電子戦   集団ストーカー   携帯

  • 2017.04.29 Saturday
  • 09:21

 

 

 

    

 

 

電子戦に転じたカバールの攻撃 〜指向性エネルギー兵器使用への警告〜


カバールは、第三次大戦を起こせないので、電子戦に転じたとあります。
 

 

最近、記事でも触れられているように、アメリカ各地で大停電が起こりました。

どうやら、“鍵となる組織を、選択的EMP攻撃か、似たような電子線のオペレーションで無力化すること”が行われたようです。
 

 

停電に巻き込まれた一般市民はいい迷惑ですが、これは戦争だと考えるよりないでしょう。



カバールは、指向性エネルギー兵器を使って、鍵となる人物を攻撃しているということです。

これに対し、ある特別部隊が警告を発したとのことです。悪に加担して、“それを使用する者は…処分されるかもしれない”と言うのです。

 

 

こうした指向性エネルギー兵器でストーカー行為をやっているような連中が、日本にもかなり居ます。


特定の宗教団体と結びついているようです。


今回の警告は、このような愚かな行為を止めなければ、おそらく末端の者であったとしても処分されるだろうということです。

もちろん、このような攻撃や嫌がらせを命じている者は、確実に処分されます。
 

こうした攻撃およびその攻撃を命じる者は、実は人間だけとは限りません。

人工知能が命令を発していることがあるのです。このような攻撃命令を出した人工知能は、全て破壊されます。
 

 



現況について 4月22日付
転載元) Now Creation 17/4/22
Situation Update
2017年4月22日付 

現況について 

カバールは直接第三次世界大戦を引き起こせなかったので、

http://www.bbc.com/news/world-asia-39638012 

電子戦に転じました。



これまで何度も言及してきたプラズマのスカラー兵器に加え、現在彼らは指向性エネルギー兵器をフル活用して、鍵となるライトワーカーと光の戦士を地表から排除しようとしています。

(中略) 

これらの兵器はカバールの工作員によって世界中で使われており、大変重要な民間人層を拷問しています。

(中略) 


ある選り抜きの特別部隊が、このような犯罪の重要な実行犯を国際的に排除し始めました。

 

 

彼らは「撃つのが最初で、問うのは後」です。彼らは次のような警告を発しました。


「指向性兵器だと分かっていようが分かっていまいが、民間人に対してそれを使用する者は、人道犯罪の実行者であり、処分されるかもしれない」。

(中略) 

先日の月曜日、プレアディアンはロシア軍関係者に指向性エネルギー兵器について連絡を取りました。

(中略) 

 


サンフランシスコ、ロサンジェルス、ニューヨークの停電は偶然ではありません。

https://www.rt.com/usa/385646-blackouts-hit-la-ny-sf/


https://www.inverse.com/article/30643-power-outage-nyc-sf-la-coincidence

(以下略) 


————————————————————————
配信元) Twitter 

藤原直哉 @naoyafujiwara
昨日の米国の大停電は磁気嵐によるものか

 

 

 

    

 

 

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=127141

 

 

 

☆ 発信元は コブラのようで 今までは 懐疑的でした。

また 集団ストーカーも 実際に被害にあわなければ  ありえない とするほうが多いとも思うのですが、 この記事は  そうかもしれないと 思いました。

創価などからの ストーカー あるいは それ以上の 権力の命令での被害は ありますね。

そして、決して 罰せられない。


日本と ロシアとの 決定的な差 と思います。


ストーカー あるいは 光サイドの抹殺に 進んだ兵器が使われることは ありえる そう感じました。

 

 


 

実は、携帯メールが政府監視機関に見られているという予想の下に、以前、ちょっと危ない内容のメールを故意に発信し、どうなるか調べてみた

 

結果は、翌日から尾行がついた

 

尾行者の技量が低劣で、バイクでぴったり後をついてきて普通の人が絶対に来ない場所まで付いてきたので尾行と分かった

 

 

https://twitter.com/tokaiama/status/856605881198288896

 

 

 

JAL123を もう一度検証

  • 2017.04.19 Wednesday
  • 07:11

 

 

事故が起きた1985年の翌年1986年7月頃から日航機の真相を仲間や身内にばらした自衛官らは殺されているようで、自分も殺されると察したある自衛官は友達に2枚の自殺した同僚の航空自衛官(1986年7月)の現場写真と決定的な証拠写真を託して、その自衛官自身も2ヵ月後の9月12日に自殺させられたようだというのです。 

 

 

 その写真は、自殺させられたと思われる写真と、倉庫にあった落ちた尾翼部分(資料↓)で、明らかにオレンジ色の物体とその塗料がくっついたままの状態の写真です。これは明らかにミサイルもしくはその標的機がぶつかったことを示す決定的な証拠です。 

 

 

 

これらの出典となった「週刊文春」の記事を探しているところです。とりあえず、それを引用したブログを挙げてみました。 

 

 これから推測すると、ミサイル攻撃を受けて垂直尾翼をなくした日航機は墜落。それを隠蔽するために目撃・処理した自衛官だけでなく、乗客などの命も奪われた可能性もあります。 

 

 

 

 つまり、ミサイルが日航機に衝突して墜落しただけでなく、ミサイルが追突したとなれば、自衛隊の存在もアメリカとの関係にも支障をきたすという何らかの理由で、この事故を隔壁の亀裂による修理ミスとして処理するために、ま生きていた乗客も放置され、現場処理にあたった自衛隊員も自殺させられたというショッキングな出来事となります。 

 

 

 真実を明らかにすることが、亡くなられた方々の霊に報いることになるのだと思います。 

 

 

日航機墜落の真実を求めて 

 

http://nvc.halsnet.com/jhattori/nikkou123/ 

 

最近の話題 

 

「自衛隊員の自殺率の嘘」 

http://plaza.rakuten.co.jp/topsecretx/diary/200802250000/「みつからなかった70% 」 

http://plaza.rakuten.co.jp/topsecretx/diary/200802260000/ 

下記の写真a,bなどは「週刊文春」の記事から 

 

 

 

殺された(?)自衛官はこの現場写真や証拠写真などから何を訴えたかったのか? 

 

 

みつからなかった70%からもわかることは 

1枚目の二人ならんだ首吊り自殺の現場写真aでは足場の土台もなく、自殺の状況でないことを示し、 2枚目のbの写真(右側では資料 砲倭匕砲砲△辰人遒舛身翼部分(資料↓)で、明らかにオレンジ色の物体とその塗料がくっついたままの状態の写真です。これは明らかにミサイルもしくはその標的機がぶつかったことを示す決定的な証拠です。 

 

 

a 自殺した(?)2人の航空自衛官の現場の写真(足元に何もない不自然な自殺)b ぶつかったと見られるミサイル(標的機)の一部が付着したままの尾翼部(資料の赤部分) 

 

 

 

      

 

ぶつかったと見られるミサイル(標的機)の一部が付着したままの尾翼部(資料の赤部分)

 

 

 

 

なお映画「クライマーズ・ハイ」は、謙虚に、静かに、本質を隠しつつ、日航ジャンボ機・JAL123便の墜落原因を訴えていました。 

 

 

★★墜落日航機遺体は「二度焼き」されていたかのようだった 

(『週刊現代』8月14日号JAL機墜落25年後の真実) 

 

http://www.koubunken.co.jp/mizusima/main.html 

 

 

著者がこだわったのは、「123便はなぜ墜落したのか」である。

 

 

著者は、驚くほど丁寧に、粘り強く調べた当時の新聞や、関係者への取材などをもとに、このテーマを執拗に追っている。客室乗務員としての青山さんの体験や亡くなった先輩・同僚についての叙述があまりにインパクトが強いため、「なぜ」の方が見えにくくなってしまう面があることは否定できないものの、「なぜ」にこだわる著者の執念と意志は十分に伝わってくる。

 

 

ここでは、本書の問題提起のなかから、5つの「なぜ」について触れておこう。 

 

 

第1の「なぜ」は、墜落の原因とされた「後部圧力隔壁損壊」説をめぐってである。

 

私自身が見聞きした範囲でも、「123便」墜落をめぐって、本当に多くの人がこの説に疑問を表明している。

 

運輸省事故調査委員会報告書は、「後部圧力隔壁が損壊し、引き続いて尾部胴体・垂直尾翼・操縦系統の損壊が生じ、飛行性の低下と主操縦機能の喪失をきたしたために生じたものと推定される」という結論だったが、これは説得力がまったくなく、私が地方講演で出会った方によれば、航空整備関係では、「後部圧力隔壁損壊」説をまともに信じる人はいないという。 

 

 

 

加えて、1986年10月26日のタイ航空機事故が、「なぜ」の一つの側面を明確にしている。

 

タイ航空機は高知上空で機体後部の圧力隔壁が損壊し、大阪空港に緊急着陸した。その時、機内で何が起きたか。

 

ドーンという爆発音とともに、機内与圧が急激に低下。白い水蒸気のような気体が充満し、乗員、乗客が一瞬で航空性中耳炎になった。

 

だが、123便の場合は急減圧が起きず、白い水蒸気のような気体が生ずることもなかった。つまり、事故調査委員会の「後部圧力隔壁損壊」説は、タイ航空機事故により事実上破綻したと言えるだろう。詳しくは本書を参照されたい。 

 

 

 

第2に、「墜落現場の特定がなぜ遅れたか」である。

 

本書によれば、墜落の20分後には、現場は特定されていたことになる。なのに、NHKニュースは墜落現場について二転三転する報道を行った。

 

埼玉県三国山、長野県御座山、群馬県上野村小倉山、同ぶどう峠。これらは御巣鷹山から8〜10キロの円のなかに入る。

 

 

当時の上野村村長、黒沢丈夫氏(元海軍少佐、零戦パイロット)は、青山さんの取材に対して、墜落地点の計測ミスに怒りを隠さなかった。零戦時代の知識でも特定可能なのに、現在の技術で墜落地点が特定できないはずはない、と。

 

 

なぜ墜落現場の特定が遅れたのか。それは「遅らされていた」のではないか。救助隊を分散させ、数時間にわたって、御巣鷹山に誰も近づけないようにする何らかの「作為」が働いたのではないか。

本書によれば、黒沢元村長をはじめ、救援にあたった地元の方々のなかには、この点についていまも疑問を抱いている人がいる。 

 

 

 

 

第3の「なぜ」は、上記と関連するが、救助の遅れである。自衛隊が到着するのは12時間後である。

 

これについて本書は、『星条旗新聞』1985年8月27日付に注目する。

 

米空軍第345戦術空輸団所属の中尉が、C130輸送機で横田基地に向かう途中、123便の緊急無線を傍受。

 

御巣鷹の尾根に煙があがるのを目撃している。すぐに米軍の救難チームのヘリが厚木基地から現場に向かい、午後9時5分に現場に到着。隊員が現場に降りようとしたのだが、在日米軍司令部から「日本側が現在現場に向かっているので帰還せよ」という命令を受け、救助活動を中止して帰還する。

 

 

生存者の落合由美さんは、「救助ヘリコプターが上空で回っているのがわかった。手を振ったが気付いてくれなかった。自分の周りでは数人の子どもたちの声が聞こえたがそのうち聞こえなくなった」と述べている。

 

 

なぜ、救難ヘリに帰投が命じられたのか。自衛隊は本当に夜間に到着していなかったのか。最も早く現場に到着したはずの地元消防団員たちは、彼らが朝9時頃現場に到着したところ、「自衛隊員がすでに山の上から降りてきた」という。彼らは一体、いつ現場に到着したのか。 

 

 

 

第4に、なぜ遺体は黒こげだったのか、である。

 

ジェット燃料はJET-A/40という灯油の部類でケロシンというが、マイナス50度の上空でも凍結しないように、灯油よりも純度が高く、水分が少ない。

 

燃料は主翼内の区切られたタンクに入っているが、大気中に出たケロシンはガス化しやすく、煤(すす)も出にくい。にもかかわらず、主翼の燃料タンクから遠いところに投げ出された遺体が炭化している。遺体が集まっていた所で黒こげ状態が激しかったという。 

 

 

当時、遺体の歯形で本人確認を行った大國勉氏(歯科医師、群馬県警察医会副会長)に、青山さんは何度もインタビューを試みている。

 

 

「私は群馬県警察医として千体ほど焼死体を見てきたが、それでも歯は『すす』で黒くても、裏側や一部は白いままだし、骨もそこまで燃えていない。

 

なのに、あの事故の時は骨の奥まで炭化するほど燃えていた。…二度焼きしたような状況だ」。

 

 

周囲の木々が幹の中までは燃えていないのに、遺体だけが骨の芯まで焼かれているのはなぜか。

 

群馬県の検視報告書において担当医が「二度焼き」という言葉を使ったことは、ただごとではない。詳細は本書に譲るが、遺体の惨状はジェット燃料の火力のせいだと思い込んでいた私は、この箇所を読んだとき鳥肌がたった。 

 

 

 

第5に、123便墜落の決定的な「なぜ」である。

 

 

『週刊現代』8月14日号は、この点に関する本書の問題提起を4頁にわたって大きく取り上げている。タイトルは「JAL機墜落25年後の真実」。

 

本書のグラビアにも掲載されている写真で、父母と妹の3人を失ったA氏から提供されたものである。そこに「何か」が写りこんでいる。

 

 

これはA氏の父親がR5(右側最後部)ドア近くの窓の外を連続撮影したうちの1枚である。最初の方は、窓の外の普通の風景で、これを撮影したのはA氏の妹で、旅の思い出として撮ったものとされる。だが、その次(10枚のうちの5枚目)から不思議な写真が続く。窓の外に異変を感じ取り、それを確かめるように何度もシャッターを押しているようにも見える(『週刊現代』の著者インタビューより)。 

 

 

     

 

 

 

青山さんはパソコン上でこの写真を拡大していったところ、オレンジ色に変色していったという。

 

 

画像処理の専門家にこの写真の検証を依頼したところ、「円錐もしくは円筒のようなものを正面右斜めから見たようなイメージで、この物体はオレンジ帯の方向から飛行機の進行方向に向かっているように見えます」という。

 

 

ネガを直接鑑定すれば、この「オレンジ」の正体も分かるだろう。123便は「横」からのG(圧力)によって機体が揺れている。

 

 

「後部圧力隔壁損壊」では横揺れは起きないという。この「オレンジ」が右方向から123便に接近しているとすれば、この「オレンジ」と123便墜落との間に重要な関連があるとは言えまいか。 

 

 

 

これらが解明されるまでは、25年たってもなお、日航123便の520人に対して、「安らかに眠ってください」とは到底言えないのではないか。123便の右側から接近する「オレンジ」の正体をはじめ、いくつもの「なぜ」に対してきちんとした解明が求められている。メディアの真摯で本格的な取材が求められる所以である。 

 

 

http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-887.html#comment510

 

 

 

 

 

◎ 自らの政権維持のために国民の尊い命を犠牲にした中曽根康弘,とんでもない男です。関係者の口から真実が語られなければ,犠牲者の霊は浮かばれないでしょう。自民党政権は欺瞞に満ちた偽善者“中曽根”に大勲位菊花大綬賞という最高の栄誉を与えたのです。 

 

 

http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-896.html

 

 

 

☆ どうして いつも 自民党ということで 終わるのでしょう。

 

最高の栄誉を与えたのは 天皇ではないですか?

 

原爆に関係が深い米人に 栄誉を与えたのも 天皇ですね。

 

 

被爆者に 手当をしなかったのは 日本の日赤の命令でしたね、 もう やめましょうよ、本当の黒幕を隠すのは。

 

黒幕は たんに 英国女王のために 日本にいるだけです。

 

 

JAL123のことは 詳細には知らないのです。 日本での核関連物を 運んでいたことを 米に隠すため ということで よいのでしょうか?

 

 

タブーセステムの面々は 英米の傀儡でありながら、もしかして、自分たちがNWOを創作したいと考えていないのか??

 

昨今の 絶対主義的傾向は 大正天皇も望んでいたという記事もあり 闇の権力であれば 当然。

 

 

核をいち早くもっていたのは 天皇種族らしいし、そこからの 特許ももっている。

 

 

なんとも 恐ろしい国です。

 

 

 

 

 

人体実験  原爆  福島  特許所持者

  • 2017.04.18 Tuesday
  • 08:41

 

 

◎ 米国は生物・化学兵器を特許化しています。それがわかる記事が、2003年のネイチャ

 

https://cryptome.org/usa-bioweapon.htm

 

731部隊のデータが非公開なら秘密特許。即ち、特許所有者に使用料収入が入るということ。

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/850685601774919682

 

 

 

 

 

◎ 秘密特許の例としては、2008年に米国のナショナル・パブリック・ラジオが報じた原爆の秘密特許化があります。

 

http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=89127786 

 

また、米国の特許法における秘密特許についてはこちら

 

https://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/fips/pdf/us/tokkyo.pdf

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/850687598016086016

 

 

 

東日本大震災は核爆弾テロ    アベノミクス    地球を掘削

  • 2017.04.14 Friday
  • 08:16

 

以下、東日本大震災は核爆弾テロから抜粋し転載する。

 

地震の原因は地下爆発

 

 

多くの人は、地震の原因が「プレートが跳ね上がるため」と思っている。学校教育でも「プレートテクトニクス」や「大陸移動説」を教え、気象庁もこれをベースに報じている。

 

 

しかし、地震の本当の原因は「地下での爆発」である。

 

 

地震データサービス IRIS

 

以下の画面キャプチャーは、IRISから引用したものである。(http://ds.iris.edu/ds/nodes/dmc/tools/event/5156447)

IRISとは、地震学的なデータの獲得・管理および配布のための科学専門の、120を超える米国大学からなるコンソーシアムである。このサイトでは地震の波形とその音を視聴できる。

 

 

 

    

 

 

 

サイトにアクセスし、この地震の音を聴いていただきたい。

地震の原因は地下での爆発であることがわかるだろう。

 

 

東日本大震災

 

東日本大震災が1つの巨大な地震であったと思っている人は多い。

しかし、実際は広範囲に分散した地震のシーケンスである。

 

 

下図は、2011年3月11日に発生した地震の内、震源が深さ50kmまでのものをプロットしたものである。この1日だけで数え切れない多数の地震が発生していることがわかる。

 

 

 

     

 

 

 

さらに震源の深さが33kmまでのものをプロットすると、

 

 

     

 

 

 

さらに震源の深さが10kmまでの、極めて浅いものをプロットすると下図になる。

 

     

 

 

 

この中には、震源の深さが700mのものまである。

もはや、自然地震として説明できない。

東日本大震災は、核爆弾テロである。

 

 

今、「日本発の世界恐慌」、「日本の国家破綻(デフォルト)」の計画が着々と進んでいる。

 

多くの日本人が食べていく事さえ難しい状況となるだろう。

皆さんは、世界最大の債権国である日本が、そのような事になるわけがないと思うだろう。 しかし、そのためのプログラムがアベノミクスである。

(http://ri4jp.web.fc2.com/page41.htmlから転載)

 

 

 

 

 

 

 

ところで、世界恐慌の原因がアベノミクスであることを気付かせないようにするには、どうすれば良いだろうか?

 

「甚大な災害によって世界恐慌になった。」と理解させたらどうだろう。

 

 

1.南海トラフ地震、首都直下大地震

2.北朝鮮による核攻撃

3.気象災害

4.火山噴火

5.太陽フレア爆発による大規模停電・電子機器破壊

 

 

いずれも人為的に起こすことができる。

「太陽フレア爆発」も、「成層圏での核爆発」で代用できる。

 

もちろん、これらを計画・実行するのは、大英帝国と日本の悪の枢軸である。

 

 

 

            

 

 

http://blog.goo.ne.jp/netken2013/e/ea0c66dc808ec6a8a82c366e4aa8db07

 

 

 

 

 

4.11  日本が内部のマントルまで地球を掘削

 

日本の海洋科学技術機構(JAMSTEC)が地球内部のマントルまで海底を掘り進める。

 

JAMSTECは地殻とコアの間にあるマントルまで地殻を掘り進める意欲的な目標を設定。マントルは地球の体積の84%を占める。インターナショナル・ビジネス・タイムズが報じた。

 

計画には世界初のライザー式科学掘削船「ちきゅう」が用いられる。地殻の厚さは5キロから10キロであるため、計画に立ちはだかるのは「深い水域」「硬い岩石」「熱」の3つの壁。4キロの水と6キロの厚さの地殻を掘り進め、マントル上層部に到達する。

 

 

 

 

 

 

 

まずは2017年9月にLAMSTECの深海調査船「かいれい」でハワイ北東の海域で調査が行われる。掘り進める候補は3つで、全て海底。

 

プレートの動き方から地震発生メカニズムを研究し、地球がいかに形成されたかなどを確認したいと考えている。

 

 

 

 

中東と東アジアがターゲット

  • 2017.04.08 Saturday
  • 08:23

 

 

ヒラリー・クリントンが2013年にゴールドマン・サックスで発言:

朝鮮がミサイル開発を進めたなら中国へアメリカはミサイルの標的にする。中国を標的にするため、朝鮮にミサイル開発を進めさせるとも聞こえる。


イラクを先制攻撃する口実にするため、アメリカの有力メディアは「大量破壊兵器」という嘘を広めた。そうした記事を書いたひとり、ニューヨーク・タイムズ紙のマイケル・ゴードンは調査もせず、シリア政府が化学兵器を使用したとする話を垂れ流し。

 


https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201704070001/

 

 

 

 

◎ 西側メディア

シリアのイドリブで化学兵器が使われ、多くの住民が殺されたという話の出所は「西側御用達」の白ヘルと「SOHR(シリア人権監視所)」のようだ。

 

白ヘルの責任者であるラエド・サレーはアメリカへの入国を拒否された人物で、創設者のジェームズ・ル・メジャーはイギリスの元軍人で、傭兵会社のブラックウォーター(後にXe、さらにアカデミへ名称変更)で働いていたことがあり、アメリカ政府やイギリス政府から資金が提供されている。

 

 

 

  

 

 

 

2016年4月27日、アメリカ国務省の副スポークスパーソンだったマーク・トナーは白ヘルがUSAIDから2300万ドル受け取っていることを認めている。

またSOHRは2006年にイギリスで設立された小規模な「団体」で、設立当時からCIAやイギリスの情報機関MI6が背後いると指摘されていた。


この白ヘルがアル・カイダ系武装集団やそこから派生したダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)と緊密な関係にあることも有名だ。

 


白ヘルの「医療行為」に疑問を表明している医師もいる。

もし生きている人間に行ったら殺してしまうようなことをしているというのだ。2013年の時にも言われたが、アメリカなどの支援を受けたアル・カイダ系武装集団は子どもを拉致、それを犠牲者に仕立て上げている疑いもある。

 

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201704070002/

 

 

 

 

 

◎ シリアで化学兵器が使われたというニュースはまたしても偽旗事件


 この期に及んでという感じですが、またもシリアで化学兵器が使われたというニュースです。
 

シリア北西部の町イドリブで、シリア軍がサリンガスを使って攻撃したというのです。


シリア政府軍は反体制派側のこうした主張を否定しています。“化学兵器を使用しているのはテロ組織だ”とシリアの外務次官は語っています。
 


常識で考えても、シリア政府軍が化学兵器を今の時期に使う理由がありません。

このまま、通常の戦いでテロリストや反体制派をいずれ殲滅出来るのは確実だからです。


 今回の件も、これまでと同様の偽旗であったようで、西側メディアが流す今回のサリンガス攻撃のニュースの中に救助隊として登場している人たちは、“ホワイトヘルメッツのメンバーばかり”だということです。


彼らは、マスクもかけずに素手で…犠牲者…の身体中を触っています”。
 


日本ではオウム事件があったので、特にこのような不自然な対応に、誰もが違和感を感じるでしょう。


当時、テロの被害にあった犠牲者を助けようとして、体に触れた人たちも、被害に合いました。当時、救助にあたった隊員の防護服を着たものものしい姿に、多くの国民は衝撃を受けました。


その異様な光景と比べると、この動画の中でサリンガスの被害にあった人たちを救助しているホワイトヘルメッツのメンバーが、あまりにも軽装であることに驚きます。どう考えても偽旗事件なのです。



 ホワイトヘルメッツのメンバーがアルカイダであることはよく知られています。

これまでも彼らはマネキンを使ったり、クライシスアクターを使って情報操作をして来たことがわかっています。今回も同様だということです。


https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=125737
 

 

 

 

 

◎ 共謀罪って、憲兵がやってた検挙みたいだよね。   

 

殴られたり拷問されたりするのかな?

 

第二次世界大戦前みたいだ。

 

 

日本が日本海の側のどこかを核爆発させてさ、米国と共謀して北朝鮮のミサイルが飛んで来たって記者発表してさ、そうすりゃ米国は戦争ができる。

やるきだな、キチガイどもが

 

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/849609417582452736

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM