あ〇と暴力団   山本太郎動画

  • 2018.07.21 Saturday
  • 23:47

 


「総理が選挙妨害を発注」山本太郎・自由党 VS 安倍総理《カジノ法案》

【国会中継 参議院 内閣委員会】平成30年7月17日 

 

 

ブッコミの太郎↓

 

17:39〜 内閣総理大臣、足を引きずらずスタスタと退場(笑)

 

ひょんなことから、仮病確定であった。

 

 

 

 

 


スクープ! ポスト加計疑惑ーー解明「安倍首相自宅放火未遂事件の闇」

 

(1)「存在した3つの“念書”」
https://access-journal.jp/1978

 


しかも関係者への取材、出所後の小山氏への2度、計6時間以上のインタビュー(ビデオ映像あり)などから、安倍首相自身も当初から選挙妨害の件を了承していた可能性さえある。

 

 

また、江島氏再選直後の99年7月3日、安倍首相は地元の事務所で2時間以上、小山氏と2人だけで“見返り”の相談の件で会っていたと思われる。

 

さらには、小山氏は翌8月、選挙妨害を直に依頼したと思われる。

 


佐伯伸之秘書(当時)に対する300万円の恐喝事件で逮捕されている(起訴猶予処分)が、これは小山氏の“口封じ”のためのデッチ上げ逮捕だった可能性もある(実際、小山氏は弁護士に虚偽告訴罪で佐伯秘書、安倍首相の告訴も相談していた)。

 


こうなると、もはや地元の安倍事務所が勝手にやったではすまされないだろう。

 


もし、こうした真相が当時、明らかにされ、キチンと報道されていたら、その後の安倍政権は誕生しなかったと思われる。

 

 

 

*内容が内容だけに、当初は本紙に対する“口封じ”逮捕のリスクを下げるため、大手マスコミとの連携を考えていた。

 

しかし、いまひとつ反応が鈍い上、友人の寺澤有氏が先駆けて「証拠文書」入手前段階の取材だけで著書を出してしまったことなどから、まずは本紙で発表することにした。

 


選挙妨害や虚偽告訴はすでに時効だろうが、事実なら道義的責任は免れられるわけもなく、どこまで安倍首相が関与していたのか、また小山氏と会ったのは事実か、その際、約2時間も何を話したのかなど、ポスト加計疑惑として、是非、国会でも追及して欲しいものだ。否、追及してしかるべきだろう。

 


読者におかれては、出来るだけSNSでこの記事の存在を拡散願います。

 

 

〇 疑惑の確認書

 

https://ameblo.jp/ghostripon/image-12391484033-14230881409.html

 

 

 

 

 

安倍晋三首相が反社会的勢力と関係があったことは、安倍首相の筆頭秘書だった竹田力氏(元山口県警警視)の署名、捺印がある「確認書」からも明らかです。

 

電子書籍『安倍晋三秘書が放火未遂犯とかわした疑惑の「確認書」』に掲載されている画像をツイートします。

 


https://ameblo.jp/ghostripon/entry-12391484033.html

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.08.21 Tuesday
  • 23:47
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 戦艦大和の原爆実験   フクイチは核爆弾の製造工場
      アルト (08/08)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM