マスク氏の電気自動車    未来の交通

  • 2017.10.07 Saturday
  • 01:06

 

 

10.5  プーチン大統領 いつか電気自動車を買うかもしれない(もしかしたらイーロン・マスク氏から)

 

 

   「イーロンマスク氏」の画像検索結果

 


プーチン大統領はフォーラム「ロシアのエネルギー週間」で演説し、電気自動車に乗ったことがあることを明らかにし、電気自動車を肯定的に評価した。

「私はもちろん米国、アジア、特に日本の製造者たちを知っている」「私は電気自動車を気に入っている。特に現代的なものだ。これらの自動車は操作しやすく、軽快で、速く、効率的だ」と語った。


またプーチン大統領は、都市には大勢の人が住んでいるため、電気自動車は都市にとってとてもよい移動手段だとし、

 

「(我々に)排出物は全く必要ない」と強調した。

 

 



● 10.4  福島第一原発周辺の海水浴場の砂 「記録的放射能」

 

 

 

 

9.30  1時間で地球の好きな地点に イーロン・マスクが未来の交通機関をお披露目【動画】

米宇宙ベンチャー「スペースX」のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が国際宇宙会議に出席し、地球のあらゆる場所に1時間以内で到着可能な輸送システムをお披露目した。

 

 

マスク氏は、このシステムのため現在スペースXが開発する再使用可能なロケットBFRや特別な宇宙船を活用することを提案。

BFRで地球の軌道や火星に人や物資を運ぶことを目標としており、マスク氏によると、有人火星飛行は24年に実現される。

 


プレゼンテーションでマスク氏は短い動画を公開。

それによると、諸都市周辺の水上にBFRロケット発射場を設け、ロケットまでは船で向かう。

ロケットの発射後、現在のファルコン9の第一弾目ブースターのようにブースターが地上に着陸する構想だ。


ニューヨークから上海までは39分で最高速度は時速2万7000キロ。

世界の大都市間の移動にかかる時間は半時間以下で、地球の最も奥深い地点でさえ1時間で到着可能になる。

 

 

 



 

 

スポンサーサイト

  • 2018.08.21 Tuesday
  • 01:06
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 戦艦大和の原爆実験   フクイチは核爆弾の製造工場
      アルト (08/08)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM