝う「明治維新150年」にするためにも、今度はそんなことを言われないよう、「負けた側の貢献」についても積極的に評価していただきたいものです。」

 

と控えめに書かれているのですが、いくつか関連本で真実を知ってしまうと、そもそも明治"維新"を祝うことすら間違っているし、その前に存在した江戸時代が明治以降いかに不当に評価されてきたかを思わずにいられません。

 

 

なぜなら、その続きに武田氏が書いているとおり、

 

 

海外で数千万の人を殺し、310万の国民を死なせ、国を焦土にするような馬鹿な国になった、その源泉が明治の政変だったわけです。

 

(東北出身の菅義偉が明治維新を美化するのは笑止千万ですが、戊辰戦争では東北の列藩同盟を裏切り、薩長側を利することになった秋田の出身では事情が違うのかもしれません。)

 

 

世界一の地震大国に54基もの原発を建て、国土の半分を汚染し、6桁の棄民を出してなお、原発再稼働させるという狂気も源泉は同じです。

 

 

私たちが本当に学ぶべき精神は、薩長の明治政府がぶち壊す前の時代に存在していました。

 

徹底した専守防衛。

 

他国に攻め込まなくてもいいほど国内産業を発達させた自給自足。

 

 

そして開国に至っては前向きな議論と高い外交能力。

 

他国を見下したり自国を卑下したりしない、柔和でありながら毅然とした大人の国。

 

 

赤松小三郎のように、地方藩士でありながら身分制度を続ける現行制度を批判する建白書も受理されていました。

 

それが薩長にかき回される前の日本でした。

 

私たちの祖先と呼ぶべき人たちは、そこにいたのです。

 

 

原田伊織氏以外の研究者らも指摘していますが、

 

幕末と呼ばれている時代には、すでに日本は開国に向かい始めており、頭脳明晰な徳川官僚たちが英米と互角に外交を行っていたし、

 

御三家を含む大名らも議会制の統治への合意が形成されつつあったのです。

 

 

また、徳川政府はそもそも朝廷とはうまく役割分担できており、

朝廷も行政は公儀(江戸幕府)に任せておきたかったのです。

 

孝明天皇は外国嫌いで知られていましたが、1865年には情勢を理解し、通商条約締結への勅許を出しています。

 

 

身分制度や縁故主義はありましたが、我々が思い込んでいるより身分間の移動は容易に行われていたし、

 

江戸時代は地方分権も機能しており、庶民(その大半は農民)も今よりずっと簡単に訴訟を起こして裁判が行われていました。

 

 

私たちの祖先の9割は農民だったというのに、政治史に専念する歴史学者というのは農村の暮らしをほとんど書きません。

 

ですので私たちも習っていません。

 

NHKのお江戸でござるのときの杉浦日向子先生のお話や、時代考証されていたタイムスクープハンターを見ていると、なぜこれほどまでに私たちは当時の庶民の暮らしを知らなかいのかと思わされたものですが、

 

農村についての本を読めば更に目からうろこがおちます。

 

 

百姓の力 江戸時代から見える日本 (角川ソフィア文庫)
クリエーター情報なし
KADOKAWA/角川学芸出版

 


 

負けんとき 上: ヴォーリズ満喜子の種まく日々 (新潮文庫)
クリエーター情報なし
新潮社

 

 

 

実際には、開墾は奨励されていて、田畑は需要に合わせて増えたり、不公平にならないように、定期的に使う区画を交換したり、物流のための新しい職業を兼業したりするなど、

 

農村は農村で、それなりに時代に応じて変化し、

 

教育や防犯・警察機能に関しても、いまの中央集権よりうまく機能していた場合も多々ありました。

女性の立場も明治に貶められるより男女対等なものでした。

 

 

もちろん、村社会ならではの因習もあったようですが、

 

 

 

となると、いったい誰のために「維新」が必要だったのでしょうか。

 

いわゆる近世から近代への移行はスムーズに行われようとしていたというのに。

 

大政奉還は済んでいたし、それに賛同していた東日本でなぜ凄まじい内戦が起き続けたのでしょうか。

 

 

明治"維新"に関わった自称"志士"たち、つまり明治政変を起こした長州テロリストたちは、庶民から搾り取った米を換金した撫育金(ぶいくきん)で豪遊するような20代のチンピラたちでした。

 

吉田松陰は今でいうISISのような組織を作ってしまったわけです。

 

 

歴史が書き換えられて"志士"となった彼らは、下級武士の中でも特に優秀であったわけではないので、どんな野望を抱こうが、

 

実際にはトマス・グラバーのような武器商人や、アーネスト・サトウのような奇襲攻撃の訓練を手配できる人間がいなければ、270年も続いた政権を倒すことなどできなかったと思われます。

 

 

 そこに寄与しているのが、第9代水戸藩主の徳川斉昭が作った水戸学(後期水戸学)。

 

 

この水戸学というのは儒教に無理やり国家神道(日本古来の自然信仰である「神道」とは全く別物)を結びつけたような狂信的なもので、

 

日本会議メンバーらであれば経典として崇めそうな内容のようです。

 

斉昭はとにかく外国船は打ち払えという人で、当時の国際情勢を全く理解していないカルトでした。

 

 

こう書いてくると山口県や水戸市の人たちに対する誤解や筋違いの恨みを生むかもしれませんが、

 

こうした狂信的なテロリスト集団の最初の犠牲者は、萩藩や水戸藩の庶民でした。

 

 

農民は無茶な年貢を搾り取られて貧困に喘いでいたし、幕府に恭順の意を示した武士らは弾圧されました。

(徳川政権では実質、地方分権が機能していたので、藩のトップが無能であれば、民百姓は苦しむことになりました。)

 

 

 ちなみに「長州藩」という呼び方は実際には存在せず、これはテレビや出版社が作り出して普及してしまった呼称。通称は長州であり、長州人たちはときに長藩とも呼びましたが、正式名称は萩藩です。

 

 

ではなぜ明治テロの中心となった長州ではそんな輩たちが育ってしまったのかというと、これはお金の動きが絡んできます。

 

英国の武器商人にそそのかされる前提として、貧困に苦しむ庶民をよそに、搾り取ったカネ(検地の仕方を変えて増やした年貢のうち幕府に知らせず換金して溜め込んだ撫育金)で一部の官僚だけが贅沢をするという文化ができてしまっていたわけです。

 

この撫育金は、今でも日本の国家の「特別会計」として受け継がれてしまい、

 

有権者や納税者に内訳を知らせずお上が権力維持のために使うことがずっと許されてきました。

(苫米地英人著「明治維新という名の洗脳」参照。)官房機密費も似たような性質を持っています。

 

 

 

私たちは幕府側が無知だったために、不平等な通商条約を結ばされたと歴史の授業で習いましたが、

 

徳川の優秀な官僚たちは、欧米先進国どうしの標準である20%関税ですでに条約締結していたのです。

 

でも長州が勝手に外国船を無差別攻撃して人命を含む多大な損失を与えてしまったので、国際法上の賠償金を公儀(幕府)が肩代わりして支払うことになりました。

 

 

 

本当は幕末・明治以降というのは非常に大量のデータが残っているので、政府が公文書を改ざんしようが隠蔽しようが、本当の歴史はかなり発掘できるそうです。

 

 

 

我が国最初の総理大臣の伊藤博文(俊輔)に至っては、イギリス公使館を焼き討ちし、横浜焼き討ちを計画しました。

 

吉田松陰門下生である高杉晋作、久坂玄瑞、品川弥二郎、井上馨もイギリス公使館焼き討ちに関わっています。

 

幕府挑発のためであれば無実の人たちを焼き殺すなどなんとも思っていなかったのです。

明治の日本政府の顔ぶれはそうしたテロリスト集団でした。

 

 

 

 

 

明治天皇の父上である孝明天皇が暗殺された可能性は高く、記録によれば、実際に天然痘を患っていたそうですが、1866年の12月23日には快方に向かっていたとのこと。

 

が、24日に見舞いに来た西郷と大久保に会い、25日に天然痘というよりはヒ素中毒のような苦しみ方で崩御しています。

 

 

そもそも風邪もひかないほど健康な人だったそうで、

宮中の人が天皇の急病と急死に驚いたことを日記に書いています。

 

 

吉田松陰を礼賛する安倍晋三が未だに首相の椅子にしがみついて国政を滅茶苦茶にしてくれているところですが、

 

パターン化した目先のスキャンダルと国会冒涜に振り回されることなく、何が起こり続けているのかを理解するには、

 

直接関係なさそうに見えても、やはり歴史を検証することは、絶対に必要なことだと思います。

 

 

司馬遼太郎が明治の時代をあり得ないほど美化してしまっても、当時を知り「こんなの嘘だ」と言える人はほとんど亡くなってしまってるわけです。

 

 

 日本に存在したのは自然信仰である神道と、伝来してから共存してきた仏教であり、また、江戸時代に朱子学を混ぜて身分制度に利用されてしまった儒教でしたが、国家神道ではありません。

 

 

https://ameblo.jp/chihointokyo/entry-12370405488.html

 

 

☆ この記事では 西郷隆盛が 悪になっていますね。

 

太田龍氏とは 違いますね。

 

この記事では 主流が長州になっていますが

 

太田氏の場合は

 

NWO大英帝国と ニセ天皇を 主流にしていますね。

 

 

けれど

 

長州のテロリストは 脳が 普通ではないですね。

 

これはNWOとしては 多いに使い勝手がいいですね。

 

 

テロリストには 天皇家が入るという視点が ちょっと足りない気がします。

 

 

ちなみに

 

長州は 毛利家ですよね?

 

毛利は 朝鮮です

 

今現在は

 

なりすまし NWOを知るだけで十分かなと思います。

 

もちろん

 

なりすましでない 日本のひとでも NWOに所属しているものは 悪です。

 

なりすまし という犯罪人は

 

日本を潰す ISとして 使いやすいといということでもあると思います。

 

 

 

 

 

韓国が反日ではなく ニツポンが反世界

  • 2019.01.28 Monday
  • 23:26

 

 

☆ 今頃思うのですが

 

「反日」ということば 自分たちのことですよ。

 

最高の売国奴は ヒロヒトという言葉は 全く その通り。

 

売ったのですから 自分の奴隷として NWOに。

 

 

なるほど 気づかせないために 

 

朝鮮は 反日と うたい文句にしたのだなぁ と 今頃 納得しています。

 

 

下記の引用は

 

本当に短い間に そのアドレスが 消去されていました。

 

恐るべし 神の国。

 

また 私も あるサイトへのコメントが 即消されるという情況に またなっていますが

 

違うサイトへと移動しながら なんとかやってます。  ww

 

 

 

 

 

◎ これホントで、韓国が反日なのでなく、日本が反世界なのです。

 

ゴーンさんの件、捕鯨の件、各種隠蔽改ざん捏造オンパレードな政府の件、

 

いい加減頭に脳みそ入ってる人は気付いてるけど。

 

https://twitter.com/hiroshimilano/status/1088170674441633792

 

 

 

 

◎ これを反日法と批判していますが、

 

ドイツやオーストリアでも歴史歪曲は法律で禁止されています。

 

例のような本を書いたり売ったりすれば逮捕されるはずです。今日本に超危険思想が蔓延してると、早く気づいてください️

 

 

 

☆ しかし ドイツでも

 

メルケルの素性は 隠していますよね

 

悪魔は強いので 限定つきです。

 

 

 

◎ これは ニツポンの記事です

 

韓国国会で反日法「歴史歪曲禁止法」を発議

 

https://twitter.com/artheid3/status/1087643363829002240

 

 

韓国国会で反日法「歴史歪曲禁止法」を発議

1/18(金) 12:41配信 ニュースソクラ

 

 

文大統領= CC BY /Official page of the Republic of Korea

 

最悪の日韓関係、反日法がさらにゆがめる恐れ

 文在寅(ムン・ジェイン)政権が発足して1年8ヵ月、韓日関係が復元力を失ったまま、破局へ向かって疾走している。 

 

 

 文政権と安倍政権は昨年の秋から、ことあるごとに衝突して来た。

 

まず、昨年10月10日から14日まで韓国の済州島で開かれた国際観艦式で、韓国当局が自衛隊の旭日旗の掲揚を認めないことを明らかにしたことで、自衛隊が出席をボイコットする事態が起こった。 

 

 

 これにより旭日旗が韓日間の新たな葛藤の懸案として浮上し、韓国国会では

 

「旭日旗などの日本帝国主義シンボルの使用を禁止する法案」など、様々な「反日」法案が発議された。

 

 

 

 続いて10月30日には、韓国大法院が、新日鉄住金に対して、植民地時代の徴用工である4人の原告に対して、一人あたり1億ウォンの賠償を支払う判決を下した。

 

11月29日には、三菱重工業に対しても同様の判決が下されたほか、韓国裁判所で係争中の13件の訴訟で約70の日本企業にも同じ判決が下されるものと予想される。

 

 

 さらには、韓国裁判所が関連裁判の訴訟の「消滅時効は2018年10月30日の最高裁確定判決から適用される」という新たな立場を表明したことで、時効満了で訴訟戦に参加できなかった被害者からの新たな提訴も予想される。

 

 

 韓国メディアによると、アジア・太平洋戦争犠牲者遺族会に登録された徴用被害申告者および家族は約22万人で、登録できなかった被害者や家族も10万人程度いると推定される。

 

つまり、およそ30万件以上の関連訴訟がこれから相次ぐことは目に見えている。

 

 

 そして第3弾が、11月21日に韓国政府が行った、2015年末の日韓慰安婦合意に基づいて、日本政府が10億円を拠出し、韓国政府が設立した「和解・癒やし財団」を解散するという発表である。

 

 

 この際、文政権は

 

「財団の解散は2015年の合意に対する破棄宣言ではない」と釘をさしたが、

 

日本はもとより韓国内でも2015年の合意は「事実上破棄」されたものと受け止められた。

 

 

 これに対し、安倍首相は

 

「国際的約束が守られないのであれば、国と国の関係が成立しない」と強く批判したが、

 

「慰安婦合意=積弊」という公式に基づく文政権下で、韓国メディアや国民世論は「財団解散=積弊清算」と受け止めた。

 

 

 日韓間の葛藤は、昨年末の「レーダー照射」問題でピークを迎えた。

 

2019年12月20日、日本の防衛省が

 

「韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火気管制レーダーを照射した」と発表する前代未聞の事件が発生した。

 

 

 これに対し、韓国国防部は防衛省の発表を全面否定し、強い遺憾の意を表明した。

 

 

以来、両国は軍当局だけでなく、政界までが泥仕合を続けている。

 

米国の仲裁を要請したり、多言語で広報映像を作って国際世論に訴えたりするなど、中傷合戦となった。

 

 

 しかし、トランプ米大統領が日韓の問題をわざわざ仲裁するわけがない。

 

結局、今回の事件の「真実」はこのまま埋もれたまま、両国国民の感情だけがさらに悪化していくのみだ。

 

 

 より深刻な問題は、米国を軸にして日米韓の三角同盟を構築していた友邦国の両国が、この一連の問題をめぐり、まるで敵国にでもなったかのようにお互いに対する非難と攻撃を続けていることだ。

 

両国の外交関係者らは外されたまま、両国首脳までが相手を非難する乱打戦となっている。

 

 

 1月10日、韓国の大統領府で行われた新年記者会見で、文大統領は徴用工賠償判決などの日韓間の葛藤状況について、

 

「日本の政治家が争点化し、問題を拡散させることは賢明ではない」として、日本政府を批判した。

 

 

 文大統領は「(過去の問題は)韓国が作り出した問題ではない。過去の不幸だった歴史のために作られた問題だ」「日本政府はもう少し謙虚な立場を持つべきだ」と述べた。 

 

 

 同じ日、韓国政界の「ナンバー2」の李洛淵(イ・ナクヨン)首相も、

 

「韓日対立の責任は日本の政治家にある」という見解を表明した。

 

文政権の国政懸案点検調整会議に出席した李氏は冒頭発言で

 

「最近、日本の政治家たちが国内の政治的目的のために自国民の反韓感情を刺激し、利用しようとしているとの見方が韓国にある」

 

と、日本政府の態度を批判した。

 

 

 文政権は、現在の日韓間の対立はすべて韓国を植民地支配した日本の「原罪」によって発生し、被害者が満足できない合意や条約は過去の保守政権の「積弊」で、このような誤った約束は守る価値がないと考えている。

 

 

 だから、文政権にとっては、慰安婦財団を解散し、元徴用工の個人請求権を認めることこそ「正義」を実現することで、日本政府の反発は「正しくない」ことで「とんでもないいいかかり」なのだ。 

 

 

 文政権はこの「正義の実現」の一環として、朴槿恵(パク・グネ)政権下で慰安婦合意と徴用工裁判に関与した人物に対する検察の調査を進めている。

 

慰安婦合意を主導した李丙ギ(イ・ビョンギ)元大統領府秘書室長は、多くの容疑で既に拘束され、裁判中であり、尹炳世(ユン・ビョンセ)元外相も徴用工裁判に関与した疑いで検察の捜査を受けている。

 

 

 梁承泰(ヤン・スンテ)元最高裁判事は、徴用工裁判など政治的事案に対する裁判をめぐって朴政権と取り引きしたという疑いで検察の捜査を受けており、近く拘束されるものとみられる。外交部庁舎は、徴用工裁判の取引と関連して史上初の検察の捜索を受ける屈辱を味わった。

 

 

 韓国の外交部では過去最も人気があった駐日大使館勤務が「忌避対象」1位に浮上するなど、対日外交業務に対する否定的な認識が広がっている。

 

 

 昨年の12月、与党の「共に民主党」は「歴史歪曲禁止法」という新しい反日法案を国会に上程した。

 

日本の植民地時代を賛美、歪曲する団体と個人を刑法で処罰するという法案で、具体的には慰安婦被害者をはじめ、日本の植民統治と侵略戦争行為に対して歪曲・賞賛・鼓舞または宣伝する者には2年以下の懲役または2千万ウォン以下の罰金を科すことになっている。

 

 

 さらには、このような主張をネット上に流す行為も禁じている。

 

もし同法案が成立すれば、慰安婦問題や徴用工問題に対する韓国内の様々な意見や議論が完全に遮断されるものとみられる。

 

 

 自分と違う声を「歪曲」と決めつける硬直した社会の雰囲気と日本通が不在となった韓国外交部の現実こそが日韓関係の足を引っ張っているのではなかろうか。

 

道徳的優越感に満ちている文政権の韓国と、対韓外交を放棄してしまった安倍政権の日本は、これからもますます遠ざかっていくような気がする。

 

朴英南 (ジャーナリスト 在ソウル)

 

【関連記事】

レーダー照射 一貫性欠く韓国政府の説明

慰安婦財団解散、世論次第で日韓再交渉か

徴用工裁判、文政権下で「原告勝訴」の流れできる

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00010000-socra-pol

 

 

☆ ニセ天皇や

 

明治からの 我が国日本 という欺瞞を 「知ること」によって

 

対 露 韓 中 北 への ニツポンの 嘘やプロパガンダを 知る。

 

 

すべては

 

維新からの

 

ニセ天皇 ニセ日本人 戦争や という 歴史 事実を 隠しているという 一つが 原因です。

 

 

ニセ国家ニツポンを 嫌悪する 人間も かなり現れてきています。

 

ニツポン = 日本ではないですよ。

 

 

もしそうなら

 

フランスの黄色いベストは すべて 反国家ということになります。

 

 

本当の敵は

 

ニセ天皇  なりすまし  そして 火病の 自称愛国者です。

 

 

 

 

ニセ日本人の外遊で日本が笑いもの  クリル  韓国の照射事変

  • 2019.01.22 Tuesday
  • 22:40

 

 

☆ でも おもしろいですね  ショーのようですよ

 

韓国へ 中国へ ロシアへの 火病のバッシング

 

日本では 天皇配下の 政治やや マスコミのおかげで まだ 効き目がありそうですが

 

良い傾向ですよ

 

少なくとも 信じ切る日本人は 少なくなっているようですよ。

 

 

なぜ あのものたちは

 

台湾へ帰れとは言わずに いつも 朝鮮に帰れ と 叫ぶのでしょうか ww

 

 

 

〇 「主権なき領土返還」「敵対的存在ではない外国軍(在日米軍)」

こんなバカげた説明が通ると思ってるのは、世界で日本の外務省だけ。

虚構を剥ぎ取れば、こういうこと。

[ロシア]0島+α =[日本]経済協力
        ↓
 α(返還交渉「やってる感」)=5兆円

https://twitter.com/yabekoji/status/1087527290798403584




〇 この「沖縄方式(限定主権)」とは、実際は「日本方式」の事。

日本は米軍に対し「国土の自由使用」と「国外への自由出撃」を認めており(→http://xfs.jp/DEih0 )

軍事主権はまだ返還されていない。


だから北方領土交渉の当事者がトランプ・プーチンである事は

朝鮮半島のトランプ・金正恩と全く同じ


https://twitter.com/yabekoji/status/1064354104787447808





〇 日本語ではコロラド先生が論理的に日本と韓国の「レーダー問題」での日本側のデタラメさを解説してくれていますが、

アメリカの「The National Interest」が冷静に日本側を「多分に政治的」「危険なやり方」と分析しています。

外交問題では全世界的に信頼されている雑誌記事。

https://twitter.com/hiroshimilano/status/1087330016642375687

 

 


〇 ワシントンポストやナショナルインテレスト読んでると、今の日本は相当に「バカ」に見えているのが伝わってきます。

https://twitter.com/hiroshimilano/status/1087333530575822853




〇 ここは年明け早々に既にこの問題を取り上げていて

「日本、北朝鮮問題落ち着いたら今度は韓国ですか?」

 

と最初から安倍首相が移民法で落ちた支持率回復のために政治利用したことがバレバレです。

「東アジア平和の火種は北朝鮮でなく日本」という印象を与えています。

https://twitter.com/hiroshimilano/status/1087342146426990595




 

ラブロフ外相  露日はパートナー関係にはほど遠い

  • 2019.01.17 Thursday
  • 22:39

 

 

116 ラブロフ露外相 露日は国際舞台のパートナー関係にはまだほど遠い


ロシアのラブロフ外相は、ロシアと日本は国際問題でのパートナー関係にはまだほど遠いが、

こうしたパートナー関係は両国が平和条約を含めた複雑な問題を解決するためには欠かせないとする声明を表した。


2018年を総括した記者会見でラブロフ外相は、

「我々が平和条約問題に限らず、我々の日本の同僚とともに解決せねばならない他の一連の問題をも含め、複雑な問題を解決するためには、

もちろんのこと、国際舞台で我々が日本人とはパートナーであり、バリケードの別の側に立つ国ではないと感じられることが必要不可欠だ」と語った。


ラブロフ外相は、日本はロシアに対して発動された全ての制裁に賛同し、

G7で採択された反ロシア声明にも、国連の枠内で採られた反ロシア決議にも賛同し、ロシアに賛成せず、

逆にロシアに反対する側に票を投じてきたことを指摘し、


このことは質的に新たなレベルの関係が構築されたという理解に合致しないと述べている。


ラブロフ外相は

河野太郎氏は文字通りロシア訪問の直前にパリで仏国防相、外相と会談を行い、それを総括して宣言が採択されているが、

それを読めば、我々は国際問題におけるパートナー関係はおろか、建設的なアプローチの模索の必要性を理解するにもまだまだ程遠いことはお分かりになられると思う」と指摘した。
 

 



〇 河野太郎何やっているんだ? 

なぜフランス軍を呼び寄せる必要がある?


フランス、北朝鮮監視の目的で護衛艦「バンデミエール」を日本に派遣することを決定
 

 

https://twitter.com/sharenewsjapan/status/1084618334287491072
 

ニツポンが共同記者会見省略を要請   ニツポン あわてて打ち消し

  • 2019.01.15 Tuesday
  • 22:19

 

 

1.13  露外務省、日本から共同記者会見省略を要請され驚き

ロシア外務省のザハロワ情報報道局長は、モスクワで14日に予定する露日外相会談に関し、

日本が会談後の共同記者会見を望んでいないことに驚きを示した。


ザハロワ氏は露国営テレビ局「ロシア1」の番組で

 

「私たちが最も驚いたことは、2国間会談の前日に日本側から会談後の共同記者会見を行わないよう要請があったことだ」と述べた。


ザハロワ氏は日本の会談へのアプローチが奇妙で矛盾していると続けた。

ザハロワ氏が指摘するところ、日本は会談前に情勢を加熱させ、ピリピリとした雰囲気を作り出す一方で、


後で会談がどう終わったかメディアに明かすことを拒否している。




1.14  日本外務省が露日共同記者会見に言及 「省略要請はしていない」と否定

日本の外務省幹部は「日本側が拒否したことはない」と否定した。NHKが報じた。


NHKによると、外務省幹部はこれを受け

「それはおかしい。今回は通常の外相会談ではなく交渉であり、交渉の途中で共同記者発表というのは聞いたことがない。

日本側が拒否したことはない」と述べ、日本が共同記者会見の省略要請を行ったというロシア側の主張を否定した。


日本の河野外相とロシアのラブロフ外相は日本時間14日午後、平和条約交渉に関する露日協議の第1ラウンドを行う。露日双方はまた、南クリル諸島(北方領土)についても協議を行う予定だ。


 

ニセ天皇のご親戚 竹田 JOC    電通

  • 2019.01.13 Sunday
  • 22:54

 

 

仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長を捜査開始!

 

ゴーンの報復じゃない、マスコミが報じなかった黒い疑惑

 

 

 

日本国内ではあまり報じられていないものの、海外メディアではかなり以前から東京五輪招致をめぐって賄賂疑惑が報じられてきた。

 

賄賂疑惑はもともと、2016年にイギリスのガーディアン紙がスクープ。

 

 

日本の五輪招致委員会が、国際陸上競技連盟(IAAF)のラミン・ディアク元会長の息子であるパパマッサタ・ディアク氏が関係するシンガポールの会社「ブラックタイディングス社」(BT社)の口座に、

 

招致決定前後の2013年7月と10月の2回に分けて合計約2億3000万円を振り込んでいたというもの。

 

ディアク親子は五輪開催地の投票に強い影響力をもつ人物であり、この金が賄賂=裏金だったとの疑惑だった。

 

 

ブラジル、フランスの検察当局は捜査に着手、また日本の国会でも取り上げられたが、

 

招致委員会の理事長だった竹田JOC会長らは、BT社への巨額の振り込みは正当な「コンサルタント料」だったとして疑惑を否定した。

 

 

しかし、BT社への支払いは2013年7月に9500万円、同年10月に1億3500万円と2回に分けておこなわれ、

 

そのうち10月の支払いは IOCの総会で東京での五輪開催が決まった後のこと。

 

どう考えてもコンサル料ではなく“招致買収活動”の成功報酬だろう。

 

 

実際、2017年9月には、ガーディアン紙が「日本の五輪招致委員会からIOC関係者への送金は“買収目的の意図があった”とブラジル検察当局が結論づけた」と報じた。

 

東京新聞は掘り下げて記事にしたが、あとは共同通信、朝日新聞などがガーディアンの記事を引くかたちで短く報じたくらいだった。

 

https://twitter.com/litera_web/status/1083702195890069504?fbclid=IwAR03FbexY_UUcS-hFVXU-8cS7EmBJ7aUk-XoxO1hoL9WtHIhdFqWiyvBdjk

 

 

https://twitter.com/tamakiyuichiro/status/732026741724610560/photo/1

 

 

 

 

 

〇 よくぞ言った馳浩!→ #ldnews 五輪招致の不正支払い疑惑 馳浩文科相が「広告会社D社」を電通と明言

 

民進党が「広告会社D社」と社名を伏せるも馳浩文科相が「電通」と明言

 

 

16日放送の「国会中継『衆議院予算委員会質疑』」(NHK総合)で、馳浩文部科学大臣が、五輪招致の不正支払い疑惑での答弁で「電通」の社名を連呼した。

 

 

11日に英国・ガーディアン紙は、東京五輪の招致委員会から、過去に汚職疑惑のある国際陸上連盟のラミーヌ・ディアック会長の親族企業、ブラック・タイディングス社へ、130万ユーロ(約1億6千万円)もの送金が不正にが支払われた疑いを報じた。

 

 

さらに同紙は「2029年までIAAFと包括的なスポンサー契約を結んでいる日本の広告代理店電通(Dentsu)の役割にも一石が投じられる」と、

 

相関図とともに「Dentsu marketing company」と、日本の広告代理店企業、株式会社電通にも疑いの目を向けている。

 

 

http://news.livedoor.com/article/detail/11529971/

 

 

 

 

〇 マクロン政権、JOC、東京地検特捜、ゴーンと登場人物が四者いるけど、正しい者が誰もいない。

 

悪のグローバリスト同士で潰しあって全滅を願う。

 

https://twitter.com/sunadokei1920k/status/1083919413772840972

 

犯罪者  犯罪国家ニツポンの司法は笑い話

  • 2019.01.13 Sunday
  • 22:51

 

 

明治からの兵隊たちは チェジュ島からの密航者が多く 

 

日本人の戸籍を奪い 人の家に居座り 殺害し という犯罪者でもある。 

 

(田布施での取材 被害者へのインタビュー)

 


かれらは 乗っ取り 侵略したものを すべて 我々の固有のものという性癖。

 

 

 

 

 

〇 日本の刑事司法制度が民主的でないことは以前から世界に知られていた。

 

2013年5月にジュネーブで開かれた国連拷問禁止委員会の「第2回日本政府報告書審査」でも日本側は批判されている。

 

 

この審査でモーリシャスの委員から日本の刑事司法について

 

「弁護人に取調べの立会がない。

そのような制度だと真実でないことを真実にして、公的記録に残るのではないか。」と指摘されている。

 

「自白に頼りすぎではないか。これは中世のものだ。中世の名残りだ。」とも言われたという。

 

 

 この指摘に対し、外務省の人権人道大使だった​上田秀明​はそうした疑念を自らが証明してしまう。

 

「日本は、この分野では、最も先進的な国の一つだ」と彼は発言、会場で笑い声が起こったのだが、

 

問題はその後。「笑うな。なぜ笑っているんだ。黙れ!黙れ!」

 

 

と叫んだのである。日本を知る世界の専門家はモーリシャスの委員と同じように考えているだろう。

 

 

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201901130000/

 

 

 

☆ 国中がそうですが

 

外務省は ニセ天皇の意のままに動かせる支配になっている 伏魔殿ということです。

 

国際の場で 黙れ 黙れ ・・・

 

 

犯罪者が 権力をもった 狂った姿です。

 

トップから ボトムまで 火病ですね。

 

 

 

 

 

美しい日本 竹田会長・起訴  息を吐く暇もない嘘の病魔・サンゴ移設

  • 2019.01.11 Friday
  • 22:35

 

 

まじで?


東京オリンピック終了?!

 

JOC竹田恆和会長 フランスで起訴と報道


https://ndjust.in/Ko6mwj10 

 

 

 

日本オリンピック委員会の竹田恆和会長が先月、フランスで東京五輪招致に関連する贈収賄の疑いで起訴されたと現地メディアが相次いで報道。

 

https://twitter.com/junjihattori

 

https://newsdigest.jp/news/d4109eb7-0ccd-4852-a31c-ed7daab029fe

 

 

 

日本のメディアは
竹田JOC会長の起訴をスルーしてるけど、ゴーン下ろしの陰謀に必死で加担してる

 

https://twitter.com/democracynokaze/status/1083642385630777344

 

 

 

仏紙ルモンドが報道です。

 

竹田JOC会長が東京五輪招致にからむ贈賄容疑で12月10日、フランス当局に聴取されたそうです。

 

ゴーン逮捕(11月19日)への、フランス側の報復かも知れません。


https://www.lemonde.fr/sport/article/2019/01/11/l-homme-fort-des-jo-de-tokyo-2020-mis-en-examen-pour-corruption-active_5407570_3242.html

 

https://twitter.com/BOOgandhi/status/1083633559179382785

 

 

☆ 黒酒さんによると 確か 竹田偽皇族は 箕作なのではないか

 

オリンピックは ワー〇〇メイ〇で ニツポンが 天皇を中心とした世界政府の長になることへの 象徴と言ってました。 

 

利権の中心は 天皇ですので

 

この件も 金塊で賄賂でしょうか?

 

 

 

 

◎ NHK「日曜討論」でのあべの妄想発言

 

「あそこのサンゴは移している」には、すでに多くの非難が上がっていますが、

 

改めて「ウソだ」と断じた琉球新報の社説が明快です。

 


土砂投入区域ではサンゴ移植は全く行われておらず、

 

埋め立て海域のサンゴ約7万4千群体のうち、移植したのは他の区域のたった9群体。

 

しかも移植後の長期的生存率は低く、環境保全策にはならないとの専門家の指摘もあります。

 

 

ついでは、ヌケヌケと「絶滅危惧種は砂をさらって別の浜に移す」とも発言していますが、そのような事業は実施していないそうです。恐るべき厚顔。

 


もはやウソをついていないと息ができないのではと呆れますが、

 

サンゴ移植発言に続いて、

 

 

さらにこれまで何度も繰り返された悪質なウソ「普天間の代わりに辺野古に基地を」という主張も登場しました。

 

 

「普天間固定化か辺野古か」の二者択一の刷り込みですが、

 

辺野古は普天間の代替ではなく、新基地建設であることは今や検証された常識で「誤解」などではありません。

 

辺野古新基地が仮に完成したとしても普天間が返還されないことは、日米地位協定と沖縄の歴史が物語ります。

 


そして今回、社説が重く見たのは、これほど明らかなウソを、事前収録で確認できるにもかかわらず、NHKがノーチェックで放映したことでした。

 


一国の首相は平然とウソをつき続け、

 

NHKは安倍様の広報に成り下がり、

 

官邸は言い訳どころか答弁すら拒否する崩壊国家に何を訴えても意味なしと思うのは当然でしょう。

 


ホワイトハウスへの請願署名はいよいよ20万筆を突破し、世界を巻き込んで土砂投入の暴挙をやめさせようとしています。

 

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=185758

 

ニツポン 「防衛」というおとぎ話  米戦闘機・また購入

  • 2018.12.20 Thursday
  • 22:42

 

 

 


専守防衛を放棄したのは 4半世紀前の話


日本人が「専守防衛の空洞化」を懸念すべき時は過ぎ去って久しい。今さら懸念しても仕方がない。

日本政府は遙か昔に専守防衛を放棄したのだ。そうした視点から日本の軍事政策を見る必要がある。


2015年に就航した海上自衛隊の「いずも」を国外では当初から「空母」に分類することが珍しくなかった。

艦首から艦尾まで平らな「全通甲板」を有し、垂直離着陸が可能なMV22オスプレイやステルス戦闘機F-35Bの離発着が想定されていると見られていたからだが、


その外観は2014年にアメリカ海軍が就航させた強襲揚陸艦「アメリカ」を連想させる。


沖縄の基地問題にしろ、イージス・アショアの配備にしろ、「専守防衛」を前提にした議論はおとぎ話にすぎない。


アメリカ支配層は日本を自分たちの戦争マシーンに組み込む準備を長い年月にわたって進めてきたが、大きな節目は1995年2月。


国防次官補だったジョセイフ・ナイが「東アジア戦略報告(ナイ・レポート)」を発表、

国連中心主義の立場を放棄してアメリカの単独行動を容認するように求めたのだ。


その前年、1994年の6月に長野県松本市で神経ガスのサリンをまかれる事件(松本サリン事件)が引き起こされ、

1995年3月20日に帝都高速度交通営団(後に東京メトロへ改名)の車両内でサリンが散布され(地下鉄サリン事件)、


同月30日には警察庁長官だった國松孝次が狙撃されて重傷を負っている。これは偶然か?

 


1995年8月27日付けのスターズ・アンド・ストライプ紙には、

1985年8月12日に墜落した日本航空123便に関する記事が掲載された。

その当時、大島上空を飛行していたアメリカ軍の輸送機C-130の乗組員だったマイケル・アントヌッチの証言に基づいている。

記事の内容は割愛するが、自衛隊の責任を示唆するものだった。
 

 


ナイ・レポートの作成を主導したのは好戦派のネオコンだが、

この報告書の基盤になる戦略は国防総省のDPG(国防計画指針)草案という形で1992年2月に作成されている。

当時の国防長官はリチャード・チェイニー。

作成の中心は国防次官だったポール・ウォルフォウィッツだった。そこでこの指針案はウォルフォウィッツ・ドクトリンとも呼ばれている。


このドクトリンの前提はアメリカが「唯一の超大国」になったということ。


他国に気兼ねすることなく、つまり国連を無視して自分勝手に行動できると考えた。

そこで、日本に対して国連を無視してアメリカのみに従うことを強要したわけだ。


「冷戦の終結」とはそういうことであり、アメリカの世界制覇戦争の幕開けだった。

 

ソ連というライバルが消滅した後、アメリカの支配層は潜在的なライバルを潰しにかかる。

西ヨーロッパ、東アジア、旧ソ連圏、南西アジアなどだ。


特に力を入れたのが東アジア。力の源泉であるエネルギー資源を支配するため、中東やアフリカなどの国々もターゲットになった。
 

 

また、アメリカ支配層は民主主義者を装う必要がなくなったと判断、

ファシストとしての体質を隠さなくなる。


富の集中が急速に進み、貧富の差は拡大していく。

 



ところが、その過程でロシアは再独立に成功、中国と戦略的な同盟関係に入った。


南オセチアを奇襲攻撃したジョージア軍を粉砕、シリアでアメリカなどが送り込んだジハード傭兵を壊滅させたロシア軍は世界的に信頼を高め、

アメリカの立場は弱くなっている。

そうした現実を隠すため、

有力メディアはプロパガンダ機関であることを隠せなくなってしまった。


そうした流れをネオコンたちは軍事的な恫喝(核戦争の脅し)で止めようとしたが、失敗した。

アメリカ軍は艦隊を派遣しての威嚇、ミサイルの配備や軍事演習などで恫喝を続けているが、

ここにきてロシア政府はアメリカやイギリスの支配層に見切りをつけ、軍事力を前面に出し始めている。


例えば、シリアではイスラエル軍に対する反撃を容認、​ベネズエラ​へは2機のTu-160戦略爆撃機を派遣、

ベネズエラ軍のSu-30戦闘機とF-16戦闘機を伴ってカリブ海上空を約10時間にわたって飛行している。


爆撃機の派遣は、ドナルド・トランプ政権に対し、INF(中距離核戦力全廃条約)から離脱した場合に何が起こるかを示したのだとも言われている。


アメリカ支配層の命令に従って軍備を増強し、侵略戦争の準備を進めた場合に何が日本の周辺で起こるのかも暗示している。

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201812190000/

 

 

 

 

 

12.19 ロイター:日本は中露に対抗するため米戦闘機をさらに購入へ


日本は今後5年間でステルス戦闘機、長距離ミサイル、その他の西太平洋で米軍を支援するため装備の支出を加速させる。


ロイター通信が、防衛に関する日本政府の新たな文書をもとに報じた。


18日に日本政府が閣議決定した今後10年程度の防衛力整備の指針となる防衛大綱では


「米国は、依然として世界最大の総合的な国力を有しているが、

あらゆる分野における国家間の競争が顕在化する中で、

 

世界的・地域的な秩序の修正を試みる中国やロシアとの戦略的競争が特に重要な課題であるとの認識を示している」と述べられている。


ロイター通信によると、また最近の日本の防衛ビジョンに米国、中国、北朝鮮、ロシアなどの国々が大きな影響を及ぼしたと指摘されている。


また日本は、すでに購入を決めている42機に加えて、米国のF35戦闘機45機を約40億ドルで購入する計画だという。



 

三菱に賠償させるのは日本人の責任   薩長土肥

  • 2018.12.04 Tuesday
  • 23:23

 

 

韓国の最高裁(大法院)は11月29日、

 

先の戦争中に三菱重工に徴用された韓国人元徴用工5人の遺族と、

元朝鮮女子勤労挺身隊の韓国人女性ら5人が損害賠償を求めた上告審で、同社に賠償支払いを命じました。

 

 

先の新日鉄住金(旧新日本製鉄)に対する判決(10月30日)に続くもので、判決趣旨は前回と基本的に同じ。

 

「問題の本質は人権問題」であり、「日韓請求権協定により個人請求権は消滅していない」(11月5日の弁護士有志声明)のが国際的常識です。

 

 

今回の判決にはとくに注目すべき点があります。それは、被告が三菱(重工)だということです。

 

三菱とは何か、日本の近代史の中でいかなる役割を果たしてきたのか。

 

 

三菱の創業者・岩崎弥太郎は「薩長土肥」の土佐出身。

 

 

1873年に三菱商会をつくりましたが、頭角を現したのは、近代日本の海外侵略の端緒となった台湾出兵(1874年)でした。

 

 

外国や他社が躊躇するなか岩崎は率先して船を調達し、台湾へ兵士や武器を運ぶことによって巨利を得ました。

 

その後、1884年に政府の長崎造船所の払下げを受け、三菱長崎造船所(写真中)として創業しました。

 

 

三菱は日本帝国主義が引き起こした侵略戦争とともに成長した代表的な財閥です。

 

三菱の鉱業と重工業は戦争の遂行になくてはならなかったものでした。

 

 

日本が侵略戦争を拡大するなかで、三菱長崎造船所では軍艦が82隻、魚雷は1万本以上が生産されました。

 

『日本戦艦の誇り』と宣伝された武蔵や真珠湾奇襲に使われた魚雷は長崎で製造されたものでした」(『「明治の日本の産業革命遺産」と強制労働』強制動員真相究明ネットワーク・民族問題研究所、2017年)

 

 

岩崎は「脱亜入欧」を唱えてアジア侵略を煽った福沢諭吉とも親しい仲でした。

 

 

戦争の拡大とともに三菱はアジア各地で資源を収奪し、現地の民衆を酷使するとともに、

国内では強制動員された朝鮮人に多大の犠牲を与えました。

 

 

「日本が1938年の国家総動員法制定後、強制動員した朝鮮人は70万人以上と推定される。

 

日本の歴史学者・竹内康人氏は、三菱重工業、三菱鉱業、三菱の工場建設に動員された朝鮮人を約10万人と推定する。

 

…三菱財閥の成長の陰には、朝鮮人被害者の涙がある。

 

 

『軍艦島』としても知られる長崎県端島炭鉱は三菱が経営した。

ここで朝鮮人50人余が命を失った。

 

今回最高裁の賠償判決が下された三菱重工の広島工場に強制動員された人々は、原子爆弾の被爆被害まで受けた。

被爆当時、朝鮮人1000人あまりがいたと推定される」(11月30日付ハンギョレ新聞)

 

 

 

敗戦後財閥は解体されますが、

 

サンフランシスコ講和条約(1952年発効)によって復活し、三菱グループは戦後の日本企業・財界の中心的存在になります。

 

 

特に三菱重工は国内最大の兵器メーカーで、

 

兵器部門の売上高は3165臆円、系列の三菱電機も兵器関連の売上高が1040億円と断トツ(ともに2013年度。「週刊ダイヤモンド」2014年6月21日号)。

 

 

まさに”死の商人”です。海上自衛隊のイージス艦を製造しているのも三菱長崎造船です。

 

 

兵器だけではありません。国産航空機、国産ロケット開発の中心になっているのも三菱重工です(軍需と無関係ではありません)。

 

 

 

ちなみに、安倍晋三首相の実兄・安倍寛信氏は成蹊大卒業後、三菱商事に入社し、同中国支社長などを歴任した後、現在三菱商事パッケージングの社長です。

 

三菱重工はじめ三菱グループは、創業から現在まで、侵略戦争・軍需によって成り立ってきた企業です。

その陰には多くの朝鮮人の涙・犠牲がありました。

 

 

三菱は紛れもなく日本の中心企業であり、系列を含め三菱の関係者は膨大です(私の親族にも三菱の元社員がいます)。

 

その三菱に、朝鮮人の人権を踏みにじって多大な犠牲をあたえた罪を賠償させるのは、私たち日本人の責任ではないでしょうか。

 

 

https://blog.goo.ne.jp/satoru-kihara/e/4115e211b500d9593ebb4005cb5d9441

 

 

 

 

〇 ひぇー、酷いマスコミ!

 

統一教会系フジTVの上級解説員の平井は徴用工問題で日韓国交断絶を主張!

 

それでいて韓国人卒業生を日本企業に就職させる移民受入れを?

 

創価学会系TBSも元外交官は日韓請求権協定の本質を説明せず国際法上あり得ない?

 

朝鮮マイノリティ支配の分断強化!

 

https://twitter.com/JunjiHattori/status/1058911933083107329

 

 

 

 

〇 ペリーは黒船でやってきた最初から、日本のマイノリティに注目しています。

 

それが大東亜戦争の米国勝利によって、岸信介らの重用となって実現されていきます。

 

ここに触れない政治論は、肝心なところですべてうそをついています。

 

https://twitter.com/hyodo_masatoshi/status/1058874788767162369

 

 

 

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

日本古代史

日本古代史入門
クリエーター情報なし
作品社(インプレス)

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM