朝鮮ヤクザが「神の軍隊」と呼ぶ 旧日本軍のシンガポール侵略 

  • 2018.06.17 Sunday
  • 00:01

 

 

シンガポール国立博物館

 


白亜のシンガポール国立博物館には、シンガポールの歴史が展示されている。

 

 

日本占領時代のコーナーは暗く重々しい。

 

まず目に入るのが壁一杯にかけられているたくさんの自転車である。これは日本軍が自転車でマレーシアとシンガポールに侵入してきたことを意味している。

 

 

   

 

 


シンガポールが降伏したとき、当時の日本の新聞は「祝、シンガポール陥落」と大見出しで賛美していた。

 

 

掲示されているスローガンの中には「勝って兜の緒を締めよ」もある。

 

日本語教育の強制や、それに伴う日本の道徳やしつけの教育、神社でのお参りの仕方やラジオ体操の指導の映像や写真もある。

 

 

マライ宣伝部発行の「こどもしんぶん」には、「東亜のこどもは謙虚の道徳を身につけるべし」と書かれている。

 

また食糧配給所での様子や昭南神社への奉納作文を読み上げる子どもの映像もある。

 


「大検証」のコーナーでは、多くの写真や虐殺に使われた日本刀などが展示されていた。

 

 

遺族の声を録音したテープを聴くと

 

「シンガポールを守り抜くために、中国人、マレー人、インド人らの民族は団結して」、

 

「日本による占領を二度と起こさせないために、次の世代の子どもたちには大虐殺を風化させることなく伝えていくべきだ」という言葉に胸が詰まる。

 

 


また、占領府は軍票を発行し、そこにはバナナの絵が描かれてあったことから「バナナ紙幣」と呼ばれていた。

 

 

住民に強制的に交換させたが、終戦後、軍票は紙くず同然になってしまった。

 

これも住民の反感を買い、長く恨みを買ったことのひとつである。「バナナ紙幣」とは「価値のないもの」をさす代名詞になったほどである。

 


占領府は学校での日本語教育を強制し、日本語新聞を発刊し、日本神道を広めるために昭南神社を設置した。

 

地名も日本式に変え、時刻も日本時間に合わせることとした。

 

 

住民相互の監視体制を作るため、密告制を敷いた。

 

 

食糧は配給制になり、米、塩、砂糖などは家族の多寡によって量を決められ、公定価格での配給統制になった。

 

 

日常生活の統制や憲兵による住民弾圧などによって、多くの住民が苦しみ、日本への反感を持ち、マレーシアに逃げ出す者が後を絶たなかった。

 


日本占領府は、占領後間もなく食糧不足に直面した。

 

少しでも食糧不足を補おうとして、30万人ほどの住民をマレーシアの東海岸に強制的に移住させて開墾させようとしたが、移住を望まない住民の抵抗に遭い、失敗した。

 


日本がシンガポールを攻撃し占領した3年8カ月は、それまで100年以上植民地支配してきたイギリスの支配よりも過酷なものとなり、住民を恐怖と絶望のどん底に陥れた。

 

 

こうしたことから、シンガポール人には、自分で自分の国を治めるというナショナリズムの意識が生まれた。

 

それまでは、シンガポールはイギリスのアジア支配を絶対的なものとしてあきらめてきたが、日本軍が2〜3カ月でイギリス軍を破ったことで、逆に重しが取れ、ナショナリズム意識が芽生えていったともいえる。

 


博物館では、リー・クアンユー(李光耀)のコーナーでその肉声も聞くことができる。

 


建国の父となったリー・クアンユーは述懐している。

 

「われわれはイギリス人を追い出したかった。イギリスの武力崩壊を見た後、そして3年半の過酷な日本軍政の支配に苦しんだ後、人々は植民地支配を拒否した。

 

第2次世界大戦と日本による占領を体験し、その体験を通して、日本であろうとイギリスであろうと、われわれを圧迫したり、痛めつけたりする権利は誰にもないのだ、という決意をもつに至った。

 

 

われわれは自ら治め、自ら尊厳ある国民として誇りを持てる国で、子どもたちを育てていこうと決心した」(「シンガポールの政治哲学」、リー・クアンユー著)

 


リー・クアンユーはまた、「日本軍の占領期は、暗黒で残酷な日々で、私にとって最も大きなかつ唯一の政治教育であった」と言っている。

 


そして、1965年、シンガポールは独立を果たしたのである。

 


シンガポールを訪れるならば、観光だけではなく、日本との歴史についてもぜひ関心を持ってほしい。


また、戦争での過去の歴史は忘れてはならないが、卑屈になっていては未来が開けない。


日本とシンガポールは経済的にはもはや切っても切れない密接な関係にある。

 

未来志向に立って、民間・市民レベルでの相互の文化・生活交流を深めて、両国の友好・平和に貢献していこうと、シンガポール国立博物館で誓った。

 


https://www.nttdata-getronics.co.jp/csr/lits-cafe/sato/singapore.html

 

 

 

☆ この残酷な侵略をした 「血筋」は

 

今では 日本で 神となり そして 日本人を 徹底的に搾取しようとしています。

 

 

日本は 今 侵略されているのです。

 

国からの 侵略も 悪も 私たちは 忘れてはならない なぜなら

 

本当の犯人は 反省も 謝罪も 決してすることのない 人間もどきだから。

 

 

やつらと 一緒になってはならない。

 

 

悪魔の軍隊と国を 神 と置き換えて 拡散していったということは

 

朝鮮ヤクザの 徹底した 日本人へのプロパガンダです。

 

 

 

 

◎ 世界史上最悪の25人 

 

(日本の 歴史や 評価を 鵜呑みにするのは 奴隷  独自の検証が必要です)

 

http://www.pettyandposh.com/25-most-evil-people-to-ever-live/

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.10.23 Tuesday
  • 00:01
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 部落の起源
      ひろし (09/19)
    • 米だけが悪という嘘 天皇制・大室寅之助 /田布施はNWO企業を推薦する ディズニー
      shion (08/27)
    • アベ3選の世論操作に騙されるな
      佐藤義徳 (08/11)
    • 戦艦大和の原爆実験   フクイチは核爆弾の製造工場
      アルト (08/08)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM