エリザベス女王はロスチャイルドの表向きの隠れ蓑

  • 2018.05.31 Thursday
  • 23:46

 

 

July 27, 2010 



Queen Elizabeth Fronts for Rothschilds ("Crown") 
エリザベス女王は、ロスチャイルド王家(クラウン)の表向きの隠れ蓑

By Alcuin Bramerton
(for henrymakow.com) 


オーストラリア、ニュージーランドとカナダが独立していないとか、主権国でないと断定することは、正しい。

 

しかしながら、これらの国々は自国の所有者でないけれど、英国によって経営されているというのは

 

シティー・オブ・ロンドン自治区の、ウィンザー・クラウン・テンプル・シンジケートが所有者であり、経営者であることだ。

 

 

クラウン・テンプル・シンジケートの筆頭署名者は、エリザベス・ウィンザー(イングランドのエリザベス2世女王)だ。

 

 


西欧世界で最も強力な金融シンジケートがヨーロッパのロスチャイルド家であることを忘れてはいけない。

 

 

ロスチャイルド家は、シティー・オブ・ロンドン自治区の内部における勢力基盤なので、ロンドン・クラウン・テンプル・シンジケートの会員をコントロールしている。

 

さらに、イタリアのP2フリーメーソン・ロッジにバチカンとマフィアを実行制御させている。

 


ロンドンの新しい英連立政権の財務も、ロスチャイルドの制御下である。

 

ここの直属の管理者は、ジェイコブ・ロスチャイルド>ナサニエル・ロスチャイルド(ロンドン・ロスチャイルド商会;

 

N.M.Rothschild & Sons Limited, New Court, St Swithin's Lane, London EC4P 4DU )>オリバー・レットウィン[内閣府相当国務省;保守党]>ジョージ・オズボーン[英国の財務省、第二大蔵卿;保守党]であると理解されている。

 

 

エリザベス2世女王は、ロスチャイルド家の表向きの隠れみのである。

 

彼女は、地球で最大の土地所有者である。

 

彼女はイギリス、他の31の国と植民地の国家代表であり、

 

66億エーカーの土地(地球の地表面積の6分の1)の合法的な所有者である。

 

 

女王が署名し、所持しているクラウン・テンプル・シンジケートの土地の価格を控え目に見積っても、£17.6兆(イギリス ポンド)ある。


女王のシンジケートの土地の所有財産は、彼女が所有する国の法律に基づき、彼女の土地所有権はそれらの各国々で有効である。

 

 

彼女の主な所有財産は、カナダ(地球で2番目に大きな国)で24億6700万エーカー、オーストラリア(地球で7番目に大きな国)で、19億エーカー、パプアニューギニで114 000万エーカー、ニュージーランドで6600万エーカー、英国で6000万エーカーである。

 


エリザベス・ウィンザーとロンドンの彼女の秘密のシンジケートは、かなりの差をつけて世界最大の土地所有者である。

 

 

次に最大の土地所有者はロシア政府で42億1900万エーカー全体にわたって所有しているのに、女王が所持する24億4700万エーカーの土地は、直接所有に相当する。

 

 

3番目に大きな土地所有者は、中国政府で、中国の土地のすべての権利を要求したとしても、約23億6500万エーカーである。


地球で4番目に大きな土地所有者は、アメリカ合衆国の連邦政府で7億6000万エーカー(米国の陸地面積のおよそ3分の1)を所有しているとしばしば言われている。

 

 

しかし、このワシントンDC民間会社連邦資産(Federal Estate)は、実はロンドン・クラウン・テンプル・シンジケートに所有され、支配されている。

 

 

本当のところ、現在、古い家族の中国のシンジケートと協力してロンドン・シンジケートを保持し、47兆ドルで常設国際司法裁判所の強制執行令状、米国財務省の担保物件、米国連邦準備制度理事会を起動させている。

 



地球上で5人の最大級の「個人」土地所有者は、現在、イングランド(66億エーカー)のエリザベス2世女王、サウジアラビア(5億5300万エーカー)のアブドラ王、タイ国(1億2600万エーカー)のブミボン王、モロッコ(1億1300万エーカー)のモハメッド6世、オマーン(7600万エーカー)のスルタン・カブースである。

 

しかしながら実際は、これら名前を上げた個人は、隠れた家族の受託を経て団結して活動している古い血統シンジケートのまさに筆頭署名者である。

エリザベス・ウィンザー(イングランドのエリザベス2世女王)についてのより詳しい歴史と現在の背景は、ここで編纂されている。

http://engforum.pravda.ru/showthread.php?t=265271 

http://alcuinbramerton.blogspot.com/

--


Letter:

ヘンリー、

 

私は女王エリザベスがクラウンの本物の相続人でなく、彼女の実父がウィストン・チャーチルであることを大変よく知っているものです。 

どのようにこれが起こったかは知らないけれど、しかし、これはイルミナティのクラウンの乗っ取りであり、すべての事に関係しています(どんなことでも)。



さらに、彼女の2人の息子エドワードとアンドリューは多分、どちらも夫の子どもではありません。プリンセス・マーガレットが本当の相続人であり、ジョージ6世の子どもでした。

 


ウィリアム皇太子はイルミナティで、彼がそのようなサインを指で示しているのを見られるでしょう。



私自身のことですが、私はアメリカ人[削除された名前]です…

 

しかし、その前の私は、私は庶出のイギリス人でした。[削除された名前](こういうことは、アダムとイブ、カインとアベルの物語のようです。)

【翻訳;タドン】
AD


https://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-10604996462.html

 

 

 

 

   「ロスチャイルドと天皇家」の画像検索結果

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.12.14 Friday
  • 23:46
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • Q
      ミヤコ (12/10)
    • ネット作業員の反応 バージョンが変わる
      秋草 (11/14)
    • 米だけが悪という嘘 天皇制・大室寅之助 /田布施はNWO企業を推薦する ディズニー
      shion (08/27)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM