カダフィ

  • 2016.02.06 Saturday
  • 08:18



(画像はどちらも 残酷。 見たくなかったらスルーしてくださいね)



2.5   カッザーフィー大佐の生涯の最後の数分間を収めた映像がネットに出回る
https://fanblogs.jp/sec/blog/article/edit/input?id=3983870

  2011年に追い落とされ、群衆に引き裂かれたリビア指導者カッザーフィー大佐の生涯の最後の数分間を収めた新たな映像がネットに登場した。
 



○ シオニストによる「カダフィ」殺害 By Brother Nathanael Kapner 10月21日 Real Zionist News

http://satehate.exblog.jp/17005328



◆シオニストに支援された反乱による残虐なカダフィ殺害は、ユダヤ系国際的銀行に抵抗した政治的リーダーに何が起きるのかということを示す例である。

カダフィは5つの分野でロスチャイルド系世界的銀行カルテルの参加要請を拒否した。

●共通通貨を持つアフリカ連合 ここも
●リビア中央銀行
●150トンの金塊
●石油産業
●青い金としての水資源




2011年7月、カダフィの後継者と見なされていた息子であるサイフ・アル・イスラムは、リビアの黒いダイヤとしての石油だけがシオニスト系欧米が求めているものではなく、リビアの青い金としての水も彼らが求めたものだ、と述べた。リビアの地下にはヌビアン・スタンドストーン帯水層が500マイルに渡って存在している。




国際的ユダヤ系銀行カルテルに対するカダフィの主要な脅威は金を裏付けとするリビア・ディナールのアフリカ共通通貨計画であった。これはアフリカの主要通貨であるドル、ポンド、フランというすべての不換通貨にとって代わることになったであろう。



ユダヤ系銀行利益は、アメリカ・ドルがユダヤが運営する連邦準備銀行で;イギリス・ポンドがユダヤが運営するイングランド銀行;そして、フランス・フランがユダヤが運営するフランス銀行によって支えられている状況なので、明らかに行き詰まっている。



リビアに対する三つの最大の侵略者たち、シオニストが買収した指導者たちである、オバマ、キャメロン、サルコジのアメリカ、イギリス、フランスがリビア元首のムアマール・カダフィの残虐な殺害を称賛したことは、驚くことだろうか? 驚きではありえない。

☆ 全文は、本体ブログをご覧ください。






dearputin.com
so far 92,217








 

スポンサーサイト

  • 2018.10.20 Saturday
  • 08:18
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 部落の起源
      ひろし (09/19)
    • 米だけが悪という嘘 天皇制・大室寅之助 /田布施はNWO企業を推薦する ディズニー
      shion (08/27)
    • アベ3選の世論操作に騙されるな
      佐藤義徳 (08/11)
    • 戦艦大和の原爆実験   フクイチは核爆弾の製造工場
      アルト (08/08)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM