国際金融機関を戦争の道具につかっていることを示す文書

  • 2019.02.18 Monday
  • 22:12

 

 

国際金融機関、つまりWB(世界銀行)、IMF(国際通貨機関)、OECD(経済協力開発機構)、BIS(国際決済銀行)などがアメリカ支配層の影響下にあるが、

そうした支配関係をアメリカが戦争の道具として使っていることを示す文書をウィキリークスが公表した。

 

先月28日のことだ。


https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/5441d93fc3ca1e0c0cf0cc8ef99bcd3999cbbbad.70.2.9.2.jpeg


https://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/9/db261129e3a605efad187e7262dbe74772e2cb95.70.2.9.2.jpeg



こうした国際機関は欧米の私的金融機関と連携して弱小国の富を収奪してきた。

 


私的な金融機関がターゲット国の腐敗勢力(買収されたエリート)と手を組んでターゲット国を借金漬けにしたり、

買収に失敗した場合は融資をストップするなどして揺さぶりをかける。


これは常套手段だ。


融資された資金を腐敗勢力はオフショア市場にある自分の口座へ沈める。


そうした工作と並行してメディアなどを使ったプロパガンダを展開、


上層部を配下に納めた労働組合を使った抗議活動を始めるなどして社会を不安定化、


その上で暴力も使われることも少なくない。


例えばウクライナではネオ・ナチ、リビアやシリアではジハード傭兵だ。軍事クーデターも行われてきた。


そもそもイギリスのMI6はシティ、アメリカのCIAはウォール街、

つまり両機関とも金融機関と歴史的に深く結びついている。


アメリカ海兵隊の伝説的な軍人、スメドリー・バトラーがかつて語ったように、

軍隊は巨大資本の金儲けのために働いてきた。


軍隊、情報機関、金融機関は連携して侵略戦争を実行してきたが、

本ブログでも繰り返し書いてきたように、

1990年代から宣伝会社の役割が大きくなっている。


支配層にとって望ましいイメージを庶民に埋め込み、操ろうということだ。

そうした役割を戯画化した映画が「マトリックス」だろう。



アメリカ支配層は第2次世界大戦の直後、モッキンバードと呼ばれる情報操作プロジェクトを始めた。

イギリスで2009年に始動した政治的手腕研究所、その団体が始めたインテグリティ・イニシアティブなるプロジェクトの目的も情報操作。


その手先が有力メディアだ。
 

 


モッキンバードが開始された当時の中心メンバーはアレン・ダレス、フランク・ウィズナー、リチャード・ヘルムズ、そしフィリップ・グラハム。

ダレスとウィズナーはウォール街の弁護士であり、

ヘルムズの母方の祖父は国際決済銀行の初代頭取。


グラハムはワシントン・ポスト紙のオーナーだったが、義理の父親(つまりキャサリンの父親)は世界銀行の初代総裁だ。


https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201902120000/


 

スポンサーサイト

  • 2019.08.23 Friday
  • 22:12
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM