ベトナムに新しい橋    ベトナム戦争

  • 2018.08.04 Saturday
  • 23:32

 

 

 

8.3  巨大な手の上のラッピング・リボン    ベトナムに新しい橋が開通

 

 

 

 

 

 

 

 

 


第2次世界大戦後、ベトナムが独立を目指したのに対し、それを阻止するためにフランスが軍事介入する。

 

 

アメリカもその方針を支持していた。

 

 

ところが1953年5月にフランス軍はディエンビエンフーで北ベトナム軍に包囲され、翌年5月に降伏する。

 

 

その4カ月前、1954年1月にジョン・フォスター・ダレス国務長官は国家安全保障会議でベトナムでのゲリラ戦を準備するように提案している。

 

 

その年の夏、ダレス国務長官の弟であるアレン・ダレスが長官だったCIAはSMM(サイゴン軍事派遣団)を編成、破壊活動を開始した。この時の大統領はアイゼンハワーだ。

 


それに対し、1961年から大統領になったジョン・F・ケネディはベトナム戦争から手を引く決断をしていた。

 

 

1963年10月、ケネディ大統領はアメリカの軍隊をインドシナから撤退させるためにNSAM(国家安全保障行動覚書)263を出したのだ。

 


NSAM263によると、1963年末にアメリカの軍事要員1000名を撤退させ、65年12月までに1万1300名を完全撤退させるとしている。

 

そうした動きは秘密でなかったようで、米軍の準機関紙、パシフィック・スターズ・アンド・ストライプス紙は「米軍、65年末までにベトナムから撤退か」という記事を掲載している。

 


しかし、この覚書が出された翌月にケネディはテキサス州ダラスで暗殺され、新大統領のリンドン・ジョンソンは同年11月26日付けでNSAM273を、また翌年3月26日付けでNSAM288を出し、NSAM263を取り消してしまった。

 

 


ケネディが暗殺された11月22日に「大統領」、

 

つまりジョンソンはベトナム駐在のヘンリー・ロッジ大使と話し合い、「南ベトナムに関する討議」の内容を再検討、NSAM273を作成したとされている。

 

この討議は暗殺直前の11月20日にホノルルで行われていた。

 

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201804050002/

 

 

 

 

 

 

ケネディを殺した副大統領―その血と金と権力
クリエーター情報なし
文藝春秋

スポンサーサイト

  • 2018.12.18 Tuesday
  • 23:32
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • Q
      ミヤコ (12/10)
    • ネット作業員の反応 バージョンが変わる
      秋草 (11/14)
    • 米だけが悪という嘘 天皇制・大室寅之助 /田布施はNWO企業を推薦する ディズニー
      shion (08/27)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM