サイコパス

  • 2017.01.31 Tuesday
  • 05:26

 

 

 

     

 

 

 

 

サイコパスとはどういう者たちか? 〜悪魔崇拝と霊的身体の変形 悪魔崇拝者が転生する家系〜


 記事では、サイコパスとレプティリアン、そしてイルミナティについて触れています。またイルミナティと関係の深いルシファー崇拝とその犯罪について触れています。これらのことは、全体として1つだと思います。
 


人間は肉体だけではなく、内側に高次の身体を持っています。


ある人物がイルミナティに加入し、そこで悪魔崇拝の生贄の儀式やペドフィリア(小児性愛)の犯罪等に手を染めるようになると、魂(モナド)が動物システムに転落してしまいます。
 

 

同時に、内側の身体であるエーテルダブル(ライトボディ)、プラズマ体などが、レプティリアン(爬虫類人)に代表される人間とは異なる化け物のような姿に変形します。
 


映像配信の“教育プロフラム(17):闇の者たち(裁き)”では、こうした悪魔崇拝によって、内側の身体が化け物の姿になった者たちのヴィジョンが出て来ます。このような悪魔崇拝者たちは、脳の機能が正常人と同様だとはとても考えられません。
 
 

 

このような人物が次に転生に入る場合、自分と同様の傾向のある家系を選んで転生に入ってくるようです。
 

 

サイコパスには遺伝的な傾向があるようですが、それは、こうした過去生で悪魔崇拝者だった人物が、意図的に両親を選んで転生に入るためだと考えています。
 

 

 

特に霊的世界で力のあった人物は、地球上でいわゆる名家と呼ばれる、名門の家系に転生に入るのだと思います。
 

記事にあるように、こうした、“特殊な、悪魔崇拝をベースとする集団から、訓練され選ばれて出てきた者たちが、政治をはじめ各界の指導者の地位につく”わけです。
 

 


日本もそうですが、イルミナティのメンバーが背後で政治を動かしていると考えて間違いありません。
 

これらのことからわかるように、権力層は基本的にサイコパスだと考えられます。

 

 

ところが特に日本人の場合、いわゆる親切遺伝子のせいなのか、日本人は大変善良で、こうした悪人が権力者だということを理解出来ません。

 

 

 

相手は同じ人間ではなく、内側の身体が化け物なのです。その極端な姿がレプティリアン(爬虫類人)だと考えれば、わかりやすいと思います。
 


下の記事は、彼らの犯罪のほんの一部を取り上げたものです。元記事でぜひ全文をご覧ください。
 

 

このような事は、どこか別の国で行われているのではありません。日本でも同じ事が行われているのです。私たちがテレビでよく見ている人物が、これと同様の事に関わっているわけです。

 

 

サイコパス(psychopath)という言葉がよく使われる。これは病的に冷酷で、同情というこ とが全くできない、しかし知能は高い人々のことで、正常者との境界線にもよるが、人口の 1~2 パーセントがそうだと言われる。
 

 

そんな例外的な者たちに何の関係があるかと言われ るかもしれないが、権力者、支配者と言われる人々のほとんどがそうだと言われる。デイヴ ィド・アイクなどは、そういう人間は遺伝的に、“レプティリアン(爬虫類人間)”という特 別の外来人種から来ているという。どんな仮説も頭から退けるのでなく、考えて見なければ ならない。


典型的なサイコパスと私が考えているのは、イルミナティ集団を離脱したある女性の告白 のビデオに出てくる男である。
 

 

 

この女性がまだ幼い子供のころ、子猫を抱いて遊んでいた。 するとそこへある男が入ってきて、いきなり猫を取り上げ首を絞めようとした。彼女は大声 で泣き叫んだ。すると男は、泣き叫ぶ彼女の顔を、満足げに喜びの表情で見つめていたとい う。


その表情を忘れることができないと彼女は言っていた。この特殊な、悪魔崇拝をベース とする集団から、訓練され選ばれて出てきた者たちが、政治をはじめ各界の指導者の地位に つくと言われる。
 

 


やはり離脱者のスヴァ―リ(偽名)という聡明な女性の、詳細な告白(告 発)を読むと、この集団は世界を乗っ取るために、我々とは逆の、徹底的な反人間教育をし ている/いたことがわかる。



米大統領選挙の直後に、“ピザゲイト”スキャンダルとして大々的に暴かれたペドフィリア 犯罪集団も、単なる犯罪集団ではない。

背後に悪魔(ルシファー)崇拝があり、これが世界 乗っ取り計画につがっている。
 

 

 

これを承知していないと、今、世界で起こっていることの本 質が理解できない。この事件について推奨できるあるビデオが、冒頭に次のような言葉を引 用している―― https://www.youtube.com/watch?v=yCnyz8Q9C4g 


「ほとんどの人が本来、善人であり、ほとんどの人が純朴な人生を送り、問題を起こさ ないように、人に迷惑をかけないようにしたいと思っている。


ほとんどの人々が本来、 善良であることから起こる問題は、彼らの善良さが、しばしば彼らを盲目にして、悪と いうものが本当はどれだけ悪いものであるかを、見えなくすることである。―Claudia Pavonis」



これは、あたかも日本人に“贈ることば”のようではないか。ほとんどの日本人が、徹底し た、純粋な悪というものを知らないでいる。

ピザゲイトの話を聞いても、「そんな話は信じ られない、反対派の作り事だろう」「そこまで悪いことができる人間はいないだろう」「誰だ って叩けば誇りが出る」といった程度におそらく考えている。
 

 

もちろん、他人の悪い点は見 ないように、よい点だけ見るようにするのが美徳だから、それはよいことだとも言える。そ ういう人間が多ければ、この事件は消えてしまうかもしれない。


しかしそうなれば、この事 実を人民の意識から消し去ろうと、必死になっている巨悪の勢力に、加勢したことになる。 たとえ無知からだとしても、悪に加勢する者はやはり悪人である。外国の識者はそういう目 で日本を見ている。


まず、このビデオのタイトルに“Now Recue the Children” とあるように(開いて見てく ださい)、被害者の子供たちはどうする? 


行方不明になっている子供たちは、ちょっとや そっとの数ではないと言われる。そしてこれは“町の暴力団”の話ではない、世界を支配す る者たちの話である。


民主主義の根幹である選挙結果を、ひっくり返そうとまで画策する者 たちが、何をそれほど恐れているのかわかるであろう。

 

 

 

トランプとヒラリー・クリントンの 決戦は、神側とサタン側の決戦であって、徳川と豊臣の決戦のようなものではない。(これ は摂理歴史から見た構図のことであって、トランプが神のようだと言っているのではない。)


ワシントンのサイコパス政治家の中でも、あまりにも常識では考えられず、決定的な証拠が 出るまで、その悪事を本当に信ずることはできなかったのが、ニクソン大統領である。
 

 

彼は ベトナムで、何十万の米将兵の命より自分の政治的野心を優先した―― http://www.dcsociety.org/2012/info2012/170125.pdf 


こういう政治家のサイコパス的な残虐非道のことは、ヒトラーやスターリンや毛沢東につ いては自由に論ずるが、アメリカの政治家や対外政策については、言わないのが礼儀(?) になっている。


そのために、どれほど人々が大局を見誤っているか、どれほど道徳的判断を 狂わされているか、知れたものではない。

 

 

新聞がオバマの戦争犯罪については何も言わず、 ロシアやトランプを悪魔化すれば、素朴な読者は信ずるだろう。これは犯罪である。オバマ を正しく評価すればはこうなる―― 

http://www.dcsociety.org/2012/info2012/170112.pdf 



自作自演の9・11 テロも、当時のブッシュ政権がこぞってサイコパスでなければ、起こら なかったであろう。
 

 


(ビデオ)
1月14日付け

 

 

 

 

 

 

このビデオは昨年5月に公開されたものです。


ロンドンに住む小児性愛犯罪被害者の子供たちの証言により、イギリスの小児性愛犯罪ネットワークのメンバーらによる恐ろしい悪魔的な児童への性的虐待の詳細が明らかになりました。



(0:40〜)被害者の女の子と男の子の証言(質問者の質問は省く):

(中略) 

私たち(子供たち)にセックスをしたのは、パパ、学校の先生、校長、警官、ソーシャルワーカー、お店の人(店主)、ピザのお店、カフカスというカフェ(社会事業の一環として提供している子供向けのカフェ)、マクドナルドなど。。。です。ママはそんなことしないよ。

(中略) 


学校の先生は私たちに(無理やり)セックスをして、生贄のための赤ちゃんが必要だと言ったわ。

パパと私たちが生贄の赤ちゃんを殺して、その後、大人たちも私たちも赤ちゃんの肉を食べちゃうの。赤ちゃんの血も飲んでいる。私たちは赤ちゃんの頭蓋骨を持ってダンスしたの。


(中略) 

(3:32〜)男の子の証言:

(中略) 

水曜日には、最も多い日で、僕にに対して100人の大人たちがセックスをするんだ。

彼らは僕のお尻におちんちんを差し込んで僕の陰部を触るんだ。彼らは僕の陰部から白い物が出てくるまで陰部をこすり続けるの。


それに僕の股間を蹴飛ばすんだ。パパもそれをやったし、ミセス○○もミス○○もやったよ(女性も加わっています。)。


こんなことは、学校だけでなく教会や大人たちの家でもやっているよ。

 

 

https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=122623
 

 

 

 

☆ 日本人は 善良というよりは、善悪の判断ができないのだと感じます。

天皇万歳 ・・・ けれど、天皇は偽物で、ガーター騎士団で、英国の者 という偽善さえ、永久に知らないまま、そう感じます。


本当の怒りを 正常に感じることさえできないのなら、善良も 許し も なりたたない。


レプタリアンは 実際は 15パーセントいるはずです。

日本の田布施族、それらを 書き込みなどで 擁護して、本当の歴史を知らせない役目をしているもの、すさまじくヘイト活動をして、韓国、中国との敵対を煽るもの、すべて、レプタリアンと思います。


血の濃さはさまざまでしょうが、そして、すべてが、頭がよい ということさえも、今では当てはまらないでしょうが、聖戦とは、「化け物」との闘い、そう思います。


食人種ですね。



 

 

 

            

 

 

「うっわ〜!!!!!!

ジミー・サベルの親友が追いかけてくる〜!!!」

 

 

写真は「チャールズ皇太子の小児性愛者ネットーワークとのつながり
(PRINCE CHARLES’ CONNECTIONS to PEDOPHILIA NETWORKS)」より

 

 

 

 

     

 

 

        

 

 

   

 

 

    

 

 

  

スポンサーサイト

  • 2017.04.24 Monday
  • 05:26
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM