原爆のイベントのために 戦争を長引かせた    島歌 

  • 2018.08.17 Friday
  • 23:20

 

 

ある 晴れた日を待ちながら

 

戦争を 長引かせた

 

その期間に 多くの 「人間」が 亡くなった

 

原爆 そして 沖縄戦は このようにして 起こったが

 

非人にとっては それが 莫大な 利益となった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

THE BOOMの名曲『島唄』の本当の意味とは?

http://matome.naver.jp/odai/2137646585772178801

 

(宮沢和史の旅する音楽:その1)たった一人のために

 

 

「島唄(しまうた)」は、本当はたった一人のおばあさんに聴いてもらいたくて作った歌だ。

 

 

91年冬、沖縄音楽にのめり込んでいたぼくは、沖縄の「ひめゆり平和祈念資料館」を初めて訪れた。

 

そこで「ひめゆり学徒隊」の生き残りのおばあさんに出会い、

 

本土決戦を引き延ばすための「捨て石」とされた激しい沖縄地上戦で大勢の住民が犠牲になったことを知った。

 

 

捕虜になることを恐れた肉親同士が互いに殺し合う。極限状況の話を聞くうちにぼくは、

そんな事実も知らずに生きてきた無知な自分に怒りさえ覚えた。

 

 

資料館は自分があたかもガマ(自然洞窟<どうくつ>)の中にいるような造りになっている。

このような場所で集団自決した人々のことを思うと涙が止まらなかった。

 

 

だが、その資料館から一歩外に出ると、ウージ(さとうきび)が静かに風に揺れている。

 

この対比を曲にしておばあさんに聴いてもらいたいと思った。

 

 

歌詞の中に、ガマの中で自決した2人を歌った部分がある。

 

ウージの森で あなたと出会い ウージの下で 千代にさよなら」という下りだ。

 

 

「島唄」はレとラがない沖縄音階で作ったが、この部分は本土で使われている音階に戻した。

 

2人は本土の犠牲になったのだから。

 

(みやざわ・かずふみ。66年生まれ。歌手)

 

2005年8月22日 朝日新聞(朝刊)

 

 

https://ameblo.jp/ghostripon/entry-10174821759.html

 

 

 

☆ 本土の犠牲というより 本土の人間も 餓死して 犠牲になったのだ。

 

はっきりと 犯人は 偽天皇家 と 知り 

 

タブーという 悪魔の技から離れて 人間として出発する

 

肉体が 今 なくても 肉体が 今 あっても

 

人間通しだ。

 

 

 

 

 

 

沖縄戦を生きぬいた人びと
クリエーター情報なし
創元社

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.11.13 Tuesday
  • 23:20
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 薩摩と長州   高麗町と田布施
      河下浩史 (10/27)
    • 米だけが悪という嘘 天皇制・大室寅之助 /田布施はNWO企業を推薦する ディズニー
      shion (08/27)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM