戦争やの黒幕は ロイヤル :平山氏   公然とシリアでの偽旗進行

  • 2018.09.16 Sunday
  • 23:26

 

 

☆ 戦争をしたくて 飢え乾いている戦争やが 発狂していますが

 

下記 平山氏の動画で 何度も 相手は 「ロイヤル」と 発言している。

 

 

平山氏は 和江さんも 知っていることは もっと はっきり言ってほしいとのことですが ・・・

 

この平山氏は

 

「私は 黒幕サイドの人間  CIAから 直接 講座に振り込まれていた。 なので あちら側の考えていることは よく分かる」

 

 

何処まで 寸止めしないで 発信していくのか あちら側だとするならば 結局 明治国家の秘密のなかの人なのか 分かりませんが・・・

 

私は かなり 興味深かったです。

 

 

 

〇 平山秀善氏「バクロスTV」 禁断の戦後史をバクロス!

「政(まつりごと)」を取り戻そう!緊急!国憂う講演会 ワールドフォーラム2018年7月

 

https://youtu.be/F-AqIByv_qU

 

 

 

 

 

◎ 戦争やの黒幕は 隠れているが 今 その下のものが 活躍している。

 

シリアでの偽旗計画をしています。

 

 

 

 

 

 

 

9.11  シリア、イドゥリブ住民が告発 

 

シリア軍が化学攻撃と見せかける煽動が準備


イドゥリブの住民からの情報によれば、現地ではすでに

 

「シリア軍による化学攻撃が行われた」という設定で煽動用の撮影が開始されている。

ロシアのシリア敵対方面和解センターの声明で明らかにされた。


住民らの情報によれば、シナリオではあたかも「シリア軍がいわゆる中毒物質の入った「樽状空爆」、つまり化学攻撃を行い、
その後、ジルス・エシュ・シュグルの住民に『ホワイトヘルメット』が救援活動をする」の図が仕立てられている。
 

 

偽造場面の撮影や「ホワイトヘルメット」による招集が「わざとらしくなく」仕上がるために、

ジルス・エシュ・シュグルでは11日午前、ヘルベト・エル・ジャウズ居住区から塩素を土台とした中毒物質を入れた2つの容器が運び込まれた

 

 

 

 




 


9.12  露国連大使「シリアでの『化学攻撃』準備の証拠を露は保有」 安保理会合で

 


ロシアのネベンジャ国連大使は、シリア政府が化学兵器を保有していないため、同国のアサド大統領は塩素を使用する命令を出すことはできなかったと強調した。


そのうえで、「その代わり、シリア政府の敵による、外国のパトロンによる武力支援を目当てにした挑発行為は、完全にあり得ることだ」と結論づけた。


 

スポンサーサイト

  • 2018.10.23 Tuesday
  • 23:26
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 部落の起源
      ひろし (09/19)
    • 米だけが悪という嘘 天皇制・大室寅之助 /田布施はNWO企業を推薦する ディズニー
      shion (08/27)
    • アベ3選の世論操作に騙されるな
      佐藤義徳 (08/11)
    • 戦艦大和の原爆実験   フクイチは核爆弾の製造工場
      アルト (08/08)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM