王位を放棄  マレーシア

  • 2019.01.07 Monday
  • 22:46

 

 

 

 

 

 

1.7  「ミス・モスクワ」と結婚した王が王位を放棄

1月6日、この日はマレーシアの王ムハンマド5世が王位を放棄したことで知られることとなった。ロイター通信が報じた


王位の放棄は、マレーシア憲法に従って行われると伝えられている。決定は直ちに有効となる。


王が任期中に王位を放棄するというのは、マレーシアの歴史の中ではじめてのケース。

決断の理由は公表されていない。


マレーシアの「スター」紙によると、ムハンマド5世は彼の故郷であるマレーシアのクラタン州スルタンに戻る予定。

 


ムハンマド5世は2016年に王位を継いでいた昨年11月、ムハンマド5世は美女コンテスト「ミス・モスクワ2015」の優勝者オクサーナ・ヴォエヴォジナさんと結婚した。

王宮は、彼女に王族の称号「ダティン」を与えると発表していた。

 

 

 

☆ 日英も 「退位」 (英国はフィリップ)の理由は なにも言われていませんね。

 

情況からみて 察しはつきます。

 

 

退位して 「上皇」という経緯には あっけにとられました。 w

 

 

私は とても なにかしら 時代的な 象徴的なこととして 興味をもちました。

 

 




 

スポンサーサイト

  • 2019.06.16 Sunday
  • 22:46
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM