クリミヤ橋開通   

  • 2018.05.17 Thursday
  • 23:32

 

 

 

 

 

5.16  クリミア橋開通式を前に、猫のモスチクが橋を「点検」

15日、ロシアのプーチン大統領は、ロシアのコーカサスとロシアのクリミアを結ぶ「クリミア橋」の開通式に出席した。


プーチン大統領は、ロシアのトラック・メーカー「カマズ」社のトラックを運転して橋を渡った。

前日14日、橋の建設者たちに愛され、クリミア橋のマスコットとされている茶白猫の「モスチク」が、橋を点検した。


モスチクは全長19キロの橋の自動車用の部分を走り抜けた。


モスチクの楽しそうな様子から見て、モスチクは橋の出来具合に満足しているようだった。

2015年末、橋の建設現場に1匹の茶白の子猫が迷い込んだ。子猫は建設作業員たちにとても気に入られた。作業員らは子猫を飼うことにし、「モスチク(小さな橋)」と名付けた。

モスチクは作業員たちと一緒に毎日建設現場や食堂へ行き、休暇にも出かけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

5.15  プーチン大統領 「クリミア橋」開通式に列席

プーチン大統領はケルチ湾をまたいでクリミア半島とロシア大陸部を結ぶ「クリミア橋」の開通式に参加した。


「クリミア橋」開通式でプーチン大統領はロシアの国産トラック「KAMAZ」に乗り込み、自らハンドルをとって橋を完走した。
 

 

https://video.img.ria.ru/Out/Flv/20180516/2018_05_16_CrimeaBridgePutinODIJP_eq5wqxu5.rvr.mp4

 


「クリミア橋」の自動車道は明日、5月16日から一般車の走行が許される。橋の総工費は69億ルーブル(およそ122億2千万円)。

橋の積載量は1日に4万台の自動車と往復47本の列車。

年間、1400万人と1300万トンの貨物の通過が可能。


橋を通過するレールの開通は来年2019年に予定されている。
 

 

 

 

 

5.16  クリミア大橋、自動車道の通行開始【動画】

クリミア大橋の両方向の車線で自動車の通行が始まった。


ロシアのクラスノダール地方側からは朝早く、地元住民の自動車とオートバイによる車列が進み出た。


通行の最初の参加者らの中には、地元住民や橋の建設に携わる人々、退役軍人、

そしてロシア外務省のザハロワ報道官がいた。


クリミア側からは半島の住民も通行を始めた。ケルチにある橋に続く自動車道では、通行開始までに数百台の車が集まった。

その後間もなく、それぞれクリミアとクバン地方から出発した車列は、橋のクライマックスである自動車道路のアーチで出会った。

 

 

 





 

 

 

5.16  クリミア大橋の自動車通行開始
































 

スポンサーサイト

  • 2018.10.19 Friday
  • 23:32
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 部落の起源
      ひろし (09/19)
    • 米だけが悪という嘘 天皇制・大室寅之助 /田布施はNWO企業を推薦する ディズニー
      shion (08/27)
    • アベ3選の世論操作に騙されるな
      佐藤義徳 (08/11)
    • 戦艦大和の原爆実験   フクイチは核爆弾の製造工場
      アルト (08/08)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM