オウム事件の真犯人   正男暗殺?事件  オウム  731  再掲

  • 2018.07.06 Friday
  • 23:51

 

 

 

安倍晋三らオウム地下鉄サリン事件の黒幕が金正男暗殺?

 

 

 

(正男事件)


放射能の謎

 

 

KLIAのセキュリティは、キムの道に沿って空港内に放射能の存在を報告した。

 

VXと放射性同位元素が同時に存在する可能性のある可能性のある説明は次のとおりです。

 

 

- アメリシウムやポロニウムなどの熱放射性の放射性同位体の薄膜は、高密度の油であるVXを気化させるために使用できます。

 

 

少量のVX有機リン酸塩で覆われたこの放射性の「ヒーター」は、化学物質の急速吸入のために金のコートカラーに塗布されていた可能性があります。

 

しかし、彼のコートは、空港診療所で看護師や秩序を持って扱われ、真剣に傷ついていたでしょう。

 

 

- キムはVXを摂取していて、放射性同位体が飲料に混入している可能性があります。

 

 

おそらくコーヒーの杯で、毒素の苦味を覆っていました。これはもっと可能性が高いです。

 

放射能の存在は、彼が空港に入る前、おそらくカフェで、キムが毒殺されたことを示している。

 

当時彼と一緒にいたのは誰ですか?

 

 

警察は、これらの不都合な事実を調査していないので、Siti AishahとDoan Thi Hoangの執行を妨害する可能性があります。

 

 

 

空港のセキュリティビデオには、金の両側を歩いている2人の男性仲間が示されています。

 

そうであれば、彼らのアイデンティティと役割は解放されていない。

 

 

空港に入る前の彼の活動についての情報もありません。

 

 

例えば、彼が他の人に会った場合、彼は2人の女性の恋人と一緒に容疑者リストに追加されるかもしれません。

 

 

金正男(キム・ジョンナム)の死亡は、ドバイを経由して平壌に到着したとされるインドネシアへの飛行に先立って行われた。

 

 

しかしこれまでのところ、細断された証拠は4つのいずれかによる関与を示唆していない。北朝鮮人はどこに行っても、凶悪犯罪で告訴される可能性があるため、家にいなくてはならない。

 

 

警察の話の巨大な穴は、キム容疑者がNISと協力してCIAのエージェントによっておそらく殺されたことを示している

 

 

化学兵器の禁止にもかかわらず、米国はVXの備蓄を「研究目的のために」持っている。

 


しかし、最もありえそうな事は、VXと放射性同位体の入手元は、日本の秘密工作部隊(※日本財団、創価学会?)で、

 

それはオウム地下鉄サリン事件前に行われ、日本人犠牲者3人を出したオウム真理教によるVX実験(※松本サリン事件は犠牲者は7人。よって土谷正実らによるVX殺人?ただ被害者は3人だが死亡者は1人)で使ったものであろう。

 

 

 

 

(オウム事件)

 

それは、日本がソビエト時代の生産プロセスを利用し、安倍晋三(※当時は父、安倍晋太郎の秘書官)の大量破壊兵器取引と関連したオウム真理教の密輸作戦で得たものです。

 

 

安倍晋三とその一味は、1980年代後半から1996年3月20日までの東京オウム地下鉄サリン事件の前日まで、ボルヴォグラード(スターリングラード)からの神経ガスの大量の秘密輸送に携わっていた。

 


そこにいて、やった
(※安倍晋三一味はその現場にいて、オウム地下鉄サリン事件をやった?)

 

 


私(※著者の島津洋一)は東京で起きたオウム地下鉄サリン事件の調査執行責任者として、横浜化学品製造の倉庫から長野県の松本に向かう曲がりくねった道を、神経ガス生産のための前駆物質を運ぶトラックを追跡した。

 

彼らは夜はそれらの樽を別のトラックに移して、スパイ衛星から検知されないようにしていた。中央アルプスには日本政府が資金を提供し、大手企業が運営する秘密の化学プラントがあり、表向きは農薬工場や精製所だが、実は神経ガスを生産していたのだ。

 

 

 

 

 

 

なお、その時点で、日本政府は宝島30誌(※宝島30「ぼくらのオウム戦争」)の閉鎖を命じ、編集長も首にして、ジャパンタイムズウィークリーの編集長をオウム真理教の創業者である創価学会のスタッフに移管するよう命じた。

 

 

 

言うまでもなく、クアラルンプールでやっているように、米国のニュースメディアとCIAと韓国の情報機関は、東京のオウム地下鉄サリン事件の真相の隠蔽も図った。

 

 


現在、東京オウム地下鉄サリン事件発生の26周年を迎える直前に、有機リン酸神経ガスを使った事件がクアラルンプールで再び起きた。

 

 

偶然にも、日本大使館は、福島の放射能放出の健康影響に関連する情報の抑制を含む、マレーシアの首都の諜報活動において積極的な役割を果たしてきた。

 

 

 

(731部隊のルーツ)

 

 

日本の韓国占領と中国北東部の買収において暗いルーツを持っています。

 

 

安倍晋三首相の祖父は、準軍事南満州鉄道の財務長官であり、中国側に誤って犯された鉄道爆撃などの偽旗攻撃のパイオニアである。

 

 

山口県に根ざした岸氏は、戦時中の黒龍秘密集会(中国とロシアの黒竜江川の境界にちなんで名付けられた)に密接に関連しており、

 

後にケンペイタイとギャングの民兵と呼ばれる軍事警察戦後のヤクザとしての評判を得る。

 

 

このファシスト運動は、韓国の兵士に国家抵抗軍に対するより残忍な攻撃を行い、武装強盗を行うために使用された。

 

 

日本軍に派遣された韓国の協力者の1人が朴正熙(パク・チョンヒ)であり、後に韓国の戦後大統領となり、朴槿恵(パク・クネ)の父となった。

 

 

 

日本の敗北の後、731部隊は、日本人に優しい米軍将校の支援を受けて、ユタ州のダグウェイ・プロービング・グラウンドに移転することによって、戦争犯罪に対する罰を免れました。

 

 

そのほとんどは、日本語で訓練されたモルモンです。

 

 

 

https://rakusen.exblog.jp/25602575/

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.11.17 Saturday
  • 23:51
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ネット作業員の反応 バージョンが変わる
      秋草 (11/14)
    • 薩摩と長州   高麗町と田布施
      河下浩史 (10/27)
    • 米だけが悪という嘘 天皇制・大室寅之助 /田布施はNWO企業を推薦する ディズニー
      shion (08/27)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM