地球温暖化  ロシアは記録的な冷夏

  • 2019.07.16 Tuesday
  • 21:56

 







7.16  ロシアのヴォログダ州で過去最低気温を更新

ロシアのヴォログダ州では14日、気温が零度まで下がり、

 

7月の最低気温をおよそ100年ぶりに更新した。ロシア連邦気象庁が発表した。


ヴォログダ州のオネガ湖畔にあるヴィテグラ町では14日、気温が零度まで下がり、7月の最低気温を100年以上も更新した(これまでの最低気温は1912年に記録された1.9度)。


そのほか、ヴィボルグ、ペトロザヴォーツク、コストロマといった都市でも過去の最低気温を更新した。


ロシア連邦気象庁によれば、ロシアの北部から中心部にかけてしばらく寒気がとどまる模様。



 

悪魔が持ち込んだ人肉食   トサツのない時代へ・人工肉

  • 2019.07.15 Monday
  • 22:00

 

 

7.11  未来の技術がまた近づく 米で人工肉の培養

https://jp.sputniknews.com/video/201907116459281/

(動画)



ラボラトリーで作られたチキンカツレツを想像できますか?


米カリフォルニア州のMemphis Meats社は、

と殺の必要がない環境に優しい肉を動物の細胞から培養している。
 



同社の技術は、動物から細胞を採取し、その細胞に栄養素を注入することで肉片に育てることに基づいている。
 

 

この新技術の支持者は、人工肉が伝統的な肉に対して明らかな優位性を持つと主張する。


培養肉は家畜の飼育に必要な土地と資源を必要としないからだ。


一方で、同社は人工肉をラボラトリーから市場に投入するにあたって、大きな問題に直面している。


政府の承認と、製造コストがかかる人工肉の価格を下げる必要があることだ。
 

 

Memphis Meats社はまた、人工魚の生産にも取り組んでいる。


2017年にはマグロの細胞から魚のフィレ肉を作り出すことに初めて成功した。

 

 





 

スペインのサン・フェルミン祭で闘牛に反対する活動家

 

 

 

 

無能な詐欺師との 地球の聖戦

  • 2019.07.13 Saturday
  • 21:57

 

 

ロスチャイルド金融帝国 VS 民族派(プーチン・トランプ・習) 〜 何のための戦いなのか 〜

 

 

民族派(プーチン・トランプ・習)によって、金貸しの支配構造が崩されつつある。

 

 

あれだけ続いた、マスコミや諜報機関による誹謗もトランプ政権には全く揺るがなかった。

 

※オバマまでの政治家はマスコミ操作によって、支持拡大も抹殺も自由自在(政治家の生殺与奪兼)。

 

それが全く無効化。

 

 

世界中で対立を誘導し、戦争を煽る手法もロシアによって完全に無効化された。

戦争の火種だった中東も、ロシアによる平和化がほぼ完了

 

 

 

ロスチャイルドの一派ネオコンは、タンカー爆破や教会襲撃など局所テロしか起こせない。

 

 

そしてトランプの逆襲。

 

 

金貸しの支配構造・利益の中核は基軸通貨ドルと中央銀行制度。そこにトランプはメスをいれつつある。・・・

 

トランプはシェルトンら2名の理事を指名し、連銀に送り込み、ドル潰しに入った。

 

 

 

●この戦いは、いままでの国家間の対立とは全く様相が異なる。何のための戦いなのか?

 

金貸し駆逐の戦い。民族・集団本能と金貸しの論理(市場拡大・グローバリズム)の戦い。

 

以下の記事が分かりやすい。

 

 

米国に対抗意識を燃やすプーチン率いるロシアは、フランス農相以上に過激で、

 

いち早く遺伝子組み換え食品(GMO)フリーゾーン宣言を行い、

 

 

2020年までに有機農業による国家自給と栄養価が高い有機農産物の輸出を外貨獲得の主軸に揚げてみせた。

 

 

小麦の輸出はすでに米国を抜いており、

 

国営系のメディアのスプートニクやロシア・トゥデイを通じて、

 

遺伝子組み換え食品の危険性を英語で世界に発信している。

 

 

 

・・・シャロイキニ氏の世界観からすれば、

 

今、世界はプーチン率いる人類救済のための緑の枢軸と

 

モンサントやバイエル率いる「死の化学産業」の二大勢力が戦っていることになる。

 

 

 

農をめぐる、世界の闘い3〜せめぎあう二つのパラダイム より引用

 

 

民族・集団本能から見れば、農業は子々孫々含めて長く繁栄するためにある。

 

金貸しから見れば手っ取り早く儲けるためにある。全く価値観がことなる。

 

 

そして明らかに流れは民族派主導ですすんでいる。

 

今後ロスチャイルド金融帝国は、ドル暴落 → 中央銀行から切り崩され配下の銀行・大企業も無力化されていく。

 

 

 

※日本はいまだ金貸しと天皇一派による頭脳支配下にある

 

 

日本はどうなのか?安倍政権は金貸しに都合のいい政策を矢継ぎ早に進めている。

 

・2017年12月に、ヒマワリ油では残留基準値がいきなり400倍に規制緩和された日本

・種子法の改正

・移民受入拡大

・・・・

 

 

安倍は、トランプ・プーチンに協力しながら、金貸しにも都合よく動いている。

 

自らを保身し、国民支配を支配・無能化するためには金貸しの手法が手っ取り早いと考えているためだ。

 

 

これが民族・集団本能と真っ向から対立している。

 

 

日本人の気持ちにはその不整合感が充満している。

 

by Hiroshi

 

 

http://blog.nihon-syakai.net/blog/2019/07/9051.html#more

 

 

 

☆ ただ私は

 

トランプさんは 天皇や英王室まで つまり イルミナティの上まで

 

駆逐する 意図があるのかどうか まだ 不安です。

 

 

Qの あるブログでは あきらかに 令和 天皇 礼賛が 見てとれますし

 

ニセ天皇教が Qと トランプさんを 礼賛しているからです。

 

 

ここが ちょっと 不安ですが ・・・

 

 

 

 

 

 

 

歴史は繰り返さない  日本は英領 再検証

  • 2019.07.08 Monday
  • 22:03

 

 

近年。
 
日本は、明治維新からイギリスの支配下にある―――。

 
なんて話を見聞きすることがままあると思う。

僕も書いてきてる。


 
大正天皇と昭和天皇はイギリスの「陸軍元帥」だった。

なんて事実もある。 
 

でもって、イギリスの官報から、それを示す箇所がでてきた。


官報に記されてるってことは、状況証拠だとかじゃなくて、「揺るぎない記録」であり「公報」だ、ってことだね。


 
さて、その箇所。

 
官報「ロンドン・ガゼット」 1874(明治7)年8月11日付

https://www.thegazette.co.uk/London/issue/24121/page/3912



=====

And whereas Her Majesty has had and now has power and jurisdiction in the dominions of the Emperor of China and in the dominions of the Mikado of Japan:

 
また女王陛下は、従来、そして現在、中国皇帝の領土ならびに日本国ミカドの領土における権能および管轄権を有する故に:

=====
 


このくだりは、「去る8月6日、それらの国々の港湾での商用外国船登録に関するコレコレなる法律が可決、うんぬん」、なんて内容の記事の前文にある。


つまり、「こういう法律ができたのは、こういう経緯や事実があるからですよ」、っていう確認事項のひとつとして書かれてるわけだ。
 


ちなみに。
ここでの『女王』ってのはビクトリア女王のことで、『中国』ってのは「清」のことだね。


 
あと、この文書のなかでの言葉遣いの定義として、以下のように注釈されてる。

 
=====

The term " Japan " shall mean the dominions of the Mikado of Japan :
 
「日本」という用語は、日本国ミカドの領土、を意味するものとする:


=====

 
繰り返しになるけれど。
こうしたことは「官報」に書かれてるんだから「公報」だし、

秘密じゃなくて誰にでも知ることができるものだ。
 

 

でも、広く一般に、明らかに、伝え知らされることはないよね。


世間の人々は知らないままでいるし、まさか

 

日本が正式にイギリス女王の権能と管轄権の下にあるとは思ってない。
 

当時の内務卿(事実上の総理大臣)だった大久保利通とか、右大臣だった岩倉具視とかは、絶対このことを知ってたはずだ。

 
たしかに隠してない、でも実質として隠してる。



こうやって世界は運営されてきてる。

 
世界の運営者たちは、契約と法律を「神」とする。


だから絶対に、どこかで文面にするし公表(公布)する。


 
今も、例えば国民に知らせたくない法案が可決したときとかは、夜中にシレッと短文で出されて終わり、とかね。


(そもそも大型連休とか大イベントとか国民の多くの意識が逸らされてるときに可決したりする)
 

密やかにやるし、密やかなまま運営していく。


もちろん、大正天皇・昭和天皇がイギリスの「陸軍元帥」に任命されたのとかも、そうだね。


 
ところで―――。
 
ちょっと、あることを思わされるフシがある。

 
こうして密やかに、シレッと決められてること。


これは、国家と国家のあいだで決めたことじゃないな、ってね。

 
女王と天皇のあいだでの取決めか。

もしくは、女王から天皇への勅命だろう。


つまり個人と個人のあいだの話。



 
でもって、その「領土」での臣民(国籍をもつ人々すべて)は、自動的に、当然として、その効力のなかに入る。
ってことにしてるように見えるね。



でもって、そういった部分は論理的にとうぜん含まれるものとして書かない。


書かないことで、大いに利用できる曖昧さになる。



ただし、その取決めが国会をとおして法制化される、って順をしっかり踏まえるけどね。


でもって、かの国の女王と我が国の天皇はこういう関係にある、そのためにこの法制化もある、なんて伝えられることはない。


 
近現代であるならば。
謳うよ議会と民主制。

 
でも実際には、

 

やめてない王制・封建制をくるんでおくためのワンクッション形態なんだ、ってことだね。

そもそも、「日本の領土」(territories of Japan)じゃなくて、「天皇の領土」(dominions of the Mikado)って言ってんだもん。


 
まあ、当時はおたがいに「大英帝国」と「大和朝廷の日本」だったんだけどさ。

(日本はまだ大日本帝国になってない)


 
ただ、現在にいたるまで、英国王が日本天皇の領土にもつ権能・管轄権が「なくなりました」って伝える記録はどこにも見当たらないそうだよ。


このたびの情報を提供してくれた人が、そう言ってた。
 
 
=====
 
さて―――。
 
大正天皇と昭和天皇は、イギリスの「陸軍元帥」に任命されていた、ってこと。

 
それについては、すでに過去に書いてる。(けっこう拡散されてもいる)
https://ameblo.jp/eigo-garage/entry-12052541306.html
 

なので、そこからドドッと引用するよ。


 
【以下、引用】
 
しかも。
大正・昭和2天皇にいたっては「英国陸軍元帥」だったんだぜ。

 
大正天皇は、1918(大正7)年1月1日に。
昭和天皇は、1930(昭和5)年6月26日に。
それぞれ英国陸軍元帥に任命された。


イギリスの官報アーカイブにも、任命の記録がしっかり残ってる。
官報だぜ。

 

まず、大正天皇。(官報「エディンバラ・ガゼット」 1918年1月25日付)

https://www.thegazette.co.uk/Edinburgh/issue/13199/page/416


=====


His Majesty the KING has been pleased to appoint His Imperial Majesty The Emperor Yoshihito, K.G., of Japan, to be Field-Marshal in the Army. Dated 1st January 1918.
 

国王陛下は、天皇ヨシヒト陛下(日本国K.G.〔ガーター勲爵士〕)を陸軍元帥に任命する事にお喜びである。1918年1月1日付。

=====

 
次に、昭和天皇。(官報「ロンドン・ガゼット」 1930年6月27日付)

https://www.thegazette.co.uk/London/issue/33619/page/4028


=====


General His Imperial Majesty Hirohito, Emperor of Japan, E.G., G.C.B., G.C.V.O., to be Field-Marshal. 26th June 1930.
 
大将日本国天皇ヒロヒト陛下(E.G.〔大英帝国勲章?〕、G.C.B〔英国バース1等勲章〕、G.C.V.O〔ヴィクトリア1等勲章〕)、1930年6月26日に陸軍元帥に任命さる。

=====

 
昭和天皇のところでまず「大将」と書かれてるのは、昭和天皇が、皇太子時代の1921(大正10)年に英国を訪問して5月9日に「大将」に任命されていたからだ。

 


この記録も同じくロンドン・ガゼットにある。

 
あとね。

英語版 Wikipedia の「歴代の英国陸軍元帥」をみるとシッカリ写真つきで載ってるよ。

https://en.wikipedia.org/wiki/Field_marshal_(United_Kingdom)



文字列検索(ctrl+F)で、それぞれ「yoshihito」「hirohito」と入力してみて。


補足ながら、大正天皇も昭和天皇も、この頃にはすでに「騎士」の称号を授与されていたこともうかがえる。


これらを見て、日本の天皇は英国王・女王より下位におかれている、ってことも判るよね。


 
そんな人がさ、英米をふくむ連合国にケンカを売るわけがないでしょ。


太平洋戦争は八百長だったんだよ。


 
繰り返す。


太平洋戦争は、八百長だったんだよ。
八百長だったの。
 
-----

 
すごいことだよね。

信じられないぐらいひどいだろ?


 
イギリスと天皇、そして天皇のまわりの元老が、みんなの知らないところで動いてた。


こういう「目に見えない側」の真実があった。
それこそ「連帯・連携の構造」「プログラム」としてシッカリあったんだよ。
 
-----

 
…ウラ側で、べらぼうに重大な事実がこうしてあるのは僕たちみんな知っとくといい。

ホントに、知っとくといい。

知ってこう。シェアして・話して・広めちゃおう。

 
【以上、引用】
 
 
アホらしい、って広めちゃおう。

知れば知るほど、自分に素直でいるほど、僕たちは歴史を繰り返さなくなる。



 
『歴史は繰り返さない。』

https://ameblo.jp/eigo-garage/entry-12115879680.html



https://ameblo.jp/eigo-garage/entry-12490867549.html

 

日本と明治ニツポンの分離

  • 2019.07.05 Friday
  • 21:59

 

 

最大の外圧は同類圧力であり、人々の意識・期待だと書きました。

 

・・・では、人々特に我々の属する日本人は何を求めて、どこに向かっている?

 

 

ここに一つのグラフがあります。

 

http://blog.nihon-syakai.net/blog/wp-content/uploads/2019/07/190625yoniagumuhibi_2.png

 

 

・・・・1990年台以降、日本のGDPのみが伸びていない。

 

 

★これをどう見るか?

 

 

この時期は金貸しが日本攻略(バブル崩壊→構造改革・外資進出、郵政民営化)し、

 

日本の支配層がアメリカの軍門に下って(「拒否できない日本」)、

 

国富や国民をどんどん差し出した時期とも重なります。

 

 

外力的な要因としては以上が大きいですが、日本人の内的な変化も大きいと感じています。

 

 

より根源的には、日本人がもう金儲け(出世や身分も同根)に活力を感じなくなってしまったこと。

 

・・・だからガツガツしていない、外人からみるとすごくおとなしく見える。

おとなしいだけではない、活力がない。

 

 

 

上記データだけじゃなくて、様々な事象から重ねてみると・・・

 

 

・年々増える不登校(拒否反応)や若者の自殺。

 

・子供達に本音を聞いてみたらいい。

 

知識を詰めこもだけの学校なんて将来何の役にも立たないと感じているからこそ拒否反応が高まっている。

 

・老人の孤独感・孤独死

 

・本来それらを考えるのが学者や公務員の仕事だと思うが、自分の休みや給料を増やすことばかり考えている

 

・医療も狂気の西洋医学の権化と化し、金儲けと殺人機関と化している。

 

 

 

・・・現代の社会構造が日本人にとって不適応を起こしていると見たほうがいい。

 

 

一体全体この社会はどうなっているのか?

 

外人のようにお金や私権に収束していれば、それほど気にならない社会なのではないかと思う。

 

 

真っ先に豊かさが実現した日本。

 

しかしその後すぐにお金や私権の底の浅さに気がついた日本人、何か根本的にちがうと。

 

 みんなモヤモヤしているだけで、収束先がない。そんな状態が40〜50年も続いている。

 

 

 

支配層は経済成長を作り出すために経済成長のネタを作り出してきた(公共投資、福祉、バブルetc)

お上の暴走年表

 

 

しかし日本人は踊らなくなった。政府・御用マスコミと大企業関連だけがから騒ぎしている。

このギャップが日本人の可能性だとも思う。

 

 

 

日本の社会は1600年前ごろに取り入れた国家/宗教(私権社会)、その上に、

明治時代以降取り入れた西洋観念が塗り重ねられて制度化されている。

 

 

人類の意識構造は、本能⇒共認⇒観念の三層構造。

 

最先端の観念が、本能や共認を支配してしまう。

 

従って、いくら潜在思念で本源価値が上昇しても言葉にしないと実現できない。

 

現在は狂った西洋観念+少し古い私権観念しかない。

 

 

原始・縄文以前の本源的な想いが潜在思念(本能・共認)レベルに蓄積して突破口を求めている。

 

 

 

どうする?⇒

 

ヾ冉阿鮗里討襦米で考えるのをやめる)⇒本能・共認で感じる

 

△箸海箸鷁燭如と原因追求し、事実を追求する=現象事実を論理整合性をもって統合する。

 

by Hiroshi

 

 

http://blog.nihon-syakai.net/blog/2019/07/9038.html#more

 

 

 

 

 

 

縄文時代の「貝塚」は ゴミ捨て場ではなかった

  • 2019.07.03 Wednesday
  • 21:58

 

 

「貝塚」は縄文人のゴミ捨て場ではなかった!

 

縄文の精神に立ち返って既成の事実を見直す事で、新たな可能性が見えてくる。

 

 

他者とはちがう「自己」を追求するより、周りとの共認形成、期待応合を礎に生きた方がよほど充足する。

 

これは現代人の中に縄文人から受け継がれた精神性が今なお息づいている事、西洋近代観念がそれに蓋をしている事の証左と言えます。

 

 

 縄文人の「他者と自分を区別しない」精神は、人間だけでなく、自然現象や動植物、あるいは土器、石器といった等の道具に至るまで対象となっていました。

 


それを裏付けるのが、近年の「貝塚」に対する研究です。

 

今、日本では「貝塚」に対する概念が一変しつつあります。

 

 

 現代日本の考古学は、明治初期、アメリカ人考古学者のエドワード・S・モースの大森貝塚の調査によって幕を開けます。

 

 

モースは欧米で培った見識から、貝塚を縄文人の「ゴミ捨て場」と断定。

日本考古学も学校教育もずっとその見解で進んできました。

 

 

しかし近年、「貝塚」とはゴミ捨て場どころか、縄文人の精神性を表す「重要な場所」だったのではないか、

 

そこに日本の縄文人が抱いていた「他者と自分の同一視」「すべてが畏敬と感謝の対象」という精神が色濃く反映されているのではないか、という研究が発表され注目を集めています。

 

 

以下に「東洋経済」さんの記事を抜粋して紹介します。

 

 

【他者と自分を区別しない、という感覚は人間同士にだけ適用されたわけではない。】

 

(前略)

 

縄文人はすべてのものに命が宿ると考えていたとされる。

 

これは、縄文人に限らず、世界中の狩猟採集民に多い世界観である。

 

人間も動物も植物も、果ては土器だろうが石器だろうが、すべてのものに命が宿っていると考えた。

 

だから彼らは、土器や石器が持つ「道具としての役割(命)」が終わったとき、それらに感謝の意を込めて廃棄の祭りをしたとも言われる。

 

 

 貝塚はその一例と言っていい。

 

以前は縄文人たちが食べた物を捨てた「単なるゴミ捨て場」だと考えられてきた。

 

しかし、よくよく貝塚を観察してみると、食べ物のカスは当然ながら、縄文人骨もあれば縄文犬の骨もあるし、割れた土器もあれば土偶もある。さまざまなモノが渾然一体となって貝塚を構成していることがわかってきた。

 

 

 ということは、貝塚というのはただのゴミ捨て場ではなく、命がついえたものの、送りの場(天に命を送り返す場所)だったのではないかと見解が変わってきている。

 

 

 

 縄文人たちの仕事には今の私たちが思うほど、男女の区別が明確にはなかったのではないか。

 

身体的に能力が違うという点で男女の仕事の区分はあったと思うが、それ以外の感覚として、どちらかの存在が劣っているとか上とか下とかという意識などみじんもなく、

 

彼らが生きる世界では、男女はもちろんのこと、すべての存在が同じ命あるものとして等しくあったのではないだろうか。

 

 

西洋の観念は、謂わば「人間中心主義」。万物の頂点に人間が君臨し、自然は人間が支配するものだという考え方です。

 

それに対して日本人の精神は、自然を受け入れ、共存する事を選びました。

 

日本の気候は、豊かな恵みをもたらすと共に、時に容赦なく牙をむきます。

 

大きな被害をもたらす地震、洪水、火山、豪雨豪雪等、自然の前に人間は無力な存在である事を日本人は痛感してきました。

 

 

それ故、日本人は万物に対する感謝と畏敬の念が強く、すべての存在が同じ命あるものとして等しくあったのではないでしょうか。

 

 

 紹介した貝塚研究の事例も、西洋観念の呪縛から離れ日本人の縄文精神や共同体性という視点で見直したとき、新たな事実が浮き上がってきたという事だと思います。

 


教育、仕事、人間関係など様々な場面でも、この日本人の精神から見直す事で、新たな事実と可能性が見いだせるのではないでしょうか。

 

 

http://blog.nihon-syakai.net/blog/2019/06/9028.html

 

 

 

 

本来の縄文気質

  • 2019.06.26 Wednesday
  • 22:07

 

 

アジリティオフィス。

 

その実現基盤は、柔軟な遊動性と高い応合性に支えられた縄文の精神にある

 


社会構造や人々の意識が大きく変わる中、現在様々な企業で、生き残りをかけた組織改革、職場改革が進んでいます。

 


先端の企業は、真の「働き方改革」とは決して就労時間や休暇日数の問題では無く、社員の活力を如何に上昇させるか、

 

従来の枠を超えられるか、がその本質である事を見抜いています。

 


そしてそのカギは、「自らの働く場を自分たちの手で創る事」。

 

 

その試みの一つに、従来の固定デスクを廃止し、

 

プロジェクトや日々の課題、役割ごとに社員が主体的に集まり、日々動きながら仕事や組織を運営する

「アジリティオフィス」に切り替えた企業があります。

 


こうした企業は仕事の成果やスピードの上昇に留まらず、社員の活力上昇も含めて大きな成果を上げつつあります。

 

 

以下に紹介する記事は、こうした柔軟で機動的な職場改革が活力と成果を上げる背景には、

 

日本人が古来から受け継いでいる縄文精神、すなわち枠にとらわれない思考、

 

変化する環境や状況を受け入れる柔軟な遊動性、対象を注視し期待に応えてゆく高い応合性を礎にしている故、というもの。

 


1万年前の組織体に通づるものがある、という説です。

 

 

 

以下、ハフポストさんの記事を紹介します


記者の根岸氏と、考古学者の岡村氏による対談からの抜粋です。


:::::::::::::::::::::::::::::::

 

 

【私たちは「定住生活にまだ慣れていない」?】


(前略)

 


根岸:その精神的に安定した共同体の構造も、

 

弥生時代の水稲耕作を中心とした生産経済が導入されていくなかで変化していきますね。

 

 

岡村:そうです。弥生時代になると、人は土地を占有するようになります。

 

囲い込んだ土地で人は米作りを始め、鉄というハイテクも入ってきます。

 

生産力が上がれば、権力者も出てきます。

 

獲れた米を税金にして、権力者は一次産業にかかわらなくなります。

 

 

根岸:一気に現代的な話になってきますね。

 

 

岡村:それ以降は、ひたすら人工的な組織が増殖していく歴史です。その行き着いたところが、いま、私たちが生きている時代ですね。

 

根岸:困難としか言いようのない時代だと感じています。

 

 

岡村:では、なぜ困難なのか。それでいうと、少しおもしろい話があります。

 

国分功一郎という哲学者が書いた『暇と退屈の倫理学』(太田出版)という本を知っていますか?

 

 

根岸:読みました。

 

遊動生活から定住生活になって「暇」を得た縄文人についての考察がありましたね。

 

 

岡村:この本はわたしが書いた『縄文の生活誌』(講談社)からも多く引用してくれています。

 

まず、本格的に定住を始める以前の人間というのは、血縁を中心とした家族単位の集団が遊動しながら、目的に応じてほかの家族集団とくっついたり離れたりしながら、フレキシブルに連帯していたと考えられます。

 

 

岡村:父ちゃんが死んだら、新しい父ちゃんの集団に入るとか、女ばかりが多くなったら、男に偏った集団とくっつくとか。

 

さまざまな理由で、いっしょになった方がよければそうしたし、相性が合わなければ離れるというようなかたちをとっていました。

 

 

根岸:先生の本には、『石器材料の入手などに関して、ある種の契約を結んだ小集団同士が、草花の開花や鳥の渡りなど、季節の変化を目印に集合して、共同で活動していた可能性もある』と書かれています。

 

現代の組織で考えると、プロジェクトごとに結集するチームのようです。

 

 

岡村:いまのように細分化された役割分担ではなかったと思いますが、自由に集団を組み替えることが、目的を果たすためによかったからそうしていたと理解することはできますね。

 

 

根岸:現代の、特に日本のように、大学を卒業して新卒で入社した会社にずっと所属して……というのが、いかに不思議な生き方なのか、考えさせられますね。

 

 

岡村:働き方もそうですが、現代の私たちは家を持ち、一カ所に定住して暮らしています。

 

人類400万年の歴史のうちで、現在も含めて人間が本格的に定住したのはどのくらいの時間かというと、たったの1万年程度なんですよね。

 

 

根岸:人類の歴史のほとんどが遊動生活。

 

 

岡村:となれば、私たちはまだ、定住生活に『慣れていない』とも言えます。

 

人類は定住できなくて遊動していたのではなく、遊動が本来の生態に一番合っていたから定住しなかったと考えることもできるわけです。

 

(後略)

 

以上、引用終わり。

 

 

渡来人による稲作文化や文字文化がもたらしたのは、

 

極論すれば「私権(所有権)」と、支配者による「搾取(徴税)」という社会構造の転換でした。

 


明治以降の資本主義と金貸し支配の流入の中でいよいよ加速し、バブル期にピークに達します。

 

 

私たち日本人はそれを受け入れてきましたが、

 

元来、共同体による組織統合をしてきた故に覚える潜在的な違和感を、今日に至るまで抱いてきたと言えそうです。

 


その私権の箍が外れた今、眠っていた縄文体質、主体性や共同体性が解放された。

 

 

アジリティオフィスに代表される組織や仕事の改革も、こうした潜在思念に基づいているからこそ、成果に繋がっていると言えるのではないでしょうか

 

 

http://blog.nihon-syakai.net/blog/2019/06/8973.html

 

 

 

27分間死んでいた女性が 死後の世界を語る

  • 2019.06.26 Wednesday
  • 22:04

 

 

 

 

 


6.26  「これは真実」27分間「死んでいた」女性が、死後の世界を語る


米アリゾナ州フェニックスに住むティナ・ハインズさんは、心肺機能が停止した「臨床的に死んでいる」状態に陥ったが回復し、臨死体験について語った。


デイリー・ミラー紙が報じた。

 


2018年2月、ティナさんは心臓発作に見舞われた。

 

夫のブライアンさんが心肺蘇生法を行ったが、心臓は再び停止してしまった。

 

ブライアンさんは救急車を呼び、病院へ向かう途中も医師らが数回、心臓蘇生を行った。

 


医師らによると、ティナさんは27分間「事実上、死んでいた」という。

 

病院では、心臓に電気ショックを与える除細動器が使用され、点滴が行われ、人工呼吸器がつけられ、ティナさんは意識を回復した。

 

 

ティナさんは医師たちにペンとノートを頼み、「これは真実」と書いた。

 

 

どういう意味なのか訊ねられたティナさんは、空を指差した。

 

話ができるようになった時、ティナさんは死後の世界について「すべてがとてもリアルで、色はとても鮮やかだった」と語った。

 

 

 

縄文気質と 背乗りなものたち 

  • 2019.06.22 Saturday
  • 22:05

 

 

☆ 人はいつか 進んでいくと

 

宇宙のアカシック図書館のようなところで 地球の本当の歴史を知ることがあるのではないか と

密かに 望んでいます。

 

ですから 今 真面目な人間たちが 辿り 結論づける歴史も 間違っているかもしれません。

 

 

けれど もう ニツポンの嘘は分かりすぎているし

 

英王室などの 途方もない 嘘と正体も 分かってきています。

 

 

以下は ですから すべて これで完璧とは言えないと思います。

 

けれど 日本の人々は あるいは 普通の人間たちは 浸食された歴史であり 今もそうであることは

まぎれもない事実でしょう。

 

 

いつもそうですが 浸食するものは 仲間を装って 中にいます。

 

解放と進化を願う気持ちは なんらかの 行動となって いきたいものです。 

 

 

 

◎ 日本人の縄文体質、受入体質。それがこれまで支配者層に利用されてきた。

 

私は子供の頃、学校で「古代に中国や朝鮮半島から渡来人達が自発的に日本列島に渡ってきて、進んだ文化を伝えた。」

と教わってきました。

 

 

稲作、文字、青銅器などなど・・・

「渡来人えらい!すごい!」と、当時は無邪気に思ったものです。

 

 

しかし今日、こうした渡来人は決して善意や使命感で日本に来たわけではなく、大陸の戦乱に敗けて逃げきた難民である事、

 

土着の縄文人を支配し、

 

朝鮮民族による支配は今なお続いている事、は公然の事実となっています。

渡来人は、決して「いいひと達」ではなかった訳です。

 

 

一方、それでは縄文人たちは侵略者に屈し武力による支配を受けたのか、というと、それはそれで違うようです。

 

そのような遺跡も伝承も見つかっていません。

そしてこれが、大陸や欧州における武力征服と皆殺しの歴史と全く違う点です。

 

 

 実態は、寛容で共同体性の強い縄文人は、むしろ敗者たる渡来人を「受け入れた」。

不安に苛まれている渡来人たちも、その縄文精神に乗っかった、といったところではないでしょうか。

 

以下、

 

より歴史的、人類的な視点からもう少し詳しい内容として、ハフポストさんの記事を紹介します 

 

 

 【DNA研究で「縄文人と弥生人」が分かってきた】

 

■渡来人を受け入れた先住民

 

 では日本人は、いつ、どこからやってきたのだろう。『新日本人の起源 神話からDNA科学へ』(勉誠出版)の中で崎谷満は、次のように推察する。

 

 

  バイカル湖畔から南下し華北に暮らしていたD系統だが、漢民族の圧迫から逃れるためにさらに南下し日本列島にやってきて、縄文人の中核を形成した。

 

かたや、弥生時代に渡来した人々は長江流域で水稲栽培をしていたO系統だ。やはり、漢民族に滅ぼされて逃れてきたという。また、朝鮮半島の人びともO系統である。

 

(中略)

 

 

 弥生時代の始まりとともに、渡来人の血が少しずつ染みるように先住民の中に受け入れられ、先住民は率先して稲作を選択し、人口爆発をおこした。

 

彼らの子孫は、日本の風土の中で育まれ、縄文時代から続く列島人の風習と伝統を捨てなかった。

 

 

もちろん、その後も大陸や朝鮮半島の動乱から逃れて人々が日本にやってきたが、彼らが日本列島を征服し、支配したわけではない。

 

 

 ■縄文の力

 

 なぜわれわれは、縄文人を軽視してきたのだろう。

 

 

  教科書そのものが、かつての常識そのままに、「野蛮だから駆逐された縄文人」という歴史観を子供たちに押しつけていたように思えてならない。

 

教科書には、「背の高い弥生人、小さな縄文人」の骨格写真が並べられていた。

 

あれを見れば、縄文人と弥生人は入れ替わったと信じてしまう。

 

 

 その一方で、遺跡の現場で泥にまみれ直接発掘に携わっていた考古学者の多くは、

 

「本当に日本列島は渡来人に席巻されたのだろうか」と、疑問を抱き続けてきたのだ。

 

なぜならば、たとえば、弥生早期の外来系の土器は、玄界灘の沿岸地帯(北部九州)の大きな遺跡から発見されるだけで、他の地域からはほとんど見つかっていない。これは、考古学者の常識だった。

 

(中略)

 

 

 われわれの御先祖様たちは「敗れ、渡り来たった者たち」を寛容に受け入れ共存し、豊かな感性を磨き、当時の中国や朝鮮半島の先進の文物を貪欲に学び取り、世界に冠たる文化を花開かせてきたのだ。

 

その歴史を、われわれはもっと誇りにしてよいと思う。

 

以上、引用終わり。

 

 

 

古代より培われてきた日本人の縄文体質、受入体質。これは誇るべき文化です。

 

 

 問題は、時代が下り渡来人の支配構造が確立するに及んで、この日本人特有の「受入体質」が支配者層によっていい様に利用され、

 

騙しと洗脳によってそこに疑問を抱かなくなってしまった点ではないでしょうか。

 

そしてこれは現代の支配構造の状況にも通じる物があります。

 

 

 それでも封建時代まではこの外来支配も、民族と直結した武士階級による力の支配と拮抗していました。

 

 

しかし明治以降の天皇支配、田布施支配、金貸支配は、この縄文体質を逆手にとって、易々と日本人を手懐け、思考停止にしてしまったように感じます。

 

 

http://blog.nihon-syakai.net/blog/2019/06/8958.html

 

 

 

☆ ただ 明治からの 歴史を作ったもの すべてを

 

嘘だと 捨てることが必要だと思います。

 

そこに なんら 真実の 権威も 権力も 良心さえありません。

 

じゃあ 日本からでていけば? という コメントがありましたが

 

なにも 私たちが出ていく必要もありません。

 

ニセ天皇と 背乗り という犯罪者を 抱えた国そのものが 消滅しますように。

 

 

 

天使と悪魔  /  平和条約  マハティール  エリザベス

  • 2019.06.01 Saturday
  • 22:02

 

 






6.1  日本が大筋合意断念 日露平和条約交渉

日本政府はロシアとの平和条約交渉で6月の大筋合意を断念した。朝日新聞が1日、政府筋の情報をもとに伝えた。


ロシアのラブロフ外相と河野太郎外相は5月31日、領土問題を含む平和条約締結交渉を行った。

同氏は南クリル諸島での共同経済活動に関する局長級協議を6月11日に都内で行うことを決めた。


また、6月に大阪に開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて安倍晋三首相とプーチン大統領との会談前の調整を進めることが確認された。


平和条約の不在が露日関係に長年にわたる影を落とし続けている。

日本は1855年に締結された日露和親条約を参照し、クナシル、シコタン、イトゥルプ、ハボマイの引渡し要求を掲げている。


先にラブロフ外相は31日の記者会見で、ロシアのプーチン大統領、日本の安倍首相の会談が予6月29日、大阪で行われる予定であることを明らかにしていた。
 

 

 

 


〇 平和条約というのは
日本国籍をもつ 日本人 という条件が あるのではないでしょうか。



ニツポンは トップが英国籍のはず。
正常な 条約は 本当は結べないはず。

 


明治からのニツポンは そのまま続くなら
領土問題も 歴史の認識も 一切解決はないでしょう。

本当の解決とは 明治からの権力の消滅を意味する。

 

 

 

 

 


 


6.1  ウライナ東部マレーシア航空機撃墜事件 

 

マレーシア首相、ロシアに責任があるとする説得力のある証拠を求める


マレーシアのマハティール首相は、2014年にウクライナ東部で起きたマレーシア航空MH17便撃墜事件について、責任はロシアにあるとする説得力のある証拠の提供を求めた。


マハティール氏は、

 

マレーシアはオランダの調査報告書を受け取ったが、それはロシアが発射したとされるミサイルで航空機が撃墜されるまでのものだったと指摘した。

マレー・メイル紙が報じた。


マハティール氏は

彼らはロシアを非難しているが、証拠はどこにあるのか?

我々は航空機を撃墜したミサイルがロシア型であることを知っているが、これはウクライナで製造された可能性もある。

 


ミサイルがロシア人によって発射されたということを証明するための動かしがたい証拠が必要だ。

それはウクライナの反乱者だったかもしれなければ、ウクライナ政府だったかもしれない。

なぜなら彼らも同じミサイルを持っているからだ
」と述べた。



マレーシア航空MH17便(ボーイング777型機)は、2014年7月17日にウクライナ東部ドネツク州で墜落した。

ウクライナは墜落について、

ドンバス(ウクライナ東部・南部)の義勇軍に責任があるとして非難したが、義勇軍側は非難を否定した。

数日後、米国は、ボーイングが義勇軍の兵士たちによって撃墜されたことを物語る

証拠を持っていると発表したが、未だにいかなる情報も提示していない。



〇 ウクライナのパイロットが ウクライナの犯罪を 告白している

犯人は 明々白々だが ・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エリザベス女王は、不逮捕特権を持ってるんですよね。どうすんだ、という感じです。

 

https://twitter.com/LmlYtR5tbVvE1wm/status/1134365964881915904

 

 

 

 

 

 


 

人間の力   フランス   ドゥテルテ

  • 2019.05.27 Monday
  • 21:59

 

 

 






フランスの欧州議会選挙でルペン氏が党首の国民連合が、マクロン大統領の与党である共和国前進に勝利。

フランスの大転換だ。


https://twitter.com/mandanaoki/status/1132737209927446528



https://www.reuters.com/article/us-eu-election/le-pen-beats-macron-in-france-as-nationalists-gain-in-eu-vote-idUSKCN1SV0QQ

 






解雇に抗議するデモ隊。フランス







 

 


4.24 フィリピン大統領 ゴミを理由にカナダに宣戦布告を威嚇
 

 

フィリピンのドゥテルテ大統領は自国を最終処分場にした」としてカナダに対し「宣戦を布告する」と威嚇した。

フィリピンのオンラインニュース・ポータル「ラッパラー」が報じた。


同ポータルによれば、

 

カナダからは数トンものゴミが民間の輸入業者によって違法にフィリピン領内へ運ばれている。

エコロジストらの抵抗にもかかわらず、カナダ政府は民間の輸送業者にゴミ回収を義務付ける全権がないとして、これを行うことを拒否している。



ドゥテルテ大統領は

「カナダに忠告する。来週にもゴミを運び出したほうがいい。
さもなければ私自身がカナダにむかって出帆し、あっちから来たゴミを捨ててやる」
と付け加えた。


ドゥテルテ大統領はマカチにあるカナダ大使館前にトラックで運んだゴミを捨てるよう指示を出したほか、

カナダからのゴミの搬入を許可した税関職員らを解雇すると威嚇している。


 

 

 

 

 

 


5.25  カナダ、フィリピンに放置のゴミリサイクルする会社を決定


カナダからフィリピンに違法に廃棄物が輸出され、依然引き取られない問題で、カナダ当局は夏が終わるまでにゴミを処理するよう、バーナビー市にある企業を選んだ。

 


南部メトロバンクーバー地方行政区の公式サイトで発表された。

 

 

廃棄物をエネルギーに変換する同企業は、フィリピンからカナダに引き取る予定のゴミ1500トンを処理する。

 

 

フィリピン政府は16日、2013年にカナダから違法輸入されたゴミの引き取りに応じなかったとして、駐カナダ大使と領事を召喚したと明らかにした。

 


カナダ当局は先に、民間企業に引き取りを命じる権限がないとして、回収を拒否していた。

 

 

 

 




 

 

カタカムナの世界   カタカムナ殺人

  • 2019.05.16 Thursday
  • 22:19

 

 

☆ カタカムナの 短いコメントをいただきましたが

 

よく 理解できませんでしたが ・・・

 

 

今 調べたものの 引用です。

 

 

 

 

 

「カタカムナ」・・・忘れ去られた神の名が今、蘇る

 


 カタカムナとは、上古代の約1万2000年以上も前に、日本で栄えた高度な文明の名であるとされている。

 

何故、縄文以前かというと、

 

「カタカムナ文字」又は「カタカムナ文明」が存在したという痕跡は、縄文時代以降の遺跡や記録には全く見つかっていないからである。

 

又、世界の古代文明でも、この様に、幾何学文字を渦巻き状に描き出すという類似文字は発見されていない。

 

 

 「カタカムナ」という神の名がこの世に甦ったのは、1949年(昭和24年)にカタカムナ文献の発見者であり、カタカムナ文字の解読者である楢崎 皐月(ならざき こうげつ)氏が、

 

兵庫県六甲山系金鳥山付近で、大地の電位測定の為の調査を行っていたところ、「平 十字(ひら とうじ)」と名乗る猟師風の男性に出会ったことから始まる。

 

 

楢崎氏を気に入った平氏が、

彼の祖先から、大切に受け継いできたという「カタカムナ神社」の御神体の巻物を楢崎氏に見せた。

 

 

これが、「カタカムナ ウタヒ 80首」で、それらは上記の図のように、渦巻き状に綴られた幾何学的な文字であった。

 


平氏によると、「この御神体は、目にしただけでも、目がつぶれる」と言い伝えられてきたそうである。

 

 

楢崎氏は、これを見た瞬間、彼が満州滞在時代に、老子教の「蘆有三(ロウサン)」という道士から聞かされていた、上古代に日本に存在したという「アシア族」の八鏡文字(ハッキョウモジ)ではないかと直感した。

 

 

そして平氏にその巻物の書写を願い出たのだ。

 

 

平氏はそれを許可し、それから彼は、金鳥山の楢崎氏が居住する穴倉に御神体を毎日持参し、書写を見守ったという。

 

この時、写し取られたモノが、「カタカムナ文献」として残されている。

 


その後、楢崎氏は、長年の研究を重ね、古事記その他の古文献を参考にし、カタカムナ文字の解読に成功した。

 

 

カタカムナ文献とは、カタカムナ ウタヒ80首からなり、基本的には5音・7音の区切りで詠われているコトから、日本の和歌や俳句の源流であると言えるかもしれない。

 


又、古事記の「上つ巻」に登場する御神名が、天石屋戸の物語のところまで、その順番でほとんど登場するので、古事記編纂で、稗田阿礼が誦習(ショウシュウ)した際に参考にしたという帝紀、旧辞の一つである可能性もある。

 

 

 

カタカムナ ウタヒの内容は、「カタカムナ」という生命の根源が、すべての生命、物質の核であり、そこからトキトコロが発信放射され、生命活動が維持されている・・・そしてこれは、宇宙の全ての物質、生命体の中に相似なる象(カタチ)として存在するという、その摂理が、潜象物理として描かれているのである。

 

 

「カタカムナ」という根源神は自分の中にある・・・

 

実はカタカムナの思念で日本の最高神である「アマテラスオホミカミ(天照大御神)」を読み解くと、

 

「自分の命の奥に存在する力の実体」となるのである。

 


カタカムナという自分の根源神の中に天照大御神が住む。

 

 

…これが神道の神社では、御神体が、多くの場合「鏡」であることの意味ではないだろうか?


神社に参拝すると鏡に映った自らの天照大御神を拝する…という仕組みである。

 


何故なら、三種の神器の中でも、「鏡」は別格あつかい。天照大御神も古事記の中でこう仰っている。

 

「この鏡は、私の御霊として、わが身を拝むように祭りなさい」・・・と。

 

 

神は「カタカムナ」という命の核の中に存在する…神を入れる核、「カタカムナ」・・・

 

この神の名は、上古代から1949年に、楢崎氏がこの文献を発見し、それを「カタカムナ」と名付ける日までの遥かなる期間、全く失われていたのである。

 

 

日本の源流で、「生命が最高神である」と捉えた言霊文明「カタカムナよ、蘇れ!」と私は今、心から叫びたい!

 

吉野信子
http://katakamuna.xyz/about.html
◎ カタカムナを調べていくと 殺害される
カタカムナは 母音
◎ わたしの今回の狙いは、

カタカムナ文明の実在や宇宙の真理を解き明かすことではなく、

 

カタカムナの持つ思念や言霊といった概念や体系のニュアンスを、少しでも現代日本語に組み込んでみることなので、

 

エクセルでこんなの作っちゃいましたw

 

黄色セルに文字を打ち込むとカタカムナに直訳されます!

 

 

https://pbs.twimg.com/media/Dy2jn8xU0AAgnsJ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

カタカムナ

  • 2019.05.13 Monday
  • 22:10

 

 

☆ 服部氏が 「カタカムナ」のことを 聞き取り調査を含めて 調べているようなので

 

なんなんだろう ・・・

 

動画だけみても 肝心のカタカムナがわからなければ よくわからない。

 

どうやら

 

日本の古来文化のようで 例のごとく 日本の本当の歴史を潰し 黒塗りをする動きに感じますが ・・・

 

まずは カタカムナとは何? から 始めます。

 

 

 

「日本を守るのに右も左もない」ブログさん 

 

 

〇 カタカムナに学ぶ 〜日本語は上古代人の認識が現代に残っている稀有な例〜

 

 

欧米発の経済危機や原発に代表される環境問題など、近代以降、常識だと思われていた観念群が大きく崩れようとしています。

 


この現代社会の行き詰まりと大転換の予感の中から可能性を発掘していくためには、

 

現代の支配観念に根本的な疑問の目を向け、できる限り固定観念を捨てて、現実を直視し、事実の追求に向かう必要があると思います。


まして、全文明史を覆すほどの大転換期だとすれば、文明史以前の歴史を学んでいく必要があります。

 

 

 

 

 

 

今回も、『カタカムナに学ぶ 〜日本人のもつ平衡感覚(秩序収束力)の起源は宇宙(アマ)の摂理〜』につづき、

楢崎皐月氏の提唱したカタカムナ説から、上古代人(原始日本人)の認識世界を学んでいきたいと思います。

 

 

相似象学会誌『相似象』五号(1973年3月 シーエムシー技術開発衄行) リンク
より引用・要約

 

 

■「本辞旧辞(古事記編纂の原資料)」を抹殺した古代権力者の過失

 

 

古事記制定の意図に、政治的目論があったにしても、古事記の内容の中には、日本の上古代の、イブキを伝へるものが、ある事は確かであり、

 

私達の研究も、古事記や、民間にのこる古文書神話の伝承なしには、達成できなかったであらう。

 

 

たゞ、古事記編纂の原資料となった、「本辞旧辞」とよばれる文献を抹殺してしまったところに、当時の権力者の、大きな過失のあった事を指摘するのである。

 

 

 

 

写真:『古事記』編纂者 太安万侶 

 

 

古代より、日本には大陸で争いに負けた部族が移民してきました。

 

その移民してきた部族が、日本人の受け入れ体質を逆手にとり、権力者層(≒天皇)になったと言われています。

 

楢崎氏によれば、当時の権力者は古事記の編纂の原資料になった「本辞旧辞」とよばれる文献を抹殺したようです。

 

目先の権力に固辞し、後世の日本人に精神的なひずみを与え続けていることは、権力者層の大きな過失と言わざるを得ません。

そのひずみの1つが、西欧の常識からみて日本が「特殊」であると見られることではないでしょうか?
次は、この特殊性について学んでいきます。

 


 
■日本の特殊性こそ全人類的に求める最もノーマルな姿

 

 

ことに、キリスト教等の宗教者の希求するものは、報ひを求めぬ、母性的な愛であり、純粋の奉仕の心であり、右の頬を打たれても、打ちかへすどころか、左の頬をも打たせるまでに、相手の気持にさからわぬ態度である。

 

しかも、それは、彼らの社会の主導権を握る人々の論理からは出て来ない、いはばナイモノネダリであるが故に、それをあこがれる願望は強烈である。

 

 

 

 

 

■日本語は上古代人の言葉が現代に残っている稀有な例

 

 私達は、カタカムナの上古代人の言葉を解読し、彼らの言葉の内容を、追体験するにつれ、彼らの文化と、現代の我々との結びつきを観じ、あるひは又、その相違の甚しさに驚き、現代科学に推進される人類の動向に、深い反省の念覚えずに居られなくなったのである。

 

 

歴史を紐解くためには事実の追求とともに潜在思念からくる直感を働かすしかありません。

 

その意味で「言葉」を失わずに残してくれたご先祖様には感謝の念を抱かずにはいられません。

 

 

 

■宇宙のあらゆる現象は「相似の形象」を示す

 

 

 

 

 彼らは、宇宙のあらゆる現象事象に、例へば、原子細胞のような極微のものから、あらゆる動植物、及び、諸天体の如き巨大なものに至るまで、「相似の形象」のあることを直観したのである。

 

彼らはそれを〈ヒトツカタ〉と言ひ、例へば、男と女、陰と陽の如き「正反対向の相(スガタ)」とみる。

 

又、万象は、様々のハタラキを見せて居るが、それらに終始一貫して認められる「相似の現象」例へば、膨脹と収縮、分化と統合、粒子性と波動性の如き、相反する「逆性の組合せ」のある事を直観した。

 

そして彼らは、あらゆる現象事象に共通的賦与されて居る本来性を、数種類のパターンに整序し、その奥にある「大きな機構」、則ち、あらゆる万象の、相似象の「原象」を把握したのである。

 

現代人の心理が、極微のものの中に、「原型」を見出さうとするのに対し、カタカムナ人は、極微をも巨大をも通鑑し得る「原象」を直観して居たのである。

 

 

彼らのサトリは、宇宙の大原則、則ち、多種多様にわたる生命現象の由来即ち、あらゆる自然のしくみを成り立たせて居る、「大きな機構」とは何か?

 

 

要するに宇宙にあらはれる相似象は、何が、しからしめて居るのか?といふ、古今東西の人類の抱いた共通の疑問に関して、上古代人の、鋭い直感性能を以て解明した内容のほどを示すものである。

 

 

カタカムナの直観物理は、科学の分野にないものを扱って居る。

 

 

 雨の雫にしても、花の種子や木の実にしても、なぜ、みな球状(マリ)に丸まって居るのか?

 

細胞や電子、原子の極微の世界から、地球や太陽や諸天体の巨大現象に至るまで、皆、相似象的に、丸い球状を示しながら、旋転し循環して(マワリテ メグル)居るのか?

 

 

どうして右マワリ左マワリの軸が出来るのか?

 

どうして皆、膨張収縮(ソコソギ)の運動を繰返して居るのか?

 

又、人間の胎児の発育のスガタが、魚や鳥や亀などの受精卵の発育のスガタとそっくりで、ひいては植物の種子に至るまで、どうして「みな、相似象」を呈するのか?……

 

 

思へば、カタカムナの上古代語は、今日まで、我々日本民族の中に生きつづけて来たのである。

 

その数万年の間に、地球上の多くの民族は興亡した。

 

インカやスメル(シュメール)等の如く、たとひ立派な建物や文字が残っても、言葉の伝はらぬ民族は滅亡する。

 

カタカムナの文化は、巨大建造物も遺物も未発見である。併し、その言葉は、今も、我々の民族の言葉として通用して居る。

 

 

宇宙のあらゆる現象事象から「相似の形象」を直観し、それを基底思念と強く結びつけ、それを「文字体系」としたものが日本語であったということには驚きました。

 

 

それが上古代人から脈々と現代まで受け継がれてきたことには感謝の念を抱かずにはいられません。


 
この日本人の縄文気質が、今後の社会を作っていくための導きの糸となるのではないでしょうか?
 
次回からは関川二郎著「カタカムナへの道」を読み解いていきます!

 

 

http://blog.nihon-syakai.net/blog/2011/10/002090.html?g=131107

 

 

 

☆ これほど 難しい文章とは 予想しませんでした  笑

 

本文は とても長いですが

 

ニセ日本人 ペクチョンが 「日本が一番」という 幼稚なことを言っていて うんざりしているので

 

日本が一番と感じられるような箇所は 抜かしました。

 

ただ ニセ日本 ニツポンが なにか カタカムナに関することを 「消している」らしいので

 

それは つまり 日本の事実という文化ではないかと 直観しています。

 

 

この 学術的な文章は まだ さわりに過ぎません。

 

つまり 「続く」です。

 

また キリスト教の 「目には目を」の引用もありますが

 

その言葉 また 生贄 など

 

時代的背景 そして 実際に 力をもっていたもの (ニツポンでは ニセ日本人)という背景が分からずに

 

単独での そのことにたいする 感想 評価も 納得できないと思い その部分も抜かしてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

日本古代史

日本古代史入門
クリエーター情報なし
作品社(インプレス)

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM