ニツポンは大英帝国を賛美する運命  ソールズベリー事件の暴露 アノニマス

  • 2019.01.06 Sunday
  • 22:41

 

 






1.6 アノニマスが暴露 

 

ソールズベリー服毒事件の前に英国は猛毒専門家を雇用し、対露制裁を準備


ハッカー集団「アノニマス」は

 

ソールズベリーでの服毒事件発生の数年前の段階ですでに英国の「インテグリティー・イニシエイティブ」プロジェクトの職員らはロシア人外交官の国外追放を呼び掛けていたことを暴露した。


アノニマスの暴露資料によって、プロジェクトに従事していた人員らは、自分の作業に化学兵器の専門家らを呼び込み、リクルーターおよびセルゲイ・スクリパリ氏の隣人と連絡を取っていたことが明かるみにされた。


サイトcyberguerrilla.orgには、アノニマスのメンバーらによる英国政府のインテグリティー・イニシエイティブ・プロジェクトの活動レポートも暴露されている。

インテグリティー・イニシエイティブの資料にはロシアのマスコミ機関、スプートニクおよびRTの活動についての調査結果も載せられている。
 

 


☆ アノニマスが1色かどうが 評価は分かれると思いますが

あの状況での事件は 暴力的な英国の嘘ですね。

イエズス会の長であり つまり 露中制圧 世界制覇 侵略の長でもあるのだから。


◎ 嘘の泥沼の中で嘘をはき続けるイギリス政府

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201809050001/

 

 

☆ 正直なもので

 

ピザゲイトで有罪になっている英王室を

 

ニツポンの天皇教は 笑顔で 称賛し マスコミは称え

 

下のネット作業員も 同じ反応です。

 

今 分かりやすい時代です

 

 

世界は 国別 民族別ではなく

 

たんに イエズス会 NWO vs  人間 (あるいはそれ以上?) で 別れている 

 

それが 顕著になってきたと感じます。

 

 

 

 

 

 



 

スポンサーサイト

  • 2019.03.19 Tuesday
  • 22:41
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM