米の圧力と見せる狡猾さ 最も強欲な天皇・朝鮮ヤクザ  TPP

  • 2018.07.02 Monday
  • 00:02

 

 

 

今のところ、国会で承認されたのはメキシコのみで、日本が承認2番目になります。

 

 

他にはニュージーランドが国会審議に入り来年の法案成立を目指しているようです。

 

 

一方でマレーシアの大統領に当選したマハティール氏は、見直しを示唆しており足踏みし応です。

 

それ以外の国の動きに関する報道は見当たらず、いつごろTPP協定が発効するのかはっきりしない状況です。

 

 

 

アメリカのトランプ大統領は、アメリカにとってメリットが無ければ参加しないと相変わらずの態度です。

 

 

 

タイやインドネシアが参加の意欲を表明し、それ以外にもフィリピン、台湾も加盟に意欲を持っており、アジアを中心に加盟国が増える可能性はありそうです。

 

 

市場が広がることは良い事のように思うかもしれませんが、

 

アメリカが抜けて途上国の加盟が増えると日本の国内産業は痛手を受けそうです。

 

 

日本はアメリカを引き込むために、加盟国を増やそうとしており、影響力がある国に加盟を呼び掛けているようですが、日本の市場に参加したい国が集まって来ており、アメリカが参加しないままTPP協定が発効すると、日本にとってメリットがあるのか微妙な状況です。

 

 

 

メキシコ議会上院、米国抜きの新TPPを承認

 

 

タイ、TPP参加意向=茂木氏に正式表明

 

 

ニュージーランド議会、TPP11批准で審議

 

 

マレーシア首相、再考の必要性示唆

 

 

 

アメリカを除く11ヵ国によるTPP=環太平洋経済連携協定が参議院本会議で承認されました。

 

TPPの発効には6ヵ国以上が国内手続きを終える必要があるため、政府は今の国会で関連法案の成立を急ぎ、早期発効に向けた各国の機運を高めたい考えです。

 

 

また、協定はアメリカの復帰を念頭に22の凍結項目を定めています。

 

 

日米貿易協議の初会合を来月に控え、日本はTPPの措置を防衛ラインとし、多国間の枠組みの重要性をアメリカに訴える考えです。

 

 

 日経新聞によりますと、インドネシアのユスフ・カラ副大統領が TPP への参加意思を講演時に明言したとのこと。人口2億5000万人超の “若い市場” が TPP に加わるインパクトは大きいと言えるでしょう。

 

 

フィリピン、TPP参加意欲

 

 

http://www.kanekashi.com/blog/2018/06/5809.html

 

 

 

 

☆ サンカ とか 朝鮮の棄民 とかで 明治はなりたった ということの 実感があります。

 

 

恐るべし

 

日本に巣食う 人間もどき。

 

 

加盟国を増やすには 「バラマキ」もあり?

 

 

つくづくと

 

侵略をして 金塊を盗んだものたちは 強い ということです。  www

 

もっと言うなら

 

偽物は強い。

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.08.21 Tuesday
  • 00:02
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 戦艦大和の原爆実験   フクイチは核爆弾の製造工場
      アルト (08/08)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM