天皇と靖国との対立記事 その効果   今までの誘導風報道

  • 2018.10.03 Wednesday
  • 23:21

 

 

なるほどなぁ と 思いました。

 

天皇と靖国 つまり CIAと通じていたと言われるバチカンの聖職者が残した靖国と そこに群がる もはや 日本の諸悪の根とも言われているものたちと

 

天皇とは 違うという 効果があります。

 

 

これは 今までも よく 使われていた方法と思います。

 

 

例え 安部近辺と 天皇とが 対立があると あえて 仮定しても 

 

それは 黒 対 白 では ないということは 子供でも分かる 当たり前のことです。

 

 

けれど 対立とは そのように 誘導していく効果があります。

 

 

けれど それは 日本で通じるかもしれませんが 

 

天皇の素性を知る海外では 全く 話にもなりません。

 

 

だって かれらは 仲間だろうということです。

 

 

 

今まで いくつかの 誘導風な 発信がありました。

 

 

・ 安〇 は 病気で死にそうだ。

これは 日本人に 希望をもたらす効果がある。

 

 

・ 安〇は 逮捕される

これは この国は 影にディープステートがいて 実際は その思惑に すべてが 忖度している 独裁国家であるという実情を 忘れさせる狙いがあります。

 

実際は 司法も 警察も 政治やも 

 

その仲間であり 血族であり 明治偽国家を維持するという範囲のものでしかない ということを 気づかせないという狙いがあります。

 

 

そして 誘導風な発信には 

 

必ず 「乗ってくる仲間」が 用意されています。

 

 

 

すべては 核心から そらす目的です。

 

それを見抜くのは

 

もう それほど 難しくはないはずです。

 

 

そのなかで

 

もし 仲間割れをするのなら 喜べば よいのです。

 

 

闇が 崩れ去るのは 仲間割れということも ありえるかもしれません。

 

 

けれど

 

対立とは 本当かもしれないし

 

作られているのかもしれないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.02.18 Monday
  • 23:21
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM