大英帝国  NATO  ニツポンでは善とされる戦争やボス

  • 2018.09.01 Saturday
  • 23:29

 

 

8.30   ロシア、英情報機関がシリアで化学兵器攻撃を準備しているとして非難

 


英情報機関はシリアのイドリブで挑発行為を準備しており、化学兵器が使用される可能性もある。


ロシアのアナトリー・アントノフ駐米大使が発表した。

 


大使は


英情報機関の積極的な参加の下で準備されている挑発行為は、西側の『トロイカ』(米国、英国、フランス)が、シリア・アラブ共和国の軍事及び民間インフラを再び空爆・ミサイル攻撃するためのきっかけとなるかもしれない」と述べた。

 


また大使は、「我々はシリアに対するいつもの根拠のない、かつ不法な侵略を米国に警告した」と述べ、

 

同情報を米国務省に伝えたことを明らかにした。

 

 

8月27日、ロシア国防省は、米国が軍備を増強し、シリアに対する攻撃を準備していると発表した。

 


国防省によると、米国は56発の巡航ミサイルを搭載した駆逐艦The Sullivansをペルシャ湾に、戦略爆撃機B-1Bをカタールのアル・ウデイド空軍基地に移動させた。

 

 

 

 

 

8.30  NATO機日本海上空で民間機を緊急降下させる

ウラジオストク沖の日本海上空で、NATOの偵察機とみられる航空機が、3日連続で民間機を緊急降下させた。ロシアのマスコミが報じた。

消息筋によると

「NATO加盟国の1つのレーダートランスポンダ・コードを持つ正体不明の航空機が30日午前、再び管制塔に通知せずに15本の航空路を無秩序に横切った」。


偵察機とみられる航空機との衝突を避けるために、民間機3機が緊急措置を講じなければならなかったという。
 

航空機は、28日及び29日と同様、ロシアの海岸線に沿って日本海の中立水域の上空を飛行した。
 

 

現在ロシア東部では、9月11〜15日の軍事演習「ボストーク(東方)2018」に向けた準備が行われている。

演習には、ロシア軍全体のおよそ3分の1にあたる約30万人の兵士が参加する。


ロシアのショイグ国防相は演習について、1981年以来最大規模になると指摘した。

 

 




「天皇家 英国陸軍」の画像検索結果

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.12.14 Friday
  • 23:29
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • Q
      ミヤコ (12/10)
    • ネット作業員の反応 バージョンが変わる
      秋草 (11/14)
    • 米だけが悪という嘘 天皇制・大室寅之助 /田布施はNWO企業を推薦する ディズニー
      shion (08/27)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM