パルミラの復元

  • 2018.07.10 Tuesday
  • 23:44

 

 

 

 

 

 

7.9  シリアでユネスコの参加なしにパルミラ遺跡の彫刻の復元が開始


ダマスカス国立博物館の研究室の専門家らは、テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国、ロシアで活動が禁止されている)から奪還した古代遺跡パルミラの彫刻の復元に着手した。


ユネスコが約束した専門家ではなく、ロシアの専門家がその支援を行っている。

通信社スプートニクの特派員が伝えた。


西側諸国及びユネスコを含む国際機関は、パルミラ遺跡の復元を支援する用意があると発表したが、未だに復元作業には参加していない。

作業はシリアの専門家によって行われている。

 


ダマスカス国立博物館のマフムード・アリ・ハムド総館長は記者団に、パルミラにはユネスコ代表部はないと語った。



彫刻を復元する資金は、シリア政府が拠出した。修復後、彫刻は一般公開される。


戦時中は機能していなかった博物館は、2か月後に開館する予定。



ダマスカス国立博物館研究所のムハンマド・ハリド・アサド所長は、記者団に次のように語ったー

 


「我々の8人からなるグループが、奪還されたパルミラ遺跡の彫刻の復元作業を開始した。これは作業の最初の段階だ。

今後グループは拡大され、専門家の数が増え、作業量も増える。

作業は非常に複雑だ。テロリストらは彫刻を破壊した。我々はそれを文字通り一片ずつ集める。


モスクワにあるプーシキン名称国立美術館の専門家からアドバイスを受けている。

彼らは文化財の細部やモザイクを復元するためのアドバイスを提供している。これは非常に重要なサポートだ」。



パルミラ遺跡はユネスコの世界文化遺産に登録されている。同遺跡はシリアでの戦争中に「ダーイシュ」によって破壊された。

「ダーイシュ」は2015年5月から2016年3月までと、2016年12月から2017年3月まで「ダーイシュ」に占拠された。


 

スポンサーサイト

  • 2018.11.17 Saturday
  • 23:44
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • ネット作業員の反応 バージョンが変わる
      秋草 (11/14)
    • 薩摩と長州   高麗町と田布施
      河下浩史 (10/27)
    • 米だけが悪という嘘 天皇制・大室寅之助 /田布施はNWO企業を推薦する ディズニー
      shion (08/27)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM