クリルでの経済活動を 領土返せ にしようとする ヤクザ国家

  • 2018.07.20 Friday
  • 23:32

 

 

7.20  露駐日大使

 

「クリルにおける日本との共同活動は露法律に従って行われるべき」

 


南クリル諸島(北方四島)における日本との共同経済活動の実現は、ロシアの法体系の枠内で行われなければならないと、

20日に公表された共同通信とのインタビューでロシアのガルージン駐日大使が述べた。

 

 

ガルージン大使は、

 

 

「(共同活動の)実現はロシアの法体系に違反しない形で実施されなければならない」と指摘。

 

 

また、ロシアの現行の法体系の枠内で南クリル諸島では、ロシア全土においてと同じように、

 

「外国企業は生産的な経済活動を実施する権利を有している」と強調した。

 

 

ロシアと日本は、クリル諸島南部における共同経済活動の問題に関する協議を行っている。

 

このような事業を双方は、平和条約締結に向けた一歩とみなしている。

 

 

それとともに、日本で指摘されるところでは、このようなプロジェクトをどのように実現していくべきかということについて、双方は今のところまだ見解を異にしている。

 

 

ロシアがこれを自国の法体系の枠内で行うことが不可欠だと考えている一方、

 

日本は何らかの特殊な法的システムの創設を提案している。

 

 

 

☆ つまり また

 

我が国 固有の領土 と 言っているようなのです  ww

 

 

あ〜あ

 

キエフが 日本を 乗っ取って いますよ。

 

 

右脳がない 特殊な  ✖✖✖  ・・・

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.11.13 Tuesday
  • 23:32
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 薩摩と長州   高麗町と田布施
      河下浩史 (10/27)
    • 米だけが悪という嘘 天皇制・大室寅之助 /田布施はNWO企業を推薦する ディズニー
      shion (08/27)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM