ニツポンのお仲間 ロシア悪魔化の教育  トランプをロシアよりとするCNN

  • 2019.01.13 Sunday
  • 22:48

 

 

1.13  米名門大学、ロシア「ハイブリッド戦争」の講義を実施

1789年に創設された最も古い米国の大学の1つである名門ジョージタウン大学は、


「ロシアのハイブリッド戦争」という講義を行っている。講義の情報は大学サイトに掲載されている。


説明によると、講義ではロシア大統領府の行う

「ボットや荒らし、情報操作」や

「米大統領選挙以来認知度が高まったロシア大統領府の新しい戦争の手段」や「クリミアの併合」について学ぶ。

また、こうしたハイブリッド戦争が米国の「社会や市民をいかにターゲットにしているか」も授業で取り上げる方針だ。


講義は「ロシアの教義とイデオロギー」を取り上げる。

そしてハイブリッド戦争の「例」やハイブリッド戦争に対する対抗が「米国やその同盟国にとってなぜ難しいのか」を探る。



☆ こういった嘘を

ニツポンは 150年やってきたのです。


悪魔化とか 嘘は
時として 笑い話です。

 

 

 

 

1.13  トランプ氏「侮辱だ」 ロシアのため働いていたかFBIが捜査との報道で

トランプ氏はFOXニュースのインタビューで「これは私が読んだことのあるなかで何よりも侮辱的な記事だ。これはひどい侮辱だ」と反発した。


トランプ氏は、これまでの米大統領のなかで最も強硬な対露政策を行っていると主張している。

先にニューヨーク・タイムズは司法当局筋やその他関係者の話として、

FBIが2017年、

 

トランプ氏がひそかに米国の利益に反してロシアの利益のため動いていた疑いで捜査を開始していたと報じた。


同紙によると、FBIは大統領への捜査開始にはすぐに踏み切ら無かった。

だがFBIのコミー元長官が解雇されたあと、トランプ氏の2つの行為が捜査開始の背中を押した。


その1つはトランプ氏がコミー元長官に送ろうとしていた書簡で、「ロシアの介入」について言及されていた。

2つ目はトランプ氏がNBCテレビで行ったインタビューで、コミー元長官の解雇の理由が「ロシアの介入」だったと発言した。

 

 

 

 

 


 

 

スポンサーサイト

  • 2019.06.16 Sunday
  • 22:48
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM