2005イルミナティ秘密会議 311 対イラン・中国 ウィルス兵器の計画

  • 2020.03.07 Saturday
  • 21:39

 

 





☆ フリーメイスン高位の人と思われる人に まちがって イルミナティ会議への 招待が届いた。

何も知らずに出席したが その内容に驚愕した。


311 日中戦争への日本への圧力 イランへの恐喝 など すべて これらの会議で決められ 実施されていた。

2005年のことなのでで 長く 自分の胸におさめていたようです。 命が危ない。



長いインタビューですが そのほんの一部の引用です。


維新の天皇すり替えで イルミナティの天皇が出現したのですから 日本の国体は イルミナティの計画通りに動いているでしょう。

だから 勿論 311の許可を与えたのは 天皇です。


山崎氏によると

ウィルスに関しては アベは 日本人の命を守ることに いささかの関心もなく 殺害の方向であり、そのために 感染者数の隠ぺいを 当たり前にやっている。 (イルミナティの命令通り)

それが イルミに屈しない 現韓国とは 反対のようです。



■(つづきNo3)『プロジェクト・アヴァロン』ビル・ライヤンが2005年6月にロンドンのシテイで開かれた;"『イルミナティ秘密会議』に出席した英国高官にインタビューした記録を全文掲載し朗読します!(2/3)

▲このインタビュー記録は、今まで決して外部に漏れることのなかった『イルミナティ秘密会議』の内容が詳細に語られた歴史上は初めての記録である!



B: つまり中国人人口のことでしょうか?または地球上の全ての人びとが対象でしょうか? これは人口削減計画の一部ですか?彼らはなんと言っていましたか?

W: 生物学的物質が使われるということを話していました。インフルエンザのようなもので、 猛烈な勢いで広がるだろう、ということです。

これはその会議での話ではありませんが、今の私になら分かることがあります。

それは、その生物兵器は人びとの遺伝子の違いによって、それぞれに違ったふうな攻撃をするだろう、ということです。全ての人を一様に攻撃するのではなく。それはどんなふうにして起こるのでしょうか?... 私は遺伝学者ではないのでよくわかりません。ただDNAと如何ようにか関係しているのだろう、と推定するしかありません。


B: 中国人が彼らのグローバル計画に歩調を合わせようとしない邪魔な大グループなので、中国人を取り除くのだ、と話していたのですか?それとも西側諸国も含めた世界全体の人口削減を口実にして、でしたか?

W: 個人的な見解を述べなら、 明らかに彼らのしていることは世界人口を減らしているように見えます。 
生き残った人びとを支配するためには、人口を激減させなければ、彼らが望むような支配形態は実現できないでしょうから。


W: 核戦争とそれに続く停戦により、いよいよ生物兵器が使われうる条件が整うでしょう。

想像してみてください、核戦争のあとの世界を。限定核戦争、大混乱、金融崩壊、そこへ立ち現れるのが、全体主義的政府です。

この核戦争のあとの混乱の中、生物兵器がばらまかれるでしょう。どんな社会基盤もなく、どんなセーフティ・ネットもない状態におかれ、もはや誰もこのタイプの生物兵器の襲来に立ち向かうことができないような状態にしておいてからです。


https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/a9e88435e19367c5b309207dc86b20f8

https://www.youtube.com/watch?v=8mktqnH1-7A

 

 

 

☆ 感染者数を隠蔽するのは 明治ニツポン 李 さんの 得意技ですが 韓国と中国の 正直な数字にも あやしいと とらえる向きもあります。 ほんと 様々です。

 

 

☆ このインタビューで 回答者が 「私は イルミの面々のある人々?は 人間ではないとみています」と言っています。

 

私も そう思っています。

 

戦争やなどということは ある 特殊のものでなければ なかなか なれないと思います。

 

地球の 「人間の皮を被ったモノ」「人肉食種」が ターゲットにならなけえればならないと思います。

 

 

以前書いた記事の重複ですが 血液RH−の記事を 再掲します。

 

 


〇 昭和天皇重体の際に活躍した、RHマイナス部隊について質問です。


天皇が病状悪化と共に大量の下血をし、それに対して相当な輸血が行われたと言います。

しかし当時、その輸血について具体的に報じたメディアは一社もありませんでした。
そんな中、確か噂の真相だったと思いますが、天皇の血液型がRHマイナスで、適合する血液型は400人に1人しかいない為、自衛隊内部に天皇の非常時だけに備えた、RHマイナスの血液型を持った秘密部隊員・約100名が存在していると記事にしました。

私は人命尊重の観点から、そういう部隊があっても別に構わないと思いますが、問題は天皇がRHマイナスであることを秘匿し、更にそのような部隊の存在も全く明らかにしなかったこです。

恐らくそのような部隊は、昭和天皇が子供の頃から何十年にもわたって存在し続けていたんでしょう。
しかし戦前ならともかく、戦後の象徴天皇下においてまで、そのようなことを秘匿する必要があるでしょうか?


特定秘密保護法案が成立した今、これまでも秘密主義だった国家が、もっと秘密主義に走るのではないかと心配です。
皆さんは、昭和天皇RHマイナス部隊の存在について、どう思われますか?

存在自体は肯定するが、情報を明らかにすべきだったか否か?
或は存在自体が間違っているか否か?


https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13122016128



■Rhマイナスの血液型の人はネフィリム!

さまざまな怪情報を発信しているサイト「Trending News Archive」によると、Rhマイナスの血液型の人は、聖書に登場する「ネフィリム」と呼ばれる巨人の子孫であるらしく、人類とは違った体質の持ち主であるらしいのだ。


日本で血液型といえばABO式血液型が主流であるが、これは赤血球の表面にある抗原(免疫反応を引き起こす物質)によって区別をしているものである。

それに対しRh式血液型は、赤血球膜の抗原によって分類するものだ。


この「Rh」というのは、アカゲザルの(Rhesus)に由来する。アカゲザルが持っている抗原と、同じものを人間が持っていることがわかったため、そこから取られたのだ。Rh抗原にはいろいろな種類があるのだが、その中でも免疫原性が強いD抗原の有無によって、プラスかマイナスかを区別している。


日本ではRhマイナスの血液型の人は少なく、0.5%ほどしかいない。しかし白人の15%はRhマイナスの血液型であるという。そしてこのRhマイナスの血は、ホモサピエンスとは違った起源を持つものでないかというのだ。つまり、現世人類とは別の種族であるということだ。


そこで名前が上がったのがネフィリムという存在なのだが、では、ネフィリムとはいったいどのような種族なのだろうか。

聖書に何度か登場するネフィリム。その中では巨人であるという記述があったり、神と人の子であるといわれていたり、互いに争い共食いをする描写などがある。

https://tocana.jp/2016/03/post_9146_entry.html




☆ 明治偽天皇が 大室なのか 箕作 なのかと そこで 結論とするのではなく

さらに進んで

人肉食種を 闇は 選んでいるのか ということが さらなる 探求と思います。

 

 

私は 戦争やの正体は 「ホモサピエンス」ではないと 感じています。


この記事を書いたさい はっきりと 田布施出自の人と分かる人から 反応がありました。

 

血液 とか 戦争や特有の 脳の働きとか あるいは 「ソマチット」の 成分とか

検査で分かることなので

ある特有な ものたちが (日本では 部落の 偽天皇と その配下の 火病)を 貶めるためのものではありません。

 

 


 

スポンサーサイト

  • 2020.05.31 Sunday
  • 21:39
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM