魂レベルは共鳴する  黒澤監督とロシア

  • 2019.04.21 Sunday
  • 22:12

 

 

☆ 本当の天才は 魂がなければ 生まれないと思います。

 

ニツポンは 我が国の文化を言っていますが

 

日本の文化を 潰す役目を しているのが ニツポンです。

 

 

黒澤監督が ドストエフスキーの 深いやさしさに 惚れていた言葉を思い出します。

 

敵に囲まれた日本が 解放されることを いつも 密かに 祈っています。

 

 

黒澤監督: 「ドストエフスキー あれほど優しいひとは いないと思います。

 

普通 人は 他の悲しみ 苦しみを 外から見るが あの人は そのなかに自分が入りこむのだから」

 

 

 

 







4.17  黒澤監督の追悼式典、マールイ劇場で開催

今月の15日、「日本映画の帝王」とロシアで親しまれてきた黒澤明監督の追悼式典がモスクワのマールイ劇場で開催された。

翌日から展示コーナーは一般の来場者にも解放されている。マールイ劇場の広報部が伝えた。


追悼式典にはマールイ劇場のソローミン芸術監督や、劇場所属のベテラン俳優らが出席した。


黒澤監督はソローミン芸術監督について、

「どんな役でもやれる」俳優と高い評価を与えていたことは広く知られている。


ソローミン芸術監督は俳優に与えられる最高の栄誉賞「人民芸術家」の称号にも輝いた、ロシア演劇界の重鎮だ。

ソローミン芸術監督は黒澤監督の映画『デルス・ウザーラ』に主役として出演しており、

黒澤監督のことを自らの恩師と長年にわたって慕ってきた。


展示会「日本映画の帝王」はマールイ劇場内のフォワイエで開かれている。


開催期間は今月の16日から5月15日まで。

展示コーナーでは、劇場が保管する黒澤監督の貴重な写真や、『デルス・ウザーラ』の撮影場面、


黒澤監督自身のデッサンなどが公開されている。



 

露米関係 ロシア疑惑は捏造と証明 ベネズエラに援助していない 

  • 2019.04.21 Sunday
  • 22:06

 

 

4.20  露大使館が米に関係修復を打診、ミュラー氏の報告を受けて

在米ロシア大使館はミュラー特別検察官が行った捜査報告に関連し、120頁からなる報告書を公表した

大使館側は米国大統領選で「ロシアによる干渉」があったとする数々の批判を分析し、そのいずれも根拠がないことを示した。


トランプ大統領とロシアの共謀説を否定したミュラー特別検察官の調査報告を受けて、

ロシア大使館側は批判がねつ造されたものであり、「関係修復に取り掛かる時が来た」、との意向を示した。

大使館側はミュラー特別検察官による報告は露米関係修復の第一歩、と強調した。


ロシア側に向けられた疑惑が根拠のないものであったことが分かった以上、

2016年の大統領選における「ロシアによる干渉の事実を検証するのが合理的であろう」と大使館の報告書には記されている。


ロシア側は疑惑を最終的に払しょくし、国際安全保障に向けて共に協力する必要性を訴えた。








4.19  ロシアとトランプ氏の共謀ない=米司法長官

バー司法長官は18日に記者会見を行い、2016年の大統領選挙でトランプ米大統領やその他米国人とロシアとの共謀はなかったと述べた。


「(モラー)特別検察官の調査の主な目的は、

トランプ陣営や陣営に関係した誰かが2016年の大統領選挙への介入においてロシア国家と共謀や協調した行動を取ったか否かを判断することだった。
 

 

特別検察官は、

『調査は、選挙介入しようとするロシアの努力において、トランプ陣営のメンバーがロシア国家と共謀ないし協調した行動を取ったことを証明しなかった』と述べた」 

バー司法長官は続けて、ロシアと共謀した「米国人は1人もいない」と指摘した。

 

 


 

 







4.19  ロスネフチ、ベネズエラの制裁回避援助との報道を否定


ベネズエラが米制裁を逃れるため、ロシア国営石油企業「ロスネフチ」に請求書を送っているとの報道を受け、

同社は「あからさまな嘘だ」と否定した。


同社は、ロイターの報道の目的がロスネフチに対する挑発行為だと反発。


ロスネフチの声明では、ロシア国内における「違法行為防止のため」法執行機関に連絡する必要があるとある。


同社は、

ロイターが「狙いを定めた偽情報の作成と拡散に体系的に取り組んでいる」と反発した。


ロイターは18日、ベネズエラが一定価格を割り引いてロスネフチに石油を売却し、ロスネフチがそれを転売していると報じた。






 

ゾルゲの恋人 石井花子

  • 2019.04.20 Saturday
  • 22:04

 

 

 

4.19  リヒャルト・ゾルゲと石井花子。死だけが二人を分かつ

 

 

今週、ロシアでテレビドラマ「ゾルゲ」(全12話)の放送が終了した。

 

第二次世界大戦の直前から戦時中にかけて、ドイツの新聞記者に扮して日本国内で活動したソ連の諜報員の話である。

 

 

このドラマに対する視聴者の意見は二つに大きく割れている。

 

主に歴者学者や日本の実情に詳しい人たちが、このドラマには不正確なところや歴史的事実からの乖離が多いとして批判的である一方、

 

 

これまでゾルゲを知らなかった人達は、ドラマが現実に沿っているかどうかを深く考えることなく、ストーリーにのめり込んで楽しんだ。

 

 

 

映画「ゾルゲ」のワンシーン

 

 

 

興味深いのは、ゾルゲが死後20年間、ソ連では忘れ去られた存在だったことである。

 

 

1964年、ソ連共産党中央委員会第一書記のフルシチョフがフランス映画『ドクトル・ゾルゲ、あなたは誰なのか?』を見た。

 

KGBから、これが架空の人物ではなく、

 

ドイツのソ連侵攻の時期を誰よりも早く知らせた人物の一人であることを知らされたフルシチョフは、

 

ゾルゲ事件について資料を用意するよう指示を出した。

 

 

情報総局に委員会が設置され、アーカイブ資料や文書、ゾルゲと一緒に働いていた人々やゾルゲを知っていた人々の回顧録や記憶の調査が始まった。

 

 

1964年9月4日、新聞『プラヴダ』にリヒャルト・ゾルゲに関する初の記事が掲載された。

 

そして、1964年11月5日、ゾルゲにソ連英雄の称号が贈位された。

 

 

 

 

 

同1964年、ロシア人ジャーナリストで『桜の枝』の著者でもあるフセヴォロド・オフチンニコフが

 

ゾルゲの内縁の妻、当時すでに52歳になっていた石井花子に彼女の暮らす東京郊外で会っている。

 

 

彼女は1949年、雑司ヶ谷にある刑務所の共同墓地でゾルゲの遺骨を探し出した。

 

 

1950年、彼女は回想録を出版し、その報酬で東京の多磨霊園にゾルゲの墓のための敷地を購入した。

 

 

それまで遺骨の入った骨壺は彼女の自宅に保管されていた。

 

ゾルゲの名誉回復を受けて、ソ連政府は新しい墓石の設置費用を拠出する。

 

 

黒い花崗岩の墓石には「ソ連英雄 リヒャルト・ゾルゲ」の文字が刻まれた。

 

ソ連諜報員の記憶を守った石井花子の功績も認められ、ソ連国防省は彼女に少額ながら年金を支給するようになった。

 

 

 

 

 

1967年、石井花子はモスクワに招待され、ゾルゲが逮捕されるまでの6年間の共同生活についてテレビで語った。

 

そのときの短いインタビューの映像も残っている。

 

 

 

 

 

 

石井花子は2000年に逝去した。88歳だった。

 

現在、彼女の名前が刻まれた墓石はゾルゲの墓の隣に立っている。

 

 

 

 

 

 

イギリス連邦の一員  露日平和条約・ニツポンが見送り 

  • 2019.04.18 Thursday
  • 15:30

 

 

終戦直後は米軍の占領下ではなく、GHQの占領下でしたので、

 

東半分は米軍が占領を担当し、

 

西半分は英国王を国家元首とするオーストラリアの軍が占領を担当しました。


1946年10月、マッカーサーは昭和天皇との対談で、

 

日本がイギリス連邦の一員になることを楽しみにしていると語っています。


https://twitter.com/honest_kuroki/status/1075313710187479041

 

 

 

 

物事には、急所とか、要とか、あるように思います。


日本の悪政の急所即ち要は、

我が国の裁判権が及ばない、外国の外交官のような特権を有する君主だと思います。

 

この君主に裁判の管轄権が及ぶ国にお帰り頂かないことには、

いくら飾りだろうが何だろうが、日本はその外国の植民地だし、奴隷ですよね

 

 

 

https://pbs.twimg.com/media/D4RER0nUEAAgTos.jpg

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/1118093936193523713

 

 

 

 

 

4.18  露日平和条約交渉 日本が6月の大筋合意見送る

日本政府は領土問題を含むロシアとの平和条約締結交渉について、

プーチン大統領が来日する際の6月の首脳会談で目指していた大筋合意を見送る方針を決めた。

毎日新聞が政府関係者をもとに伝えた。

政府高官は「6月の大筋合意を断念していないが、事実上難しくなった」と述べた。交渉の長期化は避けられないという。



☆ ニツポンは 外国籍の元首をいだく ニセ国家ということを
言わなければ もうなにも できない状況になっているが



そうしないための 火病であり サンカ ペクチョン 

本来は 退位 即位は 人間ならありえないイベント。
本来ではないので がんばっている。

創価 (北朝鮮カルト)が はっきりと皇室に入ったというのは ある事情があるだろう。

 

 

 



 

語学が分かると通訳の嘘が分かる w

  • 2019.04.15 Monday
  • 22:02

 







4.10  意味合いを変えた通訳に「ならず者」 プーチン大統領、自身の発言内容で

ロシアのプーチン大統領が10日、スウェーデンのロベーン首相との会談の際、自らの発言で使われた単語を別の意味合いの単語に置き換えた通訳者についてジョークを飛ばした。


プーチン大統領は「およそ50億ドルの投資がスウェーデン側の我々の友人たち、本当にその通りだが、スウェーデン側の我々の友人たちによって、ロシア経済にもたらされた」と発言。


ところが、この「友人たち」との定義について、より中立的な「パートナーたち」に置き換えることを通訳者は選んだ。


これに大統領が気づき、通訳者に反論。

私は『友人たち』と言ったが、彼(通訳者)は『パートナーたち』と言った。ならず者め」と述べた。


この後、プーチン大統領は両国関係について、

「いかなる困難にもかかわらず」発展しつつあると指摘

その例として、昨年にはロシア・スウェーデン間の貿易が30%超増加したことを挙げた。



☆ なにを言われても
まったく 語学がわからなければ
こういうことは おこらないね  w

 

 

 

 


 

 

 

2019  ミスロシア

 

 

 

 

国際北極圏フォーラムにいた女性たち。サンクトペテルブルク

 

 

 

 

 

モスクワ動物園にいるオオヤマネコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シベリア鉄道 北極の一部・ロシアの領土として承認される 中国元を信頼

  • 2019.04.14 Sunday
  • 22:10

 

 

4.12  ウラジオからモスクワまで 日本人ブロガーら、シベリア鉄道紹介ツアーに出発へ

日本のブロガー、ツアーオペレーター、ジャーナリストらが明日、13日シベリア鉄道を行くインフォメーションツアーに出発する。

ロシア、アムール州経済発展省のスポークスマンがスプートニクに明らかにした。


同州によれば、ツアー期間は4月13日から26日。

 

ウラジオストクを皮切りに終点モスクワまでをシベリア横断鉄道で駆け抜ける。


鉄道で通過する各都市で日本からの代表団は様々なイベントで歓迎され、地域ごとにロシアの観光業者との会談が催される。

ツアーの主目的はロシア観光のプロモーション。



 

 

 

 

 


 

 






4.9  国連小委員会 北極の一部をロシアの大陸棚の延長として承認


国連大陸棚限界委員会の小委員会は、北極圏地域における国境の拡大に関するロシア連邦の申請を検討し、

100万平方キロメートルを超える北極海の水域がロシア連邦大陸棚の延長に地質的に帰属することを承認した。


ロシア連邦地下資源利用庁(ロスネドラ)のエフゲニー・キセリョフ長官が明らかにした。


国際法にもとづけば、北極とそこに隣接する北極海(または北氷洋)地域はどの国にも帰属していない。

しかし沿岸諸国は、各国の大陸棚の延長にある海底部分の権利を主張する可能性がある


ロシアに加えて、ノルウェーや米国、カナダ、デンマークが、北極海のさまざまな海底区域に対して権利を主張している。


北極海海域への各国の関心は、

この地域に存在する地下資源が830億トンにのぼり、
しかもこれらの埋蔵量の80%がバレンツ海とカラ海の海域に占められていることから高まっている。


ロモノソフ海嶺および北極の120万平方キロメートルにおよぶ海底がロシアの領土と地質的に連続しているとするロシアの主張が国連大陸棚限界委員会の小委員会によって承認されたことで、

その炭化水素埋蔵量は標準燃料50億トン増加することになる。


しかも北極大陸棚のほぼ未開発の地域で、新たに巨大な油田やガス田が発見される可能性は非常に高い。

 

 

 

 






4.9  ロシアの銀行はますます中国元を信頼する

ロシア連邦中央銀行は、従来のドルによる外貨準備高を徐々に減らし、中国元によるシェアをますます増やしている。 

これは、中国に対するロシア中央銀行の信頼の高まりを示している。


ロシアの外貨準備高における中国通貨の割合は13.6% に増加した。

もちろん、 人民元のシェアよりもユーロのシェアの方がまだ大きい。

しかし、ロシア中央銀行が中国よりも多く投資しているのは唯一フランスの み。


ロシアの従来のビジネスパートナーであるドイツの有価証券で さえ、準備高の割合は12.2%しかない。


実際に、中国はロシアの外貨準備高の最大の投資対象になりつつある。

2018年、人民元の対ドルレートが大幅に下落した際、ロシア中 央銀行は約60億ドル(6664億円)の損失を被ったが、

その後、人民元は勢いを盛り返し、損失分を回復させた。


ロシア中央銀行のエリヴィラ・ナビウリナ 総裁は人民元における外貨準備高の割合の増加について、

「 地政学的、経済的、財政的リスクの状況下で政策を多様化し、準備 金を維持しようとしている」ためと説明している。







 

ウクライナ MH−17を狙撃したと暴露  ニツポンは伝えません

  • 2019.04.12 Friday
  • 22:08

 

 

ウクライナの国家治安機関幹部、ウクライナがMH-17を撃墜したと発言


事実上キエフ政権が意図的に撃墜した事を認めたと言える。


だが欧米メディアはこれを伝えず嘘を垂れ流し続けている。

https://twitter.com/yoshimichi0409/status/1116083339402682369




◎ ウクライナの国家治安機関幹部、ウクライナがMH-17を撃墜したと発言
2019年3月26日
Paul Craig Roberts


298人の乗客と乗組員が、対ロシア宣伝攻撃を引き起こすため、ウクライナに殺害された。

欧米メディアと政府を構成する悪党連中が、ワシントンの反ロシア宣伝のために真実を隠蔽したのだ。


国家治安機関幹部は、

 

「事前に事件を知っていたことを示す」「ウクライナ指導部の驚異的に素早い対応」によって、

疑念がかきたてられたと言っている。


読者の皆様は、当時私が、この事件は、いたる所で、ロシアに対するプロパガンダ非難が、いかなる捜査が行われるずっと前から行われているのと同様、

 

明らかに計画されていたと指摘したのを覚えておられるだろう。


実際、ロシアに責任があると示すように仕組むことができなかったので、調査は最初から完全に失敗だった。


驚いてはいけない。

欧米政府とマスコミは、ウソしか言わない。


彼らは決して真実を話さない。


想起願いたい。ロシアゲート。大量虐殺兵器。イラン原子力発電所。アサドの化学兵器使用。

トンキン湾。9/11事件。ウクライナへのロシア侵略。JFK暗殺。MLK暗殺。


ボビー・ケネディ暗殺。スクリパル親子にたいする毒ガス攻撃。


国民を餓死させているマドゥロ。嘘の果てしないリスト。欧米まるごと、ウソ製造工場以外の何ものでもない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ロシアを悪者にするのが商売の大本営広報部テレビ番組は、決してこういう話題に触れない。

驚いてはいけない。

日本政府とマスコミは、ウソしか言わない。彼らは決して真実を話さない。


もう昼間の洗脳番組を見る(もちろん情報を得るためでなく、洗脳の酷さを自分で確認するため、翻訳しながら時折音声を出すだけなのだが、

翻訳を中断して、音声ボタンを頻繁に押すのが面倒で)気力が出ない。


パソコンにつけるusb接続足踏みスイッチのようなものがあれば良いのだが。


植草一秀の『知られざる真実』「キャッシュレス推進下の紙幣図案刷新方針」は鋭いご指摘だ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2019/04/post-1827.html



☆ 日本という国が

 

まるで 魂の全く有しない 堕ちた国になったのは

 

ただ 一つ

 

天皇のすり替えと イエズス会になった ということを 決して言わないからです。

 

これさえ分かれば

 

なぜ 露中悪魔化なのか 王室関連の 漫画のような礼賛があるのか すぐ分かります。

 

 

ロイヤルは 食人種であり 摂取者。

 

日本の嘘 というのは

 

天皇の嘘のことです。

 

でも その嘘を言わないという固い決意での 退位 即位 イベントです。

 

つまり そこに 日本人という 人類はいません。

 

 

 

 




 

ドラマ 「ゾルゲ」 ロシアで放送開始

  • 2019.04.10 Wednesday
  • 22:06

 







4.8 待望のテレビドラマ「ゾルゲ」、ロシアでスタート

露テレビ局「チャンネル1」で8日、セルゲイ・ギンズブルグ監督のドラマ「ゾルゲ」(全12話)がスタートする。


ドラマの撮影は2年以上に渡った。


ドラマは第2次世界大戦前と大戦中に日本で活動した伝説的なソ連のスパイ、リヒャルト・ゾルゲの人生と仕事を描く。


ドイツ大手紙の特派員として東京で働いていたゾルゲは貴重な情報にアクセスできた。


ソ連へのナチス・ドイツの侵攻時期についていち早く伝えたのもゾルゲだ。


その他の重要情報には、日本が1941年にソ連に対して開戦しないという報せがある。


歴史家は、これがモスクワ近郊における赤軍の勝利に少なからず貢献したと見ている。


ゾルゲは1941年10月18日、特別高等警察によって逮捕された。


そして1944年11月7日、絞首刑に処された。


1964年、ゾルゲは死後にソ連邦英雄の称号を授与された。 


ゾルゲ役を演じるのはロシアの有名な俳優、アレクサンドル・ドモガロフ氏。


日本では3月、井上雅貴監督の映画「ソローキンの見た桜」の初公開で、ボイスマン大佐役のドモガロフ氏を見ることができた。


ドラマ「ゾルゲ」では木下順介氏、山本修夢氏、瀬戸元氏も出演している。


ゾルゲの恋人だった石井花子役は中丸シオン氏が演じた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

ロシア・キジ島  ロシアの魂・エルミタージュの猫とっても重要  流れ星

  • 2019.04.08 Monday
  • 22:14

 


4.6 キジ島の博物館 ロシア有数の観光地
























 

 

 

 







4.8 エルミタージュ​の猫​ ヴェネツィア・ビエンナーレに参加

今年、エルミタージュ美術館は、第58回ヴェネツィア・ビエンナーレでロシア展示館の館長を務める。

美術館のスタッフたちは、訪問者のためにエルミタージュ美術館に住む猫たちの参加という変わった演出を用意した。


キャットショーは、ロシア展示館の中央ホールで行われ​る。

その隣では、アレクサンドル・ソクーロフ映画監督が、エルミタージュ美術館のコレクションから巨匠たちの作品について語る。



ロシア展示館のセミ​ョ​ン・ミハイロフスキー館長は、

猫たちは、レンブラントの作品と同様に、世界文化遺産の重要な一部。

昼夜を問わず、猫たちはネズミから冬宮を守り、訪問者たちを喜ばせている。


ヴェネツィア・ビエンナーレのような重要な国際的イベントに参加する機会を猫たちに与えないことは不公平だ」と語った。







エルミタージュ美術館の猫たちの参加というパフォーマンスは、「ネコのホスピタリティ体験」と呼ばれ、

 

人間ではない生き物による芸術感受の新しい​フォーマットとされ​ている​。

 

 

 


 


4.8  シベリア上空に流れ星【動画】

 


シベリア中部クラスノヤルスク上空で流れ星が撮影され、ユーチューブに投稿された。


映像では光る物体が2度輝いたあと見えなくなる。


同市ソビエツキー地区に住む女性、スベトラーナさんは、明るく光る白っぽい緑色の物体が上空を流れて溶けたと語る。

 

 

 

 


「猛スピードで地面と並行して飛んでいました。これは全て5分にも満たなかったです」

 

 

 

 

金を増やしているロシア   ベネズエラに中露軍が到着

  • 2019.03.31 Sunday
  • 22:15

 

 







【SP】ロシア、ドルを放出、金を買い続ける。1ヶ月31トン。

https://sputniknews.com/business/201903301073683758-russia-gold-buy-up-continues/



★外貨準備に占めるドルの割合は20%強に半減、金が増え続けている。


西側の対露制裁を回避する為だが、それはドルの世界支配が破れることを意味する。

 

 

◎ ベネズエラ


 西側の有力メディアはアメリカの経済封鎖、つまり兵糧攻めでベネズエラ国内は物資が欠乏、国民の不満が高まっているというストーリーを広めていたようだが、

現地を取材したジャーナリスト、マックス・ブルメンソールは​そうした事実を否定する映像​をインターネットで伝えている。


ロシアや中国などからの援助があるため、物資不足が深刻という状態ではない。


また、ピンク・フロイドのメンバーだったロジャー・ウォータースはカラカスにいる彼の友人から伝えられた現地の様子を書いているが、

それによると

 

現地では内戦も混乱も殺人も独裁も反対派の大量拘束も言論封殺もないという。


USAID/CIAが手配したトラックがベネズエラ領内へ入ることに成功した場合、

一緒にコロンビアの特殊部隊員が潜入してウクライナにおけるネオ・ナチと同じような役割を果たすのではないかと推測するひともいたが、そうした展開にはならなかった。


そこでトラックの周辺にいた

 

グアイド派の一団は石と火炎瓶を投げ始め、その直後にトラックが火に包まれた。
 

 


その原因はベネズエラ側にあると西側の有力メディアは主張したが、

 

火炎瓶がトラックへ投げ込まれ、ガソリンがまかれる様子を撮影した映像がインターネット上で流れている。


そこで不法出国したグアイドが3月4日にベネズエラへ戻った。


ベネズエラの法律が適用されるとグアイドは懲役30年を言い渡される可能性もあったというが、

実際はマドゥロ政権に無視され、無事入国。

入国を拒否されるか逮捕されるといった話が飛び交っていたが、そうはならなかった。


そうしたことが実際に起こったならば、それを利用してマドゥロを排除したかったのだろう。


グアイドの帰国から3日後、ベネズエラでは大規模な停電があった。


アメリカのマイク・ポンペオ国務長官はベネズエラ政府の無能さが原因だと主張し、ニコラス・マドゥロ大統領の排除を訴えたのだが、

アメリカ側の破壊工作と見る人が少なくない。


リビアのムアンマル・アル・カダフィが元気な時と惨殺される直前の写真をツイッターに掲載、マドゥロを脅したマルコ・ルビオ米上院議員は今回、停電の直後に空港の様子を書き込んでいる。


停電になっただけでなくバックアップの発電機も動かなかったというのだが、その書き込みがあった時点ではベネズエラ政府を含め、そのバックアップの発電機については知られていなかったとされている。


ところがルビオは予備の発電機が動かないことを知っていた可能性が高い


​ベネズエラの電力設備が脆弱だと議会選挙のあった2010年9月に分析していた組織​がある。

CANVASだ。


この組織は2003年にオトポール(抵抗)!の幹部らによってセルビアで設立された。


「非暴力」を掲げているが、目的はアメリカ支配層のカネ儲けに邪魔な体制を転覆させることにある。


オトポール(抵抗)!はスロボダン・ミロシェビッチの体制を倒すため、1998年に作られた。


これらにはNED(ナショナル民主主義基金)、IRI(国際共和研究所)、USAID(米国国際開発局)などから、つまりCIAから資金が提供されている。


大規模な停電で社会不安が高まったり暴動が発生しても不思議ではなかったのだが、そうしたことは起こらなかった。


アメリカ支配層に残された手段は軍事侵攻だと考える人がいる


ロシア政府もそうした可能性があると予想しているのだろう。


エリオット・エイブラムズがセルゲイ・リャブコフ露外務副大臣と会談した2日後、

ロシア軍の部隊がベネズエラへ到着する2日前にドナルド・トランプ大統領はゴラン高原におけるイスラエルの主権を認める時期だと表明したが、

軍事的な緊張の度合いはベネズエラの方が上ではないだろうか。(了)



https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201903260001/

 

ロシアゲートという作り話  ロシア人の死

  • 2019.03.26 Tuesday
  • 22:02

 

 

ロシア政府が2016年のアメリカ大統領選挙に介入したとする「ロシアゲート」の捜査をロバート・マラー特別検察官は終結させ、

報告書をウィリアム・バー司法長官へ提出したという。


この疑惑が作り話だということをマラーも認めざるをえなかったようだ。



2009年1月から17年1月まで大統領を務めたバラク・オバマは

ジョージ・W・ブッシュ政権が始めた中東侵略を継続、


その障害になっていたロシアに対する軍事的な恫喝を強め、核戦争の危険性が高まっていた。


2014年とは、アメリカがウクライナでネオ・ナチ(ステファン・バンデラ派)を使ったクーデターでビクトル・ヤヌコビッチ大統領を排除した年。

言うまでもなくヤヌコビッチは合法的に選ばれたのであり、クーデターは憲法に違反している。


こうしたオバマ政権のロシアに対する軍事的な行動を西側の政府や有力メディアは煽り、ヒラリー・クリントンはロシアとの核戦争を招きかねない主張をしていたのに対し、


ドナルド・トランプはロシアとの関係修復を訴えていた。


 

クリントン陣営の狂気は彼女の側近であるマイク・モレル元CIA副長官(2011年7月1日から9月6日、12年11月9日から13年3月8日の期間は長官代理)の発言にも現れている。

この人物は​2016年8月、チャーリー・ローズのインタビュー​でロシア人やイラン人に代償を払わせるべきだと語り、

司会者からロシア人とイラン人を殺すという意味かと問われると、その通りだと答えたのだ。


元CIA副長官がロシア人を殺すと公言したわけだが、実際にロシアの幹部外交官が相次いで死んでいく。


例えば、2016年11月にニューヨークのロシア領事館で副領事の死体が発見され、

12月にはトルコのアンカラでロシア大使が射殺され、

ロシア外務省ラテン・アメリカ局の幹部外交官が射殺され、KGB/FSBの元幹部の死体が自動車の中で発見された。

2017年1月にはギリシャのアパートでロシア領事が死亡、

インドでロシア大使が心臓発作で死亡、

そして2月にはロシアの国連大使だったビタリー・チュルキンが心臓発作で急死。

モレル発言の前、2015年11月にはアメリカ政府が目の敵にしてきたRTを創設した人物がワシントンDCのホテルで死亡している。



2016年12月、人気を終える直前のオバマ大統領は外交官35名を含むロシア人96名を追放、ロシアとの関係をさらに悪化させ、軍事的な緊張を高めようとしている。


こうしたオバマ政権の動きに対し、トランプに安全保障問題のアドバイスをしていたマイケル・フリン元DIA局長はロシアのセルゲイ・キスリャクと会い、

オバマ政権がロシアに対して行っている「制裁」を話題にした。

挑発に乗らず、自制して欲しいと伝えたようだが、アメリカの​有力メディアはこれを問題​にした。

フリンはトランプ政権で国家安全保障補佐官に就任するが、2017年2月に解任された。(今回、DIA局長時代の話は割愛する。)



そしてロシアゲートなる話でトランプが攻撃され始める。

その話の開幕はアダム・シッフ下院議員が2017年3月に下院情報委員会で宣言した。

2016年の大統領選挙にロシアが介入したとする声明を出したのだが、証拠は何も示していない。


そして、同年5月にマラーが特別検察官に任命されたのである。


シッフの主張は「元」MI6(イギリスの対外情報機関)オフィサーのクリストファー・スティールが作成した報告書だが、


根拠薄弱だということはスティール自身も認めている。


オバマやクリントンを担いでいた勢力がロシアとの関係悪化を目論んでいるのは、彼らの世界制覇戦略と関係している。
 

 


ソ連が1991年12月に消滅した段階でネオコンをはじめとするアメリカの支配層は自国が唯一の超大国になり、他国と協調する必要はなくなったと考えた。そして1992年2月に国防総省のDPG草案という形で世界制覇プランを作成した。

 
当初、アメリカの支配層はロシアを簡単に潰せると考えていた可能性が高い。



しかし、イスラエルやアメリカを後ろ盾とするジョージア軍が2008年8月に南オセチアを奇襲攻撃した際、ロシア軍の反撃で侵略軍は粉砕されてしまった。


つまり、アメリカやイスラエルの軍隊はロシア軍と同じような規模で衝突すると負けるということだ。


シリアでの戦争でロシア製兵器の性能は高いことが確認されている。


ロシアとの関係を悪化させ、軍事的な緊張を高めようとしていたヒラリー・クリントンが次期大統領に内定したと言われるようになったのは、

2​015年6月にオーストリアで開かれたビルダーバーグ・グループの会合​へジム・メッシナという彼女の旧友が出席していたからだ。
 

 

ところが、2016年2月10日にヘンリー・キッシンジャーがロシアを訪問してウラジミル・プーチン大統領と会談、22日にシリアで停戦の合意が成立、風向きが変わったと言われ始めた。


キッシンジャーは破壊工作機関のOPCに所属したことがあり、ロックフェラー色の濃いCFR(外交問題評議会)と深く結びついている人物。


ビルダーバーグ・グループでも中心的な役割をはたしてきたひとりだ。


キッシンジャーの動きの背景にはロシアとの戦争で負けるという分析、ネオコンが2014年にウクライナで実行したクーデターでロシアと中国が戦略的な同盟関係に入ってしまったという現実があるのだろう。



アメリカという視点から見るとロシアとの関係修復へ動くべきなのだが、ネオコンは「イスラエル・ファースト」、

 

より正確に言うならば、そのイスラエルを操っている人びとに従っている。


https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201903240000/






 

光に向かう クリミヤ

  • 2019.03.25 Monday
  • 22:10

 

 

 






3.21  クリミアはエネルギーの自立性を確保し、

さらに近隣地域への供給も可能=プーチン大統領


ロシアのプーチン大統領は、クリミアの2つの新しい火力発電所の稼働式典で

クリミアのエネルギー生産はついに最大能力に達し、エネルギーの自立性を確保するだけでなく、ロシアの近隣地域に供給することも可能となると述べた。


クリミアの実質的なエネルギー消費量は約千メガワットで、2つの新しい発電所の操業開始後には、

クリミアとセヴァストポリのエネルギー資源は合わせて約2070メガワットになった。


信じがたいことに、ロシアと再統合された2014年には、クリミアでは160メガワットしか生産されず、

さらに約500メガワットがウクライナから供給されていた。


この容量では、病院の円滑な運営にとっても不十分だった。


クリミア半島がロシアと再統合された後、ウクライナ政府はクリミアへの定期的なエネルギー供給を停止した。

 

ロシアは、ウクライナ政府の電源供給の停止に対応するため、最短期間でクリミアとロシア連邦の統一エネルギーシステムを結ぶ送電線を建設した。

近代的な発電所が建設され、新しい送電網も敷設された。
 



今日、クリミア半島のエネルギー安全保障は完全に確保され、住民たちは長年のうちではじめて

自分たちは保護されていると感じている。







 

 


3.19 3つのアフリカ諸国がクリミアとの貿易の調整を決定


スーダンとコンゴ、ニジェールのアフリカの3カ国は、クリミア半島との貿易と経済関係の調整を決定し、


ロシアとクリミアの統一を理由としたロシアへの制裁を解除するよう国際社会に呼びかけた。


スーダンとコンゴ、ニジェールの国会は、

アフリカ大陸の発展にロシアの銀行や投資家の参加を増やすために 、 

クリミアとロシアの他の企業との貿易関係の調整についての決議を 提案した。


2015年からクリミア半島のヤルタで毎年開催されて いるヤルタ国際経済フォーラムは、 そのようなコンタクトを推進させる理想的なプラットフォームとな った。


クリミア共和国のセルゲイ・アクショーノフ首相は、 

 


クリミア半島は毎年海外投資家にとって魅力を増しており、 アフリカとクリミアの協力の見通しに自信を示した。


アクショーノフ首相によると、今年4月に開催されるヤルタ国際経 済フォーラムでは、

セクション「ロシア-アフリカ ソリューションの進化」が催され、 そこには30のアフリカ諸国から70人の代表が参加する。


 

モスクワにお越しください

  • 2019.03.24 Sunday
  • 22:10

 

 

☆ 閑話休題のような記事も 必要ですね  笑

 

バージョンを たまに 変えてみます  

 

 






3.23 モスクワで3月30〜31日に開催の「HINODE POWER JAPAN」にお越しください!


モスクワにある「全ロシア経済博覧達成センター(VDNH)」の75番パビリオンで3月30、31の両日、

今回で8回目となる日本文化フェスティバル「HINODE POWER JAPAN」が開催されます。


同フェスティバルは、日本を愛する正真正銘のファン全員が集まるイベントです。

フェスティバルの期間中、現地に滞在されるのでしたら、このイベントに是非お越しください。


スプートニクからお誘い申し上げます。忘れられないような感動と交流をお約束します!



「HINODE POWER JAPAN」は日本の伝統文化やサブカルチャー、 日本人パフォーマーによるステージ、

各分野の有識者による講義、日本の文化に直接触れることのできるマスタークラス、日本製品と日本食紹介販売等、


「日本」を体験できるイベントです。


「普通入場券」の価格は1千ルーブル(約1730円)、「VIPチケット」の価格は3500ルーブル(約6千円)となります。

「VIPチケット」を購入されますと、2日間にわたってフェスティバルに入場できるほか、特別に設けられた入り口からの入場も可能になり、


個人用のブランドバッジやフェスティバルのお土産(フェスティバルのブランドシンボルがあしらわれたスキットルとモバイルバッテリー、ポップソケッツのセット)をお渡しします。


2018年のイベントには2万7800名のお客様が来場しました。








VDNHはモスクワ最大の展示会場であり、ロシアの首都で最も人気の公共施設でもある世界最大の複合レクリエーション施設です。

年間およそ2500万人が訪れています。
 

 

VDNHにある会場で最大面積を誇るのがパビリオンNO.75です。

2008年に完成し、5万平方メートル以上の敷地面積を有します。

大規模なエキスポやカンファレンス等のイベントには、ロシアで最も人気が高い会場です。



住所:

VDNHプロスペクトミーラ 119

展示パビリオンNO.75Aホール入出口

アクセス:

地下鉄VDNH駅(市の中心部まで10分).

近隣の施設:

宇宙博物館、「労働者とコルホーズ女性」の像、コスモスホテル、オスタンキノ・タワー
 

 



 

 

ノボシビルスク動物園のシロクマの子どもたち

 

 

 

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

日本古代史

日本古代史入門
クリエーター情報なし
作品社(インプレス)

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM