トランプ政権  田中宇記事   やのっちさん

  • 2017.03.22 Wednesday
  • 07:47

 

 

◆トランプ政権の本質

【2017年3月7日】 トランプは、軍産と戦うことを宣言しつつ選挙戦を勝ち抜いて大統領になり、就任後も明示的に軍産と戦い続けている、異色の存在だ。

 


トランプは、民主主義にのっとって大統領になり、民意を無視して米国と世界を牛耳る軍産との果し合いを(たぶん命をかけて)始めている。

トランプを酷評するマスコミが軍産のプロパガンダ機関であることに気づけば、トランプが大統領になったことが、米国の民主主義の底力を示す素晴らしいストーリーであることが見えてくる。


トランプは大統領になり、米国の「表の権力」を握った。だが、米国の「裏の権力」は、まだ軍産に握られたままだ。トランプの大統領就任後、表と裏の激しい権力闘争が始まっている。




◆軍産に勝てないが粘り腰のトランプ

【2017年3月2日】 

独特なやり方と言い回しで民意の支持拡大に努める共和党のトランプと対照的に、米民主党は、ロシアが不正介入したので米大統領選に負けたんだという、軍産謹製のロシア敵視の濡れ衣戦略に便乗してしまい、トランプ陣営はロシアのスパイだと無根拠に叫ぶばかりで、なぜ自分たちが民意の十分な支持を得られなかったかを考察反省せず、今後の選挙に備えていない。


トランプは、米連銀を巻き込んでバブルを維持して金融危機再発を先延ばししつつ、WTOを無視して国内の雇用拡大にいそしみ、共和党を垂らし込んで弾劾を防ぎ、身辺警備を徹底して暗殺を防げば、民主党を再度破って再選し、軍産支配を潰す暗闘を続けられる。
 




◎ トランプは ケムトレイルの終わりを約束 !

トランプは 米国全体のケムトレイルを 終了させると 宣言した。


https://twitter.com/_yanocchi0519/status/843468589629812736/photo/1



 

 

スポンサーサイト

  • 2017.04.24 Monday
  • 07:47
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    ( 予 言 ) 
    2022年〜2023年日本国は対中国との戦争に敗れ、賠償金として皇室財産をすべて接収される。国の威信は地に落ち2025年以降企業倒産始まる、2034年頃には、支配階層が没落し日本国滅亡。国家再建は2035年以降に〜、改革は遅い。
    • 滝山善一
    • 2017/03/22 11:06 AM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM