日本国憲法は天皇制を維持するための苦肉の策  米国のファシズムが後押し

  • 2018.05.06 Sunday
  • 23:49

 

 

☆ といっても 今の憲法改正とは さらに 天皇の権威を高めようとするものなので

 

決して 人間サイドのものではない ので もちろん 改正には反対です。

 

明治からの 偽国家は消滅し その後 少しでも目覚めた人々が残るのなら そのとき 人間の国と 憲法を作ればいい。

 

すべては 明治からのヤクザが いなくなってからの話です。

 

 

 

〇  現行の「日本国憲法」が施行された1947年5月3日当時、

アメリカ政府内では反ファシストを掲げ、労働者の権利を認めようとしていたニューディール派の影響力が低下、

反コミュニストで巨大企業の利益を優先しようというウォール街派が主導権を握っていた。

ニューディール派の中心的な存在だったフランクリン・ルーズベルト大統領が1945年4月に急死したことが大きい。

 

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201805030000/
 

 

 

 

〇 大戦後、1948年6月にNSC(国家安全保障会議)が出したNSC10/2に基づいて破壊活動(テロ)を目的とする極秘機関のOSP(すぐOPCへ名称変更)が創設され、52年8月にはOPCが中核になって計画局が設置された。

1953年1月にアイゼンハワーが大統領に就任、2月にはアレン・ダレスがCIA長官に就任した。

その後、計画局は1973年3月に名称を作戦局へ変更、2005年10月にはNCS(国家秘密局)になった。

こうした流れの中、日本国憲法は作られたわけだ。


大戦前に思想弾圧の中心になった思想検察や特高警察の人脈が戦後も生き残ったのは必然だった。

そうした状況を象徴する人物が1932年から41年にかけて駐日アメリカ大使を務めたジョセフ・グルー

彼のいとこはジョン・ピアポント・モルガン・ジュニアと結婚、また妻は少女時代を日本で過ごし、華族女学校(女子学習院)で九条節子(後の貞明皇后)と親しくなっている。


大戦後の日本を築き上げたのジャパンロビーでグルーは中心的な役割を果たしている。

つまり、「戦前レジーム」も「戦後レジーム」も本質は同じなのだ。
 

 


1946年1月に戦争犯罪を裁くとして極東国際軍事裁判(東京裁判)が設立され、48年11月に判決が言い渡されている。

その年の12月23日に東条英機、広田弘毅、松井石根、土肥原賢二、板垣征四郎、木村兵太郎、武藤章が処刑されているが、

これは「民主化」を演出するセレモニーにすぎなかった。

アメリカのウォール街派はドイツでも日本でも戦前の体制を継続させようとしていた。「国体」は維持されたのだ。
その象徴が天皇にほかならない。


日本が降伏した直後、堀田善衛は上海で中国の学生から

「あなた方日本の知識人は、あの天皇というものをどうしようと思っているのか?」と「噛みつくような工合に質問」されたという(堀田善衛著『上海にて』)が、
 

 


同じことを考える人が日本軍と戦った国々には少なくない。 新憲法でも東京裁判でも同じだった。


大戦後、まず日本を占領したのはアメリカ軍。


その中枢はGHQ/SCAP(連合国軍最高司令官総司令部)だが、

その中でも多くの将校は天皇を中心とする侵略戦争の象徴である靖国神社の焼却を主張していたという。


焼かれなかったのは、ローマ教皇庁が送り込んでいたブルーノ・ビッターが強く反対したからだという。

(朝日ソノラマ編集部『マッカーサーの涙』朝日ソノラマ、1973年)


ビッターはCIAとの関係が強く疑われている人物で、闇ドル事件にも登場している。


降伏した直後の日本を占領したのはアメリカ軍だが、時間が経過すればそれ以外の国からも関係者がやって来る。


そうした人々の多くはハリー・トルーマン政権より天皇には批判的だったはず。



のんびりしていると、天皇の戦争責任が問われることは避けられなかっただろう。

その前に天皇制を盛り込んだ憲法を作り、「戦争責任」を問うセレモニーを行って天皇を免責する必要もあった。


東京裁判で天皇は起訴されず、新憲法の第1条では天皇制の継続が謳われている。



そうした憲法だが、民主的な条項が含まれていることも事実。

当時の状況からして、そうしなければ天皇制を維持することが難しかったのだ。
 

 


天皇制官僚国家は明治維新で長州と薩摩がイギリスを後ろ盾として築いた天皇制カルトという側面がある。

そのシステムを使ってイギリスやアメリカは日本に影響力を行使してきた。

そうした実態に不満を持つ人たちの中には血盟団のメンバーや二・二六事件の将校も含まれるだろう。


日本が迷走した1930年代から敗戦近くまでアメリカ政府で主導権を握っていたのはウォール街と対立していたニューディール派だ。

 


そのニューディール派的な条項が日本国憲法に存在していることを許せないと感じている人たちがいる。


そうした人たちがアメリカ従属派なのは当然だ。(了)


https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201805030001/

 

 

 

 

天皇破壊史
クリエーター情報なし
成甲書房

スポンサーサイト

  • 2018.08.21 Tuesday
  • 23:49
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 戦艦大和の原爆実験   フクイチは核爆弾の製造工場
      アルト (08/08)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM