作られた 「天安門虐殺ストーリー」

  • 2019.06.04 Tuesday
  • 21:56

 

 

 

☆ CIA (上はMI6) が いつも犯人

 

ニツポンは JCIA 

 

 


 ミハイル・ゴルバチョフがソ連で実権を握る前、
1980年から中国では新自由主義がすでに導入されている。

その年に新自由主義の教祖的な存在であるミルトン・フリードマンが中国を訪問しているが、これは象徴的な出来事だった。


ところが、1980年代の後半になると新自由主義による社会の歪みが深刻化する。


1988年に実施した「経済改革」は深刻なインフレを招き、社会は不安定化。労働者などから不満の声が高まり、軌道修正を図ることになる。


それに対し、新自由主義で甘い汁を吸えるはずのエリート学生は「改革」の継続を求めた。

そうした学生に支持されていたのが胡耀邦や趙紫陽だ。

このふたりの後ろ盾だった小平も軌道修正に与した。

 



新自由主義の継続を求める学生運動の高まりに対する責任を問われて胡耀邦は1987年に総書記を辞任、89年に死亡した。

その死を切っ掛けに天安門広場で大規模な抗議活動が始まり、5月に戒厳令が敷かれ、6月を迎えた。



本ブログではすでに指摘したが、

当時、現地にいた西側のジャーナリストや外交官は天安門広場で学生が虐殺されたという話を否定している。



例えば、当日に天安門広場での抗議活動を取材していたワシントン・ポスト紙のジェイ・マシューズは問題になった日、

 

広場に派遣された治安部隊は学生が平和的に引き上げることを許し、そこでは誰も死んでいないとしている。

 

(Jay Mathews, “The Myth of Tiananmen And the Price of a Passive Press,” Columbia Journalism Reviews, June 4, 2010)


学生指導者のひとりである吾爾開希は学生200名が殺されたと主張しているが、マシューズによると、

虐殺があったとされる数時間前に吾爾開希らは広場を離れていたことが確認されている。


また、北京ホテルから広場の真ん中で兵士が学生を撃つのを見たと主張するBBCの記者もいたが、


記者がいた場所から広場の中心部は見えないという。(Jay Mathews, “The Myth of Tiananmen And the Price of a Passive Press,” Columbia Journalism Reviews, June 4, 2010)



西側の有力メディアは2017年、天安門広場で装甲兵員輸送車の銃撃によって1万人以上の市民が殺されたという話を伝えている。

北京駐在のイギリス大使だったアラン・ドナルドがロンドンへ送った電信を見たとAFPが流したのだが、

ドナルド大使自身が目撃したわけではない。

彼の「信頼できる情報源」から聞いた話だ。


その情報源が誰かは明らかにされていないが、

そのほかの虐殺話は学生のリーダーから出ていた。

当時、イギリスやアメリカは学生指導者と緊密な関係にあった。


ドナルド大使の話も学生指導者から出たことが推測できる。

 

この推測が正しいなら、現場にいなかった人物の話ということになる。



また、ウィキリークスが公表した北京のアメリカ大使館が出した1989年7月12日付けの通信文によると、

チリの2等書記官カルロス・ギャロとその妻は広場へ入った兵士が手にしていたのは棍棒だけで、群集への一斉射撃はなかったという。(“LATIN AMERICAN DIPLOMAT EYEWITNESS ACCOUNT O JUNE 3-4 EVENTS ON TIANANMEN SQUARE”, WikiLeaks)



しかし、衝突がなかったわけではない。広場から少し離れた場所で銃撃はあったのだが、

治安部隊と衝突したのは新自由主義に反対する労働者を中心とするグループだったという。


この衝突では双方に死傷者が出ているようだ。西側支配層はこの衝突を掘り下げたくないだろう。



イギリスの​デイリー・テレグラム紙​が2011年6月4日に伝えた記事によると、

BBCの北京特派員だったジェームズ・マイルズは天安門広場で虐殺はなかったと認めている。


軍隊が広場へ入ったときに抗議活動の参加者はまだいたが、治安部隊と学生側が話し合った後、広場から立ち去ることが許されたという。



学生の抗議活動にCIAが関与していることは間違いない。



当時の状況を見ると、大統領は1989年1月からCIA出身のジョージ・H・W・ブッシュ。

エール大学でリクルートされた可能性が高く、ジョン・F・ケネディ大統領の暗殺でも名前が出てくる。


同年4月にアメリカ大使として北京へ赴任したジェームズ・リリーはブッシュと昵懇の間柄にあるCIAの高官。


リリーの前任大使であるウィンストン・ロードは大使を辞めた後、CIAの資金を流すNEDの会長に就任している。


ブッシュ、リリー、ロードの3名はいずれもエール大学の出身で、学生の秘密結社スカル・アンド・ボーンズのメンバーだ。

学生は大使のリリーだけでなく、投機家のジョージ・ソロスともつながっていた。


後に吾爾開希や柴玲など運動の指導者はイギリスのMI6やアメリカのCIAが作った逃走ルート「黄雀行動」を利用、香港とフランスを経由してアメリカへ逃げた。

 


吾爾開希はハーバード大学、柴玲はプリンストン大学へ入学している。


吾爾開希は現在、台湾で独立運動に参加しているという。


中国政府は経済政策を修正したものの、その後もアメリカとの友好的な関係は崩していない。


その関係が崩れるのは2014年、ウクライナでアメリカがネオ・ナチを使ったクーデターを実行してからだ。


https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201906020001/


 

スポンサーサイト

  • 2019.07.19 Friday
  • 21:56
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    あの時、私たちがテレビ(日本の国営放送?)で目撃したライヴのような天安門の虐殺の画像は何であったのか、真実を是非お聞かせください。
    • 矢野櫻子
    • 2019/06/05 6:17 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM