一人の偉大さ  マレーシア マハティール氏

  • 2018.05.15 Tuesday
  • 00:35

 

 

 

   

 

 

 

5.14   マレーシア首相、役人には花や食べ物のみを贈るよう呼びかける

 

マレーシア議会下院選挙で勝利し、首相に再任したマハティール氏は国民に対し、政府の職員や閣僚には花や食べ物のみをプレゼントするよう呼びかけた。

 

14日、マレーシアの新聞「The Star」電子版が報じた。

 

 

マハティール氏は

 

「私は、選挙運動中に我々の連合を寄付によって支援しれくれた人全員に感謝している。だが今や寄付の時期は終わった

 

そのため私は新政府への支持を贈り物で表すことを望むすべての人たちに、今後は閣僚や政府関係者に花や食べ物のみを贈ることを呼びかける」と発表した。

 

 

またマハティール氏は

 

「我々は、新政府に汚職が発生しないことを当初から確信したい」と述べた。

 

 

マハティール氏は、国家機関のすべてのレベルで汚職現象と戦うことを課題とする「反汚職運動」の立ち上げを発表した。

 

 

5月10日、野党連合「希望連盟」を率いる92歳のマハティール氏が首相に就任する宣誓式が行われた。

 

 

 

 

 

5.11   マレーシアで60年以上ぶりの政権交代マハティール新政権に国民は大きな期待

 


マレーシアでは9日に行われた下院選挙でマハティール・モハマド氏(92)率いる野党連合「希望連盟」が勝利し、マハティール氏が首相に就任した。


マハティール氏は1981年から2003年の間、与党「国民戦線」と内閣を率いてきた。

 


マハティール氏の名前はマレーシアが社会、経済の絶頂期を築いた時代とともに記憶されている。

 

 

与党「国民戦線」はナジブ・ラザク首相政府が関与したとみられる汚職スキャンダルが原因となって敗北した。

 


野党連合「希望連盟」の新政権誕生で国民の間には汚職の撲滅と近年、激化する民族間、宗教間対立の解決の期待が高まっている。

 

 

マレーシアは今回の選挙で、1957年、英国からの独立以来、初めての政権交代を迎えた。

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.12.18 Tuesday
  • 00:35
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • Q
      ミヤコ (12/10)
    • ネット作業員の反応 バージョンが変わる
      秋草 (11/14)
    • 米だけが悪という嘘 天皇制・大室寅之助 /田布施はNWO企業を推薦する ディズニー
      shion (08/27)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM