スポンサーサイト

  • 2020.06.25 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ワクチンの暗い過去を隠し 摂取させようとする利権

    • 2020.06.11 Thursday
    • 18:37

     

     

     ウイルス性の伝染病をプロットの軸に据えた映画やテレビ・ドラマが話題になっている。

    本ブログではステファン・キングの小説​『デッド・ゾーン』を原作とするテレビ・シリーズのうち2003年7月13日に放送された「伝染病」​を紹介したが、一般的には2011年に公開された映画『コンテイジョン』が話題のようだ。


     このふたつのプロットには大きな違いがある。

     


    『デッド・ゾーン』はクロロキンという抗マラリア剤が有効だったとされているが、『コンテイジョン』はワクチンだ。

    大手医薬品メーカーを含む医療利権グループが宣伝したいのはワクチン。
     


    アメリカにおける伝染病対策を指揮している人物はNIAID(国立アレルギー感染症研究所)のアンソニー・ファウチ所長で、ワクチンを推進している。



     クロロキンやヒドロキシクロロキンは敵視され、リンパ球を刺激するというインターフェロン・アルファ2bはキューバで研究が進んでいることもあり、無視されている。

    『デッド・ゾーン』が『コンテイジョン』ほど話題にならない一因はこの辺にあるのだろう。


     しかし、ワクチンを魔法の薬のように扱うことは危険である。
     


    例えば1950年代に開発されたポリオ・ワクチンの場合、そのワクチンを投与したサルがポリオを発症することがすぐに判明したが、

    警告が無視されたことから多くの被害者が出た。


     バーニス・エディという研究者はワクチンの中に発癌性のSV(シミアン・ウイルス)40が混入していることにも気づく。

    これはサルを宿主とするポリオーマウイルスで、人間の体内に入り込むと癌を誘発するとエディは講演の中で語った。


     当時、彼女はNIH(国立衛生研究所)に所属していたのだが、その発言にNIHの上司は激怒したと言われている。ちなみにNIHはNIAIDの上部機関だ。


     組織の幹部は警告を封印し、医薬品メーカーはワクチンの製造を続けた。
     


    製造が止まるのは1961年7月。リコールが宣言されたものの、NIHは市場へ出回っている製品全てを回収することを命じなかった。

    そこでアメリカ人は発癌性のワクチンを1961年から63年にかけて接種されることになる。


     ジョン・F・ケネディ大統領の甥に当たるロバート・ケネディ・ジュニアによると、

    その結果、1996年の時点で健康な男性から採取された血液試料の23%、精子試料の45%からSV40が発見され、80年から95年にかけて生まれた新生児の6%が感染していたという。(Judy Mikovits & Kent Heckenlively, “Plague of Corruption,” Skyhorse, 2020)


     最近ではレトロウイルスのXMRVが問題になっている。

    癌だけでなくアルツハイマー病や自閉症の原因になるという疑いも持たれているのだが、そうした情報が広がると医薬品メーカーの経営にとって深刻な事態になる。

    利権グループはあらゆる手段を講じて情報を封印しようとするだろう。


     新型コロナウイルスでも利権グループはワクチンを接種させようと必死だ。強制的に行おうとする動きもある。

    利権のネットワークは医療システムだけでなくメディアの世界にも張り巡らされている。

    医薬品メーカの経営状況はウォール街やシティを拠点とする巨大金融機関のカネ儲けにとっても重大な問題だ。


    https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202006070000/

     

     

     

     






     

    コロナに よもぎ

    • 2020.05.14 Thursday
    • 17:30

     

     

    「コビッド・オーガニクス」と呼ばれるこの薬草茶は、抗マラリア作用が確認されているヨモギ属の植物やその他の在来種のハーブから作られている。

     

     

    タミフルを開発した会社が コロナ騒動でも登場

    • 2020.05.07 Thursday
    • 19:34

     

     

    中国ではCOVID-19(新型コロナウイルス)に対して​インターフェロン・アルファ2b​が有効だったと言われている。

    これはキューバで研究が進んでいる薬だが、
    その製造工場が吉林省長春にもある。


    今回の件で中国の習近平国家主席はキューバのミゲル・ディアス-カネル大統領に謝意を述べたという。


     キューバの成果を語ることをアメリカが許さないため、この薬の話は西側で話題になっていない。


    話題にされているのはアメリカの製薬会社ギリアド・サイエンスが中国の医療機関と協力して開発しているというレムデシビルだが、初期臨床試験は失敗に終わったとも言われている。


     中国の医療機関にはアメリカの細菌兵器開発と関係している人が存在する。

    例えば、アメリカ国防総省のDARPA(国防高等研究計画局)やDTRA(国防脅威削減局)は2018年からコロナウィルスのコウモリからヒトへの感染に関する研究を進め、DARPAと関係の深いアメリカのデューク大学が中国の武漢大学と提携、2018年にデューク崑山大学を開設している。


     ところで、ギリアド・サイエンスは2009年1月から10年8月にかけて「新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)」が流行した時にも登場した。

    インフルエンザの特効薬としてタミフルが宣伝されたが、その薬を開発したのがこの会社なのだ。

    1997年から2001年までドナルド・ラムズフェルドが会長を務めていた。

     タミフルは早い段階に服用すれば、少し早く直ると言われているが、2005年12月4日のサンデー・タイムズ紙によると、数十名のインフルエンザ患者を治療したベトナムの医師はタミフルが効かなかったと話している。


     本ブログでは何度か書いたことだが、ラムズフェルドが国防長官を務めていた2005年に国防総省はタミフルを備蓄するために10億ドル以上の予算を計上、日本も大量に買っている。

     豚インフルエンザの時もWHOはパンデミックを宣言したが、実際は大騒ぎするような状態でなかった。これについては西側の有名メディアもインチキだと報じている。


     ラムズフェルドは1977年から85年にかけてGDシアーレという医薬品会社の経営に携わっている。当時、この会社は経営状況が悪化していて新薬で苦境を脱しようと目論んでいた。

     ところが、その薬をFDA(食品医薬品局)は認可しない。薬品の検査報告が偽造されていた疑いがあったのだ。

    悪性腫瘍を良性と偽り、死んだラットを生きていることにしていたという。そんなときにラムズフェルドは経営者として迎え入れられたのである。


     FDAは検察に対してGDシアーレの違法行為を伝えたが、FDAの規定が曖昧だという理由で不起訴になった。

    この件を担当した検事はジョージ・H・W・ブッシュ政権(1989年1月から93年1月)で運輸長官に就任したサム・スキナーである。


     この会社は人工甘味料でもFDAと対立していた。この物質は脳に病変を起こすとワシントン大学医学部のジョン・オルニー博士が証明、安全だと主張する会社側と対立する。

     1980年9月に問題の甘味料を許可しない評決が出たが、この年の大統領選挙でロナルド・レーガンがジミー・カーターの再選を阻止した直後にFDAの局長は解任され、政権発足後の4月には新しい局長としてアーサー・ハル・ヘイズが就任。ヘイズは1981年7月、問題の人工甘味料を認可した。


    https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202005030001/

     

     

     








     

    WANTONブログさんより  「重曹」

    • 2020.03.31 Tuesday
    • 18:43

     

     

    メルマガ読者様からのご質問

    メルマガでご紹介のアイテムは
    肺に入った新型コロナウイルスに
    有効でしょうか?

    東京の 〇〇 〇 と申します。
    いつも大変有益な情報をありがとうございます。
    毎回メルマガの配信を楽しみに待っております。
    昨日の都知事の会見で東京はロックダウンの
    可能性も出てまいりました。

    日頃、金平様の情報を頼りに予防はしておりますが、
    一つご質問をさせて頂きたいことがございます。

     


    以前、肺の細菌、ウイルスに効果が期待できるのでは?
    と、仰っていた〇〇〇〇〇ーに
    重曹を入れて口や鼻から吸い込む方法は
    今回のコロナウイルスにも有効でしょうか?

     


    全国の中で東京が一番危険な場所になるかも
    しれないと思い始めています。
    お忙しいと存じますが、ご回答頂けると幸甚でございます。
    よろしくお願い致します。

    ======



    管理人

     

    メルマガでご紹介のアイテムというのは
    通販でも簡単に購入できる医療アイテムです。


    ただ、医師法や薬事法に抵触してはいけないので
    公開ブログでは、オブラ−トに包んで伏字で
    記述するしかありません。

    メルマガ読者の方は既に、ご存じの事と思います。

    第17期メ−ルマガジン
    ( 去年11月から今年1月までの3ヶ月間 )

    ★メルマガ135号 
    肺ガンや肺腺ガンの本質と治療法とは!?



    ★メルマガ140号 


    肺ガン・肺炎・喘息の為の最高度の救命情報!!
    ガンは真菌と白血球のDNAが融合して
     出来たハイブリッド種である!!

    以上のメルマガを読んでいただく他はありません。

     


    要は・・・
    喉や気管支や肺に入ってしまった
    新型コロナウイルスに対しては・・・
    毒性のある消毒薬や殺菌剤は使えないのです。
    だから、大変やっかいなのです。



    つまり、人体に無害であり
    しかも
    新型コロナウイルスに有効でなければなりません。

     

    それには、弱アルカリでマイナスイオンを
    霧状にして、気管支や肺に送るしかないのです。

     


    空気中の新型コロナウイルスに対しては
    重曹水を噴霧器で噴霧することが有効であると
    記事にも書きました。
    その原理は以下の記事に書かれています。



    医療関係者からのご質問にお答えします
    〜 #新型コロナウィルス #インフルエンザ
    https://ameblo.jp/64152966/entry-12576929864.html

    中にはあざ笑う人もいると聞きますが、
    文句があるのなら
    東京大学医学部の山野井博士に言って下さい。

     


    私は徹頭徹尾〜科学を基本に記事にしていますので
    批判するのなら科学を基にして欲しいと思います。

    さて、空気中の新型コロナウイルスならともかくとして
    問題になるのは、一度、体内に入ってしまったウィルス
    にも有効かどうかといった話になりますが・・・

    少なくとも、その威力は空気中よりも
    半減するものと考えられます。

    しかしです・・・

    弱アルカリ環境やマイナスイオン環境の下では
    ウィルスは繁殖出来ない事が判明しています。

     


    ★酸化していない細胞や組織では、
    癌は成長も増殖も転移も悪性化もできない。
    https://ameblo.jp/64152966/entry-11986665526.html




    無論、癌だけではありません。
    ウィルス、細菌、カビ菌も原理は同じです。

    体内が → 酸性化と酸化の方向 → に進むと
    ウィルスは大繁殖していきます。

     


    重曹水が霧状になって
    気管支や肺に届くと・・・
    マイナスイオンが酸化を防止します。
    弱アルカリですから、酸性化も抑制します。

     


    私は全て科学的根拠を基にしています。
    メルマガ読者さんには
    医師や歯科医、看護師さんの他にも
    エステサロン、整体院の経営者さん達がおられます。

     


    科学的根拠が無いものが通用するほど
    この方々は決して甘くはありません。

    伏字にしてある医療アイテムの情報も
    医師や看護師といった医療関係者さんから
    教えられたものです。
    しかし、その医療アイテムの実名は
    出さないほうがいいだろうとの判断です。



    ブログもメルマガも続けていく必要があるからです。
    もう既に、ブログもメルマガも多くの妨害を
    受けています。
    巨悪ガン利権マフィアの連中が、私のメルマガサイトを
    悪質危険サイトに指定している可能性もあります。
     

     



    ======






    なので、このような現状、全てを公開出来ないことを
    どうか皆さん・・ご理解下さい。


    必読 ↓

    〜 重曹の奇跡 〜
    https://ameblo.jp/64152966/entry-12570010764.html








    【光軍の戦士メールマガジン】


    申し込みフォーム
    http://wantoninfo.com/


    メルマガのメールアドレス
    mail@wantoninfo.com


    副題
    日本と世界の歴史がひっくり返る 〜
    隠された日本民族のルーツが明らかに!?

    今年2月から4月までの3ヵ月間
    ----------------------------------------------------

     

    https://ameblo.jp/64152966/entry-12585071786.html

     

     

     

    種苗法改定反対署名

    • 2020.03.09 Monday
    • 18:51

     

     

     

     

    【緊急】種苗法「改定」に反対する署名運動を始めます!

     

    農民運動全国連合会(略称:農民連)
    Japan Family Farmers Movement "NOUMINREN"

    〒173-0025 東京都板橋区熊野町47-11 社医研センター2階
    TEL (03)5966-2224 E-mail:info@nouminren.ne.jp

     

     

    http://www.nouminren.ne.jp/index.shtml

     

     

     

    (前略)  政府は、3月3日に種苗法「改正」案を閣議決定しました。今通常国会で成立させる方針です。

     

    同「改正」案は、これまで認められてきた種子や苗木の自家増殖を事実上、一律に禁止するもので、農家とっては種子を毎年購入しなければならないなど、新たに大きな負担が発生します。

     

    農民連は種苗法「改定」の中止を求める個人署名運動に取り組みます。ご協力をお願いいたします。

     

     署名用紙はこちらからダウンロードしてください。
     ※ 国会請願署名です。自署して郵便でお送りください。
    (以下略)

     

     

     

    登録品種の自家増殖を禁止する種苗法改定(中略)それはアジアや世界の農家の種子の権利をも制限しようとしている。(中略)
    日本政府は種苗法改定とセットでアジアなどで新品種保護を徹底させるために10億円近い予算を計上している。
    UPOV1991年条約は先進国の種苗企業などのロビー活動で作られ、新品種の知的所有権を守ることを批准国に求めるもの。(中略) 
    日本政府は種苗法の改定、およびRCEPなど多国間あるいは二国間自由貿易協定において相手国にUPOV1991の押しつけをやめ、在来種保護・育成と小農の権利保護に向けて動くべき。(以下略)

     

     

     

    ☆ まず 署名運動や あるいは せんきょは 明治ニツポンには やるだけむだだと思います

     

    それでも 私は やるほうがおおいです。

     

     

    人間の魂は 全く通じないものたちです。

     

     

    ですので

     

    病気になるほどに 腹を立てるのも とても むだなことだと思っています。

     

    けれど 行動をする場があれば そうします。

     

     

    知ったほうがよいのは

     

     

    天皇が偽物であり

     

    悪魔サイド (人口削減)に組することで 地位が成り立つ そして

     

    その手下は 李氏朝鮮 つまり なぜだか 日本人をころしたくて たまらない 軍隊だ ということです。

     

     

    日本人は死んで やつらは 生き残る 永遠に となるのかどうか わかりませんよ。

     

     

    やつらにとって 宇宙の支配者は 悪魔ですが はたして そうなのか わかりません。

     

     

    この署名は 一つの手段ですが

     

    それよりも

     

    天皇と 李の 正体を はっきりと 知ることが この時代に生きてきた責任だと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

    沖縄の薬草  マンジェリコン

    • 2020.02.25 Tuesday
    • 19:58

     

     

    ☆ 異邦人に 囲まれています。

     

     

     

     

    今回のウイルス騒動で 韓国も中国も 

     

    さすがに この なりすまし族のような 露骨な人間削除は しませんでしたね。

     

     

     

    マンジェリコンを 毎日 味噌汁に入れているという 記事がありました。

     

    知らない 自然の恵みが ありそうですね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    https://okinawa-itadakimasu.com/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%B3%E8%8C%B6/

     

     

     

    熱帯アジア、アフリカ、太平洋諸島などに分布しており、日本国内では沖縄県で栽培されています。

     

     

    最近ネット上でポルトジュンユを「沖縄マンジェリコン」としてで販売業者さんや オークションやフリマサービスで個人の方が販売しているのを見受けるのが多くなっています。


    恐らくマンジェリコンという名前を使った方が買ってもらい易くしたいとの意図があるようです。

     

     

    沖縄での栽培環境にとても適しているのでポルトジュンユを栽培して、 ポルトジュンユをわざわざ「沖縄マンジェリコン」として販売する必要がないからです。


    ちなみに、沖縄では「沖縄マンジェリコン」という名前のポルトジュンユはありません。

     

     

     

    マンジェリコンは古来よりインスリンの分泌を促進、血糖値を抑える効果を持つと言われています。


    また、余分な塩分を排泄し血圧を下げる効果のあるカリウム、血液をサラサラにし高血圧を予防するカルシウムなどが沢山含まれています。

     

     

     

     

     

    ソマチット   STAP細胞が証明された

    • 2019.08.03 Saturday
    • 22:01

     

     

     

     

     

    原始地球にやってきた地球生命の種

    ドカ〜ンと地球にぶつかった生命の種

     

     

     

     

     

    やる気
    元気
    勇気
    負けん気
    邪気

    いろいろあるがそれらは顕微鏡で見ることができる

    それがソマチットだ



    不都合な真実


    ソマチットの存在が世に明らかになるとどうなるか


    ・病気がなくなり不老不死に近くなる⇒病院・医師・薬は不要⇒医療機関・医療産業の崩壊

    ・正しい知識が拡散する⇒学者が職を失う⇒アカデミック産業の崩壊


    ・ソマチットを活性化する地球上で非常に多い鉱物ケイ素(シリカ・シリコン)が人気になる

     ⇒ケイ素は安いので儲からない上に他のパワーストーンや宝石が売れなくなる


    ケイ素の正体が太古の巨大樹木の化石であることがバレる⇒巨人族の存在がバレる


    ・ソマチットはミネラルだけで生きていけるので食品は要らない 

     ⇒食品を欲しがるミトコンドリア(食欲の素)の正体がバレる⇒恐竜と宇宙人の存在がバレる


     ※何故恐竜は地球に連れてこられたか 

     

    ※進化した宇宙人の体内にはミトコンドリアはない



    http://check.weblog.to/archives/6413882.html

     

     

     

     

     

    ◎ STAP細胞が証明された !

     

    ドイツ研究チームがSTAP再現に成功!

     

    〜小保方さんの名誉を回復せよ〜 | モトPのありのままの幸せ〜

     

     


    <小保方氏が発見したSTAP現象を、がん細胞の一種であるJurkatT細胞を用いて再現実験を試みた。

     


    同細胞に対しては、小保方氏がネイチャーで発表した細胞に酸性ストレスをかける方法ではうまくいかなかったため、独自に修正した酸性ストレスをかける方法を試してみたところ、

     

    細胞が多能性(体のどんな細胞になれる能力)を示す反応を確認した。

     

     

    それと同時に細胞が死んでしまう現象も確認されたので、何が細胞の運命を分けているのかを探っていきたい>

     

     

     

    ●がん細胞の分野で研究の価値大

     

     

    今回の論文で多能性を確認したAP染色陽性細胞は、小保方氏らのSTAP論文でも発現が確認されている多能性マーカーのひとつである。

     


    細胞が酸性ストレスによって多能性を示すという反応は、まさに小保方氏が発見したSTAP現象そのものだ。

     


    世界的に活躍する国際ジャーナリストで、自身もニューヨーク医科大学で基礎医学を学び医療問題に関するリポートも多い大野和基氏は、同論文を次のように評価している。

     

     

     

    「STAP現象の論文は撤回されたが、少なくともがん細胞の分野ではまだまだ研究の価値がある、ということだ。

     

    細胞の多能性に対する酸性 pH の効果は、がん生物学(がん幹細胞も含む)の分野では、注目されるトピックであり、STAP細胞が、がん細胞ではできた可能性があることを、このハイデルベルク大学の論文は示している。

     

     

    また、この研究者らの実験では、小保方氏が確認した多能性を示すOCT4の発現を変えることができなかったようだが、異なる結果として、De Los Angelesほかが、STAPプロトコルのような、強いストレスでOCT4の発現が増加した例を紹介している。

     

     

    ともあれ、『ネイチャー』のSTAP論文撤回後、海外の大学、しかもハイデルベルク大学において

     

    STAP現象を確認する実験が行われたことは注目すべきことである」

     

     

     

    がん細胞の一種であるJurkatT細胞に対して、小保方氏が行った方法ではうまくいかなかった理由について、ある生物学の専門家は

    次のように分かりやすく説明してくれた。

     


    「細胞の種類によってストレス反応に違いがあることも一因と考えられます。

     

    小保方氏はがん細胞以外の細胞を使っていたため、ストレスをかけるpHの違いが出ても不思議ではありません。

     

     

    また、培養系の実験では、緩衝材の違いはもちろん、試薬のロット(製造日)差によっても結果が違ってくるというのは周知の事実ですし、シャーレのメーカーによっても結果に違いが出ることがあるほどです。

     

    それほど微妙な調整が必要な世界であり、プロトコル(手順)通りにやっても同じ結果が得られないことは普通です。

     


    ハイデルベルク大学の研究グループは試行錯誤の結果、独自にSTAP現象を確認する方法を見いだされたのではないでしょうか」

     

     

     

    日本国内では、マスコミによる異常な偏向報道によって、完全に葬り去られたように印象づけられたSTAP現象だが、

     

    そのような先入観もない海外の大学によって再現実験が試みられた事実は大きい。

     


    https://ameblo.jp/welcome-elohim/entry-12334379731.html

     

     

     

     

     

    NWO食品

    • 2019.07.18 Thursday
    • 21:54

     

     

    買ってはいけない商品。

     

    NWOの多国籍企業ペプシ、ネスレ、クラフト、キャンベル等の食品の中に人の肝細胞や中絶された胎児の細胞株が含まれている。

     

    これらを買うことにより人々は中毒にさせらさせられている。それによりかれらは金儲けをしています。

     

     

     


     

     

    https://twitter.com/kie_pai/status/1151348896007778309

     

     

     

     


    これらは私たちが避けるべき食べ物です。主に食べてお金を稼ぐNWOが主な犯人のようです

     

    https://pbs.twimg.com/media/D_nc68iUcAA5jHf.jpg

     

    https://twitter.com/rjceo0/status/1151194098084134912

     

     

     

    ロシア  阿片ケシの栽培を認可

    • 2019.06.27 Thursday
    • 21:49

     

     







    6.27 ロシアで阿片ケシの栽培が許可へ


    ロシア上院(連邦会議)は、鎮痛剤の生産を目的に麻薬成分を含有する植物の栽培を許可する法案を採択した。

    同法案は部分的にはケシの栽培に言及している。

    対露制裁を発動している国にこうした医薬品のメーカーが法人登録されていることが、今回の法案採択につながった。


    法案には、こうした植物の栽培管理には国家企業が従事することが明記されている。




    ☆ ニツポンのソウリ夫人も栽培畑を使用

    医療大麻を まるでアヘンのように思わせるのは

    在日本李氏朝鮮の 731由来の製薬会社の利益を守るため

    殺人ワクチンなどを さかんに推奨している 

     

     

     


     

    医療大麻を日本人に与えたくない 異邦人ニツポン

    • 2019.05.20 Monday
    • 22:13

     

     

    ふー、日本は天皇日赤ら医療マフィアの儲けるためのお狩場!

     

    マスコミもグルで報道せず!

     

    〜WHOが「医療大麻は安全に使用できる」と宣言!「健康リスクはない」とも

     

     

    https://twitter.com/JunjiHattori/status/1069578009252835330

     

     

     

     

    また、やり始めた大麻あぶないキャンペーン!

     

    医療大麻を国連も認めていて、アジアでもタイ、韓国も認めているのに!

     

     

     

     

     

    その大麻禁止の経緯がわかる、わかりやすい動画!


    【こんな歴史があった!大麻が禁止されたたった二つの真実】
     

    https://youtu.be/HpE3ouEdeJQ

     

    https://twitter.com/JunjiHattori/status/1128567320232615937

     

     

     

     

     

    大麻合法化の波が東アジアにもやってきています。詳細は以下から。

     

    韓国で東アジアとしては初めて医療大麻が合法化されたことをFinancial Timesなどが報じています。

     

    それによると

     

    韓国の国会は11月23日に麻薬取締法を改正し、てんかんを始めとした難病患者への非幻覚性の医療大麻の処方を合法化しました。

     

    ただし、今回の法改正で可能となった医療大麻の処方は厳格な規制の下に行われることになります。

     

     

    患者はKorea Orphan Drug Centreに医療大麻の申請をする必要があり、同時に医師の処方箋も求められます。

     

    なお、許可が降りるかはケースバイケースだとのこと。

     

     

    韓国は最も大麻への罰則が厳しい国のひとつとされており、海外で合法な大麻を使用した場合でも逮捕、起訴されるため、

     

    今回の医療大麻の合法化は世界中で驚きをもって迎えられています。

     

     

    先日G7として初めてレクリエーション目的の大麻が合法化されたカナダのトロントを拠点とする大麻ベンチャーキャピタル「Ela Capital」のCEO、Vijay Sappaniさんは以下のように述べています。

     

     

    韓国の医療大麻合法化は厳しい規制と製品の制限があるとは言え、世界的な大麻産業からすれば特筆すべきブレイクスルーだ。

     

    韓国が東アジアで最初に医療大麻を国家レベルで合法化した重要性はなかなか理解されないだろう。

     

     

    今、関心は他のアジアの国々が韓国に続くかどうかではなく、いつ続くかになった。

     

     

    実際問題として、以前BUZZAP!でもお伝えしたようにタイでも医療大麻合法化の動きが現実のものとなっている他、世界で最も厳しい大麻規制と言われるマレーシアでも医療大麻を合法化する動きが始まっています。

     

    遠からず違法とする国が少数派になっていくのかもしれません。

     

     

    https://buzzap.jp/news/20181128-south-korea-ligalized-it/

     

     

    癌  ステロイド

    • 2019.04.15 Monday
    • 22:05

     

     

    ☆ 神の国ではなく 人類を滅ぼす 悪魔の国がニツポン。

     

    そのために いろいろやってます。

     

    wantonさんも 朝鮮に帰れと 言われながら がんばって 知らせてくれますね。

     

    危なくなったので その部分は メルマガという方法で。

     

     

     

    ◎ 久留米の細川博司先生もご存知ですか…

     

    日本で一番真実を語っているドクターです、

    一番街統合診療所

     

    ガンで苦しまれている方に教えたいです。

     

    ただ先生の治療は、すでに抗がん剤を盛られた方は

    時間がかかるそうです。

    近藤先生の放置の考えと共通しています。

     

    ガンは細胞診で針を刺すことで、爆発的に広がるそうです

    「ガンは怖くない」先生の口癖です。

     

     

     

     

     

     

     

     

    ★メルマガ112号

    発達障害や知的障害の本当の真犯人は

     日本語で検索しても出て来ない!?

     

    < 一部のみ引用します >

     

     

    翌朝になっても熱は引かず、

    さらに左足首と膝付近の腫れと痛み、右肩、脇の下、右腰にも痛みが広がりました。

     

    特に左足全体がまるで象の足の様に浮腫があり、

    歩くにも困難な状態でした。

     

     

    E.M 様のお身体のあちこちに一挙にひどい腫れと痛みが出たという点で、真っ先に考えられるのは

    毒物←が一番に考えられます。

     

    毒蛇→ヘビ毒

    ハチ→ハチ毒

    カビ→カビ毒

    ウィルス→食中毒など

     

     

    咬まれたり刺されたりしたら、いずれも酷く腫れますし痛みを伴います。

     

    E.M 様の免疫力が大きく低下した時に

    身体の内部に潜んでいたウィルスか細菌か、

    或いは、カビ菌の何物かが、やっと俺達の季節がやって来たと著しく〜活性化したと考えられます。

     

     

    増殖をし続け、活発に動き出したという訳です。

     

    身体は、その動きに敏感に反応し

    警戒警報 を発令し、免疫細胞 がいざ出陣です。

     

    免疫力をフル回転させる為にエンジン全開になるとその相互的生理作用として高熱を発する訳ですね。

     

     

    そして、何物か分らない悪玉菌と免疫細胞がガチンコで全面衝突するに到ります。

    いわば、全面戦争になる訳ですね。

     

    悪玉菌の武器は・・・猛毒〜です。

    これで、免疫細胞を近づけないようにします。

     

    その毒素によって、ひどい腫れや痛み・・そして、炎症が延々と繰り返されることになる訳です。

     

     

    E.M 様に起こった症状はかなり酷いものと見受けられました。

    なので、強力な毒素を持った悪玉菌でしょう。

     

    あれだけ酷いと・・・

     

    カンジダよりもアスペルギルスの可能性も考えられるところです。

    アスペルギルスのカビ毒〜アフラトキシンを私は少し疑いました。

     

    なかでもアフラトキシンB1は自然界でもっとも強力な発ガン物質として知られています。

     

    東京都福祉保険局

    アフラトキシン

    http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/kabi/kabi2-1.html

     

     

    あくまでも可能性として、アスペルギルスを提起しましたが、無論、他の細菌などの可能性も有り得ます。

    一つのものに決め付けるのは、いつの場合でも禁物です。

     

     

    8月からステロイド、プレドニン5ミリgを1日20ミリg?

    服用し、(朝5ミリ,昼5ミリ,夜10ミリg?)1ヶ月飲みました。

    すると見事に足の腫れや痛みは消え、

    元の大きさに戻りました。

     

     

    ステロイドは、免疫細胞を弱らせ・・・免疫力を低下させます。

     

    すると、悪玉菌と免疫細胞との間で繰り広げられていた全面戦争が休戦状態となります。

     

    当然、悪玉菌は毒素を出して必死に戦う必要が薄れる訳です。

    結果→、体内毒素が低下していきます。

     

    そして、腫れが少しづつ消えて行くと・・・

    こういう事になるのは自然の摂理です。

     

    しかし、体内の状況とというものは以前と全く何ら変わっていません。

     

    いや・・・むしろ、免疫力を低下させますので、

    悪玉菌は一層増え続けることになります。

     

    つまり、より悪化の一途をたどることは必定。

     

    その上、ステロイドの大変大きな副作用だけが延々と残り続けることになります。

     

     

    それは、時間の経過とともに

    更なる大きな悲劇を生み出す引き金になってしまうのは過去の無数の前例からも明らかです。

     

     

    著名なイシハラクリニック院長の石原結實氏は、

    人としての寿命が→10年縮まることもあるとはっきり明言しています。

     

    これが、ステロイドの真実ともいうべき事実です。

     

     

    免疫抑制剤とステロイド

     

    「週刊現代」2016年8月13日号より

    知っておきたい「万能薬ステロイド」の重大リスク

    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/49373

     

    副作用

     

    ・糖を合成する働きを高めるため糖尿病になりやすくなる

    ・免疫力が低下し感染症にかかりやすくなる

    ・血小板の機能を亢進させるため血栓症になりやすくなる

    ・白内障が進行する

     

    ●骨がスカスカになる

    ●大腿骨頭壊死

    ●うつ症状〜自殺

     

     

    イシハラクリニック院長の石原結實氏

     

    「ステロイドは免疫を抑制することで様々な病気の症状を抑えています。

    都合よく、体の『一部の免疫』が弱められるわけではなく、全身の免疫が弱くなっていく。

     

    外敵に抵抗する力が小さくなるのですから、

    様々な病気にかかりやすくなる。

     

     

    たとえばリウマチにステロイドを長期間使うと、

    肺炎やがんにかかりやすくなります。

     

    こうした病気は高齢者にとっては危険なものです。

     

    結果的には、ステロイドを使わなかった人に比べて、

    10年以上も寿命が短くなるということがあるのです」

     

     

     

    アトピーの人の人生を変えるステロイドの恐怖

     (副作用)

    https://yamayatop.com/steroid/horrorsteroid/

     

     

    •感染症を引き起こす可能性を上げる

     

    ウイルスやカビは外部からも攻撃を仕掛けてきます。

     

    ステロイドはもともと体内で生成されるものですが、外用することで感染症のリスクを引き上げてしまいます。

     

    それは免疫抑制作用が働くためで、アレルゲンだけでなく

    ウイルスやカビとも戦う力が弱まっているのが原因です。

     

    当然戦う力が弱まれば感染症を引きおこすリスクも高まるのです。

     

     

    •皮膚の萎縮

     

    •体内で酸化されアレルゲンになる

     

    人工的に作られた副腎皮質ホルモンは、生理的に作られた副腎皮質ホルモンと比べ、

    酸化しやすいという特徴を持っています。

     

    本来酸化されにくい生理的副腎皮質ホルモンは排便等によって排出されますが、

     

    人工的副腎皮質ホルモンは酸化されると体内にとどまります。

     

    それがアレルゲン、つまりアトピーの症状を引き起こす原因と化すのです。

     

     

     

    •IGE抗体の増加

     

    IGE抗体とは血液中に含まれるアトピーの症状を引き起こす物質(タンパク質)と思ったらいいでしょう。

     

    それが増加することによりさらなる症状を引き起こしてしまいます。

     

     

     

    •副腎不全

     

     

    ステロイドの長期使用時に見られる副作用です。

     

    生理的副腎皮質ホルモンが分泌されない状態に陥ります。

     

    長い間、人工的副腎皮質ホルモンに頼っていると、

    副腎ははそれに頼ろうとするためか自身の機能を働かせようとしないみたいです。

     

    ============

     

     

     

    https://ameblo.jp/64152966/entry-12454276915.html

     

     

     

     

     

     

     

     

    中川元大臣の死

    • 2019.04.07 Sunday
    • 22:21

     


    中川大臣_仕組まれた酩酊会見

     

    関係者は異常だと分かっていて、
    会見に臨んで失態を晒した責任があります。


    しかし報道メディアは一斉に中川大臣を叩きました。


    ロシアに接近したため失脚させられました。

     

     

    https://twitter.com/saekimao006/status/1114082763777269760

     

     

    ☆ これは 実行犯の女性が 特定されていましたね。

     

    この人は 罪に問われないでしょう、なぜなら ニツポンのトップの 無言の承認があるからです。

     

    すべての犯罪は 「海の向こう」というのは

     

    本当であり けれど そこと連携している 日本のなかのものたちを 隠しています。

     

    維新で 英国配下 ウォール街配下になった という 肝心な歴史を隠しています。

     

    だから 

     

    殺され潰されるときは 犯人は いつも 国内にいることのほうが 多い。

     

    そして 罪に問われません。

     

     

     

     

    ロシアに接近したため失脚させられました


    国士中川昭一大臣は政府発行紙幣を推し進めようとしていました。

     

    世界の支配者1%側は、重要武器を必死に守ります。


    リンカーン、ケネディや梶山静六 は政府発行紙幣ことで暗殺されました。

     


    お金についての連ツイ??をご覧下さい

    https://twitter.com/Unite_The_Power/status/97283096787 …

    (これは 消去)


    https://twitter.com/Unite_The_Power/status/1114105112249520128

     

     

     

    ☆ 小沢一郎氏は 宗教課税を言ってました。

     

    これは 創価 統一 (NWO 同和) に殺されますよ。

     

     

    日本銀行とは 天皇 ロス茶 で 約 半分の株をもっているそうです。

     

    今も変わらないのか どうか。

     

    NWOの トップとは そのくらいの特権は あるでしょう。

     

     

    国をあげて そのことを隠す、

     

    すごい権力です。

     

     

     

     

     

     

     

    NWO日英の癌治療薬開発   ラウンドアップ

    • 2019.04.01 Monday
    • 22:12

     

     

    ☆ 人口削減 NWO 日英の合作は

     

    恐怖を感じました。

     

     

     

     

     

    3.29   ストラゼネカ、日本のがん治療薬開発に約70億ドル提供へ

     


    英製薬大手「アストラゼネカ」は、日本の製薬会社「第一三共」とがん治療薬の開発や販売の面で提携したと発表した。

     

     

    アストラゼネカは「アストラゼネカは、第一三共と潜在的な新たながん治療薬「トラスツズマブ デルクステカン(DS-8201)」の開発および販売に関するグローバル協力協定を締結した」と発表した。

     


    アストラゼネカは第一三共に契約一時金として13億5000万ドルを支払う。

     

    また開発目標の達成や販売の進捗に応じて56億ドルが支払われる。開発や販売の費用も折半する。

     

     

    またブルームバーグ通信によると、アストラゼネカは

     

    「既存および新たな機関投資家の株主に新株を割り当てることで最大35億ドルを調達」する計画。

     

     

    これはアストラゼネカにとって10年以上の間で最大規模の提携だという。

     

     

     

     

     

     

     

    〇 ラウンドアップはベトナム戦争で使われた枯葉剤です


    皆さんはベトナムで生まれたベトちゃんドクチャンをご存知ですか?

     

     

    ★アメリカ産のワインとビール計20本のサンプルから19本にグリホサート(ラウンドアップ)が検出されました

     

     

    https://twitter.com/ka_bos10/status/1111832429885440000

     

     

     

     

     

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM