圧力と屈服  朝日新聞   ヒロヒト

  • 2019.01.06 Sunday
  • 22:46

 

 

■朝日新聞がついに「戦争犯罪人でありファシストであり5000万人のアジア人を殺した最大最高の元凶』

 

昭和天皇裕仁の『美化キャンペーン』を始めた!

 

 

朝日新聞の元旦(2019.01.01)記事『人柄にじむその直筆 昭和天皇、激動の半生は歌と共に』を読んで驚いた!

 

 

天皇の代替わりの今年『GHQに助命され免罪・免責された戦争犯罪人』の昭和天皇裕仁を完全に隠ぺいして

 

『平和を愛し戦争を憂え悩む人間天皇』に美化する『嘘記事キャンペーン』を開始したと思わざるを得ない。


_____________________________________

 

 

(記事引用)

 

▲人柄にじむその直筆 昭和天皇、激動の半生は歌と共に

2019年1月1日 朝日新聞

https://www.asahi.com/articles/ASLDZ53F7LDZUTIL00R.html

 

 

 

平和を願う心、旅の思い出、親しい人との別れ――。

 

 

昭和天皇が晩年つづった和歌の原稿に、激動の半生への述懐や、日々の思いが残されていた。

 

余白をも埋める肉筆に几帳面(きちょうめん)な人柄もにじむ。

 

歴史研究の資料として貴重だと、専門家は指摘する。

 

 

いつのまによそぢあまりもたちにけるこのしきまでに(のうちに)やすらけき世みず

 

 

1988(昭和63)年8月15日の終戦の日に寄せ、昭和天皇はこんな歌を残していた。

 

所功・京都産業大名誉教授は「戦後40年余りたっても、世界では争いが絶えない状況をはかなんだ歌ではないか。昭和天皇にとって日本と世界の平和はつながっていたように思える」とみる。

 

 

陸軍大将として日露戦争を戦い、後に学習院長を務めた乃木希典(のぎまれすけ)とのエピソードを詠んだ歌もある。

 

 

残されていた歌の数々を、直筆原稿を写した写真とともに紹介します。

■雨(の)時は馬車(うまぐるま…

(以下有料記事のため読めず!)
______________________________________

 

 

▲これが日本の野党政治家、マスコミ、学者、評論家が決して言わない昭和天皇裕仁の『隠された正体』だ!

 

 

 愿傾塚疑里蓮崟鐐菷蛤畤諭廚任△蝓▲侫.轡好箸任△蝓5000万人のアジア人」を殺した最大最高の元凶である』(井上清著「天皇の戦争責任」現代評論社1975年初版)

 

 

⊂赦妥傾弔慮斥奸А悗海慮胸卩弾が投下されたことに対して遺憾には思っておりますが、こういう戦争中であることですから、どうも、広島市民に対 しては気の毒であるが、やむを得ないことと私は思っております』

 

 

この発言は、昭和天皇が米国訪問から帰国直後の1975年10月31日に日本記者クラブとの会見での秋伸利彦記者(中国放送)の質問

 

『天皇陛下はホワイトハウスで「私が深く 悲しみとするあの不幸な戦争」というご発言がありましたが、

 

このことは戦争に対しての責任を感じておられるという意味に解してよろしゅうございま すか。

 

また、陛下はいわゆる戦争責任についてどのようにお考えになっておられますか、おうかがいいたします』への回答。

 

 

昭和天皇の言葉:

 

『そういう言葉のアヤについては、私はそういう文学方面はあまり研究もしていないのでよくわかりませんから、

そういう問題につ いてはお答えが出来かねます』

 

 

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/dac7657da9afc3d42001a968ee5ad518

 

 

 

☆ 現政権に 人間らしい魂を求めるなど 愚の骨頂 ということです。

 

日本という国ではなく

 

ヤクザ組 であると 書いていた人がいます。

 

 

新天皇即位を 許さない 「人間の魂」と

 

北朝鮮で行った 原爆実験と 731の証言と

 

日本の地下で行われている核爆発実験 などは

 

同盟ではない 国から 言われています。

 

 

人間の皮を被ったものとの 歴史的な戦いです。

 

そして 朝日ですが

 

喜んで 悪権力につくのか 

 

あまりの圧力の強さに 屈服するのか という 両方が考えられますが

 

これが 悪魔がが支配する 在り方ということです。

 

 

新天皇即位 ということに向かって

 

まさに 狂気の真剣さが 国を覆っています。

 

 

ネット拡散要員の 「作業員たち」は

 

世襲のなりすまし族でしょうか?

 

かれらは

 

これだけの 力でねじ伏せて 教科書を書き換えていく 「この世」の力の 傘の元にいるから

 

笑いながら 書き込みをして

 

ニツポンと 大英帝国を賛美して

 

露中 韓国 北朝鮮を 汚く罵倒し続けるのです。

 

 

これが かれらの 生まれてきた 家系的なアジェンダです。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.06.16 Sunday
  • 22:46
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM