明治王朝の正体は知っていたし今も知っている  ニツポンの密約と黒塗り

  • 2019.05.14 Tuesday
  • 22:14

 

 

日露戦争の前年 

 

ロシアの新聞 Но́вое вре́мя 1903年11月14日付け 風刺画

 

「人力車用のイギリスの鞭」 

 

ロシアの新聞 Но́вое вре́мя 1903年11月14日付け

 

風刺画「人力車用のイギリスの鞭」

人力車に乗るジョン・ブル(英国)が、日本の国家元首の鼻づらに釣り餌をたれると、

相乗りしたアンクル・サム(米国)が嬉しがる図。

 

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/1127691256086220800

 

 

 

 

日露戦争

 

アンクル・サム(米国)とジョン・ブル(英国)の手下として、

しゃがみ込んで日本海軍を操る大日本帝国国家元首の図。

 

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/1127668669817876480

 

 

 

 

明治22年、

 

『頓智協会雑誌』は、

 

大日本帝国憲法発布をパロって、

 

風刺画とコピー「第一條、大頓知協会ハ讃岐平民ノ外骨之ヲ統括ス」を印刷して刊行したのに、実刑3年。

 

 

実は本当に明治天皇は大日本帝国憲法が制定された時、すでに崩御していたから、

漢風諡号で天皇と呼ばれたのではないだろうか。

 

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/1127660554405830656

 

☆ 「天皇」とは 死者に贈られる 号 ?

 

 

 

◎ 5・13   密約が定着、法務省内規を削除 60年に法相指揮を外す

 

駐留米兵らへの裁判権を日本が放棄した密約

 

検察内に浸透させるため米軍関係者起訴時の法相指揮を定めた1954年の法務省内規の項目が、

 

60年に削除されていたことが12日、分かった。

 

 

密約の運用が検察内部で定着したのが理由で、

 

日本側は実際、削除後の3年間で関連事件の9割の裁判権放棄に応じていた。

 

 

公文書開示請求で入手した内規や専門家が見つけた文書で判明した。

 

 

日米地位協定は、米軍関係者の公務中の事件は裁判権が米側にあると定める一方、

 

公務外は日本の裁判権を認めている。

 

だが、53年に日本政府が重要事件を除き裁判権を行使しないと伝達し、密約が成立した。

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.08.23 Friday
  • 22:14
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM