アリが営むお葬式    クジラとダイバー 仲良し

  • 2018.08.31 Friday
  • 23:19

 

 

8.25  仰天… マルハナバチのために蟻が壮麗な葬儀を営む

 

 

米ミネソタ州で死んだマルハナバチのために蟻が壮麗な葬式を営んだ。

 

数十匹の蟻たちがピンクの花びらを引きずって集め、巨大なハチの死体のまわりを飾る様子がビデオに収められた。

 

 

 

 

研究者らによればこの行為の理由付けには複数の説が考えうる。

 

蟻はこの花びらを自分の巣にまで運んで行こうとして、その道の途中にハチの死体が転がっていて、邪魔したというのが1つの説。

 

 

2番目の説はこれより信憑性が高く、蟻は花の匂いを借りてハチの死臭をシャットアウトし、その後でこれを自分の食糧にしようとしたというもの。

 

 

 

 

 

8.21  人懐こいクジラがダイバーに急接近 ダンス、セルフィーも一緒に

 


豪州出身のダイバー、アダム・スターンさんは海中でザトウクジラと対面する幸運に恵まれた。


クジラはアダムさんにあまりに接近したため、アダムさんは一緒のセルフィーやビデオ撮影に成功している。


クジラは人を恐れないどころか、とても友好的だったので、アダムさんは一緒に30分近くを楽しく過ごし、そのすべてをカメラに収めただけでなく、クジラと一緒に本物のダンスも踊った。

 

 

 

 

 

 

​クジラは最初、アダムさんの周りを周遊し、アダムさんの撮影に協力してポーズをとってくれていた。

 

そのうち、アダムさんはクジラが興味をもってアダムさんの動作を繰り返し、真似していることに気づいた。

 

 

このようにしてふたりのダンスはなかなかの見ものに仕上がった。ダンスのビデオはSNS上で紹介されている。

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.02.17 Sunday
  • 23:19
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM