八咫烏とはなにか

  • 2018.04.20 Friday
  • 00:04

 

これも 一つの 説であり

 

なにしろ 庶民には 知らされるものではありませんが ・・・

 

 

 

八咫烏とは何か?

 

小林健太 

 

リンクより引用。

 

 

八咫烏とは、神武天皇以前に既に奈良にいた「もう一つの天皇家」のことである。

 

同じ天皇家だったから八咫烏から現在に繋がる天皇家への国譲りが出来た。

 

遡ると邪馬台国の卑弥呼の時代から既に彼らはいた。八咫烏の正体は物部氏である。

 

物部氏とは、中国の秦始皇帝の命を受けた除福が連れてきた技術者集団であり、それが若狭湾など複数の地点から上陸してきた。

 

そして、神武天皇への国譲り以後は裏天皇として存在を維持することになった。これが八咫烏である。

 

 

八咫烏の主な役目は何かというと、祭司にのみ関係している。

 

祭司を教授する組織が八咫烏である。

 

皇太子が後を継ぐときになされる大嘗祭は京都で行われる可能性が高い。

 

天皇がやるべき儀式、そして天皇の目的、天皇が将来的に何をするかという預言、それらを司るのが八咫烏である。

 

天皇家の京都への移動も八咫烏が決めている。もし、天皇家に男子が出生しなかった場合でも、八咫烏の家系から男子を連れてくる。(物部系の天皇に入れ代わることになる。)

 

 

神武天皇以降の天皇家は基本的には秦氏系である。ルーツはどちらもユダヤだから大きな違いは無い。

 

八咫烏は現在70名いる。その上部組織は12名からなっていて、「大烏」と呼ばれている。

 

さらに、その中で最高位に立っているのが3人の金鵄がいるという構図である。

 

金鵄は天皇に代わって祭司を行ってきた裏天皇であり、建国以前から日本史の秘密を全て握っている存在である。

 

 

 

八咫烏というのは物部氏だから、天皇家を裏から支えているのは物部氏ということになる。

 

伊勢神宮の内宮や外宮を裏で支えているのは伊雑宮(いざわのみや)という物部系の伊勢神宮であり、

 

京都においても天皇を守っていた下鴨神社と上賀茂神社を支えているのは物部系の河合神社である。

 

 

伊勢神宮は現在地に鎮座するまで、90年かけて候補地を転々としている。

 

それを元伊勢(もといせ)というが、その元伊勢の中でも最重要な存在が籠神社(このじんじゃ)である。これは、特別に本伊勢(ほんいせ)とも呼ばれている。

 

 

籠神社の裏社紋がユダヤのシンボルであるダビデの星である。

 

物部系の神社はユダヤの旧約を守っていたから血の儀式をやっていて、牛などを生贄(いけにえ)に捧げていた。

 

ところが、秦氏系の神武天皇の後からは血の儀式を止めるようにお触れが出て、今は何処もやっていない。

 

 

八咫烏と対抗するために置かれたのが「忍(しのび)」である。

 

それを造ったのが聖徳太子のブレーンとされる秦河勝である。

 

物部氏の八咫烏に対して、秦氏は忍を置いた。

 

甲賀や伊賀といった忍者の里は、八咫烏の領域の真ん中辺りに置かれている。

 

 

聖徳太子の正体は秦河勝であり、秦氏が忍者を創設したことになり、全ての辻褄が合う。

 

 

八咫烏は政治を一切やらない。

 

 

日本は基本的に秦氏と物部氏との間のバランスで成立してきた。物部氏は裏に回る約束だった。

 

しかし、時々暴走する物部氏が出てくる。

 

引用終了

 

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=334068

 

 

 

秦氏とユダヤ王族との関係

  • 2018.04.16 Monday
  • 23:57

 

☆ ユダヤとか 偽ユダヤとか ユダヤ教というとき

 

まだ よくわかりません。

 

現イスラエルにつながる 偽ユダヤ つまり ユダヤ人ではない ユダヤをさしているのか ・・・

 

 

 

秦氏とユダヤ王族の関係

 

中村英起 

秦氏とユダヤ王族の関係

リンク より

 

 

秦氏が日本に渡来してきた経緯については諸説があります。

 

秦が滅び亡命してきたという説をはじめ、万里の長城建設等の苦役に耐えられず、秦韓に落ち延びた後、日本へ亡命してきたという説、

 

秦の末裔を名乗ることで異国において優遇されようと目論んだという説など、秦氏の出自については枚挙にいとまがありません。

 

 

また、新撰姓氏録では秦氏の出自が秦始皇帝に由来していることが明記されています。

 

その信憑性には疑問が残るも、可能性については留意する必要がありそうです。

 

 

日本の歴史において重要な役割を果たしてきた秦氏ですが、

中国の文献においても、不思議とその出自に関する記述を殆ど見出すことができません。

秦の末裔というのが本当なら、中国にも秦氏の出自に関する記述が残されているはずですが、皆無に等しいのです。

 

 

 

秦氏は如何にして、都の造営に携わるほどの政治・経済力を携えてアジア大陸を横断し日本に辿り着いたのでしょうか?

 

その高貴な文化と芸術的な感性、そして特異な宗教的背景を振り返る限り、秦氏は元来、高貴な王族級の民族の出であることに違いありません。

 

 

日本書紀には、弓月君(ユヅキノキミ)が3世紀末、朝鮮半島より渡来したことが秦氏の基であると記されています。

 

当時、中央アジアには、弓月部族が元来居住していたと考えられる弓月国が存在しました。

 

そこはイスラエルの祖先の地からも近く、布教も熱心に行われた結果、景教の一大拠点ともなり、シルクロードの通過点として最終的に日本の奈良まで繋がることとなります。

 

秦氏が景教の信奉者であることからしても、弓月君の故郷が、この中央アジア近辺にあった可能性は極めて高いと考えられます。

 

 

つまり、秦氏のルーツは中央アジア方面まで遡ることがわかります。

 

そして景教の信奉者として全国各地に神社を建立し、さらにエルサレムの都に倣って平安京の造営に大きく貢献したことからしても、

 

秦氏は中央アジアからさらに西に存在するイスラエル国のユダヤ王系でなければ成し得ないと考えられるのです。

 

(中略)

 

 

秦氏は、自らの氏寺である広隆寺だけでなく、全国各地に数多くの寺社を建立しました。

 

全国で見かける八幡神社は、八幡様や八幡宮等を含めると、少なくとも1万社以上も存在し、稲荷神社と並んで日本人にとっては大変なじみの深い神社です。

 

しかも秦氏の関連する地名や氏神の名前は、ヘブライ語で重要な宗教的意味合いを持っているものが少なくありません

 

秦氏の氏寺である広隆寺の境内近くには、「イスラエル」の国名に酷似する伊佐良井(イサライ)、「いさら井」と外枠の石に彫り込まれた古い井戸があります。

 

 

その名称は景教の経典に書かれているイスラエルを意味する一賜楽業(イスライ)に酷似しており、

同じくイスラエルを意味して命名されたのではないか思われます。

 

 

秦氏の本拠地にある八坂神社の祇園信仰も、その「ギオン」という名前の語源は、イスラエルのZION(ズィオン)と考えられるのです。

 

多くの儀式や祭りの数々が古代ヘブライ信仰に類似していることにも注目です。

 

 

 

日本文化の発展に多大なる貢献をもたらし、神を崇め祀る神社信仰のルーツを日本列島に築きあげた秦氏こそ、まぎれもなく神の選民であるイスラエル民族であり、

 

その中でも生粋の王系、ユダ族のリーダーであったのです。

 

 

王族の末裔である秦氏が、その卓越した大陸文化とイスラエルの遺産を携えながら長い年月を経て大陸を横断し、朝鮮半島を経由して日本へと辿り着いたのです。

 

そして先祖代々の夢であるエルサレムの都の再建を目論み、満を持して日本の地において夢の実現に着手したのです。

 

 

もはや、秦氏の貢献をオブラートに包み隠す必要はありません。

 

秦氏がイスラエル、ユダ族の出自であるとするならば、平安京に纏わる歴史の解釈が一変します。

 

ダビデ王の末裔である秦氏が、大陸より渡来してエルサレム神殿をモデルにした平安京を築き、ユダ族の血統が秦氏らの介入により皇室に継承され、

 

さらに律法に基づいて神宝の管理を含む宗教統制がレビ族の出自である阿刀氏系のイスラエル人を中心に執り行なわれたと解釈してみてはどうでしょうか。

 

 

それは正に、ユダ族の王が君臨し、その神殿と神宝をレビ族が祭ったイスラエル王国の復元と言えます。

 

調和と繊細な美を大切にする日本文化のルーツが秦氏にあるということは、神の選民の血が日本人のうちに息吹いていることを意味し、それは日本人の誇りなのです。

 

(引用終わり)

 

 

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=334596

 

 

 

 

☆ 一部 本当かもしれないと思うのは

 

あまりに ヘブライの文化や 言葉が 随所にみられることと 

 

イエズス会が 日本を標的に 日本人を皆殺しにするという計画を ザビエルも 本部に送っていることです。

 

それだけ 狙われるという その 意味です。

 

 

そして 確かに 明治維新からは そのことを 逆手にとって 南朝の天皇ということにして ロス茶の記述にもあるように ユダヤの神として 日本を治めるという計画が 出来上がった。

 

 

けれど いずれにしても 本物はイエズス会の英王室や ロス茶との関係で 成り立つはずはありません。

 

人類摂取のNWOの 所属であるはずはありません。

 

 

また 景教とか道教ということへの認識によって

 

秦氏とは なんなのか

 

たんに 神社を 悪魔教ととらえる説もあります。

 

 

 

 

 

 

日本の裏勢力の歴史書はアメリカがもっている  サンカ

  • 2018.04.15 Sunday
  • 23:44

 

 

日本の裏勢力の歴史書はアメリカが持っている

 

 

今野恵祭 18/04/09 

 

日本の歴史を作ってきた裏勢力の本当の歴史は、偽モノとされて、日本史においては抹殺されていますが、

重要な資料は超重要資料としてアメリカにおいて保管されているという。

 

 

これは日本の本当の歴史を知られたくない日本の支配層にも都合がよいし、アメリカにとっては日本を支配するための研究資料として必需品が手に入るため、双方の利害が一致したということだろう。

 

 

以下、リンクより引用

 

■■■■■

 

○古史古伝

 

 

古史古伝とは、戦後の超古代史研究家の吾郷清彦氏が著書「古事記以前の書」において神代についての伝承を含む古文献を古典・古史・古伝の三通 りに分類したことに由来するようです。

 

 

古典とは古事記・日本書紀などのアカデミズム公認の神代関係史料で、古史は竹内文献や富士古文献のように神代文字に関する伝承を含んだ史料を意味し、

 

古伝とは上記(ウエツフミ)や秀真伝(ホツマツタエ)のように全文が神代文字で書かれた史料を意味するとのことです。

 

 

古史古伝という言葉を、超古代史などと呼ばれていた史料の総称として定着させたのが、佐治芳彦氏の一連の著作によるものです。

 

 

古史古伝には竹内文献・富士古文献・上記・秀真伝・九鬼文献・東日流外三郡誌・三笠文・カタカムナ文献などがありますが、

 

いずれもアカデミズムからは黙殺されるか、偽書として扱われています。

 

また、古史古伝の多くが、サンカを始めとした山の民と深く関わっていたとされています

 

 

 

縄文時代が始まったのは今から約12000年前だとされていますが、

沖縄周辺で発見されている海底遺跡が海に没したのがほぼ同時期とされています。

 

 

縄文時代以前に高度な文明があったのかもしれませんし、なんらかの理由で、その文明が滅び、生き残った人達が縄文人の始まりなのかも知れません。

 

 

 

ある方から聞いた話しです。

 

 

「サンカに関する情報は日本よりアメリカが握っているだろう。

 

また日本では偽書扱いされている古史古伝のいくつかは、アメリカにおいて、日本を知るうえでの正規の研究対象となっている話を聞いたことがある。

 

 

大平洋戦争が始まる以前から、日本を知る為に、国の成立から天皇制、被差別 民の成り立ちまで、綿密に歴史を研究したようである。

 

 

それは日本を占領した際に、統治しやすくするための研究だったのだろう。

 

しかし、戦後においても全国の貴重な古代に関する古文書などを接収して、本国に持ち帰っていることから、何か日本の歴史に特別 関心があるのかもしれない。」とのことでした。 

 

 

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=334733

 

 

 

☆ 明治以後 天皇は ユダヤの生き神として 日本を治めるようにという文は ロス茶関係により 見ることができ、

 

沖縄を 基地として 半永久的に 米軍が駐留するようにという ヒロヒト文書は 米の機密文書にて知ることになる。

 

天皇陵を一切発掘させないという 隠ぺいでしかなりたたない国が 今の日本ですね。

 

 

ロス茶も 米も 英国も 明治天皇が造られたという歴史を 今もネットで検索できるように 消去していない。

 

おもしろい現象ですね。

 

 

 

 

〇 今を去ること23年前の1987年4月28日、72歳で没した八切止夫は歴史小説家、もしくは「八切史観」とも呼ばれる独自の解釈の歴史認識を作り出した人。

 

この本は、彼の主著とはいえないかもしれませんが、充分に歴史的に価値のある一冊として今でも読み継がれているそうです。

 

サンカとは、一説には縄文人の末裔だともささやかれていますが、生活基盤を主に山間部に持ち、川魚を捕ったり竹細工で生計を営んで、地元の戸籍のある人たちとは生活習慣や信仰・生き方までまるで違う異民族のような体制外の人たちで、「山窩」という呼び方や文字をあてがったのは、

 

明治維新のあとの国家権力=警察であって、

 

元々は「散家」や「山稼」や「山家」などと表記したり、

 

それからなんといっても各地でその呼び方が、「箕作」「箕直し」「おげ」「てんばもん」「やまもん」「かわらこじき」「のあい」「ぽん」などと異なっていたといいます。

 

 

要するに、何百年ものあいだ定住せず、どこの組織にも属さず世間からは得体の知れない者として生きてきた人たちを、統治する明治政府にとって目障りだということで、

 

それと富国強兵策による徴兵のためにも、住民登録させようとやっきになって政治的に乗り出してきたという訳です。

 

 

 

 

 

 

サンカの歴史
クリエーター情報なし
作品社

 

 

 

 

縄文気質と支配圧力

  • 2018.04.13 Friday
  • 23:58

 

 

日本の近未来はどうなる?

 

ポイントの一つは、共同体気質・集団性の強い日本人の縄文気質がどの程度復活してくるのか?

 

 

それを予測するためには、日本の歴史構造を把握する必要がある。かなり概略だが以下整理してみた。

 

 

【日本の地方と中央の関係史】

 

 

要点

 

・1万年以上に渡る縄文時代、縄文共同体と広範な横のネットワークが存在。

 

自治と横繋がり  ベースは皆の役に立ちたい縄文気質

 

 

・その後、武力国家の成立→

 

奈良・平安は渡来人支配者による、徴税・支配のための中央集権化の圧力。

 

※都市は、国家機構(統合機関・支配機構(役所や寺社)が集中、国家需要と支配者需要による市場形成。

 

 

・鎌倉〜戦国〜江戸: 乱世の中から惣村現れる(縄文の自治とネットワークの復活)

 

 江戸の武家政権は、藩の自治と村落の自主管理を尊重し、それらを束ねる形で統合(参勤交代)。

 

 

明治以降、明治政府は、本格的な私有制と私権格差の導入で本格的に私権統合を導入、集団性を破壊。

 

 

現在の地方自治体の出自は、中央政府の出先・下請機関。

 

だから中央への依存症が刻印、自立意識の微塵もない。

 

 

 

現在、再び本源潮流(縄文・江戸気質の再生)と国家支配の不整合感が増大中

 

 

☆縄文自治気質と中央からの支配圧力のせめぎ合い。明治以降は一方的に解体。しかしわずか150年の話。

 

現在、活力ある地方が出始めている。なんにしろ、自分たちで生きる場を造ると腹を括っているかどうかが分れ目。事例は少ないが、このような成功例が幾つかでてきているのが注目点。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

以下各時代ごとの整理

 

 

■縄文時代

 

自力集団・共同体。

 

但し日本列島及び周辺海域に至る広範なネットワークを形成していた。

 

集団として生きるための助け合い・情報共有のネットワークと考えられる。※その時々に祭祀センター的な場所が存在。

 

 

■弥生〜古墳

 

大陸からの部族が侵入し地方割拠。支配様式としての稲作農業導入。

 

 

■奈良〜江戸時代

 

地方豪族割拠→中央集権化

 

・奈良〜平安:中央集権化(中央から送り込まれた受領による荘園経営と徴税)による力づくの地方略奪

 

・鎌倉〜戦国:鎌倉時代後半より機内から惣村始まる。自主管理型共同体の再生。

 

乱世のなかで結束と連携を強めていった。

 

・江戸:藩の自治、村の自治をベースにした統合。藩も村も外圧に対し自前で方針を考え運営していた(惣村自治の集大成)。かつ土地も村が所有。

 

 

■明治時代

 

・中央集権と金融業の時代(明治時代:学校制度開始、金融支配⇒地租改正と土地私有制、銀行制度。)

 

この地租改正により日本にはじめて土地に対する私的所有権が確立。

 

税制と金融支配を通じて、地方は大地主へ土地が集約される。

 

所有格差の拡大(貧富の差、事実上の身分制)と学校制度で村落共同体の崩壊

 

 

この近代支配体制導入(私有制と税制、学校教育による個人主義の導入)が現代社会のベース。

 

※近代の自治体は、中央集権の出先機関としての自治体(内務省に知事の任命権)。

 

 

 

■大正・昭和(戦前)

 

・産業資本の時代(第一次大戦〜戦後):戦争が景気を牽引。

 

臨海部都市の工場で集中生産。

 

地方から都市へ人口の1次大移動(上記貧困層)。

 

共同体喪失した新都市住民による新興宗教発生

 

 

財閥企業は戦争と大陸侵略による需要拡大に誘導され、戦争推進へ突き進む。

 

※この時代、産業資本のロックフェラーが日本に照準を定め、産業化→戦争需要に誘導。

 

 

■昭和(戦後)

 

・民主制の時代(戦後):日本を民主化し、戦争需要から個人消費需要への転換。都市は消費の引力。

 

民生品の大量生産型社会へ。

 

安い石油の輸入→加工 →販売による生産拡大。生産基地としての大都市沿岸部。

 

・地方から都市への第二次人口大移動。

 

・石油商品の需要拡大のための緑の革命(化学肥料・農薬)・化学革命(建築の塩ビ製品拡大)・薬。

 

一方で地方の自立生産様式(農業、林業→地場工務店、繊維)を破壊、安い輸入品と石油製品のハウスメーカーへ誘導

 

※この時代、民主化→大衆の豊かさ欠乏の刺激による経済急拡大。

 

地方に残っていた自給的産業構造はこの時代に破壊、衰退に拍車がかかる。

 

 

 

■1970〜 豊かさ実現後の都市と地方は?

 

・意識生産、人と情報の集まる東京に人口集中(一極集中)

 

※商品企画・情報・文化機能を東京に集約。官僚主導

 

 

 

★今後どうなる?

 

・市場崩壊→私権意識の崩壊、本源回帰が急速に進む →各企業・地方の共同体化?

 

中央政権(国家官僚)は本源回帰の意識潮流と乖離、ますます強制圧力を強める。→混乱の中から新勢力登場?

 

・国家紙幣経済により、中央や銀行に収奪されていた分配が平等になる。その分地方が活性化。

 

・最終的には地域〜国家統合のデザインが活力度を決める。方向性は自立集団とその統合。

 

(by Hiroshi)

 

 

http://blog.nihon-syakai.net/blog/2018/03/7494.html

 

 

明治から 日本の「皇軍」 侵略国

  • 2018.04.09 Monday
  • 00:03

 

 

日本のアジア侵略は琉球併合から始まったのであり 真珠湾攻撃だけを反省しても意味はない

 

 

国力が圧倒的に違ったアメリカとの戦争は回避すべきだったと言う人がいる。

 

アメリカに逆らわなければ破綻しないと言いたいのかもしれないが、

1941年12月7日に日本軍がハワイの真珠湾を奇襲攻撃した時点で中国での戦争は泥沼化していた。

 

 

財宝を略奪して儲けていたものの、軍事的には追い詰められていたのだ。

 

アメリカとの戦争を回避できたとしても、先は見えていたということでもある。

 

 

アメリカとの戦争が無謀だったと強調する人びとはアジア侵略から目をそらし、アメリカへの従属を正当化しているとしか思えない。

 

 

1931年9月18日の柳条湖事件、37年7月7日の盧溝橋事件などを利用して日本軍は中国を侵略していったが

その始まりは1872年の琉球藩でっち上げ。

 

 

明治政府は1871年7月に廃藩置県を実施、強力な自治権を持つ藩を廃止して中央政府の送り込む知事が行政を取り仕切る体制へ切り替えていたのだが、その後に新たな藩を作るという不自然なことをしている。

 

言うまでもないことだが、明治政府が琉球国を日本領だと認識していた、あるいは日本領にしたいと願っていたなら、琉球藩を作ってから廃藩置県のはず。

 

その順番が逆だということは、明治政府は琉球国を日本だと認識していなかっただけでなく、日本領にしようとも思っていなかったということになる。

 

 

その不自然なことをした原因と見られている出来事が1871年10月に起こっている。

 

宮古島の漁民が難破して台湾に漂着したのだが、その際に漁民が殺されたとされている。

 

この出来事を口実にして日本政府は台湾へ軍隊を送り込むのだが、そのためには琉球国が日本だとする形を整える必要があった。そこで廃藩置県の後に琉球藩をでっち上げたわけである。明治政府を動かせる立場にいた何者かがこの出来事をみて侵略を思いついたということだ。

 

 

琉球国が潰された1872年、厦門のアメリカ領事だったチャールズ・リ・ジェンダーが来日、

外務卿だった副島種臣に台湾への派兵を勧めたとされている。

 

 

このアメリカ人は1875年まで外務省の顧問を務めた。2003年に公開されたアメリカ映画の「ザ・ラスト・サムライ」は、このアメリカ人がモデルだという。

 

 

日本は1874年に台湾へ派兵するが、それに続いて75年には李氏朝鮮の首都を守る要衝の江華島へ軍艦が派遣して挑発、「日朝修好条規」を結ばせて清国の宗主権を否定させることに成功した。

 

 

当初、琉球の併合を考えていなかった明治政府にしては段取りが良すぎる。

 

 

同条規の批准交換にル・ジェンダーも陪席、

 

それに続いて1894年から95年にかけて日清戦争、1904年から05年にかけて日露戦争、1910年には韓国を併合、さらに中国や東南アジアを侵略したわけだ。

 

日本のアジア侵略は「琉球処分」で幕が開いたと言える。

 

 

 

米英は中国(清)を支配して略奪するために1840年から42年にかけてのアヘン戦争や1856年から60年にかけてのアロー戦争を引き起こし、

 

そうした戦争で大儲けしたジャーディン・マセソン商会は1859年にトーマス・グラバーをエージェントとして日本へ送り込む。「幕末ものドラマ」によく登場する人物だ。

 

 

グラバーが来日した4年後、1863年に長州藩は井上聞多(馨)、遠藤謹助、山尾庸三、伊藤俊輔(博文)、野村弥吉(井上勝)をイギリスへ送り出している。

 

 

勿論、物見遊山が目的だったわけではないだろう。その手配をしたのがグラバーであり、渡航にはジャーディン・マセソン商会の船が使われた。

 

イギリスの支配層は長州藩を手先として使うことにしたように見える。

 

 

 

ところで、日露戦争で日本は戦費を調達するため、日銀副総裁だった高橋是清がクーン・ローブのジェイコブ・シフ頭取と交渉、融資を受けている。

 

関東大震災の復興資金を調達する際にはJPモルガンに頼っているが、この金融機関と最も親密な関係にあったのが井上準之助。

 

第2次世界大戦の前、ウォール街のカネに頼っていた日本は彼らの強い影響下にあった。

 

 

このクーン・ローブとJPモルガンを含む金融界の大物たちは1910年11月22日にジキル島クラブで秘密会議を開き、紙幣を印刷する権利を手に入れようと画策している。

 

そして1913年12月23日、クリスマスの直前に連邦準備法を成立させ、銀行家が紙幣をコントロールする連邦準備制度ができあがり、アメリカを支配する体制が整った。

 

1932年のアメリカ大統領選挙で勝利したフランクリン・ルーズベルトが率いるニューディール派はウォール街の支配者たちから嫌われていて、1933年から34年にかけて金融界はニューディール派を排除し、ファシズム体制を築くためにクーデターを計画した。

 

これはスメドリー・バトラー海兵隊少将の議会証言で明らかにされている。

 

第2次世界大戦が勃発した1939年頃には、「日本・アングロ(米英)・ファシスト同盟」を結成してソ連と戦うという案が米英支配層の内部にあったという。(Anthony Cave Brown, ““C”: The Secret Life of Sir Stewart Graham Menzies”, Macmillan, 1988)

 

 

1945年5月にドイツが降伏した後、イギリスのウィンストン・チャーチル首相の命令でJPS(合同作戦本部)は「アンシンカブル作戦」を作成した。

 

それによると、7月1日に米英軍数十師団とドイツの10師団が「第3次世界大戦」を始めることになっていたが、参謀本部が反対して実現せず、首相は下野することになる。

 

この時に日本は戦争を継続中で、米英独がソ連と戦争を始めたなら、日本とソ連が手を組むということも米英側は考えたようだ。

 

ちなみに、ポツダム会談が開かれたのは7月17日から8月2日にかけての期間で、その間にチャーチルは首相の座から下ろされた。ポツダム宣言が発表されたのは7月26日。

 

 

第2次世界大戦で敗北するまでの日本を「軍国主義」という切り口だけで理解しようとすると、

「天皇制官僚国家」によるアジア侵略の歴史が見えなくなる。

 

 

特高警察や思想検察の幹部たちが大戦後も要職に就くことができた理由も「冷戦」で誤魔化すしかなくなる。

 

問題は「冷戦」が始まった原因であり、そのためには少なくともチャーチルの動きを理解しなければならないが、記者、編集者、学者といった類いの人びとはウォール街のクーデター計画と同じように見て見ぬ振り。

 

 

戦前と戦後を結びつけるキーパーソンのひとりがジョセフ・グルー。

 

彼は1932年に駐日大使として来日、戦後は日本をウォール街の意向に沿った国に作り上げるためにジャパン・ロビーの中心人物として活動している。

 

グルーの親戚、ジェーン・グルーはジョン・ピアポント・モルガン・ジュニア、つまりモルガン財閥の総帥の妻であり、ジョセフの妻、アリス・ペリーは少女時代を日本で過ごし、華族女学校(女子学習院)で九条節子(後の貞明皇后、つまり昭和天皇の母)と親しい関係を築いている。

 

グルー夫妻を介し、皇室とウォール街は大戦前からつながっているわけだ。

 

「戦後レジーム」から「戦前レジーム」に切り替えても大きな変化はない。

 

 

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201508050000/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

滅ぶべき黒い国   河野外相のフェイク発言?   

  • 2018.04.06 Friday
  • 00:16

 

 

【最悪】

 

河野外相の「北朝鮮が新たな核実験の準備」のフェイク発言、世界から批判!

米国が全面否定し、中国からも苦言!「(河野氏は)足を引っ張ることのないように」

 


・北朝鮮問題への解決に向けて世界がせわしなく動いている中、これに水を差しかねない河野外相の「北朝鮮が新たな核実験に向けた準備をしている」との根拠ない発言に世界で批判が相次いでいる。

 

アメリカの研究機関「38ノース」は河野氏の発言を全面的に否定したほか、

 

中国外務省の耿爽副報道局長も「足を引っ張ることのないように望む」と強く釘を刺し、

 

日本が対話のテーブルから完全に外されている現状を自らより加速させる状況になっている。

 

 

 

〇 河野外相の赤っ恥 「北が次の核実験用意」発言は根拠なし

 

河野大臣はこの講演の中で「さまざまな情報」から、「北朝鮮の核関連施設周辺での動きというのは、いまだに続いているというのがかなりはっきりしている。

 

核実験をやった実験場で、一生懸命トンネルから土を運び出して、次の核実験の用意を一生懸命やっているというのも見える」と発言していた。

 

 

これに対し、38ノースは、3月23日に撮影した核実験場の人工衛星画像を分析した結果、活発化していた西側坑道の活動が著しく低下していると強調。

 

河野発言を「非常に異なる様相だ」と指摘した。

 

 

 

赤っ恥をかいたのは河野大臣だ。「さまざまな情報」は何だったのか。

北が米中韓との対話に舵を切り、日本だけが取り残されて焦っているのだろうが、「フェイク」で危機をあおるのはやめてほしい。

【日刊ゲンダイ 2018.4.3.】

 

 

 

 

〇 中国、河野外相発言に不快感示す


北朝鮮情勢で「足引っ張るな」

 

【北京共同】

 

中国外務省の耿爽副報道局長は3日の記者会見で、北朝鮮が新たな核実験に向けた準備と受け取れる動きをしているとの河野太郎外相の発言について、

 

朝鮮半島情勢の緊張緩和に向け各国が努力している中で「足を引っ張ることのないように望む」と述べ、不快感を示した。

 

耿氏は緊張緩和に向け米国を含めた各国が努力し、一定の成果も出ていると強調。

 

一方で「そうした過程の中で、日本は冷遇されているようだ」と述べ、北朝鮮を巡る各国の外交が活発化する中で取り残されたとして日本を当てこすった。

【共同通信 2018.4.3.】

 

 

 

 

〇 それ見たことかよ。河野外相、つまり安倍政権は、北朝鮮が核実験の準備してるって大騒ぎして何がしたいの?

 

対話ではなく圧力との主張を正当化するために、米朝中韓対話路線潰したいの?

 


https://twitter.com/red_hohshi/status/981331362148859904?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=https%3A%2F%2Fyuruneto.com%2Fkouno-hihan%2F

 

 

 


〇 ますます自ら世界から「邪魔者扱い」される行動を取って、「自滅の道」を歩み始めた感があるね。

 


https://yuruneto.com/kouno-hihan/

 

 

 

 

大政奉還  忠臣  世界連邦

  • 2018.03.31 Saturday
  • 01:55

 

 

やっぱり大政奉還は、下関戦争の賠償金の債務者が徳川将軍から明治天皇に替わることだった

 

http://images.library.wisc.edu/FRUS/EFacs2/1866-67v02/reference/frus.frus186667v02.i0014.pdf

 22/39ページ

 

 

1866年7月18日付けで、米国務長官が在日米国公使に宛てた書簡に、

 

大統領は、徳川将軍からの「賠償金支払い延期願い」は担保がないとダメだと。 

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/979115369959796736

 

 

 

 

 

安倍総理は現代希に見る、君主に忠実な侍だと思う。

 

森友学園に埋まってたゴミは産業廃棄物ではなく、天皇が統帥した旧日本軍の化学兵器の毒ガス弾なんだから

 

【報ステ】証人喚問受け総理「コメント述べない」

 

http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000123910.html

 

 

 

 

 

森友にしても 自衛隊隊強化にしても

 

結局は 天皇の望みと 一致するのではないでしょうか?

 

天皇が元首 すべての権力を掌握する  

 

これは 大正天皇が望んでいたことであり 議会が邪魔だと思っており その思想を 昭和天皇が引き継いでいたと 太田龍氏の記事にあります。

 

 

大本系の ワールドメイトに

 

オリンピックが東京に決まったのは その年に 天皇中心の世界政府が 象徴的に創設されるということだ と書いてあります。

 

つまり

 

天皇が 世界の長になるという思想が あり続けるのではないでしょうか。

 

 

そうでなければ

 

これほど 人間離れした天皇教が なりたつわけがない。

 

 

 

    

 

 

 

NWOというのはアメリカの思想という影に隠れて

 

なにか うごめいているような気がします。

 

 

けれど そのことを実行しようとしている兵隊たちが 漢字も読めない これほど 知能の劣化も見られるとは ・・・

 

 

所詮 偽物の歴史でした

 

 

 

 

 

3.28  日本、2018年度に過去最大5兆1900億円を国防に拠出へ

 

日本政府は、同国の2018年度予算を承認した。国防には、過去最大となる5兆1900億円が拠出されるとブルームバーグが伝えている。

 

予算全体の規模は97兆7千億円。今年度よりも2600億円増加している。

 

支出の主な項目となるのは社会保障。この目的のため、全資金のほとんど3分の1となる32兆9700億円が充てられる。社会保障費は1年前よりも1.54%増加している。

 


また、およそ5兆1900億円が防衛目的、とりわけ新たな兵器購入に充てられる。

 

項目に挙げられているのは、日米が共同で製造する新たな迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の取得費。

 

そのほか、支出の一部は、米国の地上配備型ミサイル防衛(MD)複合体「イージス・アショア」を購入し日本領に配備するとの政府の計画実現の準備に費やされる予定。

 

 

 

 

八咫烏   

  • 2018.03.31 Saturday
  • 01:49

 

☆ 歴史は すべて改ざんされているはずなので

 

これらも 訂正が あるかもしれません。

 

 

 

◎ 三種の神器の八咫鏡は、黄帝の次妃になり石板鏡を発明した倭の嫫母の子孫を意味する黒曜石の鏡だったと推察しています。

 

でも中国で黒曜石はとれないので、硯石のように磨いて水をかけて鏡に利用したのかも。

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8F%A1#%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E4%BC%9D%E8%AA%AC%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%80%8C%E5%AB%AB%E6%AF%8D%E3%80%8D

 

 

 

〇 中国伝説での「嫫母」

 

『物原』に黄帝の次妃「嫫母(ぼぼ)」によって石板鏡が発明されたとされている

 

鏡を首から提げる日本の先住民女性

日本の先住民族であるアイヌの女性は、シトキと呼ばれる丸い鏡を首から提げていたことが知られている。

 

鏡を祀る日本の神社

 

 

 

黄泉の国に行ったイザナミは、嫫母のことかも。

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/978487763660976128

 

 

 

 

◎ あった、硯(石鏡)

 

@云南省迪庆藏族自治州博物馆

 

 

  

 

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/978367078078996480

 

 

 

 

 

◎ 隠されてきた中国史

 

明朝皇族とその子孫は、江戸時代前期、明末清初、鄭成功(国姓爺/国性爺)の手引きで、黄檗宗の僧として福建から日本に帰化した。

 

明朝国姓『朱』を『性』に改称して。

 

性瑫、性機、性瑩、性敦、性潜、性粥∪善、性融、性円、性英、性源、性易、性獅、性派、性節、性圭、

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/639242437165092864

 

 

 

 

☆ 下記の記事は 八咫烏についてのものですが けれど 明治には すっかり様子が変わっているはずです

 

ということは 今 京都の御所は どうなっているのでしょうか。

 

 

◎ 八咫烏とは何か?

 

小林健太 ( 社会人 ) 18/03/14 

 

リンクより引用。

 

 

八咫烏とは、神武天皇以前に既に奈良にいた「もう一つの天皇家」のことである。

 

 

同じ天皇家だったから八咫烏から現在に繋がる天皇家への国譲りが出来た。

 

遡ると邪馬台国の卑弥呼の時代から既に彼らはいた。

 

八咫烏の正体は物部氏である。

 

物部氏とは、中国の秦始皇帝の命を受けた除福が連れてきた技術者集団であり、それが若狭湾など複数の地点から上陸してきた。

 

そして、神武天皇への国譲り以後は裏天皇として存在を維持することになった。これが八咫烏である。

 

 

八咫烏の主な役目は何かというと、祭司にのみ関係している。祭司を教授する組織が八咫烏である。

 

皇太子が後を継ぐときになされる大嘗祭は京都で行われる可能性が高い。

 

 

天皇がやるべき儀式、そして天皇の目的、天皇が将来的に何をするかという預言、それらを司るのが八咫烏である。

 

天皇家の京都への移動も八咫烏が決めている。もし、天皇家に男子が出生しなかった場合でも、八咫烏の家系から男子を連れてくる。(物部系の天皇に入れ代わることになる。)

 

 

神武天皇以降の天皇家は基本的には秦氏系である。ルーツはどちらもユダヤだから大きな違いは無い。

 

 

八咫烏は現在70名いる。

 

その上部組織は12名からなっていて、「大烏」と呼ばれている。さらに、その中で最高位に立っているのが3人の金鵄がいるという構図である。金鵄は天皇に代わって祭司を行ってきた裏天皇であり、建国以前から日本史の秘密を全て握っている存在である。

 

 

 

八咫烏というのは物部氏だから、天皇家を裏から支えているのは物部氏ということになる。

 

 

伊勢神宮の内宮や外宮を裏で支えているのは伊雑宮(いざわのみや)という物部系の伊勢神宮であり、京都においても天皇を守っていた下鴨神社と上賀茂神社を支えているのは物部系の河合神社である。

 

伊勢神宮は現在地に鎮座するまで、90年かけて候補地を転々としている。

 

それを元伊勢(もといせ)というが、その元伊勢の中でも最重要な存在が籠神社(このじんじゃ)である。これは、特別に本伊勢(ほんいせ)とも呼ばれている。

 

 

籠神社の裏社紋がユダヤのシンボルであるダビデの星である。

 

物部系の神社はユダヤの旧約を守っていたから血の儀式をやっていて、牛などを生贄(いけにえ)に捧げていた。

 

ところが、秦氏系の神武天皇の後からは血の儀式を止めるようにお触れが出て、今は何処もやっていない。

 

 

八咫烏と対抗するために置かれたのが「忍(しのび)」である。

 

それを造ったのが聖徳太子のブレーンとされる秦河勝である。

 

物部氏の八咫烏に対して、秦氏は忍を置いた。甲賀や伊賀といった忍者の里は、八咫烏の領域の真ん中辺りに置かれている。

 

聖徳太子の正体は秦河勝であり、秦氏が忍者を創設したことになり、全ての辻褄が合う。

 

八咫烏は政治を一切やらない。

 

日本は基本的に秦氏と物部氏との間のバランスで成立してきた。

 

 

物部氏は裏に回る約束だった。しかし、時々暴走する物部氏が出てくる。

 

引用終了

 

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=334068

 

 

 

☆ 八咫烏の真と贋、裏天皇の真と贋 などという記事もあります。

 

 

睦仁親王は孝明天皇の養子だった人物で、実子ではないので、孝明帝の血筋ではないのです。

 

したがって、初代裏天皇・睦仁親王、2代目・堀川辰吉郎、3代目・前田ゴロウはすべて贋の裏天皇なのです。

 

 

裏天皇、大本教・出口王仁三郎、日月神事は、一連の流れの中にあるものです。

日本を中心とするNWO(新世界秩序)が彼らの野望でした。

これはデイヴィッド・ロックフェラーの米国を中心とするNWOと対立します。彼らは互いの野望の実現に向けて、激しく対立し争っていたわけです。

 


統一教会教祖・文鮮明は、裏天皇に従っていました。

また池田大作は、文鮮明の弟子だったのです。

創価学会が統一教会の下部組織であるというのは、こういう意味です。

こうした事を考慮すると、現在の安倍内閣は、統一教会内閣というよりは、裏天皇内閣と言うべきなのです。

 

http://blog.nihon-syakai.net/blog/2015/11/5267.html

 

 

 

☆ すべての記事は 所詮 本当のことは分からないままのような気がします。

 

でも 日本のなかに 日本を中心とするNWOという思想があり続けている というのは そうだと思います。

 

天皇を元首にということは その 思想の元にあると思います。

 

表が変わったのだから 裏も なにか あったのだと思います。

 

 

裏 表 カラス ・・・

 

すべて 怪しいとしか感じません。

 

 

でも 日本を中心とするNWOという思想がある限り この国は 滅びるとしか 思えません。

 

 

 

 

 

 

 

宮家とは 百済か新羅か高句麗か?  明治以降は たんに箕作か?

  • 2018.03.28 Wednesday
  • 00:16

 

 

旧皇族系図[編集]

 

(20/23)伏見宮邦家親王

 

(1)山階宮晃親王

 

(2)山階宮菊麿王[8]

 

(3)山階宮武彦王

 

 

 

 

 

 

 

 

(1)梨本宮守脩親王

 

 

(1)久邇宮朝彦親王

 

(1)賀陽宮邦憲王

 

(2)賀陽宮恒憲王

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(2)久邇宮邦彦王

 

(3)久邇宮朝融王

 

 

 

 

 

 

 

(3)梨本宮守正王

 

 

香淳皇后

 

 

 

 

 

 

 

 

今上天皇

 

 

 

 

 

(21)伏見宮貞教親王

 

 

(1)朝香宮鳩彦王 昭和天皇

 

 

 

 

 

 

(1)東久邇宮稔彦王

 

 

 

 

 

(1)竹田宮恒久王

 

(2)竹田宮恒徳王

 

 

 

 

 

(2)北白川宮能久親王

 

 

(3)北白川宮成久王

 

(4)北白川宮永久王

 

(5)北白川宮道久王

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小松輝久

 

 

 

(1)北白川宮智成親王

 

 

(25)伏見宮博恭王

 

博義王

 

(26)伏見宮博明王

 

 

 

 

 

 

 

 

(22/24)伏見宮貞愛親王

 

 

邦芳王

 

 

(4)華頂宮博忠王

 

 

 

 

 

(6)閑院宮載仁親王

 

(7)閑院宮春仁王

 

 

 

 

(1)東伏見宮依仁親王

 

 

 

依仁親王妃周子

数字は代目 背景オレンジは皇籍離脱した時の11宮家当主(東伏見宮依仁親王は離脱前に薨去)

 

 

現在の皇室との近親関係[編集]

 

香淳皇后の実家(今上天皇の伯父筋にあたる家系)
久邇家
久邇家は香淳皇后を通して現在の天皇家、常陸宮家と姻戚関係にあるが、これは香淳皇后が入内したことによるもので久邇家には明治天皇以降の男系の血統は入っていない。久邇宮朝融王は今上天皇の伯父にあたる。
明治天皇の女婿たる家(今上天皇の義理の大叔父筋にあたる家系)
  • 北白川家
  • 竹田家
  • 朝香家
  • 東久邇家
昭和天皇の女婿たる家(今上天皇の義兄筋にあたる家系)
東久邇家
東久邇宮稔彦王は明治天皇の第九皇女の泰宮聡子内親王と結婚しており、今上天皇の義理の大叔父に当たると同時に久邇宮家出身の香淳皇后を通して実の大叔父にもあたる。また稔彦王の第一王子の盛厚王は昭和天皇の第一皇女の照宮成子内親王と結婚しており、盛厚王は今上天皇の大叔父の子であると同時に義兄でもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明治天皇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大正天皇 竹田宮恒久王

 

昌子内親王 北白川宮成久王

 

房子内親王 朝香宮鳩彦王

 

允子内親王 東久邇宮稔彦王

 

聡子内親王 昭和天皇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和天皇 竹田恒徳 永久王 朝香孚彦 盛厚王

 

成子内親王

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今上天皇

 

竹田恒正

 

 

 

 

 

北白川道久

 

 

 

朝香誠彦 東久邇信彦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現皇族

 

 

竹田家

 

 

 

 

北白川家

 

 

 

 

朝香家 東久邇家

 

 

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E7%9A%87%E6%97%8F

 

 

 

 

☆ 維新が大室寅之助になったというのが 南朝になったとするための方便だったとしても ・・・

 

北朝とか 南朝というのが 新羅とか 百済 であるのなら ・・・

 

日本の古来の皇統 というのは 一瞬で嘘になりますね。

 

 

また 箕作圭吾であるのなら これは

 

皇統 ということすら 無関係ですね。

 

 

つまり

 

明治以降は 箕作家 それ以前は 新羅とか 百済などの 渡来系の 皇族とか 豪族なのでしょうか?

 

是非 DNA調査を望みます。

 

 

李氏朝鮮に嫁いだ 梨本の宮方子が 気になっています。

 

この方は 明治以降の 完璧な偽物ではなく それ以前の 渡来系の 皇族なのでしょうか?

 

 

つまり 現北朝鮮が言いたいことは

 

日本にいる 偽物より こちらが より 本物に近いということなのでしょうか?

 

 

 

ロスで卑弥呼を発見?

  • 2018.03.26 Monday
  • 00:09

 

 

ロスで卑弥呼を発見?

 

卑弥呼の後を継ぐ台与(トヨ)の鬼道(シャーマニズム)の実態をインディアン博物館で見た?

 

 

イーグルロック

 

 この町は妙に人懐っこい雰囲気を漂わせる不思議な町だった。

(インディアンの部族の鷲族と太陽族の戦いがあり、太陽を崇める部族が最終的には勝利した伝説?)

 

 

 岩山の近くにある自然食品店のトレーダージョーズは日本の神社の鳥居をモチーフにした店構えをしており、このイーグルロック店のオーナー自身も、この町の歴史の秘密を知っているような気がした。

 

 

     

 

 

 

 さて卑弥呼の台与(トヨ)が行っていた鬼道(シャーマニズム)の実態を見つけたのは、ロサンゼルス動物園の前にあるアメリカ西部オートリー博物館(Autry Museum of the American West)の中だ。

 

 

 まずインディアンの人達の顔を描いた絵画や写真を見ていると、どうも私達、日本人に近い、アジア系の顔をしていることに気がついた。

 

 

     「native american tribe women」の画像検索結果

 

 

 

 後で調べると、インディアンのDNAは、形質分類的にはモンゴロイドの系列で、遺伝的にはハプログループQ (Y染色体)で、

 

一説にはイスラエル人の数派が古代にアメリカ大陸に到達し、インディアンは聖書に登場する約束の民であるという。

 

また、このハプログループQ(Y染色体)は日本人にも1%以下の人達に同じDNAを持つ人がいるということだ。

 

そして紀元前7000年(縄文時代)にホカン語を話すインディアンはこの南カリフォルニアに到着した、とも言われている。

 

 

 

 またインディアンが崇めていた大きな神の彫刻を見たとき、直感的に卑弥呼のイメージを受けた。

(実際の題名はAndreaと言う女性神で作製者はTammy Garcia)

 

 

     

 

 

 

 次にインディアンの昔の生活のコーナーで、まず驚いたのは、彼らの生活事態がまるで日本のサンカ(縄文人)の人達を連想させるモノが多かったことだ。

 

特に籠(かご)そのものが宇宙も包含する深い意味をもった容器とみなして作り込んでいて、わざわざ、その1つのかごのコーナーが別にあるのだ。

 

何でも入れられる自然の植物で編んだ籠(かご=バスケット)が宇宙を象徴する

 

 

     

 

“Milky Way Basket”

 

 

 

 またインディアンのシャーマンの実態を展示していたコーナーでは、まるで日本の古代の卑弥呼らシャーマンが行っていた鬼道の一端を見た感じがした。

 

 なお、この博物館全体の動画は下記に示すが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://rakusen.exblog.jp/25783373/

 

 

 

 

 

渡来人の歴史

  • 2018.03.23 Friday
  • 23:32

 

 

◎ 大陸や半島で死んだはずの貴族や豪族が日本に逃げ延びてきた歴史"

 

大当たり

 

室町時代の能『海人』によると、

 

    

 

 

藤原不比等の姉(妹)は、唐の3代皇帝の皇后で周の皇帝になった則天武后。

 

 

http://www.the-noh.com/jp/plays/data/program_024.html

 

 

    

 

 

 

 

海人/海士(あま)

 

藤原不比等[淡海公]の子、房前(ふさざき)の大臣は、亡母を追善しようと、讃岐の国[香川県]志度(しど)の浦を訪れます。

 

志度の浦で大臣一行は、ひとりの女の海人に出会いました。

 

一行としばし問答した後、海人は従者から海に入って海松布(みるめ)を刈るよう頼まれ、そこから思い出したように、かつてこの浦であった出来事を語り始めます。

 

淡海公の妹君が唐帝の后になったことから贈られた面向不背(めんこうふはい)の玉が龍宮に奪われ、それを取り返すために淡海公が身分を隠してこの浦に住んだこと、

 

淡海公と結ばれた海人が一人の男子をもうけたこと、そして子を淡海公の世継ぎにするため、自らの命を投げ打って玉を取り返したこと……。

 

語りつつ、玉取りの様子を真似て見せた海人は、ついに自分こそが房前の大臣の母であると名乗り、涙のうちに房前の大臣に手紙を渡し、海中に姿を消しました。

 

 

房前の大臣は手紙を開き、冥界で助けを求める母の願いを知り、志度寺にて十三回忌の追善供養を執り行います。法華経を読誦しているうちに龍女(りゅうにょ)となった母が現れ、さわやかに舞い、仏縁を得た喜びを表します。

 

 

みどころ

 

この作品の山場は、何と言っても海人が龍宮から珠を奪い返す様子を見せる場面でしょう。

 

「玉の段」の名を持って特別視され、謡どころ、舞どころとして知られています。

 

一振りの剣を持って籠宮のなかに飛び入り、八大龍王らに守られた玉塔から宝珠を取り、乳房の下を掻き切って押し込める。

 

死人を忌避する籠宮のならいにより、周囲には悪龍も近づかない。そして命綱を引く……。

 

子のため、使命のために自らの命を投げ出す一人の海人の気迫が、特別な謡と型を伴い、ドラマチックに表現されていくのです。この場面を見せるために、一曲ができているのではないかという印象すら覚えます。

 

 

親子の死別という、悲しい結末の重苦しさは、後場の短くテンポのよい展開で雰囲気を変えられ、最終的には明るく、仏法の功徳につながります。一曲の盛り上がりを大切にして、巧妙に練り上げられています。

 

 

 

 

すなわち、父の藤原鎌足は、武士彠の日本での名

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E5%A3%AB%E3%82%AB%E3%82%AF

 

武士彠(ぶ しかく/ぶ しやく、577年 - 635年)は、中国の隋末から唐初にかけての政治家。武則天の父。

字は信明。本貫は并州文水県。

 

 

   

 

https://pbs.twimg.com/media/DY26j8zVwAA5P00.jpg

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/976641900257030144

 

 

 

 

 

◎ 偽日本人のルーツを知っているから、反日になり、同胞を恨んでいます"

 

それは錯覚です。反日=反皇軍=反日帝崇拝であって、反日≠反日本人ではないのです。

 

満州族が統治した清国在住の漢民族は、江戸時代の日本を頼りにしてた。

福建人と日本人の親から鄭成功(漢民族)が出ましたから。

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/976644189516541952

 

 

 

 

 

◎ こうした漢民族の歴史認識を隠してきたのが、天皇を頂点に、官僚、ジャーナリスト、教師、裁判官、学者、政治家、江戸時代に弾圧された宗教の継承者、、、等々、日本人に影響力のある人々です。

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/976654381415260161

 

 

 

 

 

◎ 原爆によって国民の遺伝子を破壊した天皇による洗脳「日本人は固有の民族」から解放されることを願ってやみません。

 

天皇は国民に「日本人は固有の民族」と洗脳することで「米軍に私達固有の民族の国を守ってもらう」と暗示をかけてきた。

 

実は天皇が国民に殺されないよう米軍に守ってもらうための方便

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/974132783407800322

 

 

 

 

 

大化の改新などなかった〜〜山口県殺人事件への歴史  創価企業

  • 2018.03.18 Sunday
  • 00:13

 

 

大化の改新はなく

百済が白村江で負け唐新羅が侵略しただけ

 

百済 高句麗系の争いが

 

現在の山口県の殺人事件に 結局は繋がっている。

 

 

現山口県や マスコミでは

 

田布施の秘密や 闇や 百済 高句麗の戦いのことなど言わないし

 

たんに 表面的な 事件としか 言わない。

 

 

つまり

 

田布施の秘密を守ることが 国体のようです。

 

つまり 今は 田布施族支配だから。

 

 

ふぐ計画 とは なに?

 

日本書紀は嘘とウィキペディアにも 書いてある。

 

https://youtu.be/20e2qWR_plg

 

 

 

 

◎ 創価企業

 

ブックオフ

 

TUTAYA

 

ユニクロ

 

養老の瀧

 

 

オリエンタルランド (東京ディズニーリゾート)  学会がディズニーの株10パーセントを所有

 

東京三菱UFJ銀行  (学会のメインバンク)

 

宝塚歌劇団

 

avex

 

ドトールコーヒー

 

キリンビール

 

伊藤園

 

アシックス

 

SOTEC

 

ソフマップ

 

パソコンスクールアビバ

 

コムサデモード

 

ダイソー

 

 

(きりがありません 詳しくは 下記)

 

https://matome.naver.jp/odai/2133663191140833401

 

 

☆ 本当かどうか 調べている人もいるようなので 絶対とは 言い切れないのかもしれませんが。

 

 

 

 

 

 

外来種に支配されている国   楽しく古代史「桃太郎」は中国人?

  • 2018.03.13 Tuesday
  • 00:35

 

 

日本は特殊な国、、ごく少数の外来人種によってこれまで支配されてきたという事実

 

田野健 HP ( 57 兵庫 設計業 ) 18/03/11 

先週の実現塾で語られた言葉から始めたい。

 

 

■日本の闇勢力は何か?

 

「日本は極めて特殊な国である。その特殊性とはごく少数の外来人種によって国民が支配されてきたという事実」

 

「この事実は、戦争に負けて新たな支配者アメリカが介在しても今尚明るみにならない。

 

天皇が元は朝鮮から来たという事も殆どの国民は信じないし、その天皇を闇勢力がコントロールしている事も知られていない

 

また現在もその闇勢力の力は健在である。」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

この闇勢力の発端から考えてみる。

 

紀元前3世紀、秦帝国の国王をだまして日本に渡来した3000人の徐福が始まりである。

 

秦の追っ手を逃れる為に各地にバラバラに分かれて定住。

 

その後分かれた徐福一派が奈良に結集して大和朝廷を作る。

 

高句麗の力が強大になるや否や、新羅に滞在していた技術者集団「秦氏」を呼び寄せ、2,3万人の渡来を受け容れる

 

この徐福ー秦の作った全国に広がるネットワークこそ、その後の日本支配の母体となる。

 

 

彼らは同時に土着人とも混血しており、表向きは神社ネットワークとして各地の徴税機能を果たしてきた。

 

 

各地に神社として点在したのは何の為か?徴税は仮の姿。

 

彼らが闇勢力たる最大のポイントは武力でも資力でもない、諜報力である。

 

後の時代には山伏や忍者として特化した諜報裏組織が機能し続ける。

 

現代で言えば日本会議などの神社組織を統括する組織である。

 

つまり、神社とは諜報機関として作られた組織であった。

 

全ての裏情報は神の名の元に公にされることなくそのネットワークの中で温存されていったのだろう。

 

 

日本の特殊性をもう一つ別の視点から考えておく。

 

大衆は支配する人々を「お上」という言葉で関わろうとしない。

 

皇帝や国王、王族といったニュアンスとは異なり、どこか冷め、見下し、関わろうとしない。

 

共同体が支配後も残り続けたことがこの奇妙な意識を作り上げた。

 

この大衆のお上意識もまた、どの国にも表れない日本の特殊性である。

 

 

「お上意識と神社ネットワーク」この2つが大和朝廷以降の一貫した闇勢力の支配を許してきた本質ではないかと考える。

 

 

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=334019

 

 

 

☆ 単一民族という 途方もないプロパガンダ

 

また 上記の記事が 100%事実かどうかも わかりませんが ・・・

 

本当に 神社って なんなのでしょうね。

 

神社って 最初は 「建物」がなかったのではないでしょうか。

 

 

 

 

◎ 2013/9/3 桃太郎は中国人だった?

 

カタカナは新羅語から    八切止夫説へ

 

 

https://youtu.be/TW9suGEbUFs

 

 

(動画)

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

チャーガ茶

チャーガピュアゴールド茶 3g×30包
クリエーター情報なし
ピュアワンインターナショナル

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM