ロシア徹底叩きは大統領選に向けて   IOC

  • 2018.02.07 Wednesday
  • 00:31

 

 

2.5 「IOCとWADAは改革が必要、民主的手続きの枠内で機能していない」=露上院議長






ロシア連邦院(上院)のワレンチナ・マトヴィエンコ議長は、現在、国際オリンピック委員会(IOC)と世界反ドーピング機構(WADA)を改革する必要性があると述べた。


スポーツ仲裁裁判所(CAS)の改革が必要だとIOCのバッハ会長がコメントしたことを受け、マトヴィエンコ氏は改革の可能性を認めつつも、その場合は「WADA、そしてIOCの改革についても考えることが至って自然なことだろう」と指摘した。


「特に、民主的な手続きの枠内で機能できないことに対して」改革を行う必要があるという。」


さらに、もう1つの深刻な問題、「スポーツの商業化」についても問題提起すると約束した。


「彼ら(IOCとWADA)は国際スポーツ、オリンピックを商業化した…すでにビジネスに変貌させ、アスリートではなく、利益を上げることに焦点を当てているこれは果たして正しいことか?」


マトヴィエンコ氏は、「ピエール・ド・クーベルタンが築いたオリンピックの原則は生きており、最終的には必ず勝利を収める」と確信していると述べた。




2.5 ロシア選手のための五輪旗手はボランティアに 平昌五輪開会式






平昌五輪開会式でロシア選手は国際オリンピック委員会(IOC)旗の下で行進するが、旗手は組織委員会が任命するボランティアが務める。スプートニクが報じた。


ロシアオリンピック委員会の資格が停止されているため、ロシア選手はロシア国旗を掲げて平昌五輪に出場することができない


一方、IOCは潔白と見なした一部のアスリートが「OAR」(ロシアからのオリンピック選手)として、五輪旗の下で平昌五輪に出場することを許可した。




2.4 「CASの改革必要」IOC会長 ロシア選手の処分無効を受け






スポーツ仲裁裁判所(CAS)がロシア選手28人の追放処分の無効を言い渡したことを受け、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は、同判決がCASの構造改革が必要であることを証明していると述べた。スプートニクが報じた。


バッハ会長はまた裁定に対し「落胆し予想外だ」とした上で「予想していなかった」と驚きを表した。

さらに、これが「将来におけるドーピングとの戦いに悪影響を及ぼす」と指摘した。


IOCが2014年ソチ五輪で反ドーピング規則に違反したとしてロシア39選手に永久追放処分を科したが、
CASは28選手に対する処分の取消を言い渡した。

残りの11選手の処分も緩和され、出場禁止処分は平昌五輪だけで、その後の出場を許す裁定を下した。




2.5  IOCがロシア選手15人を不参加 CASの「白」裁定も役に立たず

国際オリンピック委員会(IOC)は、スポーツ仲裁裁判所(CAS)が無実判決を下していた15人のロシア人選手に対し、平昌五輪への出場権をはく奪した。IOCがプレスリリースで明らかにした。
 

 

ローザンヌのCASはこれより前、五輪永久追放を決め、ソチ冬季五輪での試合結果を無効としたIOCに対する28人のロシア人選手からの抗告を完全に認め、これらの選手への制裁を解除し、無効にされていた2014年ソチ冬季五輪の結果を正当なものと認める裁定を下していた。


ロシア・オリンピック委員会はIOCに対し、CASの判決によって名誉回復されたロシア人選手13人および監督2人、計15人の平昌五輪出場権を要請していた。


ロシア・オリンピック委員会はIOCに対して追加リストを送り、スケルトンのアレクサンドル・トレチャコフ、エレーナ・ニキーチナ、マリヤ・オルロヴァ、アルペン・スキーのアレクサンドル・リョクキー、エフゲニー・ベールィ、、マキシム・ヴィレクジャニン、アレクサンドル・ベススメルトヌィフ、エフゲニヤ・シャポヴァノヴァ、ナタリヤ・・マトヴェーエヴァ、スピードスケートのオリガ・ファトクリナ、アレクサンドル・ルミャンツェフ、アルチョーム・クズネツォフ、ルージュのタチヤナ・イヴァノワ各選手の平昌五輪出場権を認めるよう要請していた。

 

IOCがロシアに戦争を吹っ掛ける

  • 2018.01.31 Wednesday
  • 00:03

 

 

1.25  ハッカー集団が、欧州諸国の新たなアンチ・ドーピング規則違反を明らかにした





ハッカー集団ファンシーベアーズ(Fancy Bears)は、

 

世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が禁止している薬物をノルウェー、スウェーデン、イタリア、オーストリアのスキーとそり競技の選手が使用している事実に関するデータを公開した。

 

RTが報じた。

 


今回ハッカーが入手した文書では、

 

ノルウェーのスキー競技の男子及び女子選手の約70%が、治療目的のために禁止薬物を例外的に使用することが認められていると述べられている。


またファンシーベアーズは、世界トップクラスのクロスカントリー選手マルティン・ヨンスル・スンビのドーピング違反に対する処分について、

検出された禁止物質の含有率が許容値の10倍だったにもかかわらず、わずか2か月の資格停止だったことを物語る文書も入手した
 

 

さらにファンシーベアーズは、スウェーデン代表スキーチームにも同様の状況が存在していると伝えた。

また、イタリアとオーストリアのそり競技の選手たちがドーピングコントロールを受けるのを拒否したものの、処罰を免れたことも明らかにした。



 

 

1.28  【全文和訳】ビクトル・アン、IOCバッハ会長に公開書簡で説明要求

 

 

    「ビクトルアン」の画像検索結果

 

 

スピードスケート・ショートトラックで通算6個の五輪金メダルを持つビクトル・アンは平昌五輪の出場禁止を受け、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長に説明を要求する公開書簡を送った。スプートニクは手紙の全文和訳を公開する。

 

 

 

敬愛なるトーマス・バッハ会長

 

私の最初の五輪は2002年で、今回の平昌は、いくつかの理由から私のキャリアにおいて特別になるはずでした。

 

 

ですが私は五輪スタートの2週間前に、五輪が私を参加に値するスポーツマンとは見なしておらず、

 

その上で理由を説明していないことを知りました

 

 

ショートトラックのキャリアを通じて私は、獲得したタイトルの潔白さを疑う口実を1度も与えたことがありません。

 

私は常にスポーツ全体、ライバル、五輪に対して敬意を持って接しており、常に反ドーピング法を遵守していましたし、五輪の選考条件を満たすことで「潔白な」スポーツマンは参加の権利に値すると真に考えていました。

 

ですがIOC委員会は別様に決断し、その決定の理由を私に説明していません。

 

 

委員会がこの決定を取る際に則る基準を調べました。

 

どの基準に則っても五輪除外のリストに私が自らの過失により入ることはありえないと、責任を持って宣言いたします。

 

 

私の五輪除外の具体的な理由が今に至るまで挙げられておらず、

 

この状況の中、ドーピングを用いたスポーツマンとして私について話が出たことに憤りを感じます。

 

 

スポーツにこれほどの時間を捧げた後のこの除外の判決はIOCから私への不信の象徴、そしてスポーツコミュニティからの不信の原因となりました。

 

 

私が自身の名誉や自尊心を守れるよう、IOCが除外の理由を発表することを真に願っています。

 

 

私はそうする完全な権利を有しており、同様に、心から信じていることですが、

 

五輪参加の可能性をはく奪されていながら私の罪の証拠が完全に欠如している中、

 

そしてショートトラックに捧げたこれほどの時間の後、ファンやライバル、ジャーナリストからの信頼に期待する権利を有しております。

 








 

大統領選へのプーチン潰し IOC

  • 2018.01.25 Thursday
  • 00:36

 

 

☆ 世界のディープステートは繋がっている エリザベスも たぶん 天皇も。

 

 

 

1.23   IOC、理由を説明することなく複数のロシア人選手の五輪参加を認めず

 

国際オリンピック委員会(IOC)は、理由を説明することなく2018年冬季五輪への招待状を複数のロシア人選手に出さなかった。通信社スプートニクが報じた。

 


招待状を受け取らなかったのは、フィギュアスケート・ロシア代表チームの主要メンバーであるクセニヤ・ストルボワとイワン・ブキン。ロシア・フィギュアスケート連盟が発表した。

 

 

同連盟は「我々はすべての可能な方法でロシア人フィギュアスケーターに対する公正な対応を取り戻し、ロシア人選手たちの名誉と尊厳を擁護するための戦いを即刻開始する意向だ」との声明を表した。


クセニヤ・ストルボワは、ヒョードル・クリモフをパートナーとするペアの選手で、イワン・ブキンは、アレクサンドラ・ステパノワと組むアイスダンスの選手。この2組は最近モスクワで開催されたフィギュアスケート欧州選手権で銀メダルを獲得し、2018年冬季五輪に参加するオリンピックチームのメンバーに入った。

 


またマスコミ報道によると、IOCはホッケー・ロシア代表チームのFWワレリー・ニチュシキンとDFのミハイル・ナウメンコフにも招待状を送付しなかった。

 


さらに23日、バイアスロンのアントン・シプリン、ノルディックスキーのセルゲイ・ウスチュゴフ、ショートトラックのビクトル・アンなど、複数の主要なロシア人選手も、潜在的な五輪参加者リストから除外されたことがわかった。

 

 

 

 

1.24  IOC、観客席へのロシア国旗持ち込み禁止 平昌五輪


国際オリンピック委員会(IOC)は、五輪に参加していない国の国旗を観客席に持ち込むことを禁止しているため、平昌(ピョンチャン)五輪ではロシア国旗も禁止されると明らかにした。


その理由として、平昌五輪でのロシア選手の地位が「ロシアからの五輪選手(OAR)」であり、ロシア選手が五輪旗のもとで競技に参加するからだとしている。


平昌五輪でのロシア国旗の持ち込み禁止は、五輪のトレーニング施設に対しても適用される。

平昌五輪は2月9日から25日にかけて開催される。
 

 

五輪からのロシア排除は政治的依頼だった

  • 2018.01.21 Sunday
  • 01:13

 

 

1.11  ハッカー集団:五輪からのロシア排除は政治的依頼だった



ハッカー集団Fancy Bearsは、リチャード・マクラーレン氏率いる世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の独立委員会が、

 

2018年平昌冬季五輪からロシアを排除するという政治的依頼を遂行したことを突き止めた。



Fancy Bearsは、国際オリンピック委員会(IOC)関係者たちのやり取りを入手した。

Fancy Bearsは、「これらの書簡と文書は欧州の人々とアングロ・サクソン人らがスポーツ界の権力と金を求めて争っていることを示している」と発表した。

Fancy Bearsは、マクラーレン氏の活動目的は

 

ドーピングの防止ではなく、IOCとの戦いで切り札を得ることだったと主張している。


ある書簡では、マクラーレン氏がオリンピックからロシアを排除するという政治的依頼を得たことが明確に述べられており

 

まさにそれによりマクラーレン氏は、オリンピック運動の威信を失墜させなければならなかったという。

 





 

 



またFancy Bearsは、あたかもスポーツのクリーンさのために戦っているかのようなマクラーレン氏の委員会が、米国連邦捜査局(FBI)とつながっていることも発見した。

マクラーレン氏の委員会の代表者の1人、リチャード・ヤング氏は、FBIとの緊密な協力で知られる法律事務所のパートナーだという。





 

サンタはサタン

  • 2017.12.28 Thursday
  • 00:50

 

 

さて、ドイツ、スイス、オーストリア、ルーマニア、ハンガリー等のクリスマスの伝説には、

 

クランプスという全身真っ黒な毛で覆われ、頭には羊のような大きな角が生えた悪魔のような生き物が登場します。

 

 

   「ค รัม ปั ส」の画像検索結果

 

 

クランプスは悪い子に罰を与える生き物で、手にはお仕置きのためのムチや鎖、背中には大きなかごを背負っていて、「悪い子はさらって地獄へ落とすぞ〜」と脅すのです。

 

クランプスは悪魔サタンに似ていますね(笑)。

 

 

   

 

 

このクランプスの伝説に、サンタのモデルの聖ニコラウス(4世紀頃の現在のトルコ付近の聖職者で、貧しい人々に施しを与えた)が加えられ、

 

「良い子にはサンタがプレゼント」「悪い子にはクランプスが罰」という形になったと言われています。

 

そして、サンタ・クロースは、サタン・クロノスを文字っているという説もあるとか。

 

サタン・クロノスはローマ神話に登場する農耕神サートゥルヌスに由来。

 

 

「Santa(サンタ)」が実は「Satan(悪魔)」ということを知っている欧米人は少なからずいるそうです。

 

 

   

 

 

クリスマスは、ミトラ教やドルイド教など古代宗教の要素が入っている、いわば「異教の祭り」なので、

 

クリスマスをお祝いしないキリスト教徒の方々もいるそうです。

 

 

クリスマスプレゼントの交換は、古代ローマや北欧の「冬至の祭り」の習慣が由来。

 

ところで、サンタの服の色は、コカ・コーラ社が宣伝のために、イメージカラーの赤と白をサンタの服の色にしたそうですが、

 

もしかすると、赤色はサートゥルヌスの赤い布の色かもしれません。

 

 

こうして見ると、クリスマスは、キリスト教にはあまり関係がなく、様々な古代宗教や風習、ニムロド崇拝などが入り混じっているものなのですね。

 

それにしても、ニムロドやクランプス、サートゥルヌスは、日本人がイメージする平和で楽しいクリスマスとはかなりかけ離れています。

 

 

しかし、すっかり定着してしまった日本のクリスマス。

 

「サンタはサタン!」と言っても、多勢に無勢ですね(笑)。

 

 

ところで、欧米ではクリスマスにケーキを食べる習慣はあまりないそうです。

 

クッキーやシンプルなケーキ(シュトレーンなど)を食べるくらいで、日本のように華やかにデコレーションされたクリスマスケーキが一斉に売り出されることはないとか。

 

 

日本のクリスマスケーキは日本独自のもので、「お菓子業界の陰謀」だそうです(笑)。

 

 

日本で最初のクリスマスケーキは、不二家が1910年(明治43年)に販売したと言われています。

 

ケーキに使われる小麦粉や白砂糖は体を冷やすので、食べ過ぎには気をつけましょう。

 

それでは皆さん、楽しいクリスマスを!

 

Merry Christmas!(笑)

 

 

https://ameblo.jp/maya-moon-24/entry-12339053053.html

 

 

 

☆ 日本の 「なまはげ」と リンクします。

 

地球の支配体制のなかに 子供を誘拐 食べる という風習が あったということが想像できますし、今だに続いている。

 

ケーキくらいなら 楽しめばいいだけですね。

 

でも 子供誘拐はゆるせません ディズニーや マックには 一切 お金を払うことなどありえません。

 

  

 

サンタはサタン

  • 2017.12.27 Wednesday
  • 00:41

 

さて、ニムロドは自分の母親セミラミスと結婚したそうですが、

 

ニムロドの死後、セミラミスは、

 

「ニムロドの墓の横の枯れ木の切り株から新しい常緑樹が生えた。その常緑樹にニムロドの命が宿っている」

 

「毎年ニムロドの誕生日の12月25日に、常緑樹にニムロドの霊が宿るので、その木にニムロドへの贈り物を結びつけるように」

 

と人々に伝えました。

 

クリスマスツリーや暖炉で燃やされる薪、クリスマスケーキのブッシュ・ド・ノエルもニムロドの象徴なのだそうです。

 

 

 

    

 

 

ケーキの左上の葉っぱ(ヒイラギ・常緑樹)の飾りにはニムロドの霊が宿っている?

 

しかも、葉っぱには、ベル(ニムロドの別名)まで付いています(笑)。

 

クリスマスは近親相姦の暴君の誕生日かもしれないのですね。

 

 

ところで、クリスマスの起源については「ニムロド説」の他に、

 

キリスト教が普及する以前の、古代ローマで流行していたミトラ教(ミトラス教ともいう)の祭りや、古代ローマや北欧の「冬至の祭り」が起源とも言われています。

 

ミトラ教とは、太陽神ミトラスを主神とする密儀宗教で、12月25日は冬至にあたりミトラスの誕生日とされ祭典が行われていました。

 

 

その後、ローマではキリスト教が「国教」になり、

 

ローマの人々がキリスト教を受け入れやすいように、キリスト教会はこの日をイエス・キリストの誕生日にしたのではないかと考えられています。

 

 

ちなみに、ミトラ教の密儀とは、

 

「牡牛の脂肪や髓から作られた液体を飲むと不死になる」という気持ちの悪いものです(苦笑)。

 

 

そう言えば、牡牛神はバアルと呼ばれ、バアルもニムロドの別名です。

 

ニムロドも、ミトラス神と同じく太陽神として崇拝されていました。

 

 

ミトラ教はペルシャ(現在のイラン)由来ですが、ニムロドが支配していた古代バビロニア(現在のイラク)とも近いですね。

 

 

悪魔サタンは色々なものに姿を変えるそうなので、もしかしたら、ニムロドと太陽神ミトラスは誕生日も同じですし、同一なのかもしれません。

 

 

それから、クリスマス飾りのヒイラギや、

 

 

   

 

 

ヤドリギ

 

    

 

 

それから モミの木は

 

 

     

 

 

古代ケルトのドルイド教の樹木信仰に由来するとも言われています。

 

子供を生け贄として捧げていたドルイド教では、これらの木は神聖な木とされ、北欧の「冬至の祭り」では、常緑樹(もみの木など)が使われていました。

 

 

https://ameblo.jp/maya-moon-24/entry-12338266953.html

 

 

 

☆ 地球は 悪魔に支配されてきたと知るだけでいいと感じます。

 

それよりも これらの悪魔由来が 今も ワンワールドにより 続いている、例えば 英王室等の悪魔教での生贄 そして カナダでの 王室の学校から 子供が行方不明になっており 殺害容疑でエリザベスは有罪である にもかかわらず 罪にとわれず、今も人類の摂取者である。

 

ディズニーの地下には 悪魔儀式が行われる施設があり 子供向けの施設では 行方不明者があり そして 警察が踏み込めないなど ・・・

 

 

 

サンタはサタン

  • 2017.12.26 Tuesday
  • 01:01

 

 

ところで、サンタさんは子供たちにプレゼントをくれる優しいおじいさんではなく、サタン(悪魔)かもしれません。

 

12月25日は、イエス・キリストではなく、ニムロドの誕生日という説があるのをご存知ですか?

 

 

イルミナティ血族と言われる悪魔の13血流の一つであるコリンズ家のジョン・トッドは、その著書「イルミナティと魔術」の中で、

 

 

   「illuminati and witchcraft」の画像検索結果

 

 

「12月25日はイエス・キリストではなくニムロドの誕生日」と書いているそうです。

 

ジョン・トッドはイルミナティの秘密を暴露したために暗殺されました。

 

さて、12月25日に生まれたニムロドとは、古代バビロニアの王で、人類初の都市国家を築いた権力者。

 

 

   

 

 

狩猟者だったニムロドは狂暴で残忍な性格で、バベルの塔を築いて神に反逆した、暴君だったそうです。

 

バべルの塔とEUの会議場が似ていますね。

 

  

 

 

EUは世界統一政府を作るための組織だったそうで、ニムロドもEUも目指すところは同じだったのでしょう。

 

ヘブライ語でニムロドとは「我々は反逆する」という意味。

 

悪魔崇拝の支配者たちが崇拝している悪魔とは、この「ニムロド(悪魔サタン)」なんだそうです。

 

ニムロドはある時片目を失い、ニムロドの片目を「All Seeing eye(万物を見る目)」と言うようになりました。

 

   

 

 

ニムロド=666の悪魔サタン。(ルシファー。バアル。ベル。クロム。アポロ。ゼウスとも呼ばれる)

 

この片目のマークは、アメリカの1ドル札に載るずっと前から、ヨーロッパの秘密結社のシンボルマークでした。

 

ニムロドを崇拝する支配者たちは、人々にニムロド(悪魔)を祝賀させるために、キリストの誕生日を祝うという名目にしたのでしょう。

 

「Xmas」の「X」はニムロドの象徴。

 

 

キリストの本当の誕生日は、キリストが生まれた時、羊飼いは羊と共に野外で寝ていたことから、もっと暖かい季節に生まれたと推測されています。

 

 

クリスマスだけでなく、ハロウィン、オリンピックもニムロドを祝賀するイベント。

 

多くのアーティストやハリウッド俳優が、片目のポーズをとるのは、本当の支配者はニムロドということを示している。

 

私たちがクリスマスやハロウィンを楽しむと、ニムロド(悪魔)を喜ばせることになるのですね(笑)。

 

 

https://ameblo.jp/maya-moon-24/entry-12337509046.html

 

 

英国と日本とロスチャイルド

  • 2017.12.16 Saturday
  • 00:17

 

 

◎ 新しい調査によると、英国はいろいろな時代に世界中の国々の90%近くを侵略してきました。

世界のほぼ200カ国の歴史を分析したところ、英国の侵攻を経験したことのない唯一の22カ国しか見つかりませんでした。


https://twitter.com/atsugi1/status/847014105307213824





◎ 核兵器禁止条約が発効する近い将来、天皇とシェアしてきた原爆特許が失効し、天皇用無し。

でも英国王が天皇を陸軍元帥にして中国に侵攻させたのをスコットランド国立図書館がウエブ公開。

鉱業権略奪も天皇のせいにするつもり。


https://twitter.com/honest_kuroki/status/939920331308900352

 

 


◎ 英国から独立したいスコットランド国立図書館がウエブ公開している

「天皇は英国王が任命した英国正規軍の陸軍元帥だった」という情報は、中国や世界から見たら、英国を貶める情報。

 

ロスチャイルドの代理人は、天皇を単独犯に仕立てて、英国の存続を願っていることがわかります。


https://twitter.com/honest_kuroki/status/940092782449799169





 

IOCは国際金融機関   ロシアいじめ

  • 2017.12.07 Thursday
  • 01:05

 

 

   

 

http://mugentoyugen.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2009/06/28/2.jpg

 

 

 

 

 

12.1 ロシア五輪代表チーム 平昌で使うユニフォームが納品【写真・動画】

五輪公式ユニフォームの基調はロシア国旗と同じ白青赤の3色。

パレード用のパンツ、シャツ、ネクタイからスポーツ・ウェア、ジャンパー、水着、タオル、スーツケース、スニーカー、ショートブーツまで全72アイテムが800人分用意された。ロシア人の多くは五輪開催期間、韓国入りを計画している。
 

 

ドーピング疑惑をめぐる平昌五輪へのロシア代表チームの参加権については最終決定はまだ出されていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

12.6 ロシア抜き? サッカーW杯ロシア大会を主催国なしで開催する提案

アンチドーピング機関のiNADOのジョゼフ・デ・ペンシエ会長は、国際サッカー連盟(FIFA)はロシア人選手のドーピングに関する捜査を開始し、2018年のサッカーW杯ロシア大会へのロシアの参加を拒否することも厭わない態度をとるべきだとの見解を表した。

インディペンデント紙が引用して報じた。


「FIFAはこの状況を早急に調べる義務がある。さもなくばサッカーW杯ロシア大会で大きな問題が起きる。FIFAにはいち早く本質を見極めねばならない根拠がある。」ペンシエ会長はこう述べ、サッカーW杯ロシア大会をロシアを抜きにして行うことを提案した。

 


「いかなる国際競技もどこかの国が参加せずとも続行することは可能だ。

ロシアでワールドカップを行うことができないことにはならない。実践ではこれは想像に難いが、(W杯をロシアの参加なしでロシアで開催することは)できないことではない。」

 


これより前のBBCの報道によれば、FIFAのインファンティーノ会長はロシアのサッカー代表団にはドーピング使用の痕跡は見られないとの声明を表していた。

 

 

 

 

12.6 ロシア出場をめぐるIOC最終決定 ロシア人選手は五輪旗の元で無国籍で

ロシア人選手らの2018年平昌五輪出場について、IOC理事会はロシア国旗を掲げず、五輪旗の元で行われるという最終決定を発表した。

五輪へ出場できるのはドーピングを行っていないロシア人選手のみ。この決定はIOCの公式サイトのプレスリリースで明らかにされた。

この他、IOCはロシア五輪委員会の組織におけるメンバー資格を一時的に停止した。

こうした一方でIOCは、平昌五輪閉幕式までにロシア五輪委員会がすべての要求を遂行した場合は、そのメンバー資格の一時はく奪を取り下げることも除外してはいない。
 

 

 

 

12.6 ロシア中央銀行がサッカーW杯ロシア大会の記念コイン発行【写真】

 

 

         

 

サッカーW杯ロシア大会記念コインは全部で4種類。

内訳は額面3ルーブルの銀が1種類、50ルーブルの金貨が1種類、25ルーブルの非貴金属コインが通常加工と特殊加工の2種類。

ロシア中央銀行は、コインはロシア国内ではすべて通常の支払い手段として額面通りの貨幣として用いることができるとしている。

FIFAは11月末、ソ連の名ゴールキーパーだったレフ・ヤシン選手をデザインに用いたサッカーW杯ロシア大会の公式ポスターを公表している。






 

チャップリンと天皇   再掲

  • 2017.12.02 Saturday
  • 01:37

 

 

チャップリンは 米国から追放されています。

 

闇の権力に 徹底的にNOと唱えたのですから ・・・

 

では 日本の明治からの支配層にとっても 暗殺対象だったのか?

 

 

226の真実を暴いた つまり この事件は 権力者が 邪魔者をなくするための偽旗だった ということをバーガミニが暴いたとき その本の出版を止めたのは 米サイドだった、

 

https://youtu.be/bxpAeRC6rvQ

 

http://www43.tok2.com/home/realinfo4jp/page4.html

 

 

つまり 明治以降の日本の権力と 英米とは 一体であることを示しているので 率直に考えると 日本の支配層も チャップリンを憎んだということは うなづけます。

 

 

チャップリンを封殺することは ちょうど 共謀罪のようなものですね。

 

 

「偉大なる独裁者」の動画は 魂の底から 震えるような感慨をもちましたが 今 案の定 削除されていますね (無料のものは)

 

これは 闇の偽権力にとって まことに思わしくない人物と言うことが うなづけます。

 

 

以下 決して 権力からの証拠はありえないだろう記事として つまり そんなことは嘘だよとされる 記事です。 

 

 

 

 

昭和天皇に来日の度に命を狙われたチャップリン 

 

 

第二次世界大戦直前に起こった5.15事件、そして2.26事件。

それらの真の暗殺ターゲットは、来日中、または来日予定だったチャップリンだった!

 

 

 

 

 

 

なぜ狙われたのか?

 

それはチャップリンが

 

「天皇(エンペラー)とは、人々を支配し、征服する者である。」という定義を映画にしたからだ。

 

 

日本ではエンペラーと言ったら「天皇」の事だ。


チャップリンの「エンペラー(天皇)」の定義は「人間を支配し、征服する独裁者」と彼の映画では扱っている。

 

彼の天皇に関する定義は正しかった!それで天皇家から彼の命が狙われる事となった。

 

 

首相犬養毅を暗殺したグループに対する調書によると

 

「首相官邸でチャップリン歓迎会が催される事を知り、チャップリンも含めて歓迎会に来ている人々全員を暗殺する予定だった」と書かれている。

 


東京駅を降りてタクシーに乗ったチャップリンと日本人マネージャーは、不審な車が後をつけている事に気づき、慌てて軍幹部の言う通りに皇居に向かった。

 


天皇という独裁者に対して、チャップリンは一礼をしたくなかったが、彼の日本人マネジャーに強制され、皇居に向かって一礼した。

 

一礼をする事により、暗殺司令官の天皇に敬意を示すフリをした。

 

 

すると不審な車は走り去ったという。もちろん、その不審な車は、日本における組織のトップの天皇家、そして宮内庁から送られたチャップリン暗殺のための追跡車だった。

 


( 急に、ここで画像のアップロードができなくなってしまいました。画像の出てくるべき場所には「server rejected」となっていますが、誰かコンピューターに詳しい人、是非、コメントで修復の仕方教えてください。多分、この記事が天皇家にとって脅威になる記事なので、妨害が入ったのでしょう。)

 

 

 

まあ、画像が貼れ無くても、上のビデオを見てもらえば、私の主張したい事が分かるでしょうけれども...。

 

 

そう、天皇家、いや世界のイルミナティに命を狙われていたチャップリンは、皇居に一礼をする事により、一時的に暗殺の魔の手を逃れた。

 

しかし、それはほんの一時的なものに過ぎなかった。

 

 

そして5.15事件と呼ばれている日本の当時の首相の犬養毅が、チャップリン歓迎パーティーが催されるはずの首相官邸で暗殺された。

 

本当の狙いはチャップリンだったというのは見え見えだろう。

 

 

チャップリンは、土壇場で、その歓迎パーティーに行くのをキャンセルしたという。

 

 

そして2.26事件の際にも、チャップリンは日本に来るはずだった。これは偶然では無い。彼は、またしも土壇場で、来日をキャンセルした。

 

では、なぜチャップリンが命を狙われたのか?それは、先程にも述べた、彼の「天皇とは人々を支配し、征服する独裁者である」という正しい定義を、彼の映画に盛り込んだからだ。

 

そして日本の天皇家だけでは無く、天皇家が属する世界のイルミナティからも命を狙われていた。

 

 

チャップリンの映画の主題は「愛」と「平和」だ。

 

偉大なる独裁者チャップリンhttps://www.youtube.com/watch?v=CfAHws-6CMY

 

 

上の偉大なる独裁者チャップリンのビデオを見てもらえば分かるが、彼が兵隊達に向かって


「(天皇の様な)独裁者のために戦うな!」


「(支配者は)お前を侮辱し、奴隷にし、お前の生き方を支配し」


「どうしたら良いのか」


「どう考えたら良いのか」


「どう感じれば良いのか」までコントロールしようとしている。

 

「そんな非人間達に身をゆだねるな!」と映画で述べている。

 

 

 

丁度、第二次世界大戦直前で、これから大々的に戦争という名の強盗連続殺人、そして彼等の餌となる人間を狩るハンティング・パーティーを始めようかとしている時に、

 

チャップリンの映画によって、人間家畜達が「平和主義者」になってもらっては困るからだ。

 

 

 

残念ながら人間達は、戦争に「No!」とは言えなかった。

 

あまりにも政府、そして天皇、または女王、王室などの権威に恐れを成してしまったのだ。

 

そして彼等の言いなりになり、戦争という名の殺し合いに参加してしまったのだ。

 

 

ここのブログに来ている読者の皆さんは、天皇やらの権威に身を任せる事は無いと思いますが、これからも冷血非道な作戦には、断固として反対し、参加する事の無い様に、お願いしたいと思います。

 

 

 

では一体、チャップリンとは何者だったのか?

 

「善の宇宙人」だったと言えるでしょう。

 

だからこそ、映画で平和と愛のメッセージを伝える事に成功し、数えられない数の暗殺計画にも関わらず、暗殺される事は無かった。

 

 

彼の地球上でのミッションは、人々に映画で、愛と平和のメッセージを伝える事だった。

 


http://reptilianbuster.blogspot.jp/2016/10/blog-post_10.html

 

 

 

 

    「チャップリン 偉大なる独裁者」の画像検索結果

 

 

 

      

 

 

 

      「チャップリン 偉大なる独裁者」の画像検索結果

     

チャールズの儲け方

  • 2017.11.11 Saturday
  • 03:11

 

 

11.8  英皇太子法人、投資で利益 排出権演説後に株式売却

 


英国のチャールズ皇太子の個人資産を管理する法人が、タックスヘイブン(租税回避地)であるバミューダの二酸化炭素(CO2)排出権ビジネスを行う投資会社に投資し、

 


皇太子が排出権に関する国際的な取り決めの変更を訴える演説をした後、投資会社の株式売却で法人が利益を得ていたことが7日分かった。


共同通信によると、「パラダイス文書」をもとに英BBC放送などが伝えた。

皇太子はこの投資会社の幹部の一人と友人で、資産を管理する法人が2007年に株式を取得する形で11万3500ドル(約1290万円)を投資。

この取引は投資会社の取締役会で原則秘密にすることが決められたという。


投資会社は熱帯雨林など森林が吸収するCO2分を排出権として認めるよう訴えていたが、皇太子は株取得の約5カ月後に、排出量取引に関する欧州連合(EU)の取り決めや京都議定書が森林を除外していることを「間違いだ」と演説。


管理法人は08年に株を売却、取得価格の3倍近い32万5千ドルで売れたという。


皇太子が温暖化など環境問題に熱心であることは以前から有名。

英王室は英メディアに、皇太子は投資の決定に関与していないとした上で「管理法人の投資先だとの理由で、皇太子が演説の内容を決めたことはない」としている。




(コメント)

分かりやすい 儲け方ですね

これは ロスチャイルドが 英国を乗っ取っていく際に 莫大な利益を得たやり方と同じですね。

 

 

◎ 英国は国債を発行することで仏ナポレオンに対抗するための軍資金を調達していたが、

 

ネイサン・ロスチャイルドが急に国債を売り始めたため、ロンドンの市場関係者達は「イギリスが負けた!」と考え、われ先に債権(英国債)を売り始め、大暴落。

 

大暴落して紙くず同然の値段で国債をネイサンが買い占めたのだ。もちろん、イギリスが勝利したことが分かった翌日、国債が暴騰したことは、いうまでもない。

 

彼の財産は2500倍に膨れあがったという。

 

この後さらにこの一族は巨大になっていく。

 

 

 

 

☆ けれど BBCは 王室の闇らしきものを 報道していますね。

 

日本は 皇室も 世界の王室も その闇については 一切 タブーですね。

 

 

実際の権力は 英国籍の天皇と 朝鮮ヤクザにあるはずですが それにしても みごとに 奴隷根性ですね。

 

 

 

   

 

 

 






 

女王様の悪口は日本では厳禁    明治政府と同型のサウジ王制

  • 2017.11.08 Wednesday
  • 02:06

 

 

11.6  英女王、オフショアスキャンダルの対象に

英BBCや英紙ガーディアンはオフショアに関する新たな資料、通称「パラダイス文書」の分析を公表した。

文書によると、英国のエリザベス女王の資金の約1000万ポンド(約14億9000万円)がオフショアのタックスヘイブン(租税回避地)のファンドに投資されていた。AFP通信が伝えた。

 


女王の資金は英領のケイマン諸島やバミューダ諸島にあるファンドに投資されていた。投資はランカスター公領を通じて行われたという。

 


オフショアのファンドは女王の資金を貧困層を搾取していると非難された英家電小売業者ブライトハウスなどに再投資していた。

投資は違法的ではない。


一方、英国の国家元首がオフショアのタックスヘイブンに投資するのが適切なのかはについて疑問が持ち上がりそうだ。



(コメント)

超金持ちは みな 法律適用外で 税金適用外です。
きっと かれらが 造ったのが 法律なのでしょうが。

 


ただ 英国で このようなことが 報道されること自体 根底で 変化があるということかもしれません。


◎ 新しい調査によると、英国はいろいろな時代に世界中の国々の90%近くを侵略してきました。

世界のほぼ200カ国の歴史を分析したところ、英国の侵攻を経験したことのない唯一の22カ国しか見つかりませんでした。
 

 

   

 

 

 

 

 

 

◎ 前王を殺害 米英の傀儡となり

石油をドル決済でするという ペトロダラーの仕組で 現王朝は成立した。

そんな歴史を 権力者が教えるはずはない。

サウジは 明治日本と 瓜二つ。




11.5  サウジ、汚職対策で11人の王族拘束

 


サウジアラビアのサルマン国王が4日、大規模な汚職対策の開始を宣言し、反汚職委員会の新設を命じた。

地元メディアによると、委員会はすでに11人の王族を拘束した。

国王令について4日、国営サウジ通信(SPA)が報じた。

反汚職委員会を率いるのはムハンマド・ビン・サルマン皇太子。


同委員会には関与の疑いのある人物の調査や逮捕状発行、海外渡航の禁止や口座の開示ないし凍結に加え、資産や株を監視し、個人や法人への送金を阻止する権限を持つ。

中東の衛生テレビ局アル・アラビーヤは、汚職対策によりすでに11人の王族、4人の現職ないし元閣僚が拘束されたと報じた。


サウジの高官筋の話としてロイターは、

拘束された人物として投資会社キングダム・ホールディング・カンパニーを率いるアルワリード・ビン・タラール王子や、

 

サウジアラビア国家警備隊大臣のムトイブ・ビン・アブドゥッラー王子、リヤド州元知事のトゥルキー・ビン・アブドゥッラー王子

 

そして王室裁判所の元長官のハリド・アル・トゥヴァイリー氏、アーデル・ファキーフ経済企画相、アッサーフ元財務相、海軍司令官であるアブドゥッラー・ビン・スルタン・アル・スルタン海軍中将などを挙げている。


タラール王子は世界屈指の富豪。

 


ニューヨーク・タイムズによると、タラール王子はツイッターやシティグループ、21世紀フォックスの株主だ。

さらに、ビル・ゲイツ氏やルパート・マードック氏、マイケル・ブルームバーグ氏といった「ビジネス界の巨人」とビシネスしていた。

 

 


11.6  サウジアラビアでヘリ墜落 サウジアラビアの王子死亡

サウジアラビア南西部で政府高官を乗せたヘリが墜落。 マンスール・ビン・ムクリン王子が死亡と伝えられている。

マンスール・ビン・ムクリン氏はムクリン・ビン・アブドゥルアズィーズ元皇太子の息子だった。


 

エリザベスとプーチン   エリザベスと天皇

  • 2017.11.06 Monday
  • 00:37

 

 

11.4   カナダ ロシア国籍者30人に制裁導入

 

カナダ政府はロシア国籍者30人を含む外国人52人に対する入国禁止などの制裁措置を導入した。カナダ外務省が発表した。

 

発出された文書によると、今回の制裁措置は、外国政権の汚職犠牲者に関する新法に基づく。この新法は米国「マグニツキー法」のカナダ版とも言われている。

 

制裁対象者の一覧には、捜査委員会のアレクサンドル・バスティルキン委員長をはじめ、裁判官、企業家、公務員がリストアップされている。

 

 

名簿に記載された対象者は合計52名。このうちロシア国籍者は30名で、他にベネズエラ国籍者19名、南スーダン国籍者3名の名前も挙がっている。制裁対象者はカナダへの入国が禁じられ、同国内の資産が凍結される。

 

 

汚職と人権侵害が疑われる外国人公務員に対する制裁を定めたカナダ版「マグニツキー法」は10月19日に施行。

 

一方、ロシア外務省は、この新法によってロシアとカナダの関係が複雑になると警告する。

 

セルゲイ・リャブコフ外務次官は、カナダが制裁措置を取れば「即刻同じ形で報復する」と表明している。

 

 

 

(コメント)

 

カナダの国王は

エリザベス なのですね。

 

それで 納得です。

その息がかかっているのであれば こうなりますね、

イルミの重鎮 ・・・  日本も こうなるのが 基本路線ですね。

 

cocotravel.net/north-america/elizabeth

 

 

 

 

 

◎ 英国のテレグラフ紙から拙訳》

 

ジョージ2世が1736年に陸軍元帥の軍位を新設して以来、138名がその任を果たしている。

 

奇妙なことに昭和天皇も含まれる。彼は99代目に任命され、・・・

 

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/808558747681333248

 

 

 

 

 

◎ 英日関係由来の戦争史を直視しよぅ

 

天皇は抗日戦争前に英国陸軍元帥に任命された。

 

中国のウラン鉱を日本人に盗掘せ核兵器を創製させ、鉱業権と特許権を天皇と英国でシェア。

 

中国人&日本人を惨殺

 

https://www.thegazette.co.uk/London/issue/33619/page/4028

 

http://digital.nls.uk/british-military-lists/archive/105117473

 

 

 

「ロンドンガゼット ヒロヒト」の画像検索結果

 

 

「ロンドンガゼット ヒロヒト」の画像検索結果

 

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/880664656456667136

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

プーチンカレンダー

太田龍の本

天皇破壊史
クリエーター情報なし
成甲書房

太田龍 ユダヤ侵略史

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM