北朝鮮・芝居/天皇はイエズス会の駒/クローン/天皇は朝鮮人/抵抗

  • 2016.03.05 Saturday
  • 09:50

北朝鮮・芝居

北に制裁をする、けれど、総連には援助をしている。 おかしくはありませんか?
総連への援助を止めれば、それが確実な制裁になるのではないか。

できるはずはありません。 北は皇室が造った国。堂々と日本という国ではできない悪事をしてもらうための国。
皇室との縁戚関係ということは、アベとも麻生とも縁戚関係。
そして、日本人皆殺し、奴隷という目的が、あの時、維新のときに造られた。


いやぁ、大変なやからたちが、あの時、被害者を装った被差別朝鮮にいたわけです。 目をつけたのが、英米マフィア。

その膿が、どろどろ残っていて、もう、絶体絶命の様相です。


 


天皇はイエズス会の駒なのか?


*家康はプロテスタント派キリスト教徒ウィリアムス・アダムスより血にまみれたイエズス会の歴史(西インド諸島原住民皆殺し、スペインにおける異端審問など)を知り、イエズス会を追放し、プロテスタント派に日本との貿易独占権を与えた。


*明治6年キリスト教(イエズス会)禁止令が撤廃され、天皇は長年の国教であった仏教を保護することをやめた。
明治天皇はイエズス会の将棋の駒であった。


イエズス会は天皇の軍隊をもって、イエズス会の旧敵、中国(1895年)、ロシア(1905年)に対する戦争を起こさせた。(両国はともにイエズス会を追放している。)そして、1941年、日本が報復される。(太平洋戦争)


*ユダヤ・イルミナティ・イエズス会の売国奴・手先である伊藤博史、岩倉具視、大久保利通らが孝明天皇(睦仁親王)を弑逆(しいぎゃく)し、ニセ明治天皇の大室寅之祐にすり替える。


*明治天皇は、ほっそりとした16歳の少年であったはずなのに、明治改元とともに東京に遷都された明治天皇は体重24貫の大兵、相撲、軍事訓練に精通しておられた。


*ご立派な明治神宮と比べて、孝明天皇をご祭神とする玉鉾神社は無各社(名もないほこら)である。


*300人委員会の前身である英国東インド会社は私的営利企業であり、株式会社である。私的営利企業株式会社がインドを植民地として支配していた。


*西郷隆盛は、明治維新第一の功臣であるのみならず、当時の日本にただ一人の「陸軍大将」だ。その西郷が、「腐臣のたむろする皇室に反逆の剣を差し向ける」「わが忠誠は[日本]にこそあり」と、すでに明治6年、意を決していたという。これは、どうでもよいような歴史上の些事(さじ)ではあり得ない。


西郷は、日本と天皇はもはや一体ではない、「天皇=日本」ではなくなってしまった、天皇は腐臣どもに取り込まれたと見た。その「腐臣」は誰を指しているのか。
「腐臣」の元凶は、岩倉、三条と大久保利通そして木戸、山県、伊藤、井上らの長州閥である。何がゆえに、彼らは「腐臣」と呼ばれねばならないのか。
彼らは、西洋式「文明開化」に毒された官僚になってしまったからである。


そして、天皇もまた、これら西洋かぶれ、西洋に毒された腐臣の道具、その手駒、その傀儡と化してしまったのではないか。
天皇は日本と縁が切れた。天皇は日本にあらず。ゆえに、西郷は天皇に対し、皇居に対して刃を向けざるを得ない。これが明治6年、西郷の本心だという草森説は正しいと私は思う。



*昭和天皇は、明治天皇、大正天皇に続き、1929年(昭和4年)、英国王(ジョージ5世)からガーター騎士団(ガーター結社)の一員に任命された。れっきとした大英帝国の構成員、以外の何者でもない。


西郷隆盛的陸軍の影響力が残存している限り、大英帝国ガーター騎士団員としての昭和天皇の性質は、常に陸軍との間に葛藤を生じさせた。しかし、今や日本陸軍は敗れ、敵(ユダヤ・イルミナティ世界権力)が日本全土を占領し、そこに大英帝国ガーター騎士団員としての昭和天皇が出現した。つまり、昭和天皇は、英国王の臣下の一人なのである。



(管理人)
こういった、一般の日本人が全く知らされていない事実が述べられている。「明治天皇のすり替え」が事実でなければ、何故、明治になってから、本来「北朝」であるはずの皇室が「南朝が正当である」と述べるようになったのであろう。明治以降、建造された神社がほとんど(全部?)南朝系であるのは何故だろう。といった疑問がわいてくる。

いくら歴史を捏造しても、真実を隠し続けることはできない。
今は亡き太田龍氏の偉大さに、改めて気付かされた思いである。
最後に、鬼塚英昭氏の「明治天皇すり替え説」の動画を紹介しておきます。


○ http://otisdury.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

天皇史 日本史の真実   イエズス会  中露との戦争



☆ イエズス会のことは、良く調べなければ分かりません。 とくに、中露との関係などを。 
原爆が長崎に投下されたのは、カトリックを潰すためという記事も読んだことがあります。 カトリックであろうと、プロテスタントであろうと、結局操作されているのだろうという認識しかないのですが。

ガーター勲章は有名ですね。


極右としか感じられない人が、さかんに天皇家、とくに、皇后と皇太子の悪口を言ってます。 信じられません、極右ですから、みな天皇教であると思っていたのです。
かれが言うには、皇后はカトリックの洗礼を受けており、虐殺も侵略戦争も、日本が悪いといっていることに腹を立てているのです。 では、今の天皇は、天皇の犯罪を認めているのか?
そうであれば、正しいのではないかと思いました(笑)。


けれど、態度で示してもらわなければなりませんね。 金塊を、世界のために寄付するべきです。
ご自分たちは、その特別な地位も財も屋敷も、捨てるべきなのではないですか?


イエズス会と中露との関係は、調べていく興味のあることです。

 


明治偽天皇のクローン?

 この記事アホらしいんですが、レプお得意芸のクローンと考えたら笑えない…
http://blog.livedoor.jp/tabouu/archives/21519594.html



☆ ちょっと、くだらないかもしれません(笑)



嘘の天皇史  天皇は朝鮮人か  


日本人は日本の真実の歴史を知らず、今の架空と妄想のウソの歴史を信じているのが現実

新羅系天皇を北朝と言い、百済系天皇を南朝と言う。


  天皇の2660年の皇位継承とは大日本帝国が日本人ついているウソにすぎない!今の天皇は英国が創った明治天皇からの4代目にすぎない!


★現人神と言って多くの日本人を騙し、戦前の若者と外人を天皇の名によって、大量虐殺した、天皇の世界はウソと欺瞞の魔界であるのだ。また、日本人と外人を大量虐殺するための魔の一神教である!


平和象徴天皇も「 第三次世界大戦の準備として創作されたもの 」であろう。


★世界権力が象徴天皇というわけのわからん存在で天皇制を長引かせている理由は、再び、天皇中心で日本をファシズム化して、日本を第三次世界大戦にイスラエルの応援として参加させるためだ。

☆ 自分の国のことで、これほど騙されたままというのも恥ずかしい。 一人でも、脱出してほしい。

けれど、難しいことを言うのでもなく、要は、皆、支配層というのは、悪レプタリアン。

日本という国のすさまじさは、アマテラスオオミカミの、日本という純粋な血統であると信じていること。

これは、知っている国からすると、お笑いですね。


http://xuzu0911.exblog.jp/15459751



抵抗

3.4  ビットコインは日本の法律に適合するか?

日本の金融当局は既存の通貨に代わる支払い手段としての仮想通貨、たとえばビットコインの取り扱い規則を定める方針だ。消費者保護ならびに日本経済の金融・技術部門の発展が当局の狙いと見られる。日経アジアンレビューが報じた。


ロシア議会は仮想通貨という新たな問題を、規制するのでなく、禁止することを選択した。しかし、ロシアで禁止されても、禁止されていない国では使用できるのだ。しかも、そのためにわざわざ移動する必要さえない。すべてはインターネット上のことであり、取引が行われる具体的な場所など存在しないのだ。私の意見では、仮想通貨は地下に追いやるより、管理下に置くことのほうが得策だ。地下に追いやることは、犯罪に走らせることと同じだ。間もなく開催される「ロシアビットコイン会議2016」では、仮想通貨の長所と短所が討議され、同時に、ロシアが世界と足並みをそろえ、ブロックチェーンが諸外国で使用されるようになる時代に備えるための方策が議論される」



☆ ベーシックインカム、NESARAに猛烈に抵抗しているのは、もちろん、超法的、無税の1パーセントとその工作員です。 

NESARAとは、1パーセントの特権がなくなるということであり、計画としては、地球の真実の歴史を知るという、人類への出発。 そうであるなら、レプタリアン皇族、政治家、企業家は、なんとしてでも抵抗する。

このビットコイン、田布施日本らしい、抵抗と感じます。 本当であれば、偽ものはすべてなくなり、金の裏打ちのある本物の貨幣の時代になるはず、という記事があります。




dearputin.com
so far   92,637




 

スポンサーサイト

  • 2019.08.23 Friday
  • 09:50
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    日本古代史

    日本古代史入門
    クリエーター情報なし
    作品社(インプレス)

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM