ツィッターに導入されている検閲システム

  • 2018.01.16 Tuesday
  • 04:51

 

 

☆ 櫻井ジャーナルさんの記事です。

私が 例えば アリの一言さんのブログへツィッターをしようとしても 送信できないようなことが 何度もあるのです。

 

 

 

ユーザーに気づかれないように検閲する仕組みが ツィッターにも導入されていることが確認された

 

 

アメリカの有力メディア、つまり新聞、雑誌、放送は今でも偽報道を続けているが、その一端を隠し撮りという手法で明らかにしてきたのがプロジェクト・ベリタス。

 

https://youtu.be/jdP8TiKY8dE

 

https://youtu.be/l2G360HrSAs

 

https://youtu.be/4dRGMME4VnM

 

https://youtu.be/jlA9IwUhtHk

 

 

 

インターネットはそうした有力メディアの情報が嘘だと明らかにする手段になってきた。

 

 

勿論、インターネットも圧倒的な資金力と情報力を持つ支配層に支配されているが、事実が漏れ出る隙間は存在しているからだ。

 

 

そのインターネットに対する検閲システムが強化されているが、そうした仕組みのひとつがシャドー・バンニング、いわば闇検閲だ。

 

 

支配層にとって都合の悪い情報をインターネット上から消し去るのだが、その際、発信者であるユーザーがその事実に気づかないようになっている。

 

 

SNS(ソシアル・ネットワーキング・サービス)の世界ではそうした仕組みの存在は以前から指摘されていたが、ツイッターでもそうした検閲が行われていることが示された。

 

 

膨大な情報を処理するため、検閲システムは自動的に学習(マシーン・ラーニング)して削除すべきかどうかを判断しているようだ。

 

 

支配層が許容する枠組みからはみ出た思想や情報を排除することが検閲の目的。

 

人々が気づかないような方法で排除できれば言論の自由が存在していると錯覚させることができるわけだが、

 

アメリカには言論の自由があり、そこを拠点とする有力メディアは「本当のこと」を伝え、言論の自由を支えているという妄想を抱いている人、あるいはそう信じた振りをしている人には不必要な仕組みだ。

 

 

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201801120001/
 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.12.14 Friday
  • 04:51
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • Q
      ミヤコ (12/10)
    • ネット作業員の反応 バージョンが変わる
      秋草 (11/14)
    • 米だけが悪という嘘 天皇制・大室寅之助 /田布施はNWO企業を推薦する ディズニー
      shion (08/27)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM