南極に向かう人々   ペンギンさん

  • 2018.01.23 Tuesday
  • 00:53

 

 

☆ メールで グリンピースから 下記の情報が届いていました。

 

私は所属していませんが 署名なら よく読んでからしてもよいかなと感じています。

 

南極には 「ロスチャイルド」の島があり 気象操作をしているらしい という記事もありました。

 

 

まずは お知らせです。

 

 

 

◎ グリーンピースのキャンペーン船、アークティック・サンライズ号が、南極に到着しました!


さっそくペンギンたちのかわいい姿をとらえた写真が続々届いています。
ここから3カ月にわたる南極の旅が始まります!

 

 

いま南極に向かう理由。
それは、大規模漁業や気候変動の脅威に晒されているペンギンやクジラたちが、安心して暮らせるサンクチュアリを南極につくるため。 

 


すでに世界から40万人以上が、このプロジェクトに賛同して署名してくれました。

さらに、ハリーポッターシリーズの「ファンタスティック・ビースト」にも出演している
女優の アリソン・スドルさんも、南極アンバサダーとしてアークティック・サンライズ号に乗船することが決まりました!

 

 

   

 

https://www.facebook.com/GreenpeaceJapan/photos/a.500309996668280.124365.195088317190451/1867599006606032/?type=3&theater

 


ぜひあなたも、地球で一番大きなサンクチュアリ・南極海保護区をつくることを求めて、署名してください。


[https://e-activist.com/ea-action/broadcast.record.message.click.do?ea.url.id=1234918&ea.campaigner.email=gIh3Xxy88yZ8J%2BbB%2B6HbIGF0ktrSmK0v&ea.campaigner.id=I3sG1GCmtPuzFWMrHGgntg==]

 

 

 

もし実現すれば、2018年は歴史的な年になります。

 

今年、ペンギンやクジラ、アザラシたちが暮らす南極の海を、地球で一番大きな保護区にするチャンスがやってきます。


深刻化する気候変動や大規模漁業の影響を受ける南極の動物たちが安心できるサンクチュアリをつくれるかもしれません。

いま、南極に世界で一番大きな野生動物たちのサンクチュアリ・南極海保護区をつくるという案が提出されています。 

 


この10月、世界のリーダーが集まって、この歴史的な提案を受け入れるかどうか話し合います。
提案を受け入れるには、全会一致が条件。 
だから、あなたの力が必要なんです。

 

すでに世界で25万人の人々が、南極をまもることを求めて声を上げています。 
あなたもこのムーブメントに加わっていただけませんか?


[https://e-activist.com/ea-action/broadcast.record.message.click.do?ea.url.id=1234921&ea.campaigner.email=gIh3Xxy88yZ8J%2BbB%2B6HbIGF0ktrSmK0v&ea.campaigner.id=I3sG1GCmtPuzFWMrHGgntg==&ea_broadcast_target_id=0]

 

 


一昨年、南極のロス海にスペインの2倍の大きさの保護区ができました。


これは、世界の政府と南極の自然をまもるために何年も声を上げてきた市民や科学者たちが協力して実現した大きな成果でした。


でも専門家は、気候変動の最悪のシナリオを避けて、生態系をまもるためには、世界の海の30%をまもらなければいけないと指摘しています。 


その大きな挑戦を、まずは南極から始めましょう。


[https://e-activist.com/ea-action/broadcast.record.message.click.do?ea.url.id=1234925&ea.campaigner.email=gIh3Xxy88yZ8J%2BbB%2B6HbIGF0ktrSmK0v&ea.campaigner.id=I3sG1GCmtPuzFWMrHGgntg==]

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

☆ グリンピースも 国連のように

 

白とだけ言えないようなことも言われており また 上記の女優さんのことも分かりませんが

 

この活動自体は いいと感じました。

 

なにしろ 放射能垂れ流しで また 稼働するということなど 一つの国でたくさんですし その一国も あってはならないものと思いますので。

 

 

あくまでも 一つの情報です そして いろいろな人たちがいるのだなぁと すてきな気持ちです。

 

 

 

 

1.22  ペンギンの突然の「訪問」に南極研究者ビックリ【動画】

 

ペンギンが突然、海中から研究者の乗るボートに飛び込んだ様子を捉えた動画がユーチューブに公開された。

 

オーストラリア南極局の、東南極ウィルクスランドにあるケーシー基地を拠点とする探検隊のメンバーがこの出来事を撮影。

 

動画には、ペンギンが突然海中から飛び上がり、ボートに乗り込む様子が映っている。ペンギンは数秒間当たりを見回し、状況を見極めてから海中に引き返した。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.12.14 Friday
  • 00:53
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • Q
      ミヤコ (12/10)
    • ネット作業員の反応 バージョンが変わる
      秋草 (11/14)
    • 米だけが悪という嘘 天皇制・大室寅之助 /田布施はNWO企業を推薦する ディズニー
      shion (08/27)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM