米中経済戦争 トランプの目的  田中宇記事 要約

  • 2018.10.02 Tuesday
  • 23:06

 

 

トランプは経済と軍事の両面で、中国との敵対を扇動している。

トランプは中国と冷戦を始める気になったという見方も出ている。

だが、これは冷戦でない。


トランプが中国との関係を冷戦状態にしたいのなら、北朝鮮との敵対関係を強め、米朝vs米韓日という構図にするはずだが、現実はそうなってない。

 

 

トランプは中国だけでなく、日本に対しても、日本が断り続けている2国間貿易協定をゴリ押ししてくるなど、

日米関係を貿易面で悪化させようとしている。

 

トランプは冷戦を再開したいのでなく、世界に対し、米国と良い関係を結びたいと思うのをやめさせようとしている。

 

 

実のところ、中国の習近平政権は、米国から懲罰関税を課されることを、前からやりたかった経済の対米自立を進める好機と考えている。

 

中国が一帯一路や中国製造2025を進めているさなかに、トランプ政権になった米国が、中国との貿易関係を断絶させる懲罰関税政策をとり始めた。

 

 

輸出品は、トランプの懲罰関税によって打撃を受ける。

だが長期的に見ると、トランプの懲罰関税は、中国経済が、欧米の下請け(世界の工場)から、中国自身の地域覇権体制(2025、一帯一路)へと転換していくことを加速してくれる。

トランプは、中国を対米従属から引きはがし、アジアの覇権国へと押しやっている。

 

 

かつて資本家と英国エリート(英王室)が組んで産業革命をやって大英帝国を作ったように、

中国製造2025は、資本家と中共が組んだ、新たな産業革命の試みである。

本質的に国家を超越した国際ユダヤ人である資本家群は、英米だろうが中国だろうが、彼らの覇権デザインに沿って動いてくれる相手と組む。

資本家群の番頭であるキッシンジャーは、最近また訪中した。彼は50年前から中国をテコ入れしている。

 

 

 

▼米中貿易戦争は軍産の賛同を得たので経済界に反対されても長期化する

 

中国企業の中には、対米輸出で儲ける従来構造に満足し、上(中共中央)から言われても国内市場重視にならない傾向があるが、

トランプの懲罰関税は、そうした傾向を破壊し、中国経済の転換を加速する。

同様のことは、米国から中国への輸入についても言える。


中国人は欧米からの舶来品が好きなので、中国で政府が産業界や国民に「輸入品でなく国産品を使え」と促しても進まなかった。


トランプの懲罰関税は、報復的な中国による米国製品への関税引き上げを生み、

中国における米国製品の価格が上がり、中国政府の悩みを解消してくれる。

 

これも中国にとって好都合だ。


人民日報は、これまで米国からの輸入品に押されて中国国内での販売が伸び悩んでいた国産品メーカー(たとえば実験装置製造業の「博科集団」)が、

トランプの課税後、国内販売を急増していると、誇らしげに報じている
 

 

中国が対米自立し、世界経済が米国側と中国側に分割されてしまうと、

中国は、米国に制裁されても困らなくなり、米国勢の知的所有権を守ろうという意識もなくなる。

 

 

トランプ政権は、懲罰関税で中国を困窮させると言っているが、

実際に困窮しているのは、米国(欧米日韓)企業だ。

 

 

アリババの馬雲は、米中貿易戦争は30年続くと言っている(永続するほど中国に有利なので「中国万歳」という意味を込めて)。

 

 

実のところ、トランプの対中貿易戦争は、軍産のためにならない。

軍産は間抜けだが、彼らの間抜けさは以前からのものだ。


 

イラク戦争など、911後の中東強制民主化策も、軍産の強い支持を受け、マスコミの歪曲報道を伴いつつ続いたが、

その結果、米国は中東覇権を失い、
世界的な信用失墜(覇権の低下)を招いている。

 

 

 

トランプの対中貿易戦争は、金融面でも米国の覇権を破壊していく。


今後、中国が米国への輸出を減らすと、それに伴って中国の米国債保有も減る。

 

中国が米国の下請けをやめて自立することは、米国の金融覇権の崩壊につながる。

 

 

トランプが懲罰関税と経済制裁は、

世界の経済システムを、既存の米国覇権体制と、中国やEUやロシアなどが作る非ドル・非米型の多極型体制の2つに分割する流れを招いている。

 

 

日本の軍産である外務省と傀儡勢力は、米中経済冷戦の勃発に喜んでいるようだが、それはぬか喜びに終わる。

 


http://tanakanews.com/180928china.htm 

 

 

 

☆ 中露にすり寄るしかないのであれば

 

偽日本の 戦争犯罪人が 浮き上がってくることを 願っています。

 

 

戦後、今の 偽権力の 処罰を 願っていた 国でもある。

 

そして それは とても正しいこと。

 

 

 

 

◎ 日本人は、「天皇=日本国=日本国民」と洗脳されているけど、

 

世界から見た本当の構図は、「外国籍天皇=日本国←納税し実験用人体を提供する日本人」。


現在の日本人は、日本国を支える科学の発展のための実験動物に過ぎないのですから、早くこのことに目覚めて、天皇に大政奉還を求めるのがいいね。

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/1041594097549565953

 

 

 

 


 

 


 

 


 

スポンサーサイト

  • 2018.12.15 Saturday
  • 23:06
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • Q
      ミヤコ (12/10)
    • ネット作業員の反応 バージョンが変わる
      秋草 (11/14)
    • 米だけが悪という嘘 天皇制・大室寅之助 /田布施はNWO企業を推薦する ディズニー
      shion (08/27)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM