ロシア・前立腺癌を10分で判別     避妊薬の危険性

  • 2018.04.28 Saturday
  • 23:40

 

 

4.15  10分でがん判別 ロシアでテスト開発

 

   「‫الخلايا السرطانية‬‎」の画像検索結果

 

 

ロシア国立科学技術大学(MISIS)とモスクワ大学の研究チームが、10分で前立腺がんを発見できるテストを開発した。

 


男性で最も多いがんの種類は前立腺がんだ。

 

今まで、がんの存在を示す抗原を患者の対内から見つけるには長く複雑で、高価なラボラトリーでの検査が必要だった。

 

ロシアの研究者が開発したテスト装置を使うと、目視による10分でがんを発見できる。

 

テストのセットは、特別な反応物質を塗布したインジケーターストリップと肌を刺すための道具からなっている。

 

 

医師は患者の指から血を採取し、インジケーターストリップの端を準備していた血清からの溶液に浸す。

 

前立腺腫瘍の存在を示す抗原が溶液に含まれていれば、インジケーターのラインが色づく。

 

染まるラインが1本だけだと、抗原の数が少なく前立腺腫瘍がないことを示す。

 

2本が染まると、4ナノグラム以上の抗原があり、腫瘍の可能性があるため、詳細な検査のため専門家の元へ向うよう推奨される。

 

3本は危険信号で、抗原が10ナノグラムを超えている。この場合、治療のため病院に行く必要がある。

 

 

 

 

4.26  避妊薬に潜む危険 血栓症リスクが35倍に ロシアの医療センター

 

 

         

 

 

 

避妊薬はロシアに住む女性の30人に1人の割合で血栓症のリスクを35倍も高めてしまうことがロシアの医療センター「ゲノテック」の行った実験の結果、明らかにされた。

 

 

「ゲノテック」の発表によれば、避妊薬が最も大きな危険性をもたらすのはライデン変異を持っている女性。

 

 

こうした女性が服用すると血栓症が引き起こされるリスクは35倍も高くなる。

 

こういった女性は経口避妊薬ではない避妊方法を選ぶほうが安全。

 

ライデン変異を持たない女性の場合はどうかというと、経口避妊薬の服用による血栓症の発症リスクは10分の1に落ちるものの、やはりリスクは高い。

 

 

血栓症は血管ないしは心臓で血液が凝固し、血流を止めてしまう病気。

 

その結果、心筋梗塞、活性細胞死、心臓の痛みが引き起こされる。

 

 

 

 

スクリパ事件  もちろん 英国よりの日本のマスコミ

  • 2018.04.16 Monday
  • 23:51

 

 

 

 


4.15  駐日ロシア大使、「スクリパリ事件」の調査についてコメント

 


ロシアの駐日本ミハイル・ガルージン大使は、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)のセルゲイ・スクリパリ元大佐と娘のユリアさんが英国で毒を盛られた事件の進展についてロシアのジャーナリストたちにコメントした。

 

 

「シュピーツ(スイス)にある権威あるスイス放射線学・化学細菌学的分析センターの情報によると、

 

同研究所が化学兵器禁止機関(OPCW)から入手したスクリパリ氏とその娘が英国で盛られた物質サンプルを調査したところ、

 

両氏はロシアではなく米国やNATO加盟国で生産された化学兵器BZによる攻撃を受けたことが示された。

 

ロシアのS.V.ラブロフ外相が伝えた」。

 

 

ガルージン大使によると、

 

同情報は「スクリパリ事件」にロシアが関与しているという英国の主張が完全な偽りであることを示している。

 


大使は

 

「主張は、残念ながら、『毎日新聞』、『産経新聞』、『日経新聞』などの日本のマスコミによって拡散された」と述べた。

 

ソールズベリーで使用の物質は BZと判明

  • 2018.04.15 Sunday
  • 23:43

 

 

4.14   スイスの研究所によるとソールズベリーで使用の物質はBZ

 

 

米英軍が所有、ロシアは製造していない物質=ラブロフ外相

 

 

英ソールズベリーでロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)のセルゲイ・スクリパリ元大佐と長女のユリアさんが毒物の襲撃を受けた事件で、

 

スイス・シュピーツにある研究所の情報が考慮されなかった件について、

 

ロシア政府は化学兵器禁止機関(OPCW)に質問する。ラブロフ外相が14日、発表した。

 

 


ラブロフ氏は外交政策審議会に出席し、OPCWの報告書について


シュピーツのラボラトリーの専門家の結論が反映された情報が最終文書から全く抜け落ちていた理由をOPCWに質問する」と述べた。

 

 

「もしもちろん、OPCWがシュピーツの研究所を用いた事実自体を否定するのならば、この説明がどうなるか興味深い」とラブロフ氏は付け加えた。

 


「BZは一時的に人間を動けなくする神経剤で、神経毒効果は30分〜60分後に効き始め、最大4日間続く。」とラブロフ外相が指摘した。

 

 

「専門家の評価によると、確定された非常に高濃度なA234は必然的に死に繋がっただろう。

 

(セルゲイ・スクリパリ氏とユリアさんが受けた毒の)臨床像は、毒物BZ使用に、より当てはまる」とラブロフ氏は述べた。

 

 

3月4日、英南西部ソールズベリーでスクリパリ氏と娘のユリアさんが何らかの物質の中毒により重体の状態で病院に搬送された。


なおロシアでスクリパリ氏はスパイ行為で有罪判決を受けている。

 


英国は襲撃事件にはロシアが関与していると主張しているが、未だにその証拠が提示されていない。

 

 

同事件に関連し、英国のメイ首相はロシア外交官23人の1週間以内の国外追放や、ハイレベルでの2国間コンタクトの凍結などを含むロシアに対する一連の措置を発表した。

 


これを受けてロシア外務省は英国大使館職員23人の国外退去処分、また在サンクトペテルブルク英総領事館の閉鎖や、その地位の曖昧さに関連して英国の機関「ブリティッシュ・カウンシル」の活動停止を通告した。

 

 

ロシアは同事件への関与を断じて否定し、英国の非難を証拠のない挑発だと指摘している。

 

 

発汗療法とケイ素で 内部被ばくが激減したそうです

  • 2018.03.19 Monday
  • 00:06

 

 

東京の内海 聡 医師の娘さんは、

発汗療法とケイ素で

内部被ばくが激減したそうです。

 

https://ameblo.jp/64152966/entry-12359819020.html

 

 

予め、申し上げておきますが、普通のどこにでもいるお医者さんの知識というものは、ネットで詳しく調べれば

お医者さん以上の知識を得ることが出来ます。

 

ウソの情報やミスリードするものばかりが出て来るという大変困った世の中になってしまっているのです。

 

 

マスコミは、真相や真実を国民に決して知らせないのが一番の仕事です。

そして、検索して出てくるのは、闇の権力者が多くの人に見せたいものです。

 

そこに真実は無く、ミスリードする内容ばかりが書かれています。

 

 

ここ最近、私のところのブログは闇の権力者から危険視されているようで、あらゆる方面から締め付けが酷くなってきております。

 

拡散されないように、巧妙に工作されているのを身をもって痛切に感じている状況証拠が次々と出始めています。

 

 

尤も、まだ命があるだけましなのですが、

命のある内に、出来るだけの事はしておきたいと、そのように考えています。

 

<一部引用>

 

内海 聡

放射能の具体的解毒法

 

 

重金属や放射性物質などはミネラルに属する。

 

つまり脂溶性毒物ではないのだがもちろん脂肪の中に入り込むことはある。

大きく社会毒で考えるとこの二つに分けられる。

 

 

私のクリニックでは栄養療法(ミネラルやサプリなどを使うもの)と低温サウナを使って解毒する。

 

ただこれは低温サウナでないといけないわけではなく、陶板浴や薬石浴やよもぎ蒸しなどでももちろん代用できる。

 

 

注意してもらいたいのは

 

たとえばサウナなどで毒の排出を促した場合、

悪い毒だけ出ていくという都合の良いものではないということだ。

 

ミネラルの毒物はミネラルとして汗から出てくるが、これは必須ミネラルも放射性物質も同時に出てくるのだ。

 

よってサウナなどで汗を出した後に、良いミネラルやきれいな油を多く補充することが重要である。

 

 

さて、具体的に項目として出してみると以下のようなものがある。

 

繰り返すがこれらは福島が爆発してから国家的なレベルで検討されたことは少なく、科学的根拠に乏しいという問題点がある。

 

しかし可能性があるものやチェルノブイリで検討されたものに、いくつか方法論があるのでそれを紹介したい。

またアメリカ軍の研究なども参照したい。

 

 

 

微生物の摂取(=発酵食品の摂取)

EM菌の利用

乳酸菌の利用

ケイ素の摂取(★ウモプラス)

リンゴペクチン

活性炭による除去(キッズカーボンなど)

スピルリナ

ブルーグリーンアルジ―

アロエベラ

スギナ茶(★沖縄産有機スギナ)

五井野プロシージャ―

塩風呂(★天然塩いろいろ)

重曹風呂 (★内モンゴル産天然重曹)

低温サウナ

酵素風呂

鉱石岩盤浴

 

 

このほかにもいくつかあるかもしれないが、

 

当院では完全自然農の味噌、醤油、麹、ごま塩、玄米(古来種)、

ケイ素、ブルーグリーンアルジ―やアロエベラ、キッズカーボン、低温サウナなどを取り扱っている。

 

 

うつみんのセレクトショップではケイ素も扱っており、

私の娘も発汗療法とケイ素で内部被ばくが激減した が、

 

ほかにこれいいかも♪は放射能防御やデトックスの観点、塩素への防御の観点でも利用してほしいと思っている。

 

________________

 

 

管理人

 

医師の内海 聡 さんが、娘さんに試されたのなら信用してもいいと思うのですが・・・

いかがでしょうか?

 

 

汚染された首都圏や東日本の皆さんにも参考にして欲しいと思いご紹介させていただきました。

 

ただ、個人的に付け加えるのなら、

 

発汗療法とケイ素に加えて、同時に繊維質を多く摂ることが毒素吸着材〜体外排出をより高めるであろうと考えています。

 

 

発汗療法は、陶板浴や岩盤浴がお勧め。

スチームサウナでもいいです。

 

喉が渇いたら、水溶性ケイ素〜MDケイ素を薄めた水を飲めば、より効果的と思われます。

 

 

放射能物質のみならず、化学物質・重金属においても

一定の効果が期待出来るのであれば、やらない手はありません。

 

 

国や普通のお医者さんは、国民を救うためのこういった情報を決して教えてくれません。

 

 

https://ameblo.jp/64152966/entry-12359819020.html

 

 

 

 

 

万能癌治療薬   福島で放射能がばらまかれ癌特許

  • 2018.02.27 Tuesday
  • 01:46

 

 

2.9   万能がん治療薬、臨床試験へ

 

スタンフォード大学で全身のがん細胞を消滅させるという新たな治療薬の実験が行われている。

 

身体の免疫系を活用してガンを消滅させる。

 

薬剤はリンパ腫、メラノーマ、結腸がんおよび乳がんなどあらゆるタイプのがん治療に適用可能だと見ている。

 

 

免疫系は腫瘍を見つけると免疫細胞「T細胞」が攻撃をはじめる。

 

しかし、がん細胞は迅速にT細胞を抑制。

 

新たな2種類の薬剤を直接腫瘍に投入することで、がん細胞の活発さを抑え、免疫細胞を活発化させる。

 

スタンフォード大学のサイトによると、実験に使われたマウスの大半では薬剤により全身の腫瘍が消滅した。

 

3匹にはがんが再発したため、追加投与を必要とした。

 

薬剤はすでにリンパ腫を持つ15人の患者を対象に臨床試験(治験)が開始されている。

 

 

治験が成功すれば、薬剤は一次療法として推奨することができる。

 

つまり、患者は薬剤を投与し、大部分の腫瘍を消滅させて再発のリスクを軽減させた上で手術に臨むことができるようになる。

 

 

 

 

◎ 国と武田の出資で元鳥取大三浦典正准教授の開発した癌完治新薬が、

2011年6月28日に米国に特許出願され、2017年10月17日特許化

 

https://patents.justia.com/inventor/norimasa-miura

 

なお、三浦氏の論文は画像の改ざんが報じられる一方で、米国では特許化され臨床試験中。

この新薬の恩恵を受けている支配者層の人はいるかも。

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/966507748312535040

 

 

 

◎ 問題は、この癌完治新薬を発売するために、臨床試験を全ての年齢の全ての癌で行うためには、その実験台になる人間が必要になるわけです。

 

絶妙なタイミングで福一から放射能がばらまかれ、2011年6月28日に米国への特許出願を果たしています。

 

一方で画像改ざん騒動は新薬誕生の経緯をうまく隠している。

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/966525823837548545

 

 

 

◎ c工エェ((;=゚ェ゚=))ェエ工 科学者向けのリサーチゲートに、福島原発事故は核爆発

 

論文の題名『最近の福島の核爆発、チェルノブイリの核降下物、3マイル島の原子力事故、原子爆弾の爆発 - 人間の健康に対する核放射線の影響を再考する』2013年4月発表

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/966277453890007045

 

 

https://www.researchgate.net/publication/286007803_Recent_Fukushima_nuclear_detonation_Chernobyl_nuclear_fallout_three_mile_island_nuclear_accident_and_atomic_bomb_explosion-rethinking_the_effects_of_nuclear_radiations_over_human_health

 

 

 

 

WiFiやスマホの電磁波が生物に与える影響が一目で分かる写真

  • 2018.01.26 Friday
  • 01:04

 

 

学生の実験がWiFiの恐ろしい真実を明らかにし、科学者らの関心を集める

9th Grade Students Gain the Attention of Scientists After Their Experiment Reveals a Dark Truth About WiFi

 

2017年12月24日付

デンマークのユトランドにある学校で、9年生の少女のグループが実体験に基づいた好奇心からある生物学の実験を行いました。

 

 

学生の一人、リーア・ニールセンさんの説明:

 

携帯電話を頭の近くに置いて寝ている場合に、学校で集中することが難しく、さらに寝つきが悪くなることがあると私たち全員が感じていました」

 

みんなが同じ経験をしているところから好奇心を持った少女のグループは、WiFiの電磁放射線が生体細胞に与える影響を調査するための実験を考え出しました。

 

 

【実験の内容】

 

・400粒のクレスの種子を、12個のトレイに分けて蒔きました。

 

・2つの部屋にトレイをそれぞれ6個ずつ配置。

 

2つの部屋は温度が同じで、それぞれのトレイには実験期間全体を通して同量の水と日光が与えられました。

 

・一つの部屋ではWiFiルーターの横に種子の乗せられたトレイが置かれ、それだけが二つの部屋の唯一の違いでした。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 

WiFiルーターからは、携帯電話から放出されているのと同じタイプの電磁波が出ているため、この実験でルーターを使用することで、携帯電話を頭の横のテーブルに置いて寝た場合の影響を再現したことになります。

 

 

 

【実験の結果】

 

実験開始から12日後、二つの部屋に分けられていたトレイの上には驚くような結果が観察されました。

 

 

 

   

 

 

★ルーターのない部屋に置かれたトレイ(写真右)
・クレスの種子は健康的に成長していた。

 

★ルーターのある部屋に置かれたトレイ(写真左)
・種子はまったく育っていなかった。
・さらに一部の種子には変異したり、完全に乾燥しきっていたものもみられた。

 

 


【実験後の生徒の反応】


実験に参加した生徒は、衝撃的な結果を目撃してから携帯電話の扱い方を大きく変えました。

 

 

ニールセンさん:「まさかこれほどまでの影響があるなんて本当に怖く、結果を見て私たちはとてもショックを受けました」

「今では私たちの中に、ベッドの横に携帯電話を置いて寝る人はいません。

 

携帯電話は離れた場所や隣の部屋に置いています。またコンピューターも常にオフにしています

 

この研究は学校からよく受け止められただけではなく、国際的にも広く知られるようになり、生物学者や放射線の専門家らが今回の発見の重要性を認識するなど国際的な関心を集め始めました。

 

 

ストックホルムの大学、カロリンスカ研究所のOlle Johansson教授は、今回の実験に多大な関心を見せ、追跡研究を計画しているほどです。

 

同教授はブリュッセル自由大学の教授とチームを組み、少女たちの発見の評定を始める予定になっています。

 

 

 

   

 

 

(抄訳終了)

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

【コメント】

 

 

イギリスでも携帯電話の電波を5G(第5世代移動通信システム)に移行しようとしているそうですが、こんなのが実現されてしまうと地球上の自然の電磁波が乱れることはもちろん、人間などの生物全般に対する影響も大きなものになるでしょう。

 

 

そこまでするほど携帯の電波なんて、大事なものなのでしょうか?

 

 

本文の実験を行った学生さんたちは、寝る時にだけ気をつけているというような表現がなされていましたが、もちろん起きている時も携帯電話の使用には慎重になりたいものです。

 

 

 

【関連記事】

 

★携帯・機種別の電磁波の強さ一覧と発がん性について

 

 

   

 

 

https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12347157051.html

 

 

 

◎ 関連

治療効果よりも有害性の気になる処方薬6種

 

https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12346610111.html

 

 

 

発酵食品

  • 2018.01.07 Sunday
  • 01:00

 

☆ ひたすら 海外短期移住を繰り返したいと 現実的には不可能のような希望で 調べものをしていますが 

 

日本が一番 という言葉にはぞっとしますが それぞれの国や民族には 素敵なものがあるのも本当と思います。

 

 

日本の発酵食品は 素晴らしい知恵ではないのかと思っています。

 

 

自分でできるかどうか はなはだ疑問ですが 英国在住の ココヘットさんのお手製 発酵食品の記事です。 

 

 

 

◎ 個人的なことなのですが、最近すっかりと発酵にはまっています。

料理が下手で、イギリスの食べ物の味があまり口に合わない私には、簡単でおいしい発酵食品はかなりの助けになっています。

 

こんな私でも、しかも海外ででもできた発酵食品をいくつかご紹介させていただきます。

 

 

 

★ぬか漬け

 

日本にいた時は苦手だったのですが、ご飯にあうおいしいお漬物が手に入りにくいイギリスでぬか漬け名人のような日本人の方が近くに住んでらして、すっかり好きになりました。

 

 

とはいえ、イギリスではぬかは手に入りにくいし送ってもらうには少し重いので、日本に里帰りした際にぬか漬けの素を買って持ち帰って挑戦することにしました。

 

 

海外ではぬかに相当するRice Bran という粉も売られており、これでもぬかっぽくなるという話もありますがそれには挑戦していません。

 

 

毎日混ぜないといけないなど、奥が深くて難しそうな感じでしたが。。。

 

最初から大成功!(私の勝手な基準ですが(;'∀'))

 

これがあれば簡単に一品増えるので助かっています。

ぬか床は「野菜を入れておくだけで、勝手においしいお漬物ができる装置」のようです❤️

 

 

ただ一度、うっかり室温に放置したままにしておいたことがありました。うっかり開けると、この世のものとは思えない匂いがしましたので、ご注意ください。(うちは常に冷蔵庫に入れています)

 

あと、使い古したり、使えなくなったぬか床は肥料としてもいいそうで本当に無駄がないですね!

 

 

 

 

★納豆

 

意外と納豆も冷凍食品として、稀にイギリスでも買うことができますが、ちょっと遠くに行かなければ手に入らなかったり、行っても品切れだったりで貴重品扱いでした。

 

しかしうちの子供は二人とも納豆が大好きなので、「次にいつ買えるかわからない」とケチるのも嫌だったので探してみると!

 

冷凍の納豆を元に納豆を増殖できることが判明!

 

 

 

*海外で簡単手作り納豆*

 

https://cookpad.com/recipe/2575642

 

 

納豆菌にまでこだわる人もいるようですが、細かいことはともかく納豆が食べ放題というのに惹かれ、気軽に手に入る冷凍納豆(日本からの輸入)で作ってみました。

 

 

これも最初から意外と成功。

 

要はゆでた大豆に納豆を混ぜ、暖かいところに置いておくと納豆になるようです。

 

 

米麹と同様、クーラーボックスに湯たんぽを入れて、たまにかき混ぜる程度でできます。

 

ただしできてから冷蔵庫に入れて発酵を進める段階で、うっかり忘れて2日くらい放置しておくとちょっとアンモニア臭が強めになるのでそこだけはしっかりした方がいいですね。

 

(冷蔵庫での発酵段階がないと、ゆでた大豆も少し固めだったりするのでその段階は必要です)

 

 

 

☆ その他 味噌  アップルビネガー  キムチ などは 元記事で ・・・

 

 

https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12333573606.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日清の遺伝子組み換えを報道したロシアの無事を祈る  日清製粉

  • 2017.12.14 Thursday
  • 00:10

 

日清というと 正田家と とっさに私は思いました。

 

調べてみると 日清製粉と 日清食品とは違うとありましたが  ?

 

 

日本は 放射能で 遺伝子の変化を調査しているのですから 出世する会社は 毒を入れているのは当たり前です。

 

あたかも 今の政府だけが悪いと また 正しいバッシングをしていくでしょうが。

 

 

森永 チッソ など 完璧に毒をもっていると分かっている家系が 重んじられているのです、それが基本です。

 

このような たんに事実の報道にも 火病組は 怒っているようで ロシアは 日本の怖さを知り 距離を置いていただきたいものです。

 

 

 

 

12.12  露消費監督庁が日清カップヌードルに遺伝子組み換え食品を発見


ロシア消費監督庁が米国の工場で生産された日清カップヌードルを調べた結果、遺伝子組み換え大豆が使用されていることを明らかにした。同庁のサイトが発表した。

 


それによれば、米国、ガーデナCAの工場で製造されたビーフ味の日清カップヌードルに全体の重量の9%を超す遺伝子組み換え大豆が使われていることがわかった。

 


日清カップヌードルのパッケージには遺伝子組み換え食物が使われているとの表示はない。これは関税同盟の技術的規制の要求項目に違反する。

 

この状況については連邦関税庁に報告がなされており、ロシア消費監督庁はすでに全国の支部にこの食品の回収を命じている。

 

 

 

 

 

 

 

「毒を盛る」明治以後の日本 vs プーチンロシア

  • 2017.11.27 Monday
  • 23:59

 

 

11.25  マクドナルドもKFCも外国エージェントと認定へ 露下院から提案

 

 

ロシア下院(国家会議)のボリス・チェルヌィショフ議員はマクドナルドやKFCなどロシアに展開する外国のファーストフード・レストランを外国エージェントと認識することを提案した。

 

 

チェルヌィショフ議員は提案の書簡をすでにロシア消費者監督庁のアンナ・ポポヴァ長官および、同庁の指導部のアレクサンドル・ジャロフ通信、IT、マスコミ担当に送っている。

 

チェルヌィショフ下院議員は、ファーストフード・レストランおよぶその「アグレッシブな広告」はロシア国民に不健康なライフスタイルおよびロシア国民にとって異なる外国の価値観をワクチン注入するものと規定し、同時に伝統的なロシア料理も人気を失うと危惧感を示している。

 

 

「ファーストフードのイデオロギーとは健全な生活撲滅である。

 

我々は自分らの食べ物を食べなくなる。パーム油脂など有害な食材を使用した食物を常時摂取することで体内組織は侵され、肺、心臓、腎臓、肝臓が病み、肥満になってしまう。ファーストフードに我々が支払う金は国外へと出ていくものだ。

 

 

チェルヌィショフ議員はこの事態はロシア国民全体に甚大な損害をもたらしていると指摘する。

 

「これを鑑み、私はマクドナルドおよび他のファーストフード・チェーンをロシアにおける外国エージェントと認識し、こうした組織への検査を強化するよう要請する。

 

私はこうした組織の広告およびバーナーにはすべて『外国エージェント』のマークが付けられるべきと確信している。」

 

 

今年4月、ロシア保健省はファーストフード、清涼飲料水、菓子の広告の制限を提案した。

 

この構想は2025年を目指した国民の健全なライフスタイル形成の戦略に先送りされたが、保健省内ではこの発案は支持されなかった。

 

この夏、スクヴォルツォヴァ保健相は、有害食品の広告制限を引き続き支持するとする声明を表していた。

 

 

 


☆ NWOの国では なんとか 人類の遺伝子を破壊する毒性のある食物を 勧めていく。


そして そうすることで その国の 大きな企業と発展する。

 

 

そういうことに 国として反対し 人類としての国民を守ることができるのは ロシア以外に あるのか?

 

 

でも アメリカでも 結構 毒性には ナーバスになってきているようですが 日本は 放射能からでも 毒を入れようとしています。

 

また マックは また 別な意味でも 偽ユダヤ企業ですね。


人類の食の安全を プーチン大統領は とても重要に考えているようですね、いずれ 人類に広まることを願っています。

 

 

冬の力水  ショウガ

  • 2017.11.23 Thursday
  • 02:43

 

 

🥃カゼ知らず、冬の"力水"はこれ️

 

 

生姜の薄切りを3分ほどに煮出したお湯をポットに入れておいて、紅茶を入れたり、ジュースで割ったり。

 

ちょっと喉が痛いかも、鼻に来たかも、くらいなら、これを三杯くらい飲めば、翌朝すっきり

 

 

   「しょうがドリンク」の画像検索結果

 

 

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/933179806136410113

 

 

 

「日本の種子を守る会」設立

  • 2017.07.29 Saturday
  • 02:10

 

 

遺伝子組み換え企業から公共品種守るため「日本の種子を守る会」設立

 

2017年7月27日12:38PM|カテゴリー:社会|admin

 

 

「日本の種子(たね)を守る会」の設立総会が7月3日、参院議員会館講堂で開かれ、

 

4月に国会で廃止が決まった主要農作物種子法(種子法)に代わり種子の公共品種を守る新たな法律の制定を求める方針を決めた。

 

 

同会は種子法廃止を受け、山田正彦元農水相が中心となって結成を呼び掛けてきた。

 

 

同法は稲や麦、大豆などの穀物種子を国が管理して各都道府県が原種を維持することを定め、種子を農家に安定供給することを可能にしてきた。コメの種子が100%国内自給できたのは、同法によるところが大きい。

 

 

しかし、規制改革推進会議は同法の存在が「民間企業の参入を阻害している」として廃止を打ち出し、2月に閣議決定。

 

 

十分な審議もなく4月14日、参院本会議で廃止法が可決、成立した。

 

 

これにより、いずれ世界の遺伝子組み換え企業が日本の種子市場を支配していくことは避けられない。

 

 

会場には350人の市民が詰め掛けた。

 

 

総会に先立ち、発起人代表でパルシステム連合会前理事長の山本伸司氏が会設立の経緯を説明。

 

 

西川芳昭龍谷大学教授が「種子の多様性を守る〜人間と植物の共生の視点から」の題で講演した。

 

 

総会では参加者から活発な意見が交わされ、

 

「私たちは大きな公共財産を失うかもしれない瀬戸際にいる。

 

前の世代から受け継いだ豊かな財産を将来の世代へとしっかり渡していく責任がある。

 

それには日本に種子の公共品種を守るための新たな法律が必要と考える」などとする設立趣意書が採択された。

 

 

会費や役員などを規定した会則を承認するとともに、発起人代表でJA水戸の八木岡努氏を会長に選出。山田氏は顧問に推され、受諾した。

 

 

同会は国会議員や地方議会などに働き掛け、種子法が廃止される2018年3月末までに新法制定を実現する構えだ。

 

(高橋清隆・ジャーナリスト、7月14日号)

 

 

http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2017/07/27/antena-40/

 

 

うつ病と抗うつ剤

  • 2017.06.01 Thursday
  • 06:11

 

 

抗うつ剤はうつを治療せずむしろ悪化させている可能性について

Antidepressants May be Worsening Depression, Not Treating it

 

 

 

 

 

 

2015年7月

 

何年もの間、うつ(鬱)病は脳内のセロトニンのレベルが低いことが原因となっていると言われてきました。

 

しかし現在、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)のマーケティングは「作り話に基づいた」ものにすぎず、危険な誤解にすぎないという警告が発せられています。

 

 

SSRIの使用は、90年代初頭に急上昇しました。それまでは精神安定剤がうつ病に対する標準的な治療とされており、SSRIはそれよりは安全な代替役としてみなされたのです。

 

 

従来の三環系抗うつ薬(TCA)よりは効果が弱いながらも、SSRIは脳内のセロトニンレベルを修復させると考えられ、「そこから後に、SSRIは科学的不均衡状態を治療するという考えに変わっていった」ために人気を博したと、ウェールズ北部バンガーにあるハージェスト精神科の担当長であるデイビッド・ヒーリー氏は考えています。

 

 

BMJ(イギリス医学会会報)上に発表されたヒーリー氏の報告書によれば、90年代、SSRIがセロトニンのレベルを上昇、あるいは低下させるのかは誰も知らず、そもそもSSRIを用いた治療に治療の効果があることを示す証拠は全くないと記しています。

 

SSRIは以前の治療薬よりは副作用が少なく、オーバードーズの場合にも比較的安全であるという点が人気の原因となりました。

 

 

うつ病は情緒的疾患としてではなく、むしろ感染による病気に再分類するべきだとヒーリー教授は考えていますが、こう考えるのは彼だけではありません。

 

 

NY州立大学ストーニーブルック校のTurhan Canli教授によるとうつ病は寄生生物、バクテリアやウィルスに感染することが原因である可能性があり、彼の仮説を検証するさらなる研究が必要だと主張しています。

 

 

その仮説が正しい場合、うつ病の予防のためのワクチンを開発することが可能であると同教授は話しています。(この解決策が正しいものかについては私たちには断言できませんが)

 

 

一流の精神保健の専門家らは、うつ病の原因は単なるセロトニンレベルのみによるものではない可能性があることを知っていましたが、一般大衆はそのような情報を聞くことはありませんでした。

 

 

 

ロンドンの精神医学の大学の校長、サイモン・ウェズリー卿によると、SSRIは心理療法と併合された場合には効果があると考えていますが、「ほとんどの研究家はとっくの昔に古いセロトニン・モデルから離れています」とも話しています。

 

さらに、抗うつ剤を処方されている人のうち70%はうつ病ではないという報告書も存在しています。

 

 

薬学・病理学の専門家で国営病院の支部などの機関で代表を務めるデイビッド・テイラー教授は、次のように考えています。

 

「ヒーリー教授は強硬に議論をしています。存在していたこともなく存在しない根拠の弱い考え方に反対しているのです。つまりSSRIが脳内でバランスを失ったセロトニンを『是正する』という考えを神話だとしているのです。

 

研究家や精神科医などは、SSRIは複数の障害に効果があることを認識していますが、どのような機構で効果があるのか、確実なところはわかっていません。

 

セロトニンに対して実証可能な効果はありますが、脳に多数の間接的な二次的影響を与えます」

 

 

 

薬学に関するジャーナルの元編集長であるマーシャ・エンジェル女史は、NYタイムズの本のレビューの中で広まっているこの仮説について次の通り見解を述べています。

 

 

「問題の向精神薬が脳内の神経伝達物質レベルに影響を与えることが発見された際、髄液内の分解産物のレベルが主な根拠とされていました。そして精神疾患の原因は脳内のこのような化学物質の濃度の異常であり、適切な医薬品によって特に対処できる、という仮説が立てられたのですが、(中略)これは論理の大きな飛躍でした。(中略)

 

そもそも神経伝達物質が疾患になんの関係がなかった場合でも、一部の医薬品が神経伝達物質のレベルに影響を与え、症状を改善する可能性は大いにありえます(さらに言えば、医薬品によって症状が改善された場合、まったく違う作用機序によって起きた可能性もあります)。

 

この論拠に立つと『アスピリンの摂取量が少なかったことが高熱の原因だ』と主張することができます!」

 

 

 

うつ病の原因が何であったとしても、その疾患を「治療する」ために使われている医薬品では改善されることはないとヒーリー教授は警告を発しています。

 

そして実際のところ一部のケースでは、新薬の安全性や効能は低下し続けています。

 

 

ヒーリー教授:「コンピューターや電子レンジなど私たちが生活の中で使用している他の分野の製品は、毎年改良されています。しかし医薬品はその例に当てはまらず、今年販売の治療薬が大ヒットの売り上げを叩き出したとしても、その薬は旧モデルよりも効能が弱く、安全性も低い場合があります」

 

 

抗うつ剤の使用は、うつ病の根本的な原因に対処しない可能性があるだけでなく脳の機能を危険に、かつ永久的に改変する可能性もあります。

 

 

マコーラ博士(Mercola)によると、患者はうつ病からより短期間で回復しているものの再発の可能性はより高く、あるいは部分的にしか回復せず、慢性的なうつ病の状態の場合は決して(抗うつ剤によって)完全に治されることはないということです。

 

臨床的にうつ病と診断され抗うつ剤治療を受けた人のうち、一時的に回復し、回復した状態が長期間続いた人はわずか15%しかいません。

 

残りの85%の人は再発を繰り返し、慢性的なうつ病になり症状に悩んだままの状態です。

 

 

 

医学ジャーナリストでピューリッツァー賞受賞候補にもなったことのあるロバート・ウィタカー氏はマコーレ教授に次のように話しています。

 

ウィタカー氏:「90年代までにはうつ病の長期化という変化は明らかになり、ようやく研究者による取り組みが行われました」

 

「イタリア出身のジョヴァンニ・ファヴァ氏は『抗うつ剤の方向性が変わってきています。うつ病は一時的な疾患から慢性疾患に変わってきており、これについて取組む必要が本当にあります』と話していました。

 

それだけではなく、うつ病が(抗うつ剤を使用中の)人々の中でこれまでになく、より深く浸透しているのです

 

 

 

向精神薬は実際に神経伝達物質を妨害し、普通の生物学的機能を維持するために必須である脳内の繊細なプロセスを乱し、精神疾患を模倣するような副作用をもたらす結果を招きますが、それが発症の原因である可能性が高いといえます。

 

「数週間、向精神薬を摂取した後には脳で補てんしようとする動きが損なわれ、医薬品の作用機構を反映した副作用が現れ始めます。

 

たとえばSSRIは、セロトニンの過剰による躁病の発症の原因となる可能性があります。

 

抗精神病薬の使用は、パーキンソン病に類似した副作用の原因となります。ドーパミンの枯渇(パーキンソン病でも枯渇する)がその原因です。

 

副作用が発現することで、患者は他の医薬品の治療も受けることになり、多くの患者が多数の診断名と、それに処方された向精神薬を摂る羽目になっています」

 

 

 

著者

ジュリー・フィルダー(Julie Fidler)フリーランスのライター、法律関連のブロガー、そして「Adventures in Holy Matrimony: For Better or the Absolute Worst」の著者である。

ペンシルバニアで夫と二匹のバカバカしいほど甘やかされた猫と暮らしている。

自分のブログではたまに尊大に話すことも。

 

 

この記事は当初、「naturalsociety.com」上で発表されましたが、許可をいただいて利用させていただきました。オリジナルの記事はこちらです。

 

 

 

(翻訳終了)

 

【参考】http://www.bbncommunity.com/antidepressants-may-be-worsening-depression-not-treating-it/

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 

【関連記事】

 

★抗うつ薬とプラセボ(偽薬)の臨床試験の結果からわかること (外部の記事、2015年)

 

★子供の脳を損傷する化学物質の数は、科学者の当初の予想を超えていた

 

★アスパルテームは殺虫剤で化学兵器です

 

★向精神薬と大量虐殺の関係/魚+プロザック=殺人魚に

 

★松果体の石灰化を進行させない方法

 

★松果体をデトックスする方法

 

★松果体を活性化させる方法

 

★日光浴で ガン・インフルエンザ・肥満・うつなどが予防できる?

 

★がんやうつ、喘息や関節炎、免疫力低下まで・太陽に当たっていますか?ビタミンD不足について

 

★子供に精神薬を売りつけるためデータを偽造していたGSK・パクシル・・・

 

★子供にあげてはいけないもの20 パート1

 

★くまのプーさんたちが精神科医に行ったら

 

★ADHDという病気は作られたもの

 

 

https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12276533014.html

 

 

 

 

 

ロシアの 豆腐

  • 2017.05.28 Sunday
  • 01:53

 

 

5.25 スプートニクQ&A「ロシアの豆腐ってどんな味?」

 

 

 

   

 

 

 

人間の健康は、食べるものによって直接影響を受けるものだ。

日本の人達が、かなりのお年になられても、大変健康そうに見えるのも、やはり日本の食と深く関係があると思われる。


そうした事から、今世界中で益々日本食がブームになっているのではないだろうか? ロシアでも日本食は大人気である。

 

おまけにロシア人は、あの「トーフ(豆腐)」を気に入り、最近ではロシア人にとってはなじみは薄いが、極めてヘルシーなこの「大豆のカッテージチーズ」風の食べ物を自ら生産する会社も現れた。



スプートニクのアーラ・ソロヴィヨワ記者は、ロシアの「トーフ」生産会社「ヤーソ」のヴィタリイ・ユストゥス社長に、電話で話を聞いた。社長は「トーフ]生産のいきさつを次のように話している


「1998年、西シベリアの町トムスクの健康食品愛好家10人余りが、ロシアの『トーフ(豆腐)』作りを始めようと決意しました。

 


しかし製品化するためには、調査研究。実験に長い年月と困難な道のりを経験しなければなりませんでした。

私達は、我々が追い求め、あらゆる要求に答える国産オリジナルの『大豆のコッテージチーズ(ロシア語でトゥヴォログ)』のレシピを、すぐには見つけ出すことができなかったからです。

我々の勇敢なアイデアを実際の商品にするのは、極めて難しいことが分かりました。

 

 


しかしついに2015年『ヤーソ(ЯСО)』の商標でオリジナル豆腐を生産するユニークな方法の特許を取ったのです。」


なお、この「ヤーソ」という名前は、一体どこから来たのだろうか? この点についてユストゥス社長は「大豆を意味するロシア語『ソーヤ(соя)』をもとに名付けた」と説明している。
 

 


ロシアの「ヤーソ」は、日本の伝統的なプレーンな豆腐に比べ、もっとやわらかでジューシーだ。

そして重要なことは、封を切らなければ180日間、冷蔵庫で保管可能な点だ。

 

これは、合成保存剤あるいは安定剤など化学物質を使わないで食品を長持ちさせる期間としては、驚くほど長い。

それを可能にしたのは、長らく秘密の軍事都市として発達してきたオムスクの企業に蓄積された技術であり、それをもとにしたレトルト食品包装技術改善の努力である。
 

 


おまけに、こうしたロシアのオリジナル豆腐の生産は、トムスク以外の地域でも行われている。しかし西シベリアの小都市トムスクは、何と言っても「トーフ」作りの拠点であり、かなりの成功をおさめている。

 

 

 

 

 

なお、スプートニク・サイトのユーザーさんの中で、何かご質問がありましたら、アーラ・ソロヴィヨワ記者が取材し「お答えします」。

ご質問は、直接以下のメールアドレスにお送りください。

a.solovieva@rian.ru

お答えをサイトにアップする日付は、予め直接メールでお知らせいたします。 どしどし、ご質問をお寄せください。


 

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

ロシア産 蜂蜜

天然蜂蜜(リンデン) 190g ロシア産
クリエーター情報なし
株式会社渡森

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM