戦争や黒幕的存在田布施   ‘本人だけが知らない  

  • 2017.05.17 Wednesday
  • 09:29

 

 

生物兵器   オウムは 人体実験   実行犯は アベfamily

 

 

VXと放射性同位体の入手元は、日本の秘密工作部隊(※日本財団、創価学会?)で、それはオウム地下鉄サリン事件前に行われ、オウム真理教によるVX実験(※松本サリン事件は犠牲者は7人。よって土谷正実らによるVX殺人?ただ被害者は3人だが死亡者は1人)で使ったものであろう。

 

 

それは、日本がソビエト時代の生産プロセスを利用し、安倍晋三(※当時は父、安倍晋太郎の秘書官)の大量破壊兵器取引と関連したオウム真理教の密輸作戦で得たものです。

 

 

安倍晋三とその一味は、1980年代後半から1996年3月20日までの東京オウム地下鉄サリン事件の前日まで、ボルヴォグラード(スターリングラード)からの神経ガスの大量の秘密輸送に携わっていた。

 

 

 

   

 

 

 

そこにいて、やった(※安倍晋三一味はその現場にいて、オウム地下鉄サリン事件をやった?)

 

 

私(※著者の島津洋一)は東京で起きたオウム地下鉄サリン事件の調査執行責任者として、横浜化学品製造の倉庫から長野県の松本に向かう曲がりくねった路線を追って、神経ガス生産のための前駆物質を追跡した。

 

夜は樽を別のトラックに移して、スパイ衛星から検知されないようにしていた。

 

中央アルプスには、日本政府が資金を提供し、大手企業が運営する秘密の化学プラントが、表向きは農薬工場や精製所として、実は神経ガスを生産していたのだ。

 

 

 

 なお、その時点で、日本政府は宝島30誌(※宝島30「ぼくらのオウム戦争」)の閉鎖を命じ、編集長も首にして、ジャパンタイムズウィークリーの編集長をオウム真理教の創業者である創価学会のスタッフに移管するよう命じた。

 

 

言うまでもなく、クアラルンプールでやっているように、米国のニュースメディアとCIAと韓国の情報機関は、東京のオウム地下鉄サリン事件の真相の隠蔽も図った。

 

 

 

現在、東京オウム地下鉄サリン事件発生の26周年を迎える直前に、有機リン酸神経ガスを使った事件がクアラルンプールで再び起きた。偶然にも、日本大使館は、福島の放射能放出の健康影響に関連する情報の抑制を含む、マレーシアの首都の諜報活動において積極的な役割を果たしてきた。

 

クアラルンプールは、真理、司法、民主主義の擁護者である日本、米国、韓国の新ファシストスパイの三国間協力の拠点の一つです。マレーシア航空機MH370に何が起こったかを思い出してください.MH370は、同じ魔法使いのキャストから消える行為です。

 

 

 

731部隊のルーツ

 

これらの3つの力によって演説された黒人隊は、日本の韓国占領と中国北東部の買収において暗いルーツを持っています。

 

 

安倍晋三首相の祖父は、準軍事南満州鉄道の財務長官であり、中国側に誤って犯された鉄道爆撃などの偽旗攻撃のパイオニアである。

 

山口県に根ざした岸氏は、戦時中の黒龍秘密集会(中国とロシアの黒竜江川の境界にちなんで名付けられた)に密接に関連しており、後にケンペイタイとギャングの民兵と呼ばれる軍事警察戦後のヤクザとしての評判を得る。

 

このファシスト運動は、貴重な石が埋め込まれたリングを得るために指を切断するように、韓国の兵士に国家抵抗軍に対するより残忍な攻撃を行い、武装強盗を行うために使用された。

 

 

日本軍に派遣された韓国の協力者の1人が朴正熙(パク・チョンヒ)であり、後に韓国の戦後大統領となり、朴槿恵(パク・クネ)の父となった。名声を得て、彼は韓国人よりも流暢に日本語を話しました。

 

 

 

マンチューコの人形館の主任官僚として、七七年に指定された化学生物戦を支持し、囚人だけでなく、中国の都市人口に対する爆発や他の有毒物質の生存テストを実施した。

 

 

日本の敗北の後、731部隊は、日本人に優しい米軍将校の支援を受けて、ユタ州のダグウェイ・プロービング・グラウンドに移転することによって、戦争犯罪に対する罰を免れました。

 

そのほとんどは、日本語で訓練されたモルモンです。(アデルソンのカジノのモルモン警備員への早送り、マレーシアの関係者の巻き込み、そしてマカオでのDoan Thi Hoangのやり方など)

 

 

 

この隠れた三国間協力の遺産は、韓国と日本の政治的威嚇、ニュース検閲、戦争混乱の原動力として引き続き存在している。

 

 

そのような悪意のある、積極的で根っからの悪質な敵では、ネオファシストの日本人によって密かに蓄積された大量破壊兵器と比較して、軍の反撃力が非常に小さいとしても、

 

したがって、ドナルド・トランプ大統領の不在と賢明な対話とアメリカの権力に対する静かな信頼を擁護することは、武器競争を止め、無意味な対立精神で止める機会に値する。

 

 

トランプに反対するディープ・ステート構造は、アメリカの民主主義の脅威の一層のものであり、したがって根本と支部を引き抜かなければならない。

 

 

 

 

ドナルド・トランプ大統領とレックス・ティラーソン国務長官は、核危機を回避するための長い道のりとなる朝鮮半島非核化交渉を再開するために、平壌との対話を開始することを目指していた。

 

 

無謀で無益な「アジアへの要(※従来の北朝鮮政策)」を支持したオバマ・ヒラリーチーム外交を捨てた後では、秘密裏に行動せざるを得ないのだ。

 

 

http://rakusen.exblog.jp/25602575/

 

 

 

☆ 731部隊の本当の黒幕は ヒロヒト、無断では できないでしょう。

 

三笠宮が 生物兵器工場の現場を訪れています。

 

(その記事を探しましたが 削除されていました  実質的共謀罪ですね)

 

 

原爆実験をして イルミの地位を築いていった天皇家です、アベ家も その意向にそっていなければ 地位も財産もないでしょう。

 

 

天皇家 ロス茶 英王室が 原爆特許をもっているのなら 現天皇も ヒロヒトのアジェンダを引き継いでいるのは もちろんです。

 

 

アベの暴走を止める天皇 という構図は あいかわらず 田布施の 癖のような 器用な台本のようです。

 

 

戦争をしたいのは 米 というよりは どこよりも どこよりも願っているのは 田布施 天皇財閥、実行犯は 日本財団 ・・

 

 

生物兵器も  原爆の先駆者も 実は 田布施をみなければならないのですが、役にたつ ので 英米戦争やも言及しませんね。

 

 

知られてきたので 共謀罪 です。

 

 

止められない日本人 ・・・   なんだか ガラス張りで 笑われている気がします。

 

 

オウム事件は サリンではなくVXガスだった、 サリンとしたのは、オウム施設では VXガスを造るのは 不可能だからという理由で このように思い込まされた。

 

 

真相を知る 村井を殺害 そして 麻原を 不能に ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2017.08.18 Friday
  • 09:29
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 偽天皇の力の源泉  原爆・生物兵器特許
      chairo (04/08)

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM