悪魔が持ち込んだ人肉食   トサツのない時代へ・人工肉

  • 2019.07.15 Monday
  • 22:00

 

 

7.11  未来の技術がまた近づく 米で人工肉の培養

https://jp.sputniknews.com/video/201907116459281/

(動画)



ラボラトリーで作られたチキンカツレツを想像できますか?


米カリフォルニア州のMemphis Meats社は、

と殺の必要がない環境に優しい肉を動物の細胞から培養している。
 



同社の技術は、動物から細胞を採取し、その細胞に栄養素を注入することで肉片に育てることに基づいている。
 

 

この新技術の支持者は、人工肉が伝統的な肉に対して明らかな優位性を持つと主張する。


培養肉は家畜の飼育に必要な土地と資源を必要としないからだ。


一方で、同社は人工肉をラボラトリーから市場に投入するにあたって、大きな問題に直面している。


政府の承認と、製造コストがかかる人工肉の価格を下げる必要があることだ。
 

 

Memphis Meats社はまた、人工魚の生産にも取り組んでいる。


2017年にはマグロの細胞から魚のフィレ肉を作り出すことに初めて成功した。

 

 





 

スペインのサン・フェルミン祭で闘牛に反対する活動家

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2020.05.31 Sunday
  • 22:00
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM