明治天皇

  • 2018.11.09 Friday
  • 23:15

 

 

この横顔、両方とも明治天皇だってさ。

 

上の写真は20歳。

 

下の写真の真ん中が44歳の明治天皇だそうだ。

 

https://www.sankei.com/life/news/170121/lif1701210028-n1.html

 

 

 

https://pbs.twimg.com/media/DrVmyrKWoAEcqwO.jpg

 

 

 

帽子は仏軍。

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/1059866321305907200

 

 

 

 

鼻の高さが違う

 

https://twitter.com/tears_lT_Tl/status/1059869711498989570

 

 

 

 

絶対に顔を見せなかったそうだ。

 

「お通りになられるから地面に顔を伏せ」の指示で、

 

上目で馬上の天皇陛下とやらを見ようとした母の叔父なる人物は道端から突き落とされた

 

と話していたのを幼い頃に聞いたと。フェイクは何人もいたかも?

 

 

https://twitter.com/nunaga/status/1059939403429265410

 

 

 

☆ 明治天皇は 若くて亡くなった という説もあり

 

箕作圭吾は 英国留学から帰ってきて

 

溺死したことになっている という説もあり

 

その時点で 箕作天皇が 出来上がったのか という推理もあります。

 

 

 

 

 

元看護師「インフルエンザは効果がなく有害」と政府委員会で発言

  • 2018.11.09 Friday
  • 23:11

 

 

看護師として20年、毎日多数のインフルエンザ患者と接触しながらもインフルエンザ予防接種を拒否し続け、

 

一度もインフルエンザになったことがなく 看護師さんが、インフルエンザ予防接種を推進するCDCの委員会で爆弾発言を行った様子の動画が公開され、大きな波紋を巻き起こしています。

 

証言の中には、彼女のインフルエンザ予防の方法も明らかにされています。

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

諮問委員会の面前で看護師がインフルエンザの予防接種についてとんでもない爆弾発言
Nurse Drops Bombshell “FIu Shot Speech” in Front of CDC Advisory Committee

 

2018年10月31日

 

2018年10月25日、アメリカの保健福祉省疾病対策センター(CDC)にて予防接種実施に関する諮問委員会が開催され、その場で、看護師として20年勤務し、最近退職したローリ・シミネリさんがスピーチを行いました。

 

Facebook上でCourtney Lynnさんがアップロードした動画は10月31日の時点ですでに120万件視聴され、30,000件以上のコメントが寄せられています。

 

https://youtu.be/SbIvt9ZMLmE

 

https://www.youtube.com/watch?v=SbIvt9ZMLmE&feature=youtu.be

 

 

 

 Nurse Gives Explosive ‘Flu Shot Speech’ Before CDC Advisory Committee
https://youtu.be/nWzmqe5bwf8

 

 

スピーチの冒頭で看護婦のシミネリさんは、

 

同僚の医療関係者にもインフルエンザ予防接種の効果を信じている人はまったくいないと説明しています。

 

 


「私はここに学者としてきているわけではありません。私は市民の一人としてここにいます」

「私は地元の病院から引退したばかりです。私の同僚も、私自身も誰もインフルエンザ予防接種の効果は信じていません。

 

有効性の問題です。ここでデータを提示はしません。あなた方がデータを作り出したのですから。ある年は10%、次の年は18%、最高でも40%などとね」

 

 

そして鼻スプレー型のインフルエンザワクチン、つまりあの悪名の高い『フルミスト』もまた効果がないと20年の看護婦としての経験から説明しています。

 


「2歳から8歳までの間、ここ4年ほど子供に与えられているフルミストですが、こんなものは効いたことがありませんよ。3%だそうですよ」

 


私が働いていた病院では同僚の医師や看護婦、医療助手、患者ケアや実験室職員など、あのインフルエンザ予防接種の効果を信じていませんでした。

 

(予防接種の接種率は)おそらく40%ほどでしたが、

医療スタッフに対する強制化が始まり、そしてあなた方(CDC)による推奨が始まったのです

 


その後、インフルエンザ予防接種を拒否する看護婦として、彼女が強制的にさせられたマスク着用など内部者ならではの情報を明らかにしました。

 

看護師らはインフルエンザ予防接種を受けるよりは毎日、常にマスクを着用することを選んだのです。

 

 

「私が引退するまでの最後の4年の間、私は12時間シフトの間中ずっとマスクを着けていました。マスクをすると息苦しいのですが、

 

それを我慢してもいいくらいあなた方のいう有効性を信じていなかったのです

 

 

同僚たちも信じてはいませんでしたが、12時間もあのマスクを着用し続けることができませんでした。

 

その人たちは最初、『マスクを着け続けることはできないから、予防接種を受けることにするよ』と話していました。

 

しかし一般人にとっての真実は、私が見たところによると、科学的仮説に対する最初の一歩、つまり政府のワクチンを信じていなかったのです。

 

今年、私は引退しました。引退して心から嬉しいと感じましたが、それは起きていること、私が見たものが私の魂を蝕んでいたからです。インフルエンザ予防接種なんて、狂気の沙汰ですよ

 


 

 

(画像: Lori Ciminelli / Facebook)

 

 


彼女は「私の魂を蝕んでいた」と話していますがこれは実在する話であり、ここでは説明しきれません。

 

彼女が話していることにあまり詳しくない方は、自ら納得するまで十分なリサーチを行うことでしか答えを見つけることはできないでしょう。

 

 

 

 

(画像:「胎児の死亡率が4250%増加するにもかかわらず、CDCは告知を行わなかった」

https://healthfreedomidaho.org/flu-shot-or-not)

 

 


アメリカ政府は、ワクチンの副作用の被害者の記録を保管しており、VAERS (vaccine injury reporting system、ワクチン副作用の報告システム)と呼ばれています。

 

ご興味のある方は“VAERS injuries flu shot”、またはその他のワクチンの名前で検索するとこの看護師さんが話していることを理解することができるでしょう。
 

 

元看護士のロリ・シミネリさん:


「私は引退してよかったと思います。なぜなら今、こうしてあなた方に話すことができるようになったからです。

 

私が働いていた時に同じことを話したとしたら、利益が衝突するために職を失っていたでしょう。

 

 

 

これは本当のことです。実際、多くの同僚は職を失いました。

 

私が働いていたのは、市内でもマスクの着用(する代わりにワクチンを拒否)が認められていた数少ない病院でした。

 

それが許されていない(ワクチンが完全に強制されている)病院を5つほど、名前を挙げることができますよ」

 


シミネリさんは看護師として働いていた期間を通し、一度もインフルエンザに罹ったことがありません。

20年という驚くほど長い間、毎日のようにインフルエンザに罹った患者と接触し続けていたにもかかわらずです。

 

 


「なぜ私は、あの環境に居て20年の間、一度もインフルエンザに罹らずに済んだのはどうしてでしょう?

 

大量の患者が来るERですよ。毎日、列をなしているインフルエンザの患者さんたち300人と最前線で接していたのですが。

それでもインフルエンザに罹らなかったのはどうしてだと思いますか?

 

 

私は正しい手の洗い方やビタミンDの摂り方、エルダーベリーシロップの飲み方を知っていたのです。

 

あなた方が勧めるインフルエンザ予防接種を私は認めません。今では薬局でさえ受けることができます。


私たち(医療関係者)に目標数値の書かれたカードを渡して言うことをきかせ、

『(ワクチンは)無料です』と伝え、どこででも受けることができます。

 

こういった恐怖心をベースにした戦略を行っていることを、あなた方は恥じるべきではないでしょうか。

 

ロバート・F・ケネディJr.氏は、私たちのために戦ってくれています。私たちや(ワクチンの副作用に)苦しむ子供たちのために裁判に行ってくれています」
 

 


そしてシミネリさんは、短いながらも情報の豊富な5分間のスピーチを終え、彼女の証言動画は瞬く間にインターネット中に広がりました。

 

誰しもが、インフルエンザ予防接種についてもっと調査を行うべきだといえるでしょう。

そしてこのテーマがどうしてこれほどまでにあちこちで議論を巻き起こしているのか、考えてみてください。


(翻訳終了)


【参考】http://www.anonews.co/nurse-drops-bombshell-flu1-shot-speech-in-front-of-cdc-advisory-committee/

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

【コメント】


本文中に明記されているのは動画の一部で、最後まで重要な発言が続いています。

 

最後には彼女は泣き崩れていました。自分のご家族が被害にあっているとしたら、強い気持ちもあって当然でしょう。

 

 

「間違っていたらごめんなさい。私の世代では予防接種は7種ありました。

26年後、私の娘の時代では10種、そして娘の長男はおそらく60種類でしょうか」

 

「ワクチンと自閉症の関連性なんてない、という人がいますが、そういう人たちの言うことは気にしていません。

 

なぜなら関連性はあるからです。

 

私の10歳になる孫の例を挙げましょう。完璧に健康で美しい2歳の子供がワクチンを受け、突然に重度の自閉症になったのを私は見ました
 

 
ローリ・シミネリさんのFacebookページには、同じ委員会で同様の発言を行った他の方たち(主に女性)のスピーチの動画やワクチンを受ける新生児が写された動画、エルダーベリーのインフルエンザ予防効果を説明している記事などがアップロードされています。
 
ちょうどインフルエンザの予防接種の広告をあちこちで見かけ始める頃かと思いますが、

 

「みんなが受けているから」、「政府が勧めているから安全だし効果があるに違いない」と何も考えずに決断せずに、十分なリサーチを行った上でご決断をされるのが賢明ではないかと思います。
 


また、フルミスト(鼻に噴射するインフルエンザの予防接種)について、ウィキペディアに興味深い経緯がありました。
 
「弱毒生インフルエンザワクチン(ウィキペディア)」
 
「米国予防接種諮問委員会(ACIP)は、
2016-2017年、2017-2018年のシーズンに無効であるためこれら鼻スプレーのワクチンを使用しないよう推奨していたが、
 
2018-2019年からはこの使用中止を取り下げ、
 
しかしまだ有効性についてのデータはない[2]」
 
 
・・・もう、どこからつっこんでいいのかわからないほどですね。
 
 
 
【ワクチンに関する過去の記事一覧】
https://ameblo.jp/wake-up-japan/theme-10071732701.html

 

そこから一部の記事↓
 
ワクチン強制化で自閉症率が飛躍的に急増:カリフォルニア州のケース
 
インフル予防接種の直後に女性が敗血症で急死→当局はインフルによる死亡とし予防接種奨励
 
予防接種で生後2ヶ月の息子を失った母親からの悲痛なお願い
 
自閉症の子を持つ親と医師ら 反ワクチンで立ち上がる
 
インフルエンザの予防接種を受けない医師がほとんど。その理由は?(米・英)
 
米 予防接種を受けた人を中心にインフルエンザが大流行
 
ワクチンを勧める医者に聞きたい質問リスト
 
ワクチン成分をデトックスする方法
 
ワクチンの危険性 医師が情報公開法を提訴し、衝撃的真実が明らかに
 
 
【ビタミンDに関する記事一覧】
https://search.ameba.jp/search/entry.html?q=%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3D&aid=wake-up-japan

 

 
https://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12416329613.html

 

 

 

ロックフェラーの嘆き

  • 2018.11.09 Friday
  • 23:09

 

 


インターネット上で、(悪玉)イルミナティの内幕の一部を知らせるような情報が流れているけれど、どう思いますか?と聞かれた時に

 

 

「そんなことは何の心配も要らない。

 

そうした情報を暴露する人々、そしてそれを読む人々は何も行動にはでない。
 

 

だいたい、そうした情報を流して人々が読んでも、我々に対して反乱を起こすことと、全く結び付かないではないか。

 

情報は、行動に直結しない限り、無益だよ。

 


自分は、ずっと長い間、彼等が、我々に反対して立ち上がり、反乱するのを待っていたんだ。

でも彼等は何もせず座して見ているいるだけや。

 


我々はツインタワーについても嘘の情報をたくさん流したけれど彼等は何もしないじゃないか。

 

それに彼らは、俺たちが仕掛けた戦争に、自分たちの子供ですら戦争に行かせているんやで。

彼らは何も出来ないよ。」と言って嘯いています。

 

 

https://blog.goo.ne.jp/saiponics

 

 

 


☆ サイババブログさんは

善の イルミナティもいると 言っています。


そこのところが まだ 信じ切れません。


イルミというのは 目に見える 

ロイヤルや 金融関係や 政治関係 以外にも たくさんいるのでしょうから ありえるのかもしれません。

 


けれど


一定の ロイヤル とか バチカンとかについて


善に変容したとかいう発信もありますが


その変容した 絶対権力は

決して 不法な 強奪した富を 人類に返すこともありません。

 

なので

善のイルミナティ ということにかんしては


あぁ そうなのか と 素直に 受け入れていないのが 正直なところです。


 

オバマの出生証明書 と ニツポンのなりすまし と 〜〜

  • 2018.11.08 Thursday
  • 22:57

 

 

 

オバカ元大統領も、何処からともなく突然、月光仮面のように政界に現れ、巨額の資金援助とマスコミが総力を挙げて応援したお陰で、あっという間に大統領になりましたよね。と言うか祭り上げられました。

 

 

そのオバカの出生証明書は偽造だと言われているし、ハワイ大学在学中の記録を誰も見る事ができません。

 

Qは、オバカはハワイ大学在学中に、支配層の洗脳スペシャリストである、CIAの職員二人によってパキスタンに連れて行かれ、将来、アメリカ初の黒人の大統領になるべく洗脳されたと投稿していましたね。

 

 

トランプも何度も、オバカはアメリカ生まれではないと、トランプが大統領になる前から主張しています。

 

 

 

もしオバカが、アメリカ生まれではないと証明出来れば、国の極秘情報や核ミサイル、核爆弾の製造法を不法に中国やイランに売り飛ばして来たオバカも逮捕して、彼を刑務所に放り込めるのです。

 

 

でもそれが証明出来なければ、大統領経験者は逮捕出来ないという、支配層にとって都合の良い法律があるので、オバカに手をつけられないのです。

 

 

イギリスでも、女王や王室の連中は逮捕出来ないという法律があるのですよ。

 

たとえ核ミサイル発射ボタンを押して、何十万人を殺してもです。

 

支配層は勝手に超法規的な法律?を作るなっちゅうに。

 

 

でもQがオバカはアメリカ生まれではない、という証拠を掴んでいるのでしょうね。

 

 

オバカは選挙応援演説で、アメリカに好景気をもたらしたのは、自分の大統領期間中から始まったのであり、トランプ政権によるものではないと、大ボラを吹いていましたね。

 

 

これだけ平気で嘘を付き続けると、いつか精神異常になるでしょうね。もうなってるか。

 

 

https://blog.goo.ne.jp/saiponics

 

 

 

 

☆ ここで止まるのは いかにも 日本流と言えるでしょう。

 

ニツポンは

 

すべて オバマだらけと言えるでしょう。

 

オバマは  その素性がマイノリティです (素性の嘘と 夫人が男性ということも含めて)。 

だからこそ 闇の勢力の傀儡になれるのです。

 

 

言わなければいけませんね、

 

ニツポンの象徴は 日本籍では ないということを。

 

 

そして

 

法律より上の立場は 世界のディープステートの すべてです。

 

それは きっと

 

神 か 悪魔の 法律ですね。

 

現 日本の偽政府が 一切 正義を無視できるのは

 

地球の マイノリティ支配の特権を 体得しているからです。

 

 

正義があるのなら

 

明治からの天皇は 存在不可能です。

 

 

それは 現世界のロイヤルも すべて そうだと思いますが。

 

 

この日本は 狂ったままで いきそうですが

 

悪魔サイドの 正体が 目に見える今

 

時に喜劇にも感じます。

 

 

それでは いけないのですが ・・・

 

 

 

米・中間選挙 共和党・上院掌握  CNNを罵倒

  • 2018.11.08 Thursday
  • 22:55

 

 

☆ やはり (民主党での)不正は 止められなかったとの 裏情報もあり。

 

 

 

11.7  米中間選  民主党が下院多数派を獲得、共和党は上院掌握を維持 選挙結果の評価はいかに

 

 

6日に投開票が行われた米議会の中間選挙の結果、民主党が下院で多数派を獲得し一方、

 

共和党は上院における多数派を維持することに成功した。

 

 

今回の米選挙結果がどのように評価されたのか、スプートニクがお伝えする。

 

 

大統領就任から2年後に行われる選挙では、その政党が敗北することがよくある。

 

オバマ氏の大統領就任後の2010年もそうだった。

 

だがトランプ大統領は、選挙運動でドラマチックな発言を行い、選挙はトランプ氏自身への「信頼に関する国民投票だ」と述べ、投票用紙にトランプ氏の名前が載っているものと考えて投票するよう有権者に呼びかけた。

 

 

トランプ米大統領は選挙結果について「素晴らしい成功」だとしている。

 

 

上院に対するコントロールを確保したことで、行政権を担う政府高官らの指名において、相対的な自由がトランプ大統領に約束される。

 

それに加えて、仮に下院において民主党による多数派がトランプ大統領に対する弾劾手続きを開始したとしても、上院議員らによる支持がなければ、この手続きを完了させることはできない。

 

 

それにもかかわらず、下院のペロシ民主党院内総務は、「明日は米国における新たな一日となる」と指摘し、

 

今回の中間選挙が「トランプ政権に対して憲法が果たすべき権力の抑制と均衡(チェック・アンド・バランス)の役割を回復する」か否かを問うものだったと述べている。

 

 

下院の新たな構成では、100人の女性議員が議席を有することになる。

 

この数字は、米国の歴史において記録的なものだ。

 

 

アナリストらは、女性や若者、各マイノリティ、そして何よりもヒスパニック系に対する民主党による期待が、全体として結果となって返ってきたと考えている。

 

 

専門家らの見解では、民主党が注意を集中した対象がトランプ大統領の挑発的なレトリックに対する批判ではなく、

教育や保健といった具体的な問題だったことも正しかったという。

 

 

 

 

 

11.7   米議会、イスラム教徒の女性候補2人が初当選  中間選挙

 

6日に投票が行われた米中間選挙で、ミネソタ・ミシガン両州からそれぞれ同国連邦議会に立候補していたイスラム教徒の女性2人が初当選を果たした。

 

オンラインメディア「ハフポスト」が7日に伝えた。

 

 

そのうちの一人、イルハン・オマル候補(37)はソマリア出身で、2016年のミネソタ州下院議員選挙で当選している。

 

ソマリアでの内戦開始後、家族とともにケニアに逃れ、12歳の時に一家で米国に移住した。

 

 

ミシガン州から立候補し当選したラシダ・トライブ候補(42)は同州デトロイト生まれで、両親はパレスチナからの移民。

 

 

 

 






 

11.7  ドナルド・トランプ米大統領は7日、

 

ジェフ・セッションズ米司法長官の辞任を自身のツイッターで発表した。

 

 

トランプ大統領は、セッションズ司法長官のこれまでの貢献に感謝の意を表した上で「セッションズ司法長官の首席補佐官、マシュー・ウィテカー氏が司法長官代行を務めることをお知らせできてうれしく思う」とツイートした。

 

 

We are pleased to announce that Matthew G. Whitaker, Chief of Staff to Attorney General Jeff Sessions at the Department of Justice, will become our new Acting Attorney General of the United States. He will serve our Country well....

 

 

https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1060256619383193601

 

 

米司法省によると、ウィテカー司法長官代行は2016年のロシアによる米大統領選介入疑惑を巡る捜査を含む責務のすべてを管轄する。

 

 

 

 

 

11.8  トランプ大統領、記者会見でCNNの記者を罵倒【動画】


トランプ米大統領は7日、ホワイトハウスで記者会見した際に、

中米からの移民集団やロシアが米大統領選に介入したとの疑惑などについて質問した米CNNテレビのジム・アコスタ記者を罵った。


トランプ大統領は、移民集団を米国への「侵略」と語ったことについてアコスタ記者から問われると苛立ちを表し

 


「国の運営は私に任せろ。君はCNNを運営しろ。うまくやれば視聴率は上がる」と述べ、

アコスタ記者がもう一つ質問しようとすると「もうたくさんだ」と述べて回答を拒否した。


さらにアコスタ記者が所謂「ロシア疑惑」について問いかけると、

「CNNは、君を雇っていることを恥じるべきだ」と罵倒した。


アコスタ記者は、ホワイトハウスを取材するための入館証を没収されたという。



 

 


 

 

 

露・自然の保存状態が良好  モスクワ・ハウスボート

  • 2018.11.08 Thursday
  • 22:53

 







11.5  自然の保全状態が最も良好な国=ネイチャー誌【写真】

 


ネイチャー誌に掲載された論文によると、

人間の手付かずの領域や海域の面積が最も広い国はロシアだ。


こうした面積が広い国でランキングが作成された。

論文によるとロシアではおよそ1500万平方キロメートルの野生の自然が残っている。

およそ800万が陸地で、残り700万が海域だ。

























2位はカナダ、3位はオーストラリアになった。続いて4位は米国、5位はブラジル。


この5カ国に手付かずの生態系と野生の自然の全領域70%以上が集まっている。



 

 






11.4 モスクワ郊外に水上ホテルとハウスボート街区の建設が計画【写真】


モスクワ郊外の運河水域に水上ホテルとハウスボート街区が建設される。


ロシア・デンマーク合弁企業「ハウスボート」が、ボルガ川とモスクワ川を結び、

5つの広大な貯水池を形成するモスクワ運河のペストヴォとクリャージマ、ヒムキの3つの貯水池を候補地として、計画を進めている。


はじめてハウスボートが誕生したのは20世紀初頭の米国。


その後、ヨーロッパでも人気が高まり、今、その流行の波がロシアにも達した。


各居住街区の基本構想は、

水上面積約1ヘクタール(1万平方メートル)に、ロシアで建造されたハウスボートが15から30隻建つというもの。


1隻の居住面積は100から160平方メートルとなる。

また、駐車スペースとして、岸辺に各居住街区あたり0,5ヘクタール(2500平方メートル)の土地が割り当てられる。





 

偽天皇教は狂気  三島由紀夫の復活  天皇財閥のための政治

  • 2018.11.07 Wednesday
  • 23:01

 

 

来年、偽の歴史を鵜呑みにして割腹自殺した三島由紀夫の願いが成就することをご存知?

 


三島

 

「もうこれで憲法改正のチャンスはない。自衛隊が国軍になる日はない。建軍の本義はない。それを私は最もなげいていた〜

 

日本を守るとは、天皇を中心とする歴史と文化の伝統を守ること

 

 

 

 


 

 

https://twitter.com/honest_kuroki/status/1059703268115267584

 

 

 

☆ 天皇を中心とする と ここまで もちあげられると

 

嘘を嫌う という 最低限 人間の良心をもたなければ

 

この地位に しがみつくのも 無理はない。

 

あってはならない 偽物の 偶像です。

 

 

 

 

 

11.7  東海第2原発、運転20年延長が認可

 

原発特許を持っているものに 逆らうことは しません。

 

 


11.7  菅官房長官「米選挙結果は日米関係に影響せず」

 

米日の密約 原爆のトリックを封印するための バラマキでしょう。

 

 


11.7  補正予算、今夕成立 法相、年内に外国人総合対策

 

NWOは 必ず その国の原住民と 文化を消すために 移民を入れます。

 

 


11.7  金正恩氏の巨大肖像が公の場に 個人崇拝の始まりか 

 

 

北朝鮮は ニツポンが 天皇がすべての権力をもっていることを 気づかせないための

悪 絶対権力との 役目をしていた。

 

憲法に これだけ 天皇の文言が並んでいるのだから 天皇絶対国家です。

 

正恩氏が 魂でも 知性でも ニツポンより まともなことが 知られるかもしれません。

 

正恩氏が ニツポンから離れたのは 少し 希望がもてます。

 

 


11.7  自民部会、即位10連休法案了承 9日に総務会

 

 

明治時の公家の予想によると 今回 新天皇となるものは 廃帝になるとされている。

 

がむしゃらに 天皇キャンペーンをやっている。

 

決死ともみえる ヤクザな 圧力は ニツポンの権力者の 特徴ですね。

 

不可侵という文言をかってに造った 田布施の伊藤博文から 今に至るまで。

 

 

 

11.7  日韓首脳会談見送りへ、徴用工で 韓国最高裁の判決受け

 

嘘を通して 結局 金のユリが 公然となればよいのですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

ニツポン戦争や 仮想敵は中国

  • 2018.11.07 Wednesday
  • 22:57

 

 

☆ なにしろ 仮想敵がないと 軍拡が ちょっと やりずらい。

 

今は 北のミサイルとは 言いにくいです  ww

 

 

 

 

 

 

11.4   日米が対中国共同作戦を初策定 尖閣有事想定、新任務も

 


日米両政府が2015年改定の日米防衛協力指針(ガイドライン)に基づき、

 

自衛隊と米軍による初の対中国共同作戦計画の策定作業を進めていることが3日、分かった。

 

沖縄県・尖閣諸島での有事を想定し、来年3月までの取りまとめを目指すが、計画内容に関する調整が難航する可能性もある。

 

複数の政府関係者が明らかにした。

 

 

16年3月に施行した安全保障関連法の新任務も盛り込むとみられる。

 

軍拡を続ける中国に対抗し、一体化を加速させる日米の実態が一層鮮明になった。

 

日米は米国の対日防衛義務を定めた日米安保条約第5条の尖閣諸島への適用を確認している。

 

 

 

 

11.6   ロシア 中国へ兵器供給 新契約を締結

 

ロシアと中国はロシア製兵器の新たな供給に合意した。


中国の珠海市経済特区の展示会を訪れたロスオボロンエクスポルト(露国防輸出)社の子会社代表団のヴィクトル・クラドフ団長がスプートニクからの取材に明らかにした。


クラドフ団長は


我々は陸空海とあらゆる分野の軍事技術協力において中国と活発な協力を行っている。


S−400、Su-35の2つの契約の実現化を成功させた以外にも、たくさんのプロジェクトがある。


詳細を明らかにするつもりはないが、文字通りつい最近さらに3つのプロジェクトを中国側と締結したとだけ述べておく」と語った。

 

中国へのSu-35供給契約は2015年に締結。


実現化は2019年に予定されている。


同時期にS−400の供給契約も締結されており、実現化は2年後の2020年までに行われる。


クラドフ氏はロシアは供給期限を順守すると約束した。

 

 

 

11.4  中国開発の世界最大の水陸両用機 はじめての離着水に成功【動画】
 

 

中国が開発の世界最大の水陸両用機AG600がテスト飛行を行い、水上での離着水を成功させた。中国航空工業団が発表した。

中国航空工業団によると、テスト飛行は10月20日、湖北省の長江の貯水湖で実施された。


水上離陸後、飛行機は貯水湖上空を何度か旋回し、湖上に着水した。

テスト飛行の一環として、AG600機は岸辺から水上に自力で移動し、離発着用の車輪を格納、エンジンを起動させ、空へ飛び立った。


テスト時に達成された飛行高度や搭乗人数といった詳細は、明らかにされていない。

AG600機は収容人数は最大50人、最長航続距離は5000キロ、最高速度は時速570キロ。飛行時間は最長12時間となる。
 

 

 

 

 

ロシアを狙う戦争や  ディープステート

  • 2018.11.07 Wednesday
  • 22:55

 

 







11.5 ドネツク人民共和国、ウクライナ治安国防関係者が化学物質用いた挑発準備と非難

ウクライナからの独立を一方的に宣言したドネツク人民共和国の人民警察局のダニール・ベズソノフ広報担当部長は、

ウクライナの治安・国防関係省庁職員が

共和国での選挙妨害のため、化学物質を用いた挑発行為を準備していると主張した。


ベズソノフ氏は、ドンバスに駐留するウクライナ軍が

「緊急で放射化学そして生物学的防護剤を補充している」と述べる。


「私たちは犯罪防止の目的で国際社会に呼びかける」
 

 


ウクライナから独立を宣言したドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国の指導者と「議員」の選挙は11日に予定している。

ウクライナ政府は、選挙を認めないと反発している。

ドネツク人民共和国のリーダーのアレクサンドル・ザハルチェンコ氏は8月31日、ドネツク市の中心部にあるカフェの爆発テロで暗殺された

逮捕されたテロ容疑者らは、キエフ当局が暗殺に関与していた事実を認めている。


これに対しウクライナ安全保障庁はテロ関与を否定し、独自の真相見解を発表した。

 

 

 



 



11.7  NATO軍事演習「アナコンダ2018」、ポーランドで本日開幕

北大西洋条約機構(NATO)の大規模軍事演習「アナコンダ2018」が7日、ポーランドで実施される。


「アナコンダ」はポーランドにとり2018年では最大規模の合同軍事演習となる。

同軍事演習にはNATO加盟国のうち10か国が参加する。


ポーランドで実施される今回の軍事演習には兵士約1万2500人が参加する。

そのほかエストニア、リトアニア、ラトビア、バルト海域における軍事演習にも兵士約5000人が参加する。


公式発表では、数日間にわたり実施される同軍事演習には兵士約10万人が参加予定だ。

ポーランド軍司令官は同軍事演習が他国への対抗にはあたらないと主張しているものの、多くの軍事専門家の間では、

同軍事演習がロシア・ベラルーシ合同戦略軍事演習「ザーパド2017」への対抗措置だとの意見で一致している。



 

 

11.7   露連邦保安庁、サッカーW杯でドローンを使ったテロを阻止

 


ロシア連邦保安庁(FSB)は、同国で今年夏に開催されたサッカーW杯でドローンを使ったテロを阻止した。


FSBのボルトニコフ長官が明らかにした。

 

ボルトニコフ長官は、情報機関、安全保障機関および捜査機関の責任者らの会合の冒頭、


「連邦保安庁の機関は、ロシアで開催されたFIFAワールドカップでテロリストによるドローンを使用する試みを見つけ、阻止するためにあらゆる対策を講じた」と述べた。

 

 

詳細は明らかにされていないが、そのような試みはワールドカップだけでなく、その他の「大規模な政治およびスポーツイベント」の準備および開催期間中にもあったという。

 


またロシアのコロコリツェフ内相も、サッカーW杯ロシア大会の前に、

外国人サポーターを襲う計画をしていた7つの民族主義グループの活動を阻止したと発表した。

 

ニツポンの国体の復習

  • 2018.11.06 Tuesday
  • 23:02

 

 

 

ツィートテレビさんの会話 寄せられたコメントを取り入れながら

 

整理します。

 

最初に 欧米のNWO計画があって成り立つのですが 

 

そこには ロス茶 大英帝国 米戦争やが 登場します。

 

 

ニツポンの支配者たち トップから ボトムまで (ボトムの下には日本人。 これは 戸籍でも 分かれているとおもわれますし、なにより 日本人には 特権がありません)が

 

ロイヤルを 悪く言わない (週刊誌の 美化キャンペーン など)こと

 

皇室のイベント 園遊会にも招かれて 美化をする サクラを演じていますし

 

芸能界 スポーツ界 会社の社長など ほとんどが 在日で つまり 同和仲間で占められている。

 

司法 警察 自衛隊など 在日で 占めようとしています。

 

 

最初に 日本人殺し (イエズス会・ザビエルなど  統一教会)のアジェンダがあるのですから

 

それに ふさわしい者を

 

ペリーが 最初に 決定していたということらしいです。

 

 

日本をNWO支配する手段として

 

王様を支配する あるいは 皆が従う 絶対者を 作り出す。

 

それが 明治からの すり替え天皇ですね。

 

 

少子化など 計画通りと いうことですよ。

 

加計学園には 韓国の学生を 優遇して招いているそうですし

 

(といっても 加計は 皇室と繋がる 生物兵器工場なので 本当の韓国の人々はそこに行ってはいけないのですが)

 

最後に 移民政策が 今 とられていますね。

 

 

日本と日本人を その痕跡をなくするということですが

 

人間を奴隷にするという意識が ニツポンの支配層なので これは 悲劇です。

 

 

できるだけ 英文ででも 世界に知らせてください、日本には ISや スパイ以外は 来ないほうがよいということを。

 

 

 

ペリーなどが用いた兵隊は いつものように その国に潜む マイノリティです。

 

日本を憎む ものたちが 適役ですね。

 

 

それで 朝鮮半島からの 棄民として 現在の 朝鮮支配と言われる兵隊が 登場します。

 

 

つまり すり替え天皇と 下の 同和企業 下の 火病の 日本が一番という 

 

おそらくは 宮内庁とか 自民党に 飼われているものたちが 一体となっていて

 

素晴らしい 愛国の日本人と言っている。

 

 

一つの国に

 

その国を滅ぼそうとしている 自称国民がいる そして 勢いを増している という この実態を 是非 普通の日本人は 意識してもらいたいものです。

 

 

西側では Qを 全く認めていませんが

 

そこで語られているのは

 

政府内政府があるアメリカという国を 取り戻そうとする 人間たちの戦いが 密かに 長く 行われていたということです。

 

アメリカは その上に

 

悪の枢軸 英王室があるのです。

 

 

今回の 生でなければ この カルト日本の実態を意識することは 難しかったと思われます。

 

 

それでも Qのような 力が誕生するという保証は全くありませんが

 

是非 ニツポンの この腐った権力を 見破る目をもっていただきたいものです。

 

 

畏れていたのは なんのことはない

 

「背乗り という 世界でも珍しい 滑稽な ただの 大犯罪者」なのです。

 

それが どれほど 本来は 

 

品のないものなのか 今は 分かりやすい時代になっています。

 

 

 

 

 

 

 

韓国の徴用工判決   金のユリ  ナチゴールド

  • 2018.11.06 Tuesday
  • 22:59

 

 

 

元徴用工への損害賠償を認めた韓国での判決が 日本軍による略奪へ波及するのか?

 

 

元徴用工が新日鉄住金に損害賠償を求めた訴訟で、韓国の大法院は10月30日に同社への支払を命じた。

大法院は日本の最高裁に相当、これで合計4億ウォンの支払いを命じたソウル高裁の判決が確定した。


日本政府は徴用工の問題は1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決している」という立場だが、

個人の請求権は消滅していないと大法院は判断したのだ。

かつて、日本政府もこの事実を認めていた。


1965年当時の韓国大統領は1961年5月の軍事クーデターを指揮した朴正熙である。


第2次世界大戦後、韓国も日本と同じようにアメリカ支配層の影響下にあったが、

イギリスの戦略を引き継いだアメリカの目は中国、そしてソ連/ロシアに向けられている。


イギリスの基本戦略とも言うべきハルフォード・マッキンダーの論文が発表されたのは1904年だが、

侵略して略奪するという基本方針はその遙か前から行われてきた。



イギリスが侵略の手を東アジアまで伸ばしてきたのは19世紀。

1840年から42年にかけてのアヘン戦争、56年から60年にかけてのアロー戦争(第2次アヘン戦争)は象徴的な出来事だった。


こうした戦争でイギリスは中国(清)に勝利したが、内陸部を制圧する力はなかった。

当時の主な輸送集団は船であり、

主要な港を押さえられたことは清にとって大きな痛手だったが、占領されたわけではない。


占領のための地上軍として機能したのは日本軍だ。


現在の中東でアル・カイダ系武装集団、ダーイッシュ(イスラム国、IS、ISIS、ISILとも表記)が果たしている役割と似ている。

だからこそ、米英の支配層は戦費を融資、技術的な支援をした。外交的にも助けている。



あの強欲な米英支配層がこうしたことを行ったのは、その先に自分たちの利権があったからにほかならない。


日本は東アジアを侵略した際、組織的に財宝を略奪している。


その財宝の多くはフィリピンに集められ、そこから日本へ運ばれるが、戦況が悪化してフィリピンから日本へ運べなくなると、
フィリピンに隠す工作を始めた。


その隠された財宝は後に山下兵団の財宝と呼ばれるようになる。

もっとも、山下奉文が日本軍第14方面軍の司令官に就任したのは1944年9月のことで、財宝の集積作業は終盤にさしかかっていた。

作業を指揮していたのは本間雅晴、田中静壱、は黒田重徳のころだ。



ちなみに、田中静壱は関東軍憲兵隊の司令官だったことがあるが、そのときに細菌戦用兵器を開発するための生体実験にかかわっている。


1945年8月当時、

田中の副官だった塚本清(素山)は略奪したダイヤモンドを日本へ運んだひとりと言われ、敗戦後はアメリカ軍と緊密な関係を持っていた。

1961年には創価学会の顧問に就任している。



日本が降伏した後、その隠された財宝のありかを調べる責任者がエドワード・ランズデール。

表面的には軍人だが、実際はOSS、戦後はCIAの幹部だ。


朝鮮戦争が休戦になった直後にジョン・フォスター・ダレス国務長官はNSC(国家安全保障会議)でベトナムにおけるゲリラ戦の準備を提案、

それを受けてCIAはSMM(サイゴン軍事派遣団)を編成、その団長をランズデールが務めている。


その後、キューバに対する破壊活動などを指揮した。


ランズデールの下で日本人に対する取り調べを行っていたのが情報将校だったサンタ・ロマーナ。

このロマーナが親しくしていた女性がイメルダ。


ロマーナはイメルダをフェルディナンド・マルコスに紹介、ふたりは結婚する。

マルコスは財宝の一部を掘り出して大金持ちになり、大統領になったといわれている。


そのマルコスのライバルだったベニグノ・アキノ元上院議員が1983年8月にマニラ国際空港で射殺され、社会が不安定化する。

アキノへはNEDを通じてCIAのカネが流れ込んでいた。


アメリカ軍は1986年2月にマルコスを拉致して国外へ連れ出した。

その背後ではCIAが蠢いていたのだが、その工作で中心的な役割を果たしたと言われているのが

アドナン・カショーギ、リチャード・アーミテージ、ポール・ウォルフォウィッツなど。


アドナン・カショーギはジャマル・カショーギの伯父にあたる。
 

 


フィリピン国外へマルコスが連れ出されると、財宝の分け前をよこせという裁判が起こされる。

弁護士がでっち上げ事件で攻撃されたりしたが、それでも裁判の過程で財宝に関する情報が明るみに出てきた。



日本軍が盗んだ財宝は金の百合と呼ばれているが、これとドイツがヨーロッパで盗んだ金塊、いわゆるナチ・ゴールドをアメリカ支配層は一体化させた。


いわゆるブラック・イーグルだ。その一部は1960年頃から日本の支配層が運用しているとも言われている。



この秘密資金は日本やドイツが盗み、アメリカが横取りしたものである。


個人の請求権は存在するということになると、この秘密資金を返せという個人の要求が出てきても不思議ではない。


https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201811050000/

 

 

 

☆ 金のユリは 全奴隷人類に返すべきですね。

 

善のイルミナティもいると 発信されていますが

 

日本の支配層 天皇家が そうだということではありません。

 

 

善であるためには 実際の行動が必要です。

 

返すことですね 盗んだものは、返すべきです。

 

 

なぜなら かれらの不当な 地位は その 略奪した 財がなければ なりたたないからです。

 

 

だれもついていきません、貧乏な悪権力者には。

 

 

 

 

 

 








 

ロボットは人間を排斥か? 解放か?  3D  ロケット

  • 2018.11.06 Tuesday
  • 22:57

 

 

☆ 本来なら 人間を家畜とする計画がなかったのなら

 

人間を 豊にする技術は もたらされていました。

 

ロボットも サイドによって 両方の用途になるのではないか と感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

10.29   中国でロボットがロボットを製造する工場が開設へ 稼働は2020年

 

中国にロボットがロボットを製造する工場が開設される。

 

 

同工場はスイスのABB社のプロジェクトで世界でも類がない。

 

ABB社によれば、新工場は世界最新のロボット工場となるもの。

 

 

ABB社は新工場について、デジタル技術、ロボット機器、人工知能分野のイノベーション研究を一手に集めるものと説明している。

 

作業のほとんどはロボットによって行われ、それを人間が監視する。

 

 

ABB社広報部によれば、工場の開設先に中国が選ばれたのはれっきとした理由がある。

 

中国のロボット機器市場は世界最大。2017年に世界で製造されたロボットの3体に1体は中国に輸出されていた。

 

 

ABB社は工場稼働開始は2020年になるものと見込んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4.27  食べ物を「コピー」する3Dプリンターが開発 韓国

 

 

韓国の 梨花女子大学校が食品を印刷することのできる3Dプリンターを開発した。ポータル「3ders」が報じた。

 

このプリンターで印刷された食品は通常の食べ物の物理的な特性だけでなく、ナノレベルで食物の素材感が再現されている。

 

 

インクにはマイナス100度近くまで温度を下げ、ナノパウダーにまで細かくされた食紅が用いられている。 

 

プリント用食紅には食物の中に含まれている炭水化物やタンパク質などが用いられている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7.17  ロスコスモス、環境にやさしい超重量級ロケットの生産開始時期を発表

 

 

ロシアでは、新たな打ち上げロケット「アンガラ」の量産が2023〜2024年に始まる。

 


17日、ロシア国営宇宙開発企業「ロスコスモス」のロゴジン社長が、記者団に発表した。


ロゴジン氏は、ロシアのロケット「アンガラ」の生産は、ロシアのアムール州にある宇宙基地「ヴォストーチヌイ」の発射台の準備と同調して行われなければならないと伝えた。


「アンガラ」の打ち上げは、2025年までに20回行われる見込み。

 


「アンガラ」タイプの打ち上げロケットは、そのエンジンが有毒なヘプチルを使用せずにケロシンと酸素で稼働するため、環境にやさしい。

 


モジュラー構成で設計されたアンガラ・シリーズには、貨物の軌道投入能力が3.8トンから37トンまでの複数のクラスが含まれている。

 

また有人バージョンも存在する。

 

「アンガラ」の初打ち上げは2014年に行われた。2回目の打ち上げは今年予定されている。

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

日本古代史

日本古代史入門
クリエーター情報なし
作品社(インプレス)

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 薩摩と長州   高麗町と田布施
    河下浩史 (10/27)
  • 米だけが悪という嘘 天皇制・大室寅之助 /田布施はNWO企業を推薦する ディズニー
    shion (08/27)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM