跪く   地球のショー

  • 2019.05.12 Sunday
  • 22:14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元ガチのストリッパーだった3人目の嫁はんを、人前で裸にして国中が震撼した時のアレ。

 

 

https://twitter.com/inabawataru/status/1123785112913678336

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明治王朝の産みの親  英国BBCの報道

  • 2019.05.07 Tuesday
  • 22:13

 

 

よく言うよ!エリザベス王政のBBCが!

 

マスコミの世論調査で7%が天皇制廃止!1000万人近くが天皇制反対!

 

 

B層除き東大名誉教授の上野千鶴子氏ら知識人に限れば、大勢が天皇制反対派!

 

反天連を過激派に見せてる?

 

 

 

(BBC)

 

〇 日本の寂しい天皇制反対派 改元に沸く国内で縮小

 

天皇の譲位と新天皇の即位、改元という歴史的な変化を目前にした4月末、

 

小規模の集団が東京のはずれに集まった。

 

 

「天皇の戦争責任を忘れるな」と繰り返しながら、集まった人たちは公園に向かってデモ行進した。

 

抗議行動に参加した人のほとんどは白髪で、人数は少なかった。

 

人数は少ないものの、日本の天皇制反対派は、天皇制はもう廃止すべきだという主張を声高に続けている。

 

 

 

日本では、皇室は世界最古の世襲王朝だと言われている。

神話によると、皇室は天照大神の末裔(まつえい)だとされる。

第2次世界大戦が終わるまで、天皇は「現人神」だと見なされていた。

 

 

一方で、反天皇制運動連絡会(反天連)は30年前から、天皇制廃止を求めて活動してきた。

 

 

☆ 全文は 下記url

 

ニツポンと 英国の強い関係。

 

https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-48146846

 

 

 

 

 

https://twitter.com/JunjiHattori/status/1124853275604312065

 

 

 

☆ 憲法改正反対には

 

6万人くらい 集まったそうですが

 

ニツポンのマスコミは その集まった人々を 写さなかったそうですね。

 

 

今は 世界中で

 

トップから ボトムまで

 

人間摂取 vs 人間 という構図になってきました。

 

 

イルミナティが 結束しているのが あからさまに見える時代。

 

 

 

 

 

女王様の007  MI5  MI6 ウィリアム

  • 2019.04.08 Monday
  • 22:19

 

 

 

 


4.7  ウィリアム王子、英情報機関でインターンシップ


ウィリアム英王子は英対外情報部(MI6)、情報局保安部(MI5)、政府通信本部(GCHQ)での職務体験を終了した。


ケンジントン宮殿が発表した。


発表によると、1週目にウィリアム王子はMI6で職務体験を行った。

 

 

2週目はMI5で職務体験を行い、テロとの戦いをはじめとする国家安全保障の防衛手段について学んだ。

 


最終3週目には、政府や軍の情報防衛や電子諜報を担当するGCHQで職務体験が行われた。

GCHQのテロ部門長はウィリアム王子が「極めて熱心な」仕事ぶりだったと評価した。

 

 

☆ 創価が 「宗教」と呼ばれる。

 

MI5  MI6 が 国家安全 と 呼ばれる。

 

 

 

 

 

 

スェーデンもロイヤル プーチンに牙  サウジがロシアよりに変化?

  • 2019.03.19 Tuesday
  • 22:14

 

 

3.19   スウェーデンの専門家 ロシアを「敗北の超大国」呼ばわり

 

スウェーデンの防衛研究所の専門家、ジョーナス・クジェレン氏は、ロシアの電子戦術に関する報告書で、

 

ロシアを現代の軍備競争の部外者と呼んだ。

 

そして、ロシアは、西側諸国の軍事技術の発展に追いつくことができないだけに、敗者の立場から超大国になろうと志向していると述べた。

 

 

スウェーデンの防衛研究所の専門家、ジョーナス・クジェレン氏は、ロシアの電子戦術に関する報告書で、ロシアを現代の軍備競争の部外者と呼んだ。そして、ロシアは、西側諸国の軍事技術の発展に追いつくことができないだけに、敗者の立場から超大国になろうと志向していると述べた。

 

 

クジェレン氏はこの説の論拠とするのは、電子戦分野でのハイテク防衛および予防措置がロシアにとっては高額につきすぎる点だ。

 

 

そのためロシア政府は、ステルスシステムを避け、人員や軍事機器、軍事インフラの保護を可能とするより安価な技術的ソリューションを好む傾向にある。

 

 

ロシアで新しい電子戦の手段が多く誕生している理由についてはクジェレン氏は、

ソ連時代の開発の焼き直しでしかないと説明している。

 

 

しかし、多くの西側アナリストは、スウェーデンの専門家に反対の立場を示した。

米国海軍分析センターの専門家であるサミュエル・ベンデット氏は、ロシアは電子戦の分野でも米国を凌いでいると語った。

 

 

米国政府のシンクタンクで戦略的研究センターのランド研究所は、

米国対ロシアや中国といった対抗国との間の軍事紛争をモデル化した。

 

シミュレーションの結果、専門家たちは米国は非核紛争で敵対国に敗れると結論付けた。

 

 

☆ スェーデンもロイヤル その素性も フランス由来とか調査されている。


ある時から ロイヤルは NWOの駒になっており
世界で連携する 戦争や ディープステート


マスコミの忖度の相手でもあり


人間牧場の推進者


政治はしない という 名目は 勿論嘘。


思うようにいかず これからも 下品になるでしょう 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

3.18  サウジアラビア大臣 ロシアに対する制裁は全世界への脅威

 

 

サウジアラビアのハリド・ファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は、米国の新たな対ロシア制裁が採択されれば、世界に悪影響を及ぼすだろうと語った。

 

ハリド・ファリハ大臣によると、

 

 

 ロシアは欧州への重要な天然ガス供給国であり、

 

また中国への主要な石油供給国。

 

制裁措置が実施されたなら、 それは「欧州や中国、そして全世界に悪影響を及ぼすだろう」と、 同大臣は記者会見で語った。

 

 

ハリド・ファリハ大臣はまた、 ロシアは技術分野で牽引の役目を果たしており、

 

宇宙や他の多くの専門分野において重要な地位を占めていると指摘した。

 

 

また、 サウジアラビアはロシア連邦との協力を積極的に評価しており、

 

ロシアとサウジアラビアの両政府は、世界の石油市場を安定させるために共同行動をとっていると強調した。

 

 

 

☆ サウジは 黒が白に なるわけがないにしても

 

田中宇氏が 指摘した通りになった と 興味深いです。

 

 

つまり 「トランプの罠にはまる バカなサウジ」という タイトルだったと思います。

 

サウジは トランプの訪問で 

 

米は 味方だと思い込んだが ・・・

 

そんな内容だったと思います。

 

 

現サウジ王制ができた経緯は 櫻井ジャーナルさんを読みましたが 細かく 思い出せませんが

 

石油のドル決済をする 「ペトロダラー」の仕組みをするために 「都合のよい王」になった、

 

つまり 「すり替えた」と おおまかに理解していました。

 

 

とても似ているので 興味がありました  笑

 

 

つまり 現ロイヤルは 

 

神様から認定されて 保障されている地位ではないということです。

 

 

トランプは 中東 (だけではないが)と距離をとり ロシアに 結局は行くように仕向けた

 

つまり それが トランプの罠。

 

 

どこかの国は

 

原爆の秘密がある限り 

 

心に神があるものにとっては とても 見て見ぬふりをできる相手ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

独立しようとすると殺される   スリランカでの分割統治

  • 2019.03.16 Saturday
  • 22:11

 

 

アイルランドIRAテロリストより酷い

アイルランドを侵略したエリザベスの王立アルスター警察隊!


https://www.youtube.com/watch?v=WRaH6xZyAAw&list=PL306CCA134287EE3E …




EU離脱を機に、

 

エリザベス帝国の支配に反対し、副首相を辞任した元IRA司令官が亡くなった!


またエリザベスの北アイルランド直接支配に戻った今年、

早速、共和主義者トップが暗殺された?


北アイルランド前副首相死去 M・マクギネス氏 





https://twitter.com/JunjiHattori/status/844321194249662464





911の真相を追うと生前退位するエリザベス(ロスチャイルド金庫番)に行きつく!

アイルランドで使ったテロを利用した侵略統治ビジネスモデル!


それを北アイルランド紛争の和平合意後、世界に適用できるように、イスラエルのモサドらを使って起こしたのだ!

 


米上院議会のカーテンの裏にはエリザベス?





https://twitter.com/JunjiHattori/status/1061031599452508160




 

子供の同級生のスリランカ人のお母さんは、


スリランカの国内情勢が不穏なのはイギリスが原因だと言っていた。


わざと宗教や民族の違う人間を入れて対立させるのだと。


https://twitter.com/kqiFVo9GgfskrgY/status/1105282486836158464


 

侵略とピザゲイトで 上流貴族  英王室の競馬

  • 2019.03.06 Wednesday
  • 22:11

 

 

3.6   英王室主催の競馬で、男性はワンピース、女性はモーニングの着用が許可される

 

 

英王室が主催する競馬の祭典「ロイヤル・アスコット」で、トランスジェンダーのために来客が自分で性別によるドレスコードを選ぶことが許可された。

 

 

デイリー・メール紙が報じた。

 

男性はワンピースまたはスカートを、女性はモーニングを着用することが可能となる。

 

 

これは、トランスジェンダーの人々にとって競馬観戦をより快適にするため。主催者は「ロイヤル・アスコット」をより包括的なものにしようとしているという。

 

 

一方、基本的な服装規定は順守しなければならない。

 

 

例えば、ワンピースは膝 丈かそれよりも長い丈で肩を出してはいけない。

 

男性はグレーまたは黒のモーニングにベストとネクタイ、シルクハット、黒い靴を着用する。

 

 

ドレスコードは、「ロイヤル・アスコット」の公式サイトに掲載されている。

 

 

「ロイヤル・アスコット」は1711年から行われている毎年恒例の伝統的なイベント。

 

英国王室や上流階級の人々が出席する。

 

 

今年は6月11日から22日に開催される。

 

 

 

水事業を推進するディープステート   圧力と暗殺

  • 2019.03.05 Tuesday
  • 22:22

 

 

国連「水と衛生に関する諮問委員会」の名誉総裁 

世界水フォーラムの総裁も務めていた

 

皇太子徳仁親王

 

 

 

 

 

ウォーターエイド 

チャールズ 皇太子 総裁

 

 

 

https://twitter.com/q_MW_p/status/894069827718873089

 

 

 

 

皇太子、SDGsに触れて水問題の大切さ強調 IWA世界会議、東京ビッグサイトで開幕 

 

https://news.mynavi.jp/article/20180918-694560/

 

https://news.mynavi.jp/photo/article/20180918-694560/images/001l.jpg

 

 

 

国際会議で初の日本開催。皇太子は、国連の「持続可能な開発目標」(SDGs)で水の問題が重要な課題になっていることを紹介

 

 

※IWAで小池百合子が水道にスマートメーター10万戸で実証実験  表明

 

https://twitter.com/q_MW_p/status/1061537992941035526

 

 

 

二階氏、小池知事立候補なら協力 「実績見れば当然」

 

https://jp.sputniknews.com/japan/201903055995438/

 

 

 

 

天皇家は水ビジネスの広告塔の役割をしている。天皇の名を使い権威づけする意図がそこにあるのは明らか。

 

https://twitter.com/yoshimichi0409/status/1102639368362053632

 

 

 

 

〇 秋田知事、配備反対できぬ 地上イージス巡り態度を軟化

 

https://jp.sputniknews.com/japan/201903055995407/

 

 

☆ 悪魔権力の力とは

 

金塊と 暗殺 

 

時々 暗殺事件を 埋め込む

 

 

ケネディの暗殺以後 逆らうことは 難しくなったという。

 

 

 

ロイヤル  英国の不法統治   ベルギー 世界政府・露中潰し

  • 2019.02.27 Wednesday
  • 21:59

 

 







2.26 国際司法裁判所 英国にインド洋モーリシャスの島々の返還勧告

国際司法裁判所は(ICJ)、1965年の英国によるモーリシャス諸島からのチャゴス諸島の分離を違法とし、

英国にインド洋の島々の統治を放棄するよう勧告した。

英紙「デイリー・テレグラフ」が報じた。


ICJは、1970年代に英国政府が米国空軍基地建設用地を確保するため、

島住民らにこれらの領域からの強制退去を命じたことを違法とみなした。


アブドゥルカヴァ・ユースフ裁判長は、


英国は「可能な限り早くチャゴス諸島の統治を終わらせる義務がある」と述べ、モーリシャスに統治権を戻すよう求めている。


チャゴス諸島は、モルディブの南約500キロのインド洋に位置する60以上の熱帯の島々と7つの環礁。

諸島の住民は、1966年から1973年までモーリシャスとセーシェルに強制移住された。


現在、ここには英米両国軍の兵士約3千人が居住している。



 

 

2.22 ワシントンでパトリック・シャナハン米国防長官代行は

ベルギーのディディエ・レイデルス副首相兼外交・国防相と会談し、
ロシアと中国に対抗する分野で協力を続けることに合意した。

 

米国防総省、報道部が明らかにした。
 

 


米国防総省広報部の声明には

 

「両者は、NATOの東方面におけるロシアの行為および欧州の技術基盤に潜入しようとする

中国の脅威という安全面での挑戦に引き続き協力して対抗していくことで合意した」と書かれている。


シャナハン国防長官代行はまた、レイデルス副首相兼外交・国防相に対して、

イラクのNATOミッションにおける貢献および核の抑制に関するNATOミッションへの献身に謝意を示した。



☆ ベルギーもロイヤル

NWOにならなかったロイヤルは殺害され

あるいは すり替えられている

ロイヤルは 世界で連携している NWO

ディープステート 戦争や


 

ロイヤルに不利なことは伝えないニツポン   播磨屋おかき 

  • 2019.02.26 Tuesday
  • 22:10

 

 

 

 

 

おっ、立憲君主制のスペイン国王に反対するデモも!

 

 

現地スペインでは報道されるが日本メディアや日本語ツイッターにも出てこない真実!

 

物凄い事になっているスペイン!【バルセロナで20万人がデモ カタルーニャ独立派の公判に抗議


https://twitter.com/JunjiHattori/status/1099865349275566080

 

 

 

 

〇 動画:バルセロナで20万人がデモ カタルーニャ独立派の公判に抗議

 

http://www.afpbb.com/articles/-/3211499

 

 

 

〇 ロシアTV(英文)

 

Burnt tires & clashes with police as pro-independence protests grip Catalonia (PHOTO, VIDEO)

 

https://www.rt.com/news/452073-catalonia-protest-road-blockades/

 

 

 

 

☆ ダイアナさんが語った離婚の経緯は BBCでも 放映されたそうです。

 

スペインでの独立を希望する声が スペインでは 報道され

 

なぜ 日本では 報道されない?

 

ロイヤルに不利なことは 病的に報道しない という このニツポンとは?

 

それだけ

 

ぜったい 自分たちの素性も歴史も

 

知られたくない 知らせない という  

 

偽ものならでわの ガードの固さ と

 

マスコミを追随させる 凄まじい 力は 世界一に見えます。

 

 

まさに 恐るべき 悪魔ですが

 

原爆の地上起爆の犯人というのは

 

悪魔にとっても 重すぎるのかも。

 

 

 

 

〇 さすが、東京の播磨屋おかき!国際金融資本家の陰謀を暴露!

「自ら説明されよ皇太子!
今なぜ世直しが急務なのか!」




(動画)

https://twitter.com/JunjiHattori/status/828506946332340224



☆ 服部氏の言うように

 

偽皇室への 抗議なのか どうか

 

調べないとわかりませが

 

これだけ 堂々と車を走らせているのですから

 

反天なのかどうか?

 

 

 

プーチン: NWOと戦うのは使命   大英帝国の正体

  • 2019.02.20 Wednesday
  • 22:12

 

 

☆ さくらい 他 下の要因  ニツポンのマスコミが

 

ロシア悪魔化 そして 英王室の 出産まで お祭り騒ぎをしているのは

 

とても 簡単で

 

維新の偽権力を 「作ってくれた」のが 大英帝国 (とロス茶) という理由です。

 

つまり 

 

NWOと戦う人類派は 「悪魔」ということです。

 

天皇すり替えとは

 

あまりにも大きな出来事で 

 

これは そのまま ロシアでなされた ユダヤ革命です。

 

 

あのときも

 

なりすましロシア人が 8割を占めていた。 (本名としての ユダヤ名はあった)

 

知的な階級のロシア人の 多くが 海外に逃亡した。

 

同じことなのです。

 

 




 

 


【プーチン大統領:家族の価値を低下させる新世界秩序=NWOを攻撃するのは私の義務]


Putin has just killed the ideology that undergirds the New World Order with respect to family values once again.

It just couldn’t get any better:


https://www.veteranstoday.com/2017/06/09/putin-its-my-duty-to-attack-the-new-world-order-for-degrading-family-values/

 

 

 

 

◎ 大英帝国の正体

 

 

☆ ナチスであり


エリザベスの父は チャーチルともいわれ

メイは 偽ユダヤ ハザールですね。


その血でなければ 政治ができない仕組みだと思います。


どこかと 似ています。







British Government is also backing the vile Saudi Dictatorships bloodbath in Yemen

英国政府はまた、イエメン@ttps://t.co/qAILw86FK6の邪悪なサウジ独裁政権大虐殺を支持している


https://twitter.com/DWPscumbags/status/862718408609103872



〇 Saudi bombs are decimating Yemen. Yet May’s glad-handing goes on Emily Thornberry

https://www.theguardian.com/commentisfree/2017/apr/05/saudi-arabia-bombs-yemen-theresa-may-trade


Famine looms in Yemen, as U.S.-backed Saudi bombing intentionally targets food production http://www.salon.com/2016/10/27/famine-looms-in-yemen-as-u-s-backed-saudi-bombing-intentionally-targets-food-production/ … via @Salon


イエメンでは、米国が支援するサウジアラビアの爆撃が意図的に食糧生産@Salonを標的にしているため、飢饉が


https://twitter.com/BenjaminNorton/status/791668330943881217


https://www.salon.com/2016/10/27/famine-looms-in-yemen-as-u-s-backed-saudi-bombing-intentionally-targets-food-production/






 

ロイヤルの素性  タイ  

  • 2019.02.15 Friday
  • 22:18

 

 

どひゃー、こんなひどい奴がタイ国王に!

 

タイの国民からも評判が非常に悪い!

 

こんな奴と密談する天皇皇后!

 

 

軍隊も握る日本と同じ立憲君主制〜

 

教育はほとんどイギリスで受け…愛人をつれ日本を公式訪問しようとし…

 

3人目の妻を大勢の人間がいる中、一人だけ裸にさせ…

 

https://twitter.com/JunjiHattori/status/1095918440928358401

 

 

(WiKi)

 

アメリカ軍・イギリス軍・オーストラリア軍などとの共同軍事演習などを指揮し、

 

タイ王国軍、とりわけ陸軍とのつながりを非常に強めた。

 

 

これはタイで過去に軍部が政権を握っていた時代にあって、陸軍が王位継承者である王子を利用し政権の正当性を高めようとしたことがうかがえる。

 

 

ラーマ10世ことワチラーロンコーンの評価については、タイ国内では不敬罪になるため、公共の場で議論されることは全くないが、一般的にかなり印象が悪い。

 

 

一般的にタイ人は王室の人物には、無条件に畏敬の念を持つが、ワチラーロンコーンに対してだけは異なる。

 

 

3度に渡る離婚や、ドイツに囲っている愛人問題の他、若い頃からチャクリー王朝の人間にそぐわない数々の行動は、一般市民にも広く認知されている。

 

 

2007年には、当時3人目の妻であったシーラット妃の30歳誕生パーティーで、

 

本人を大勢の人間がいる中、一人だけ裸にさせている映像が出回った。

 

なお2014年にシーラットと離婚後、なぜか彼女の両親や兄弟が、汚職や不敬罪で次々と逮捕された。

 

 

王室内の情報や出来事が外部に漏れることがまずなかったラーマ9世の時代と異なり、

 

今はインターネットの普及により、タイ国内に限らず世界中に瞬時に知られてしまうことが、ワチラーロンコーンの悪評判の広がりに拍車をかけている。

 

 

2016年7月22日、ワチラーロンコーンがドイツに持つ別荘に向かう途中、

 

ミュンヘン空港での姿を現地のタブロイド紙が発表している。

 

服装は女物のタンクトップ、ずり下がったジーンズ、サンダルというラフな格好の上、背中には大きな刺青が施されていた。

 

 

こういったワチラーロンコーンの評判は、国内外を問わず各地を訪問し地道に活動する妹のシリントーン王女の人気とは対照的である。

 

 

このためラーマ9世の次の王位には、シリントーン王女が就くことを望む者が多いと一般に言われていた。

 

 

タイ国内の書店を巡ると王室の人物に関する本を多く目にするが、

 

シリントーン王女に関する出版物が多数ある一方、

 

ワチラーロンコーンに関する書籍は殆どないのが現実である。

 

 

このため、ワチラーロンコーンにとってはラーマ9世亡き後、後継者として自らの不人気を、どのように克服するかが課題となっていた。

 

 

ワチラーロンコーンの数少ない外交業務に1987年の訪日がある。

 

この時、妻ではなく愛人を連れて行こうとしたが、外交儀礼に反するという理由で日本国政府に拒否されている。

 

 

日本滞在中、自動車で移動中に小便を我慢できなくなり、高速道料金所の便所で用を済ますことになったり、

 

除幕式で背丈に合わない椅子が用意されたりした。

 

それを自分に対する冷遇と受け取り、予定より3日早くタイ王国に帰国した。

 

 

9年後の1996年、当時の内閣総理大臣であった橋本龍太郎首相がタイで行われた国際サミットに参加した際に、

 

日本に対する報復を行った。

 

 

バンコクのドンムアン空港に、橋本首相が搭乗した日本国政府専用機が着陸した際、

 

ワチラーロンコーンも3機のタイ王国空軍の戦闘機を使って滑走路を塞がせた。

 

橋本首相は約20分間機内に閉じ込められたが、日本国政府は敢えて抗議をしない対応を取った。

 

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%9E10%E4%B8%96

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対露包囲網 戦争やの頭目  大英帝国

  • 2019.02.14 Thursday
  • 22:10

 

 

対露包囲網を築き戦争挑発を続けるNATOの頭目は、

米国よりも英王室&ロスチャイルド等国際金融資本を中心とした英国支配層である。


数百年にわたり陰謀と殺戮に明け暮れて来た大英帝国を甘く見てはならないだろう。

https://twitter.com/yoshimichi0409/status/1095305694243254273



Canada’s Role in Britain’s Arctic Great Game Challenged by Russia and China
By
VT Editors -
February 11, 2019

Canada’s Role in Britain’s Arctic Great Game Challenged by Russia and China


(イギリス王室、カナダ、アメリカ、が何をやろうとしてるのか?
分かりやすい地図を貼り付ける、詳しい記事内容は後で読めば良い)
一目瞭然地図







https://www.veteranstoday.com/2019/02/11/canadas-role-in-britains-arctic-great-game-challenged-by-russia-and-china/


https://www.veteranstoday.com/wp-content/uploads/2019/02/ScreenHunter-529.jpg









2.11 英軍、太平洋に空母派遣へ 中国に示威行動

中国への示威行為として、英海軍は空母クイーン・エリザベスを太平洋に派遣する。英紙タイムズが11日、報じた。


タイムズ紙によると、ウィリアムソン国防相は11日中に、国益保護のため「ハードパワー」を用いる準備がある必要があるとの声明を発表する。


そのため、英海軍最大のクイーン・エリザベスは地中海、中東地域を経由して中国沖へと舵を取る。

クイーン・エリザベスは最大40機の戦闘機やヘリコプターを搭載可能で、うち戦闘爆撃機は最大24機、対潜ヘリ9機、早期警戒管制ヘリ(AWACS)が4〜5機となっている。


必要に応じて最大70機の航空機を受け入れ可能。


クイーン・エリザベスは2017年12月に英海軍に正式配備された。造船には8年以上を要した。


 

 

〇 ベネズエラの近くで 英軍が軍事演習

 

​イギリス海兵隊の部隊が中米ベリーズにあるイギリス軍の施設へ入り、ジャングルで軍事演習を実施​しているようだ。

言うまでもなく、その近くにはアメリカが政権転覆を仕掛けているベネズエラがある。


ドナルド・トランプ政権はベネズエラでのクーデターを指揮させるためにネオコンのエリオット・エイブラムズを特使に任命したが、

この人物は2002年にジョージ・W・ブッシュ政権がウゴ・チャベス転覆を倒すために試みたクーデターにも参加していた。


​2002年のクーデター計画​の中心人物はエイブラムズのほかにオットー・ライヒやジョン・ネグロポンテがいる。


その際、アメリカ海軍の艦船がベネズエラ沖に待機していたとも言われている。


こうした外国軍が実際に軍事侵攻しなくても、威嚇にはなる。


1月28日にジョン・ボルトン国家安全保障補佐官は記者会見の場へ「5000名の部隊をコロンビアへ」と書き込んだノートを持ち込んだが、これも脅しのつもりだろう。


言うまでもなくコロンビアはベネズエラの隣国だ。


中東/北アフリカや東アジアでも言えることだが、

このところイギリスの好戦的な動きが目につく。


そのイギリスで労働者の権利を主張して戦争に反対するジェレミー・コービンが労働党の党首になっているが、これはイギリス国民の意思を反映したものだろう。


しかし、有力メディアのコービンに対する姿勢は友好的でない。


一部の富裕層に利益を集中させ、

侵略で富を盗もうという支配層の意思を反映しているのだろう。


https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201902110000/





 

エリザベスがEU離脱支持との報道  王室は反撃

  • 2019.02.10 Sunday
  • 22:09

 

 

https://twitter.com/agapeeros123/status/1093783459846180864

 

 

ニツポンでも 報道していた 驚いています。

 

https://www.dailymotion.com/video/x3wx9du

 

 

☆ 国民の税金で暮らし それ以上の財を 隠し

 

現ロイヤルが 中立だなどと 本当に信じているのなら

 

それは 人間の 洗脳の ばかばかしい深さの 象徴と 思います。

 

天皇は 戦争に関与せず 平和な人で 軍部の暴走と 本当に 人間は信じたのか?

 

もし そうなら それは

 

宗教  教育 マスコミ 下は火病の 勝利です。

 

 

英国の大衆紙が報じたとのことですが

 

勇気があります。

 

労働党のコービンもいますので ニツポンより 進んでいるのかもしれません。

 

 

 

 

〇 The king reigns but he doesn't govern:王は主権を握れども民を治めず

 

具体的にどういうことかというと、例えば、エリザベス女王が、EU離脱支持という意見を政治家に内々に伝えていたということ

 

https://www.dailymotion.com/video/x3wx9du

 

その意見の結果、民を治める政治家が国民投票の機会を作り、EU離脱を決定。

 

https://twitter.com/agapeeros123/status/1093783459846180864

 

 

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

日本古代史

日本古代史入門
クリエーター情報なし
作品社(インプレス)

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM