その国を制圧するための戦争やのやり方  現ブラジルの例 

  • 2019.01.09 Wednesday
  • 22:33

 

 

ブラジル新大統領が 米軍基地の建設を目論む

 

 

 軍事クーデターで実権を握ったオーグスト・ピノチェトは1979年に健康管理から年金、教育まで全てを私有化しようと試み、

関税を撤廃、資本や売買の規制を緩和、交換レートを固定した。(James S. Henry, “The Blood Bankers”, Four Walls Eights Windows, 2003)

 一連の規制緩和でチリの民間部門は外国の金融機関から多額の資金を調達、1980年代に入ると債務額は倍増。


債務危機が起こると外国の金融機関は銀行の国有化を求め 国有化された彼らの債権は私有化された国有企業の株券と交換することが許された。

その結果、チリの年金基金、電話会社、石油企業などチリの重要な企業を外国の投資家は格安のコストで支配することになる。

(James S. Henry, “The Blood Bankers”, Four Walls Eights Windows, 2003)


 当然のことながら、こうした政策で庶民は貧困化、その子供は教育を受けるチャンスを奪われ、さまざまな不平等を再生産することになった。


これが「チリの奇跡」だ。


 新自由主義が庶民に塗炭の苦しみを強いることは事前に予測されていたことで、

そのためには反対勢力を殲滅する必要があった。
 



そうした意味でもピノチェトの軍事クーデターは重要な意味を持っている。


 後に設置される「チリ真実と和解委員会」によると、

軍事政権の時代に殺されたり「行方不明」になった人は「少なくとも2025名」だというが、実際の犠牲者はそれを上回り、

一説によると約2万人が虐殺されている。

 



ブラジルの新大統領、​ボルソナーロに言わせると、「ピノチェトはもっと多くの人間を殺すべきだった」​。



 21世紀に入った直後、ブラジルはアメリカから自立する動きを見せていた。

その当時の指導者、ルイス・シルバやジルマ・ルセフをアメリカは議会を使って排除する。


 議会でシルバやルセフの政治的な抹殺を先導していたのはブルーノ・アラウージョやエドアルド・クーニャだが、

前者は巨大建設会社から違法な資金を受け取った容疑をかけられ、後者はスイスの秘密口座に数百万ドルを隠し持っていることが発覚した。


 ブラジルを再び植民地化するためにアメリカ支配層が使った組織としてMBL(自由ブラジル運動)やEPL(自由を求める学生)が知られている。

両団体を創設したキム・カタグイリはミルトン・フリードマンの新自由主義を信奉する「活動家」。


MBLを率いているジュリアーノ・トレスとファビオ・オステルマンが学んだアトラス・リーダーシップ・アカデミーはアメリカの富豪、チャールズとデイビッドのコーク兄弟から資金が出ている。EPLのスポンサーもコーク兄弟だ。
 

 


 シルバやルセフを支えていた人々はアメリカ巨大資本の支配システムを壊さなかった。

資金力、情報力、軍事力で圧倒しているアメリカ支配層が反撃してくるのは必然だったと言える。


 そのアメリカ支配層は邪魔な存在を皆殺しにしてきた。



チリもそうだが、1965年のインドネシアは悪名高い。


現在のインドネシアをカルト国家と呼ぶ人もいるが、

 

確かに欧米権力層はカルトを支配の道具として使っている。その一例がワッハーブ派だ。

 

 

 アメリカ支配層は支配の仕組みとしてNATOや日米安保のような軍事同盟も利用している。


ボルソナーロがブラジルにアメリカ軍の基地を建設すると言っている意味もそこにあるはずだが、


そうした事態になるとブラジル軍はアメリカ軍の支配下に入ることになる。


それをブラジル軍が受け入れるかどうかが問題になってくるだろう。(了)



https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201901060002/

 

スポンサーサイト

  • 2019.06.16 Sunday
  • 22:33
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM