黒幕はロイヤル  英政府は王室の下

  • 2018.10.14 Sunday
  • 23:18

 

 

10.14  EU、対露新制裁を承認へ 英外務省発表

 

欧州連合(EU)諸国の外相らが、化学兵器の使用に関連した制裁措置を承認する意向だと、英外務省による報道発表で述べられている。

 

同省が指摘するところでは、外相らは15日、ルクセンブルクで開かれる閣僚理事会の会合で集まり、

 

「シリアとソールズベリーにおける攻撃後に英国とフランスによって提案された制裁体制」を公式に承認するという。

 

 

制裁には、EU諸国への入国に対する制限、また

 

「ロシア諜報組織の責任者らとその最も近い同僚ら」の外国口座凍結が含まれる可能性があると指摘されている。

 

 

しかし、英外務省の代表者は、

 

「問題となっているのはロシアとソールズベリーについてだけではなく、これらの措置は全世界での化学兵器使用に対して向けられたものだ」と強調している。

 

 

☆ ロイヤルも 王冠とティアラで 隠されていましたが ・・・

 

でも まだ 黒幕ではないという 嘘が 通りますね。

 

 

 

 

〇 彼らは如何に自分たちが人々に支配層だとバレないように、

人々の怒りが自分たちローマ帝国末裔である欧州貴族に向いて来ないようにする方法を知っています。

 

https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/06f0d7dbed9f804af37d248f597df169

 

 

☆ この文は Q情報の長い記事の 一文です。

 

スパシーバには 投稿しましたが また こちらにも 投稿します。

 

 

 

 

 

ディープステート戦争や  大英帝国  嘘つき

  • 2018.10.08 Monday
  • 23:20

 

 

10.7  英国防省、大規模サイバー攻撃を検討 ロシアの「侵攻」に備える狙い

同紙によると、英国防省において、同国がロシアとの軍事衝突に対応可能な十分な兵器庫を有していないとの懸念の声がささやかれている。

英政府はこれを受け、大規模なサイバー攻撃こそが核弾頭の使用に代わる、


ロシアによる侵攻に対応可能な唯一の手段との結論に至った。


同紙はまた、ロシアによる侵攻が行われた場合に

「モスクワの電力を断絶」するため英政府がサイバー空間における攻勢的な攻撃ポテンシャルを高める意向を示したことを明らかにした。
 

 

 


10.8  ロシア大使館、英に「サイバー攻撃」の情報共有を要請

在英ロシア大使館は英外務省に、ロシアが英国にサイバー攻撃を試みたという批判の根拠となる情報の即時共有を要求する書簡を送ったと発表した。


英政府はさらに4日、ロシア軍諜報機関が「英国の小規模なテレビ局の電子メールハッキングと情報盗難」に対して責任を負っているのは「ほぼ確実」だと発表した。


ドイツも英国とオランダに続き、ロシアのサイバー攻撃を批判。

ドイツのシュテフェン・ザイバート政府報道官は、OPCWに対するサイバー攻撃の試みに関するオランダと英国の発表に完全な信頼を持っていると発表した。



☆ 英 オランダ ドイツとは ・・・ ナチスですね。

ロイヤルが がんばってます。

 

 

 

 

セントジョーズ礼拝堂 菊の紋

 

 

 

ロイヤルはマスコミを支配して 戦争やの黒幕  露のサイバー攻撃と非難

  • 2018.10.05 Friday
  • 23:07

 

 

☆ ロイヤルほど こっけいにもほどがあるほど マスコミから美化されている存在はない。

 

ロイヤルは 黒幕なので 戦争を止めようとして 人間たちのためになろうとする人々と 敵対する。

 

とても 簡単な図式。

 

もちろん 殺人部隊をもっている。  

 

007 だけではなく ニツポンでも その汚い仕事を生業にしているものが 住み着いているでしょう。

 

なりすまし日本国から カルトがなくならないのは 偽権力の手足だからに他ならない。

 

 

 

 

 

10.4  ロシアによる化学兵器禁止機関へのハッカー攻撃は一切なく、ありえない=露外務省筋

ロシア外務省は、複数のロシア人が化学兵器禁止機関(OPCW)をハッカー攻撃したとする非難について、ロシアによる化学兵器禁止機関へのハッカー攻撃というものはなかったと発表した。


消息筋は、非難は根拠がなくロシアはすでに化学兵器禁止機関の情報へのアクセスを持っていると指摘した。


消息筋は、オランダのロシアに対する非難について、「いつもの愚かさ」と「スパイマニア」だと指摘した。

 


オランダ国防省は、同国の情報機関がロシア人4人による化学兵器禁止機関(OPCW)へのサイバー攻撃を未然に防いだと発表した。


オランダのバイレフェルト国防相によると、容疑がかけられているロシア人らは4月13日にオランダ領内から追放された。


 

 

 

◎ 露がサイバー攻撃をしたと主張する米英など西側諸国は サイバー戦争の先駆者


 オランダ政府やイギリス政府はサイバー攻撃を行ったとしてロシア軍の情報機関GRUを批判、アメリカ、カナダ、NATOもその合唱に加わっている。

例によって証拠は示されず、「我々を信じろ」という態度だ。

 

 

名前が挙がっているサイバー攻撃の対象のひとつはOPCW(化学兵器禁止機関)。

 

 

ジャイシュ・アル・イスラムやSCDの主張を調べるためにOPCWが現地入りする直前の4月14日、

アメリカ、イギリス、フランスの3カ国はシリアをミサイル攻撃した。


OPCWをコントロール仕切れていないので調査の前に攻撃しようとしたのだろう。

 

 

 

カナダは米英を中心とするアングロ・サクソン系国のひとつであり、オランダは米英の属国的な存在である。


アメリカとイギリスはサイバー攻撃に積極的な国として知られている。

 

そのために設立されたのがアメリカのNSAとイギリスのGCHQ。

 

 

この3カ国よりイスラエルの8200部隊の方がNSAとGCHQは緊密な関係にある。


NSAにしろ、GCHQにしろ、設立から30年程度は存在自体が秘密にされてい



https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201810050000/

 

 

 

☆ 英王室の膝下が 黒幕と言っていいと思います。

 

米 それ自体が 英王室の膝下でしょう。

 

 

日本のなりすましは ロイヤルを 支援しています ロイヤル礼賛。

 

必然的に アンチイエズス会のロシアを 猛烈に悪者にする。

 

よく働いています  ww

 

バージョンは かわりますけれども。

 

 

これからは トランプバッシングも 盛んになるはずです。

 







 

戦争やの黒幕は ロイヤル :平山氏   公然とシリアでの偽旗進行

  • 2018.09.16 Sunday
  • 23:26

 

 

☆ 戦争をしたくて 飢え乾いている戦争やが 発狂していますが

 

下記 平山氏の動画で 何度も 相手は 「ロイヤル」と 発言している。

 

 

平山氏は 和江さんも 知っていることは もっと はっきり言ってほしいとのことですが ・・・

 

この平山氏は

 

「私は 黒幕サイドの人間  CIAから 直接 講座に振り込まれていた。 なので あちら側の考えていることは よく分かる」

 

 

何処まで 寸止めしないで 発信していくのか あちら側だとするならば 結局 明治国家の秘密のなかの人なのか 分かりませんが・・・

 

私は かなり 興味深かったです。

 

 

 

〇 平山秀善氏「バクロスTV」 禁断の戦後史をバクロス!

「政(まつりごと)」を取り戻そう!緊急!国憂う講演会 ワールドフォーラム2018年7月

 

https://youtu.be/F-AqIByv_qU

 

 

 

 

 

◎ 戦争やの黒幕は 隠れているが 今 その下のものが 活躍している。

 

シリアでの偽旗計画をしています。

 

 

 

 

 

 

 

9.11  シリア、イドゥリブ住民が告発 

 

シリア軍が化学攻撃と見せかける煽動が準備


イドゥリブの住民からの情報によれば、現地ではすでに

 

「シリア軍による化学攻撃が行われた」という設定で煽動用の撮影が開始されている。

ロシアのシリア敵対方面和解センターの声明で明らかにされた。


住民らの情報によれば、シナリオではあたかも「シリア軍がいわゆる中毒物質の入った「樽状空爆」、つまり化学攻撃を行い、
その後、ジルス・エシュ・シュグルの住民に『ホワイトヘルメット』が救援活動をする」の図が仕立てられている。
 

 

偽造場面の撮影や「ホワイトヘルメット」による招集が「わざとらしくなく」仕上がるために、

ジルス・エシュ・シュグルでは11日午前、ヘルベト・エル・ジャウズ居住区から塩素を土台とした中毒物質を入れた2つの容器が運び込まれた

 

 

 

 




 


9.12  露国連大使「シリアでの『化学攻撃』準備の証拠を露は保有」 安保理会合で

 


ロシアのネベンジャ国連大使は、シリア政府が化学兵器を保有していないため、同国のアサド大統領は塩素を使用する命令を出すことはできなかったと強調した。


そのうえで、「その代わり、シリア政府の敵による、外国のパトロンによる武力支援を目当てにした挑発行為は、完全にあり得ることだ」と結論づけた。


 

喜劇の領域  スクリパリ事件の大英帝国

  • 2018.09.15 Saturday
  • 23:23

 

 



 

 


9.13 スクリパリ事件容疑者 ソールズベリー入りの経緯をスプートニク、RT編集部に明かす

英国が、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)のセルゲイ・スクリパリ元大佐と娘のユリアさんが英ソールズベリーで毒物による襲撃を受けた所謂「スクリパリ事件」で容疑をかけている
ロシア人のアレクサンドル・ペトロフ氏とルスラン・ボシロフ氏は、

通信社スプートニク及びテレビ局RTのマルガリータ・シモニャン編集長のインタビューで、


情報機関が撮影した写真に写っているのは自分たちであることを確認し、ソールズベリーには旅行者として行ったと語った。


ペトロフ氏は、RTとスプートニクのインタビューで、GRUで働いているのかとの質問に対し、「いいえ」と答え、ボシロフ氏も「いいえ」と述べ、「私たちは起業家だ」と語った。

ペトロフ氏とボシロフ氏は、ビジネスのためではなく、休暇ために英国を訪れたと語った。

 


ペトロフ氏は「私たちは4日に戻りました。ロンドンでは雪がとけて暖かくなかったからです。

オールドセーラムと大聖堂を訪れたいというはっきりとした目的がありました。これを4日に完了すると決めました」と話した。

両氏は、いかなる有毒物質も持っていかなかったと述べ、ソールズベリーのどこにスクリパリ氏の自宅があるのかさえ知らなかったと語った。

また両氏は、英当局が自分たちの人生を1日で奈落の底に突き落としたと述べた。


英国は先に、スクリパリ事件の「容疑者」とする2人の写真を公開し、これはGRUのアレクサンドル・ペトロフ将校とルスラン・ボシロフ将校だと主張した。

3月4日、英南西部ソールズベリーでスクリパリ氏と娘のユリアさんが何らかの物質の中毒により重体の状態で病院に搬送された。

なおロシアでスクリパリ氏はスパイ行為で有罪判決を受けている。


英国は襲撃事件にはロシアが関与していると主張しているが、未だにその証拠が提示されていない。
 

 

同事件に関連し、英国のメイ首相はロシア外交官23人の1週間以内の国外追放や、ハイレベルでの2国間コンタクトの凍結などを含むロシアに対する一連の措置を発表した。

 

 

これを受けてロシア外務省は英国大使館職員23人の国外退去処分、また在サンクトペテルブルク英総領事館の閉鎖や、その地位の曖昧さに関連して英国の機関「ブリティッシュ・カウンシル」の活動停止を通告した。

 


ロシアは同事件への関与を断じて否定し、英国の非難を証拠のない挑発だと指摘している。
 

 

 

☆ 地上の悪魔は 火病のプロパガンダが勝っていなければ もう 分かっています。

 

そして どこの国でも

 

悪魔達は 尋常ではない嘘つきで ばれても平気で また 違ったストーリーを考え出す 不思議なモノと 写ってきます。

 

 

CNN BBC でも それなりに修正をするでしょうが

 

この ニュースを伝えているそうです。

 

 

 

 

9.12  スクリパリ事件容疑者 ロシアは「突き止めた」
 

 

プーチン大統領は、ロシア政府は「スクリパリ事件」の容疑者を突き止めていることを明らかにした。

東方経済フォーラムの総会で「我々はそれがどんな人物なのか知っている。人物を突き止めた」と述べた。









 

ただのおじさん ベルギーロイヤル  ホワイトヘルメットは英雄  ヒロヒト

  • 2018.09.15 Saturday
  • 23:20

 

 

 

 

 

 

9.5  元ベルギー国王 イタリアでバーに入店拒否

 

 

元ベルギー国王のアルベール2世(84)はイタリア南部のサンタ・マリア・ディ・レウカ市で高級ヨットクラブのバーを訪れた際に、

 

着用していたショートパンツがバーのドレスコードにそぐわないとして、入店を拒否されていた。

 

 

ベルギーのラジオ局「コンタクト」が5日、報じた。

 

アルベール2世は1993年に国王に即位し、2013年7月に長男フィリップ王子に譲位している。

 

 

この時、バーでは誰もこの男性が元ベルギー国王のアルベール2世とは気づかなかった。

 

アルベール2世のほうは仕方なく自分のヨットへと戻り、長ズボンに履き替えて、再びバーに向かったという。

 

 

アルベール2世は以前、国からぼ92万3千ユーロの年間支給額では離宮を維持し、ヨットの燃料を買うにも足りないと不服を漏らしていた。

 

ヨットの燃料費だけでも460万ドルがかかるとされている。

 

アルベール2世は王位にあった時代には王室費として年間1150万ユーロを国から支給されていた。

 

 

 

 

9.13  米国防総省、NGO組織「ホワイトヘルメット」を英雄と評価

米国防総省は露国有通信社「RIAノーボスチ」に対し、米国がシリアの反体制派支配地等で活動する非政府組織「ホワイトヘルメット」を英雄と評価していることを明らかにした。


ロシア側の「シリア軍による化学攻撃が行われていると見せかける扇動が準備されている」との声明を受け、

米国防総省は「ホワイトヘルメットは何千もの人命を救い、ロシア軍および政府軍からの攻撃の対処を続けている人道支援組織だ。

米国および国際社会は同組織の人道支援活動を支持していく」と応えた。


米国防総省はまた、

「ロシアは国際社会の責任あるメンバーとして振る舞う必要があり、自国の影響力をアサド政権による残虐行為を防ぐために用いるべきだ。

また、ロシアは事実を歪曲して、人命を救おうと試みるボランティア組織を批判している」との考えを示した。




〇 ヒロヒトは神

とは NWOの 日本統治の 都合による。

 

世界史上最悪の25人


その中に日本の昭和天皇が、いることを日本国民は知っているのでしょうか?

 


日本人は戦争犯罪者を天皇と呼び、その子孫に後を引き継がせている


http://www.pettyandposh.com/25-most-evil-people-to-ever-live/


https://twitter.com/asuka_SGP/status/882203959980576768



 

大英帝国  NATO  ニツポンでは善とされる戦争やボス

  • 2018.09.01 Saturday
  • 23:29

 

 

8.30   ロシア、英情報機関がシリアで化学兵器攻撃を準備しているとして非難

 


英情報機関はシリアのイドリブで挑発行為を準備しており、化学兵器が使用される可能性もある。


ロシアのアナトリー・アントノフ駐米大使が発表した。

 


大使は


英情報機関の積極的な参加の下で準備されている挑発行為は、西側の『トロイカ』(米国、英国、フランス)が、シリア・アラブ共和国の軍事及び民間インフラを再び空爆・ミサイル攻撃するためのきっかけとなるかもしれない」と述べた。

 


また大使は、「我々はシリアに対するいつもの根拠のない、かつ不法な侵略を米国に警告した」と述べ、

 

同情報を米国務省に伝えたことを明らかにした。

 

 

8月27日、ロシア国防省は、米国が軍備を増強し、シリアに対する攻撃を準備していると発表した。

 


国防省によると、米国は56発の巡航ミサイルを搭載した駆逐艦The Sullivansをペルシャ湾に、戦略爆撃機B-1Bをカタールのアル・ウデイド空軍基地に移動させた。

 

 

 

 

 

8.30  NATO機日本海上空で民間機を緊急降下させる

ウラジオストク沖の日本海上空で、NATOの偵察機とみられる航空機が、3日連続で民間機を緊急降下させた。ロシアのマスコミが報じた。

消息筋によると

「NATO加盟国の1つのレーダートランスポンダ・コードを持つ正体不明の航空機が30日午前、再び管制塔に通知せずに15本の航空路を無秩序に横切った」。


偵察機とみられる航空機との衝突を避けるために、民間機3機が緊急措置を講じなければならなかったという。
 

航空機は、28日及び29日と同様、ロシアの海岸線に沿って日本海の中立水域の上空を飛行した。
 

 

現在ロシア東部では、9月11〜15日の軍事演習「ボストーク(東方)2018」に向けた準備が行われている。

演習には、ロシア軍全体のおよそ3分の1にあたる約30万人の兵士が参加する。


ロシアのショイグ国防相は演習について、1981年以来最大規模になると指摘した。

 

 




「天皇家 英国陸軍」の画像検索結果

 

 

 

黒い貴族の生み出した 東インド会社

  • 2018.08.11 Saturday
  • 23:30

 

 

☆ スパシーバプーチンとの重複記事です。

 

 

 

世界最古の株式会社、東インド会社とは?
 

 

東インド会社は、明治維新や現代にまで直接影響を与えます。

当時のオランダは、強大な国でした。最初にこちらの記事を読んで頂くと嬉しいです。

イギリスとオランダの関係 オレンジ公ウィリアムと世界の王室について



オランダ海上帝国 wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E6%B5%B7%E4%B8%8A%E5%B8%9D%E5%9B%BD


17世紀初頭、ネーデルラント連邦共和国はオランダ東インド会社を設立、東インドに進出してポルトガルから香辛料貿易を奪い

さらにオランダ西インド会社も設立するなどして次第に植民地を拡大し、黄金時代を迎えた。


17世紀から18世紀にかけて植民地主義大国として飛躍したことから、本国及び植民地一帯を指してオランダ海上帝国という。


基本情報

東インド会社 wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E4%BC%9A%E7%A4%BE



東インド会社

東インド会社(ひがしインドがいしゃ、とうインドがいしゃ)は、アジア地域との貿易独占権を与えられた特許会社。


重商主義帝国下、特に貿易差額主義に基づく経済活動に極めて大きな役割を果たした。


なお、ここで言う「インド」とはヨーロッパ、地中海沿岸地方以外の地域をさす。

同様の特許会社に新世界との交易を行った西インド会社がある。


各国ごとに設立され、以下のようなものがある。オランダ東インド会社は世界初の株式会社としても有名である。


関連会社

イギリス東インド会社
オランダ東インド会社
スウェーデン東インド会社
デンマーク東インド会社
フランス東インド会社
関連項目
勅許会社
西インド会社
オランダ海上帝国
※今回はオランダとイギリスの東インド会社を取り上げます。



オランダ東インド会社とは?

オランダ東インド会社 wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E6%9D%B1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E4%BC%9A%E7%A4%BE
 

 


日本ではカトリックとスペイン・ポルトガルのつながりに警戒感を強めていた江戸幕府に取り入りポルトガルの追い落としに成功、

 

鎖国下の日本で欧州諸国として唯一、長崎出島での交易を認められた。


アジアにおけるポルトガル海上帝国はオランダ東インド会社の攻勢によって没落した。

イギリス東インド会社やフランス東インド会社もオランダとの競合に勝てず、東アジアや東南アジアから撤退して、インド経営に専念することになる。


(略)

主要年表

1596年 最初のオランダ船、東インド到着
1600年 リーフデ号日本漂着
1602年 オランダ東インド会社設立
1609年
平戸オランダ商館開設
1641年
オランダ商館平戸から長崎出島に移転
1799年 オランダ東インド会社解散
※日本との関係のみ抜粋、全体の詳細はwikipedia本文をお読みください。
 

 


オランダ東インド会社 世界史の窓

http://www.y-history.net/appendix/wh0904-057.html



アムステルダム証券取引所 wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%A0%E8%A8%BC%E5%88%B8%E5%8F%96%E5%BC%95%E6%89%80



アムステルダム証券取引所は世界で最古の証券取引所だと考えられている。

1602年にオランダ東インド会社によって、株券や債券を売買するために設立された。

それは、かつて有価証券を取引するために設立された取引所の名称を変えて証券取引所としたものである。



イギリス東インド会社とは?


イギリス東インド会社

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E6%9D%B1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E4%BC%9A%E7%A4%BE


イギリス東インド会社(イギリスひがしインドがいしゃ、英: East India Company(EIC))は、

アジア貿易を目的に設立された、イギリスの勅許会社である。


アジア貿易の独占権を認められ、イングランド銀行から貸付を受けながら、17世紀から19世紀半ばにかけてアジア各地の植民地経営や交易に従事した。


当初は香辛料貿易を主業務としたが、次第にインドに行政組織を構築し、徴税や通貨発行を行い、法律を作成して施行し、軍隊を保有して反乱鎮圧や他国との戦争を行う、インドの植民地統治機関へと変貌していった

インド大反乱の後、インドの統治権をイギリス王室に譲渡し、1858年に解散した。


厳密には「イギリス東インド会社」は単一の組織ではなく、ロンドン東インド会社(旧会社)、イングランド東インド会社(新会社)、合同東インド会社(合同会社)という三つの会社の総称である。



イギリス東インド会社 世界史の窓

http://www.y-history.net/appendix/wh0904-071.html

徳川家と東インド会社


イギリス東インド会社と江戸幕府

http://historiajaponica.com/2016/11/04/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E6%9D%B1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%81%A8%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%B9%95%E5%BA%9C/



イギリス東インド会社は16世紀にイギリスによって設立された国策会社ですが、短期間ではあるものの、江戸幕府が施政する日本と貿易を行っていた時期がありました。

1611年、当時のイギリス国王ジェームス1世の国書をともにジョンセーリスが来日し、徳川家康と謁見し、家康の許可も得て平戸にイギリス商館が開かれ、リチャードコックスが商館長として仕事をすることになります。
 

 

リチャードコックスの在任中、平山常陳という人物がカトリックの宣教師を乗せた朱印船をマニラから日本に向けての航海中にイギリス・オランダの商戦艦隊の襲撃を受け、平戸に曳航されるという事件が起きており、

江戸幕府は既に切支丹に対する禁令を出していたことから、その後の切支丹迫害に拍車がかけられていくことになります。


この事件からは1620年の段階では、ヨーロッパのカトリック系国家と新教系国家の間の東洋貿易に関する覇権争いが激しく、

同じ新教の国であるイギリスとオランダの船が協力してカトリック系の排除に動いているということが分かります。


イギリスとオランダとの間の貿易競争も激しかったようですが、少なくともカトリックに対する態度としては一致していたという理解の方がより真相に近いかも知れません。


1623年にはオランダ人がインドネシアのアンボイナのイギリス商館を襲撃し、商館員が全員殺害されるというアンボイナ事件が発生します。


この事件をきっかけに、平戸のイギリス商館は閉鎖され、ヨーロッパの対日貿易はオランダ独占するという状況になります。


1673年にイギリス船籍のリターン号がチャールズ2世の国書を携えて長崎に入港しますが、チャールズ2世がカトリックの国であるポルトガルのカタリナ王女と結婚していることを問題視し、通商を拒否し、イギリスは対日貿易からは完全に締め出されることになりました。



大航海時代の駿府の家康公

http://www.visit-shizuoka.com/t/oogosho400/study/05.htm


大坂の陣 オランダに記録 東インド会社駐在員の書簡 

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21HBG_R20C16A9000000/
 

 



黒い貴族と東インド会社


ベネチアの黒い貴族とは誰なのか?

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=289908


西暦480年頃に西ローマ帝国が滅びた後、ローマ帝国の一部の貴族がヴェネチアに避難した際に、

特権を享受していた一部のユダヤ人ヴェネチアへ避難し、ヨーロッパの貴族階級に同化していった。

その中で現地人より色が浅黒かったので「ヴェネチアの黒い貴族」と呼ばれるようになる。


彼らはキリスト教国家とイスラム教国家の間の地中海貿易を独占していた。

そして黒い貴族は地中海貿易から大西洋貿易に移るためにヴェネチアからオランダへ、さらにイギリスへと移動していき、世界初の株式会社であるイギリス東インド会社を設立する。


(略)


「東方見聞録」で有名なマルコ・ポーロも、ヴェネチアの黒い貴族が送り出したエージェントだったのです。


大航海時代の背景はポルトガルとかスペインとか英国とかという、それぞれの国家ではなく、ヴェネチアに浸透する金融寡頭権力だったのです。そのようにして彼らは世界支配をさらに進めたわけです。

 

 


アメリカ・デフォルトは起きるのか!? -11 〜サヴォイ家・ヴェルフ家の世界戦略〜

http://www.kanekashi.com/blog/2014/07/2755.html



大航海時代から始まった「イエズス会」・「東インド会社」は、それぞれ布教・貿易を目的として、領域拡大を行っていきましたが、実は、この動きがサヴォイ家・ヴェルフ=ヘッセン家の世界戦略だったのです。
 


ポルトガル・スペインの侵略の流れ

http://www.kanekashi.com/blog/wp-content/uploads/2014/07/3f1b4f222dfeae7822c3aca10453c393.jpg



“東インド会社”と“アヘン”を利用し、ボロ儲けした「ヴェルフ家」

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=290557



英国東インド会社によるアヘン貿易の真相 by ユースタス・マリンズ

http://satehate.exblog.jp/8777131
 

 



英国東インド会社によるアヘン貿易の真相 

 


大英帝国は海賊行為と奴隷制と麻薬貿易によって繁栄した。


ドレーク海賊団(サー・フランシス・ドレーク[1540?-1596]を首領とする)がマーチャント・アドヴェンチャラーズ商会(セバスティアン・カボット)と変わり、これがのちに東インド特許状会社となった。

 


※ここでもキャボット(カボット)家が現れる。

黒い貴族キャボット家とブルッキングス研究所 現代日本への影響


元英国情報将校ジョン・F・コールマン博士の説によると、

三百人委員会の前身はイギリス東インド会社にあるという。



「300人委員会」

http://sun.ap.teacup.com/souun/599.html
 

 

 

バビロンの捕囚の中に“パリサイ派”という秘密結社ができたが、このタルムード派ユダヤ教の中からルシファー悪魔大王を崇拝する“カバラ学派”が出現し、トーラーとエホバを信仰する伝統的なユダヤ教を捨てた


この勢力はヴェネチア、オランダ経由で17,8世紀に大英帝国をそっくりまるごと取り込んだ。

 

 

無神論的な思想を根底にもち、ロスチャイルド家はこの一派である。

 

18世紀に英国東インド会社の300人評議会を母胎にして全世界的に発展させた“300人委員会”が設立された。




アメリカと東インド会社




イギリス東インド会社の旗



「インデペンデンス・デー」でアメリカが独立した国は?

http://unakarma.info/archives/1028







イギリス東インド会社の北米支社として出発したアメリカ合衆国

http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/a2a8f1c317e732b9479b82f98212fc54?fm=rss




『アメリカ合衆国は東インド会社-北米支店』

1776年-独立宣言の前後1年強アメリカの旗は東インド会社の旗だった!


資料

東インド会社人物禄

http://www.geocities.jp/bombay_marines/history/history-2.html


壊される日本
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/umanoshuji.html


イギリス東インド会社の忠実な召使いだったトマス・マルサスの『人口論』 by ジョン・コールマン

http://satehate.exblog.jp/8770049



管理人コメント

 


結局、

 

ヴォルフやその分家ヘッセン、サヴォイなどの黒い貴族が作り上げたイエズス会や東インド会社が現在の地球支配の原型を形作っているのではないか。


イルミナティとは、この勢力の世界支配システムなのではないのか。


最初の株式会社から僅か4世紀弱。

人類の多くが株式会社という搾取システムに所属しているのは興味深い。これは決して生物として正常な状態とはいえないだろう。
 

 

支配者の手口は巧妙だ。


二手に分かれ、一方では虐殺し、もう一方では追い詰められた人々を宗教を利用し洗脳して奴隷にする。


日本でも同じ手段が取られている。


日本人は沈黙の兵器で虐殺され、格差システムでお金を奪取されている。


他方で様々なカルト宗教を利用し日本人を奴隷化している。

その信者は人口の1割に及ぶだろう。


そして、カルト信者を利用してさらに植民地化を加速させていく。


世界の真実に気付いて行動を始めた人間は、集団ストーカーシステムの餌食となる。


軍隊・警察・マフィア・司法を独占しているイルミナティという毛皮をかぶったこの勢力は、超法規的な活動をする。


集団ストーカーシステムについて、そろそろ答えが出そうですね。
 

 


https://ameblo.jp/walker-memo/entry-12246766394.html

 

 


☆ 300人委員会とか イルミナティとか ・・・

新しい 説が でています。

つまり トランプ サイドに 屈服したというような ・・・

回心したのだから それで良い とも とれますが ・・・


黒い貴族たちと その配下の イエズス会等の権力は 今までの 不法な 財を 人類に 返すべきと 思いますし

また 謝罪し 不当な地位を 捨てるべきと思うので


かれらの 告白で 地球の 嘘とか 嘘の歴史が 消えるまでは まだまだ 「もういいよ」ということは 到底 納得できません。


かれらに 特権も 財も 不要です。


また 現王室は すべて 乗っ取られた偽物と思います。
 





 

イルミナティ 世界を強奪したカルト
クリエーター情報なし
成甲書房

 

 

 

 

 

黒い似非貴族 英王室 政治的アピール

  • 2018.07.13 Friday
  • 23:42

 

 

7.11 英王室、王立空軍100周年祝賀に全員で参加

 

英王室、王立空軍100周年祝賀に全員で参加


英国のエリザベス2世女王が、ヘンリー王子やメーガン妃とともに、英王立空軍の創設100周年を記念する祝賀式典に出席した。

サン紙が伝えている。


先に体調悪化と曾孫の洗礼式欠席の情報が伝えられていたにもかかわらず、式典の際に92歳の君主は機嫌が良く、来賓に対して微笑んでいたと強調されている

また、同空軍100周年の祝賀には、王室にとって特別な意義があると指摘されている。
 

 

例えば、ウィリアム王子は空軍中尉の階級を有している。両王子とも、今回の祝賀式典には完全な軍服姿で現れた。
 


 

 

 

 

 

 

「ガーター騎士団 天皇」の画像検索結果

 

 

 

「ガーター騎士団 天皇」の画像検索結果

 

 

 

 

「ガーター騎士団 天皇」の画像検索結果

 

 

 

 

エリザベス 死のリハーサル

  • 2018.07.06 Friday
  • 23:50

 

 

7.2  エリザベス女王の死が内密にリハーサルされていた


英国でエリザベス女王が逝去した場合の動きが内密にリハーサルされていた。

同国大臣らは10日間の服喪に備えた動きを「訓練」した。


リハーサルでは逝去した場合の翌日の動きを決め、首相がいつ発表すべきかを決めた。

英紙タイムズが報じた。


同紙によると、プランは「ロンドン橋」という名前で、定期的に更新される。

しかし、リハーサルに諸大臣が参加したのは初めて。リハーサルは先週行われた。


エリザベス女王は92歳。6月はじめには白内障手術を受けた。とはいえ、エリザベス女王はただ一つの公式行事も欠席しなかった。




☆ スプートニクだからこそ 嘘なく 造ることなく 報道するのでしょう。

以前 エリザベスの暗殺計画があるとの報道もあった。 


次はチャールズであろうとも 状況は同じ。


日本でも 創価直伝の 次期皇室のせいか 今 ヤクザ政策が 狂気のようです。


つまり 朝鮮ヤクザの日本乗っ取りの 本格化。


 

ディープステートがいる国 英国 言論弾圧  ソールズベリー近辺の毒物

  • 2018.07.06 Friday
  • 00:18

 

 

イギリスでは、”ディープステートの真実を暴くウェブサイト”での発言や意見を弾圧する新しい法律が導入された

〜掲載するだけでなく、コメントやシェアするだけでも6ヶ月の禁固刑〜



【訳者注】イギリスでは、ついに、こういうことになった。


人種や社会的マイノリティに対する差別をなくす、というのは表看板で、本音は、ここで言っている「政治的に正しくない」発言や意見の弾圧である。

この politically (in)correct という、奇怪な言葉の意味が、私には長いことわからなかったが、ここ数年来、手に取るように明瞭になった。

 


これは、あの暗黒集団に都合のよい(悪い)、という意味である。


我々がここでよく引用紹介する、長期間、献身的に(彼らを援助する団体はない)、悪の根源を摘発し、これをわかるように説明してくれるようなウェブサイトが、一番の弾圧の対象のようである。


それを(我々のように)引用したり、コメントするだけで同罪らしい。

彼らが「憎しみを含む」内容と言っているのは、批判的な内容という意味である。

 


中でも悪質なのは、「 知的に敏感な」impressionable 聴衆に訴えようとするサイトだと言っているから、我々のこのサイトは、最も悪質ということになる。


(我々は、単なる憎しみをもって論じたことは一度もない。)


これに呼応するように、つい先日、Google から、 「この度、新しいプライバシー基準を設けて、5 月 25 日(?)から実施することになった」という内容の通知が配信されてきた。


その背景に何があるのかについては、「数千のグーグル従業員が“深層国家”をめぐる問題で退職の構え、メディアは報道管制」


http://www.neonnettle.com/news/4198-thousands-ofgoogle-employees-threaten-to-quit-over-deep-state-media-blackout をご覧いただきたい。 

Daniel Newton, NeonNettle 
May 16, 2018 


(前略) 


社会メディアの掲載内容が “人種差別” とか “反ゲイ運動” とか考えられる場合、利用者は、 昨日、提案された厳しい新ルールの下で、投獄されることになる。 

(中略) 

社会メディアを利用する者が、その結果を知らないで “ヘイト・スピーチ” を、コメントし たりシェアしたりしても、裁定評議会からの提案に従って、投獄されることがある。

(中略) 


この裁定評議会の提案では、最も深刻なヘイトの犯罪に含まれるものは、公的な人物が、憎しみを煽る目的で行うスピーチ、また、人種や宗教グループに対する暴力を示唆するオンライン内容、

それに長期にわたって、世界的な聴衆に対し、暴言的、侮辱的材料を発表しているウェブサイトである。

(中略) 


現在、英国は、逆植民地化されていて、彼らの政府は “犯罪的な” 社会メディアの記事を、シェアしたりコメントしたりする人々を、監獄に入れようと必死になっている。 


――以上 

 
この記事には英語版があります:
 

 

» English version of this article "イギリスでは、”ディープステートの真実を暴くウェブサイト”での発言や意見を弾圧する新しい法律が導入された 〜掲載するだけでなく、コメントやシェアするだけでも6ヶ月の禁固刑〜"


http://www.dcsociety.org/2012/info2012/180519.pdf




◎ 昭和天皇は英国の正規兵の陸軍元帥です。

マッカーサーと昭和天皇は、連合軍軍人の軍位として対等。

 

https://www.thegazette.co.uk/London/issue/33619/page/4028 …

https://pbs.twimg.com/media/CsKqHCRVUAAvShE.jpg



 

 

 

 

 

 

 

7.4  英ソールズベリー近く 不明物質が原因で2人搬送


英ウィルトシャー州警察は、ソールズベリーに隣接するエイムズベリーで「深刻な事案」が発生したと4日朝に発表した。


2人が「正体不明の物質の影響を受け」、重体となって病院に搬送されたという。


先月30日の夕方、ある家で40歳の男女それぞれ1人が意識を失った状態で発見されたとの通報が警察に入った。


声明では、「当初、患者は2人ともヘロインあるいは純粋でない喫煙用コカインを使用した後に体調が悪くなった可能性があるとみられていたが、

現在、患者らの状態悪化を誘発した物質の特定を目的にさらなる分析が行われている」と述べられている。


現在、男女はソールズベリーの病院に入院している。2人の容態は重体と評価されている。


2人の中毒症状が犯罪の結果なのかどうか、治安機関が検証を進めている。


被害者2人が訪れた可能性があるソールズベリーとエイムズベリーにある場所は、安全確保を目的に封鎖されている



英保健省報道官は、社会の多くの人々の健康にとって「著しい脅威」はないと説明している。


3月4日、英南西部ソールズベリーでスクリパリ氏と娘のユリアさんが何らかの物質の中毒により重体の状態で病院に搬送された。


なおロシアでスクリパリ氏はスパイ行為で有罪判決を受けている。


英国は襲撃事件にはロシアが関与していると主張しているが、未だにその証拠が提示されていない。


ロシアは同事件への関与を断じて否定し、英国の非難を証拠のない挑発だと指摘している。






 

明治日本と大英帝国イエズス会 侵略 アヘン 買収  英国人英メディアを批判

  • 2018.07.02 Monday
  • 00:01

 

 

 

 

 

 

6.29  英がOPCW締約国を買収とロシアが非難

英国とそのパートナーが化学兵器禁止機関(OPCW)の権限拡大を決める投票の際に、締約国複数人を買収したとして、ロシア外務省のザハロワ報道官が非難した。


「この決定は合法的ではないと考える。採択の際に締約国会議がその権限の枠外に出たことに留意する必要がある。」


ザハロワ氏によると、英政府とその他諸国からの政治的操作と直接的買収、あからさまな恫喝の結果、「不愉快な草案」が採択された


オランダ・ハーグの本部で開かれた締約国会議の特別セッションで27日、英国が提出したOPCWの権限を拡大する案が採択された。

これにより、OPCWが化学攻撃の責任を持つ国家や組織を名指すことができる。


同案は賛成82票、反対24票で採択された。
 

 

 

☆ 日本を支配いているのは 朝鮮ヤクザ という認識をもつべき。 そこに タブーもためらいも必要はない。

 

ソ連ではなく ロシアを そして CIAがなした天安門を 中国と わめいているのが

 

明治日本の 飼い犬の 火病の兵隊の仕事である。

 

 

 

 

 

 

 


7.1  英サポーター、ロシアW杯遠征の印象を語り英メディアを批判

 

 

英国のサポーター、マット・メイベリーさんはサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会から戻り、ツイッターで英メディアを痛烈に批判した。

 


「ロシアでの2週間から生還。血に飢えたフーリガンに攻撃もされず、クマにも食べられず、毒も盛られなかったし殺されなかった。

 

英メディアはロシアの人びとに対する明らかなプロパガンダを恥じるべき。完璧に最高な国。

 

 

Back from 2 weeks in Russia alive.
I wasn’t attacked by blood thirsty hooligans, I wasn’t eaten by a bear & I haven’t been poisoned or killed.
The British media should be ashamed of themselves for their clear propaganda against the Russian people. Absolutely class country 🇷🇺

 

https://twitter.com/ChezzerMaybury/status/1012771996181172224?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1012771996181172224&ref_url=https%3A%2F%2Fjp.sputniknews.com%2Fworldcup-2018-archive%2F201807015061956%2F

 

 

 

 

 


考えを変えようとする他の利用者の試みにメイベリーさんは次のようにコメント。

 

「ニュースや新聞にあること全てを信じるな。メディアが人びとをどれほどコントロールしているか恥ずかしい。」

 

英紙テレグラフなどの英メディアは大会開幕前、海外からのサポーターがロシアW杯で直面しかねない問題をテーマにした記事を多く公開し、遠征に行かないよう英国民に呼びかけていた。

 

 

英紙インデペンデントの報道によると、英警察は、「ロシアのフーリガン」と英国からのサポーターが乱闘を起こすかもしれないという懸念は根拠が無かったと認めた。

 

 

 

 

ロイヤルを美化する国の共通項  オランダ王室  英国王室

  • 2018.06.22 Friday
  • 00:28

 

 

☆ NHKでは 皇室の反感を 一切 報道しないようにされているそうです。

 

そうでもしなければ 一般国民の声は 消すことはできない。 反対にいえば

 

国民は 決して マスコミや 週刊誌のような 皇室にきゃー きゃー いうようなものばかりではないということだと思います。

 

 

陰謀論者 ? が 安全であるためには 決して 王室 皇室の 正体を言ってはならない それで いつも

 

寸止めで 黒幕以下の 政治やを叩くことで ごまかしている。

 

 

国単位で 王室の正体を報道しないということは その国自体が ロイヤルに支配されているということでしょう。

 

 

本当は イルミナティとか 金融ユダヤとの繋がりなど NWOの支店長は ばらまかれている 王室のはずなのに ・・・

 

 

 

 

 

6.8  オランダ王妃の妹、アルゼンチン首都の自宅アパートで遺体発見 自殺か

 

 

 

 

 


アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで7日、オランダのマキシマ王妃の妹イネス・ソレギエタさんが死去した。33歳だった。AFP通信が伝えた。

 


アルゼンチンのメディアの報道によると、7日午前0時(日本時間同日正午)ごろ、ブエノスアイレスの自宅アパートでソレギエタさんの遺体が見つかった。警察によれば、自殺の可能性が高い。

 

 

​過去にソレギエタさんはうつ病に悩んでおり、2012年に治療を受けていたという。

​マキシマ王妃は妹の葬儀に出席するため、今後数日間にわたって公式行事への出席をキャンセルし、アルゼンチンを訪れるという。

 

 

☆ 自殺かどうかはわかりませんが 日本では このような報道さえ したのかどうか?

 

 

 

 

 

6.19  ゲイを公表した英女王の従弟で露詩人プーシキンの子孫 恋人の男性と結婚へ

 


英国王室で史上初の同性結婚が行われる。


男性どうしの結婚に踏み切るのはエリザベス2世のいとこのアイヴァー・マウントバッテン卿(55)。


お相手はジェイムス・コイル氏。デイリーメール紙が報じた。

 


同紙によると、アイヴァー・マウントバッテン卿は2年前カミングアウトをし、自分がゲイであることを公表した。


カミングアウトをした理由は愛するコイル氏と二人で暮らすため。


アイヴァー・マウントバッテン卿にとってはこれは2度目の婚姻。最初の妻、ペニー・マウントバッテンとは16年間共に暮らし、3女をもうけている。

 

 

アイヴァー・マウントバッテン卿はナデェジダ・ミハイロヴナ・マウントバッテン・ド・トービー伯爵夫人の孫にあたる。


ナデェジダ・ミハイロヴナ・マウントバッテン・ド・トービー伯爵夫人は

 

父がロシア、ロマノフ朝皇帝ニコライ1世の孫で、母はロシアの国民的詩人アレクサンドル・プーシキンの孫。

 

 

結婚式はこの夏、南部のデヴォンにある民間の礼拝堂で行われる。花嫁、花婿の介添え人役は何年もの間、元夫のアイヴァーさんを支え続けたマウントバッテン卿の元妻ペニーさんが務める。

 

 

☆ 現王室は なぜ

 

これ程の財が 許されているのか

 

同じ国に 餓死するものさえいるのに。

 

 

なにをしても 赦される。

 

英王室 (だけではないが)は 子供を拉致 誘拐 あるいは 虐待 あるいは 生贄にしている という報道を 

 

もし 普通のマスコミが報じるなら

 

地球は ようやく 普通の星になる。

 

といっても マスコミも 同族なのかもしれませんね。

 

 

ホモ とか レズとか 意見はいろいろあるでしょうが

 

皇室 王室の 親子関係など まさに 絵に描いたもちでしょう。

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

日本古代史

日本古代史入門
クリエーター情報なし
作品社(インプレス)

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 部落の起源
    ひろし (09/19)
  • 米だけが悪という嘘 天皇制・大室寅之助 /田布施はNWO企業を推薦する ディズニー
    shion (08/27)
  • アベ3選の世論操作に騙されるな
    佐藤義徳 (08/11)
  • 戦艦大和の原爆実験   フクイチは核爆弾の製造工場
    アルト (08/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM