野良猫のシェルター 中国   沖縄のサンゴ

  • 2019.02.14 Thursday
  • 22:12

 

 

☆ 政治やは 森羅万象の頂点だそうです  !

 

ニセユダヤに支配されると すべての命は 金儲けの代償になります。

 

そのような環境で 生きていると 

 

魂は そのごとく変容していきます。

 

ほとんどの国が ニセユダヤ支配を 経験しています。

 

今 まさに ニツポンが 世界でも 目立つ そのような国になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

2.14  AI搭載の野良猫シェルター、中国で開発【動画】


中国のネット検索最大手「百度(バイドゥ)」が、人工知能(AI)に基づいて作動する革新的な携帯用猫シェルターを開発した。

 

 

シェルターのシステムは、動物がシェルターに近づいてくると、その顔に基づいて猫かどうかを識別する。

 

シェルターの内部には、猫のために暖房や新鮮な餌、水、さらに娯楽も一部の種類が用意されている。

 


シェルターのAIは現在、174種の猫を識別できる。

 

動物の同定は、暗視装置も備えたカメラを用いて行われる。

 

 

「スマート」システムには顔の同定のほか、

 

口内炎や皮膚病を含む、非常に広まっている猫の炎症や病気にかかっているかどうか検査できる性能もある。

 

 

それだけでなく、耳につける特殊なタグの有無に基づいて、避妊・去勢手術を既に受けているかどうかを判断することもできる。

 

 

 

 

 

 

近づいてきた猫が病気にかかっている、あるいは避妊・去勢手術を受けていないと判断した場合、

システムは自動的にモバイルアプリケーションを通して、

ホームレスの動物の世話をしているボランティアグループのうち、最も近い場所にいるグループと連絡を取る。

 

 

 

猫がシェルターの中に入り込むとすぐ、その扉が自動で閉まり、たとえ猫と同じ程の大きさであった場合でも、シェルター内に他の動物が侵入するのを防ぐ。

 

北京では、冬に気温が氷点下9度にまで低下する。

 

ある統計によると、地元の野良猫のうち40%しか、屋外で生き残ることができないという。

 

 

 

 

 

サンゴ

 

 

 

 

 

☆ 国が 悪魔でも

 

一人 一人は 黄色いベストになり

 

できることって あると思うんです。

 

ある意味 国から卒業できるかもしれません。

 

 

 

 

大きなワンちゃん  飼い主と一緒のフライト

  • 2019.02.02 Saturday
  • 22:21

 

 

1.28 中国南方航空が、とある巨大な犬に対し、フライトの際に「エモーショナル・サポート・アニマル(ESA)」として、


精神的障害を抱える飼い主に同伴することを許可した。デイリー・メール紙が伝えている。








 

ワンちゃんの救命措置   とっても個性的なロシアの猫

  • 2018.12.28 Friday
  • 22:59

 

12.28  スキュー・ダックスフンドの動画も視聴者の心を掴んだ。

 

こんな救急措置なら誰でも受けてみたいはずだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グルジアの歌のような声を出す、サンクトペテルブルクの猫

 

 

 

 

 

 

 

シベリアネコの「ミル坊」 体重8キロ

  • 2018.12.15 Saturday
  • 22:59

 

 

 

 

 

 

12.14  プーチン大統領が贈ったシベリア猫、日本語を理解し、体重は8キロに


ロシアのプーチン大統領が2013年に秋田県の佐竹敬久知事に贈ったシベリア猫の「ミール」は、体重が8キロになり、日本語を理解する。


佐竹知事が明らかにした。

 

 

佐竹知事は2012年、東日本大震災後の支援に対するロシア国民への感謝の印として、プーチン大統領に秋田犬を贈った。

 

その返礼としてプーチン大統領は「ミール」を贈呈した。

 

佐竹知事は「ミール」の健康状態になどについて語った。

 

知事によると、「ミール」は大きな猫に育ち、知事が飼っている他の6匹の猫と仲良く暮らしている。

 

「ミール」は子どもたちから「ミル坊」と呼ばれており、名前を呼ばれると反応する。

 

お腹が空いたときには、近づいてきて手で肩を触り、鳴き始めるという。

 

 

佐竹知事は、秋田県とロシアの関係についても語り、ロシアの複数の都市を何度も訪れたが、特にシベリアが印象的だったと話した。

 

 

 

「シベリア猫ミール」の画像検索結果

 

 

 

ピカチュウみたいなポッサム  マサル・CM出演   クマさん 雪遊び

  • 2018.12.07 Friday
  • 22:56

 






12.6  君はピカチュウ? オーストラリアでポケモンそっくりの突然変異種が発見【写真】


オーストラリアでとても珍しい突然変異のポッサムが発見された。

身体のメラニン欠如から、このポッサムの毛皮は珍しい鮮やかな黄色をしており、まるでピカチュウのよう。


メルボルン市に連れて来られたポッサムは、怯えてはいたものの健康であり、今後の飼育は獣医の手に委ねられる。


ピカチュー・ポッサムを見た専門家らによれば、このような突然変異はとても稀。

また、この種のポッサム(米国産ポッサムとは別種)は夜行性であるため、明るい色の毛皮では肉食動物から隠れることが出来ず野生で生きるのは危険と指摘されている。


https://twitter.com/AlltimeGamingtv/status/1069532882853597184/photo/1


 

 

 

12.4  ザギトワの愛犬マサル ペット用マットレスのCM撮影ですっかりスター【動画】


平昌五輪女子フィギュアの金メダリスト、アリーナ・ザギトワ選手(16)と秋田犬マサルが、日本のマットレス・メーカー「エアウィーヴ」のコマーシャルに出た。

マサルが張り切って宣伝に努めるのは「エアウィーブ」社のペット専用のマットレス。


コマーシャル用に用意された明るい色調の部屋でマサルはザギトワと遊び、マットレスに気持ちよく寝そべりながら、大好きな飼い主にたくさん撫でてもらって、最後は同社の掛布団と一緒にご満悦の表情で座っている。


同社はきっと撮影の出来に満足に違いない。

撮影場所は発表されていないが、一瞬映る寒そうな外の景色と、ザギトワがグランプリシリーズ(GP)ファイナルへ猛特訓中であることから考えると、モスクワの一室ではないかと推測できる。







事の始まりはエアウィーブ社の高岡社長からのマサル用マットレスを贈呈。

10月にジャパン・オープンの出場で来日していたザギトワは贈呈式に出席した。


ザギトワは飼い猫のイリースカ用にもマットレスをもらい、ニコニコ顔だった。

その場ではコマーシャルの話は公にされていなかったが、11月に撮影の契約は結ばれたところを見ると、とんとん拍子で話が進んだようだ。


同社の発表によれば、契約書面にマサルは肉球で判を押したらしい。


マサルは生後3か月で日本からモスクワに連れてこられた。外国生活も早半年。

 


すっかり大きく成長したマサルは毛並みもよく、ザギトワの愛情を受けて、ザギトワ不在の際は彼女のおばあちゃんにお世話されてモスクワの生活に満足していることがよくわかる。




12.6  「もう少したくさん雪を投げて!」 飼いならされた熊がもう1頭、ネット驚嘆

 

もう1頭の飼いならされたクマが雪で遊ぶ様子が、ロシアで動画に撮影された。

 

飼い主がクマに向かってシャベルで雪を放り投げ、一方、毛むくじゃらのクマは嬉しがって、自分に向かって飛んでくる雪の白い塊を捕まえようとしている。

 

 

 

 

クマにはどうやら、このような気晴らしが非常に気に入ったようで、動画の終わりには、クマが興奮のあまり跳び上がってさえいる。

 

 

寄せられた複数のコメントでは、動画の制作者に対して、次はクマにシャベルを渡すよう提案されている。

 

クマが自分で、飼い主に劣らずやってのけるのは明らかだろうというのだ。

 

 

 

 

フィギュアスケート

  • 2018.11.16 Friday
  • 22:58

 

 

 

 

 

11.15  羽生選手の練習に2千人訪れる モスクワ

 

 

 

 

 

11.15  日本からの脅威 紀平梨花の登場で氷上の戦いはロシア勢の独壇場ではなくなった

 

 

 

 

 

 

 

 

猫の写真  ベンガルトラ

  • 2018.10.28 Sunday
  • 23:01

 

 

 

 

 

 

「飛ん で いる 猫」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

 

「101 匹 ねこ ちゃん」の画像検索結果

 

 

 

 

「カンフー 猫」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

http://dobuhdo.com/jp/zetsumyo-no-taimingu-de-satsuei-sa-reta-17-mai-no-neko-no-shashin.html/page20

 

 

 

 

 

 

クリミア、サファリパークのベンガルトラの赤ちゃん、ロシア

 

 

 

 

魔女の呪いではないけれど ハトが酔っ払ってます

  • 2018.10.24 Wednesday
  • 23:07

 

 

 

10.22  ニュージーランドの「酔っ払いバト」が「バード・オブ・ザイヤー」受賞

 


ニュージーランドで毎年開催されるコンクール「バード・オブ・ザイヤー」で、ニュージーランドバトが優勝したと、米ニュースサイト『ビジネス・インサイダー』が報じた。

 

 

このハトは、果物を好んで食べることと、そのユニークな振る舞いで有名だ。

 

実はこのハト、熟しすぎて自然発酵した果物まで食べてしまい、酔っぱらっておかしな振る舞いをする。

 

 


​たとえば、千鳥足でよろめきつつ歩き回ったり、

 

木の枝に逆さまにぶら下がり、時にはそこから落ちたりもする。

 

 

このコンクールは、ニュージーランドの自然保護団体「フォレスト・アンド・バード」の主催で毎年開催される。

 

 

 

 

 


コンクールは投票形式で行なわれ、ニュージーランドの貴重な固有種の将来へと関心を高めてもらうことを目的とする。

 


いま、固有種の80%が絶滅の危機に瀕している。

 

コンクールでは、世界的な著名人も投票を行っている。

 

 

たとえば、英国の俳優で作家のスティーヴン・フライ氏はフクロウオオムに投票し、また、同じく英国の俳優で音楽家のビル・ベイリー氏は、クイナの一種のタカへに投票した。

 

 

 

IKEAのぬいぐるみが好きすぎるワンちゃん  アザラシ ライオン

  • 2018.10.12 Friday
  • 23:10

 

 

「IKEAのウサギのぬいぐるみ」の画像検索結果

 

 

 

10.10  ジェイクという名の犬は、「IKEA」のふわふわのウサギのぬいぐるみが大のお気に入り。

 

でも販売終了…

 

そこでぬいぐるみの持ち主たちがジェイクにプレゼント!

 

 

 

ジェイクという名の犬は、家具・雑貨チェーン「IKEA」のふわふわのウサギのぬいぐるみが大のお気に入り。


飼い主のエヴゲーニー・レベデフさんによると、ジェイクはこのウサギのぬいぐるみを噛んで遊び、4年間で約10個がダメになった。

 


ジェイクは、他のぬいぐるみにはまったく関心を示さないという。

 

IKEAでは今年初めからこのウサギのぬいぐるみの販売が終了した。


それがわかったとき、レベデフさんは「約30個」のウサギのぬいぐるみを購入したいとIKEAに問い合わせた。

 

 

 

 

 

 

レベデフさんは、売れ残ったぬいぐるみがあることに期待した。

だがIKEA側はレベデフさんにぬいぐるみを提供することができなかった。

 


しかしフェイスブックの利用者たちが、レベデフさんを助けるために動き出した。

 

そして大勢の人が、ジェイクが友達を失わないためにと、自分のウサギのぬいぐるみをプレゼントすると申し出た。

 

レベデフさんはその後フェイスブックに、数年先の分までジェイク用のウサギのぬいぐるみが見つかったとするお礼のメッセージを投稿した。

 

ジェイクは今後もふわふわのウサギのぬいぐるみで遊ぶことができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

岩場に横たわるアザラシ。ウェールズ

 

 

 

 

 

 

雌ライオンと遊ぶ男性。メキシコシティ

 

 

 

 

シャルル・アズナヴールの世界

  • 2018.10.03 Wednesday
  • 23:16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10.1 偉大な仏シャンソン歌手シャルル・アズナヴール、死去 94歳
 

 

著名な仏シャンソン歌手のシャルル・アズナヴール氏が死去した。

94歳。フランスメディアが氏の広報担当者の話として1日、報じた。


シャルル・アズナヴール氏はアルメニア系フランス人で歌手、作曲家、俳優でもある。

 

 

 

 

 

 

1998年、タイム誌とCNNテレビが行った共同世論調査では、アズナヴール氏は20世紀最高のステージ演奏家に選ばれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

アズナヴール氏は生涯で1300曲の歌を収録し、60以上の映画で演奏した。

 

 

 

 

 

 

 

 

植物  外部からのストレスに反応する神経系が存在する

  • 2018.09.19 Wednesday
  • 23:11

 

 

 

 

 

 

9.16 植物にも神経系のような機能が見つかる【動画】


米ウィスコンシン大学マディソン校の研究グループが、動物が神経系で使うようなシグナル伝達分子を植物でも発見した。

論文は学術誌サイエンスに掲載された。
 

 

学術誌サイエンスによると、マディソン校のサイモン・ギルロウ教授(植物学)が説明するところ、

昆虫が植物を食べると、損傷部位と全体で防御システムが機能する。

研究では、蛍光タンパク質を用いて、外部からのストレスに反応してシグナルが植物内部を移動する様子を観察した。

 

 

 

 

 

チームはその様子を映した動画を公開。

動画では蛍光タンパク質が損傷部位から秒速1ミリメートルの速度で植物内部に行き渡る。

これは、動物のシグナル伝達より遥かに遅い。動物の神経信号は最高秒速120メートルに達する。だが、植物にとってこれは超高速だ。
 

 

 

 

 

 

人間の言葉をしゃべるワン

  • 2018.09.17 Monday
  • 23:14

 

 

9.14   ある柴犬が日本語の会話を習得、今では食事をねだることができるまでに

 

 

「紅(べに)」という名前の柴犬が、飼い主の女性の後に続いて日本語で単語を繰り返すことを習得した。

 

 

今では、紅は「食べる」と「ハンバーグ」をほとんどなまりなく発音できる。

 

 

https://twitter.com/a_t_k123/status/1035860170121740288

 

 

 

 

 

 

 

ヤクザみたいなネコニャン

  • 2018.09.01 Saturday
  • 23:26

 

 

8.30  アザラシ 危機一髪で猫パンチをかわす

 

プールサイドでアザラシと猫が危うく喧嘩になるところだった。

 

アザラシは何も悪いことをしたわけではない。

 

 

平和的にただ寝転がっていただけなのに、そこに通りかかった猫が眼を付け、猫パンチを食らわせた。

 

https://twitter.com/Molly_Kats/status/1033534525937213440

 

 

アザラシの頭の中にはとっさに(衝突は避けよう)というシグナルが走ったらしく、平和主義者はゴロンゴロンと去っていった。

 

ポストは20万を超す「いいね!」と3千のコメントを集めた。その多くがアザラシの賢い戦略に感嘆を表していた。

 

 

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

日本古代史

日本古代史入門
クリエーター情報なし
作品社(インプレス)

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM