偶像礼拝 卒業  8月15日

  • 2018.08.16 Thursday
  • 23:32

 

 

 

 

 

 

上の写真は、73年前のきょう(1945年8月15日)の皇居(宮城)前の様子を捉えたもの。

 


ある人の説明によると、

 

「陛下、我々の努力が足りず戦争に負けました。誠に申し訳ないことでございます。」と、土下座して謝る臣民(天皇の家来)の姿だという。

 

 

しかし本来なら、天皇裕仁こそが土下座し、

 

「愚かな戦争を開始し、なかなか止めることができず、たいへんな苦痛を与えてしまった。」と、

 

国民に謝罪すべきだったはずだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

戦前戦中は、形式的側面はあったものの、天皇は日本国の唯一の統治権者でありかつ日本陸海軍の統帥権者(最高指揮権者)の地位にあった。

 

にもかかわらず、裕仁自身は米軍の占領政策上の都合で戦犯指定を免れ、幸運にも生き残る。

 

 

 

 

 

裕仁はそれをいいことに、戦争の「説明責任」すら果たすことなく、戦後の平和な時代を能天気に満喫し、敗戦から43年あまり後の1989年1月7日、87歳で天寿を全うした。

 

 

その間1975年10月31日の日本記者クラブ主催の記者会見では、記者からの戦争責任についての質問に対し、裕仁は

 

「戦争責任は言葉のアヤ。自分は文学方面に詳しくないので分からない。」という趣旨の、まるで茶化したような返答をし、

 

 

さらに記者から原爆投下について聞かれると、

 

「気の毒ではあるが、戦争中のことであり、やむを得ないことと思う。」と言い放つ。

 

当然この発言は物議を醸し、被爆者団体からの抗議の声が上がった。

 

 

 

今はこの件については、タブーになっているようで、ほとんど表に出てこない。

記者会見の模様を収めたビデオ画像もありYouTubeなどに何度かアップされたが、その都度削除されているようだ。

 

 

 

しかし、記者会見の文書記録は現在も日本記者クラブに保存され公開されているのでご覧いただきたい(4ページ目)。⇒ 

 

 

https://s3-us-west-2.amazonaws.com/jnpc-prd-public-oregon/files/opdf/120.pdf

 


https://ameblo.jp/hirai-h/entry-12398063720.html

 

 

 

☆ 天皇国家数千年 → 維新は 南朝に変えた

 

と その都度 答えは 用意されている。

 

そして 今なら

 

 

ヒロヒトと アキヒトは 違うと なるでしょうね。

 

 

これは 人間の 根本的な善悪の基準を なくしていくような 目くらましですね。

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.12.14 Friday
  • 23:32
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • Q
      ミヤコ (12/10)
    • ネット作業員の反応 バージョンが変わる
      秋草 (11/14)
    • 米だけが悪という嘘 天皇制・大室寅之助 /田布施はNWO企業を推薦する ディズニー
      shion (08/27)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM