追い詰められた戦争や 核戦争へ ロシアの核弾道システム  戦争やパニック

  • 2018.12.29 Saturday
  • 22:57

 

 

アメリカ支配層はロシアのウラジミル・プーチン大統領に追い詰められ、孤立しつつある。

 

すでにロシア軍の質的な戦闘能力はアメリカ軍を上回っている。

 

アメリカ軍は物量で対抗するか、核戦争で人類を死滅させるしかない。
 


第2次世界大戦後、アメリカが世界に君臨できたのは戦争で儲かったからだけでなく、ライバルのヨーロッパ諸国やソ連が破壊され、

ドイツや日本が占領地で略奪した莫大な財宝を手に入れることができたからだ。

 

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201812280000/


 

 







12.26  露軍 プーチン大統領立ち合いのもと極超音速弾頭システム「アヴァンガルド」の発射実験に成功


プーチン大統領は発射実験の成功を受け、「アヴァンガルド」の製造者、発射実験の関係者、そして国防省に感謝を表した。

プーチン大統領は3月1日、連邦議会への教書で世界に類のない最新兵器について明らかにした。


最新兵器とは、ミサイル複合体「サルマト」、

潜水ドローン、

原子力推進型巡航ミサイル、航空ミサイル複合体「キンジャール」、レーザー超音速兵器を指している。

兵器については映像とコンピューターグラフィックによる機能説明のビデオが公開された。


 

 

 

12.29  ロシア極超音速ミサイル「アバンガルド」、米国内に「パニック」引き起こす=独紙

独紙ディ・ヴェルトは、ロシアの極超音速予定巡航戦闘ブロックを搭載する「アバンガルド」システムを、

 

「ロシア人に対するお年玉」だと名指した。


同紙は、このミサイルが米軍を神経質にさせていると指摘する。


同紙は、米国がもはや「圧力下で行動する」ことを強いられていると強調する。


11月初め、米国防総省は極超音速兵器迎撃システム「グライドブレイカープログラム」製造計画を立ち上げ、防衛産業企業に向けて緊急入札を発表した。


企業は「大気上層で極超音速予定巡航戦闘ブロックを搭載するミサイル迎撃のためのミサイル防衛(MD)システム」の案を提出する必要がある。


ディ・ヴェルト紙は、アバンガルドが米レーダーに特に深刻な脅威をもたらすのは速度でも機動性でもなく、ステルス性だと結論付ける。

特に太平洋沖の防衛が困難になる。


ロシア国防省は26日、プーチン大統領の指示を受け、滑空巡航弾頭を備えたミサイルシステム「アヴァンガルド」の発射実験を行い、成功した。





 

フランスから見ると 

  • 2018.12.22 Saturday
  • 22:56

 

 

〇 フランスに住んでいると、どうして君主制、王制の国がまだ存在するんだろうっていつも不思議。

 

https://twitter.com/kisoseri/status/1075939676140306432

 

 

〇 皇室をなくせばいい話だよ

 

https://twitter.com/NSDAP_1889_0420/status/1076014263926325248

 

 

〇 元号も必要で無くなります。

 

https://twitter.com/k58225789/status/1076158906571735040

 

 

 

 

〇 「黄色いベスト」に続きフランスの警察官が労働条件と給与への不満から抗議、というルモンド紙の記事の翻訳が届いたので、ブログにアップしました。

 

https://bavarde.exblog.jp/30225954/  

 

 

警察官の3大組合の要求に政府が応じなければ、1月に統一デモを行うそうです。

 

 

https://twitter.com/Kayoko_Kimura_/status/1075036830687473664

 

 

 

 

〇 フランスでは警察官に団体交渉権はあっても、ストは許されていないそうです。

 

それでもストをするのが、フランスの警官。

 

https://twitter.com/Kayoko_Kimura_/status/1075038072037888000

 

 

 

 

〇 なにやら羨ましくなる。

 

黄色いベストを着て街に出れば、そこにデモが生まれる。

警察官に誘導されることも、公安委員会の許可を得る事もなく。

 

https://twitter.com/ryuhaku0611/status/1074846967853834240

 

 

 

☆ 私は コメントでのバトルをしていた際に

 

露中を悪魔化

 

朝鮮を 強烈に罵倒する

 

いわゆる ネトウヨが

 

偽天皇教であり 大英帝国の支持者であることを 体験しています。

 

みごとに その通りだったので 気持ちが悪くなっています。

 

 

大英帝国とは

 

ピザゲイト そして 食人であることが もう 表面化しているのですよ。

 

 

日本人のなかにも 天皇とは 歴史的に 「あるもの」だからと 分からないままに受け入れているものは多いとおもいますが なにがなんでも 天皇国家を守るというのは

 

ある種族であると 強く感じています。

 

半端ではないです その ヤクザ的に 貫こうとする姿勢は。

 

 

地球の秘密が

 

ある意味 宇宙的な秘密が

 

公然となることが待たれます。

 

 

 

サンカ  エタ  朝鮮からの犯罪者・棄民

 

など など

 

 

 

戦争を希望するイギリス ロシアを標的  相棒はニツポン  中国という似非呪文

  • 2018.12.20 Thursday
  • 22:44

 

 

 

 

 

 

12.20  英国防省、冷戦時の対ロシア軍事戦略再開を検討 メディア報道

 

ギャビン・ウィリアムソン英国防相は、英国防省が冷戦時の対ロシア軍事戦略の再開を検討していると明らかにした。ブルームバーグ通信が伝えた。

 

 

英国防省はイラン、中国、ロシアをはじめとする敵国からの脅威を評価するネットアセスメント室(ONA)を設置する。

 

ONAは1980年代初めに創設されたものの、旧ソ連時代、ミハイル・ゴルバチョフ共産党書記長のもとペレストロイカ(再構築)が開始された後に解散された。

 

ウィリアムソン防衛相によると、ONAは英軍の作戦準備に係る総合評価に従事する。

 

露潜水艦にみる同国の北極海における軍事プレセンスの高まりを背景に、英国は海兵隊の訓練を進めている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12.19  日本の海上自衛隊、米英海軍と初の共同訓練実施へ:マスコミ

 

日本の海上自衛隊は22日、米海軍及び英海軍とともに日本の南の太平洋上で初めて共同訓練を行う。19日、NHKが報じた。

 

 

共同訓練には、日本の海上自衛隊の護衛艦「いずも」、英海軍のフリゲート艦「アーガイル」、米海軍第7艦隊の艦艇が参加する。

 

NHKによると、訓練では「戦闘の場面も含めてさまざまな状況を想定して、それぞれの艦艇の役割分担や情報共有の手順を確認」する予定。

 

 

日本の海上自衛隊が、米海軍及び英海軍とともに共同訓練を行うのは今回が初めて。

 

 

NHKは、「海洋進出を強める中国を念頭に3か国の連携を強調するねらいがある」との見方を示している。

 

 

 

 

〇 中国が攻めてくる〜〜〜

南沙ガ〜とか騒ぐネトウヨ

 

妨害がない埋立と日本領土への軍事侵攻は全然違う

 

30兆円の貿易相手国にそんなリスク犯して攻めるワケない

 

 

☆ ネトウヨとは 天皇の代弁者

 

https://twitter.com/batayanF3/status/1071520928910127104

 

(動画)

 

 

 

BBCが フランスのテロがロシアのせいと言ってます w  フランスupdate

  • 2018.12.17 Monday
  • 22:58

 

 


 



12.6  BBC、仏抗議運動への「露による干渉」証明を職員らに要求
 


英BBCテレビのロシア語放送の編集部が職員らに対し、

フランスでの抗議運動「黄色いベスト運動」への「ロシアによる干渉」のあらゆる証拠を求めている。


同テレビの記者が、パリでの抗議運動を報道する非常勤レポーターとのやり取りの中で語った。

この記者は、パリでの抗議運動に対してロシア政府が何らかの関係を有しているのかどうか把握しようとし、レポーターに質問。


レポーターは記者に対し、現地では1人のロシア国籍者にも出会わなかったと説明した。


だが、この回答に記者は満足せず、

「では、あるいは、何らかのロシアビジネスが今、このことで大きな収益を手っ取り早く手に入れているということはありませんか?」と尋ねた。

これに対して、レポーターは吹き出しただけだった。


本人が説明したところでは、

「編集部が証拠を求めている」ため、ロシア政府による干渉を証明する目的で、この記者には

「証拠を見つける」ことが必要だという。


☆ イエズス会 露中潰し 世界制覇 本当の侵略者
ディープステートの中心は 大英帝国。

結構 むき出しだ。

けれど ニツポンも この帝国に造られたので

ニツポンのマスコミは 黒い 嘘のBBCに追随する。

それで 嘘八百のマスコミが出来上がる。

ニツポンは 大英帝国の植民地。

CIAの上はMI6


 

 

〇 #Breaking: Lawyers in #France are throwing their European law books on a pile of an trash can in the streets! This is so great to see that Lawyers are finally waking up!

 

#Breaking: 弁護士#

 

Franceは、路上でゴミ箱の山に彼らのヨーロッパの法律書を投げています!これは、弁護士がついに目覚めていることを見てとても素晴らしいです!

 

https://twitter.com/sotiridi/status/1073945998014189569

 

 

 

 

〇 #Update: Communist flags spotted of Antifa in #Toulouse in #France! #GiletsJaunes #YellowVests

 

#Update: 共産主義の旗が中に移民を発見#Toulouse #France!#GiletsJaunes #YellowVests

 

https://twitter.com/sotiridi/status/1073955016799596544

 

 

 

 

〇 #Update: Video of police using the Water Cannon on Protestors in #Toulouse in #France! #GiletsJaunes

 

#Update: 抗議者にウォーターキャノンを使った警察の映像が

 

https://twitter.com/sotiridi/status/1073956670680850432

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間離れの英国はケルチ事件でロシア悪魔化 ニツポンの親分は英王室とロス茶

  • 2018.12.01 Saturday
  • 22:49

 

 

11.30  英国 ケルチ湾事件の対露制裁発動をあくまで主張   ロイター

 

メイ英首相は、英国はケルチ湾での事件に関連し、補足的な対露制裁の発動をあくまで主張する構えを明らかにした。

 


この声明は30日にかけての深夜、メイ首相がG20サミットに参加のため、アルゼンチンに到着した際に表された。


ロイター通信の報道によれば、


メイ首相は

 

「EU内でロシアの行為に関してとられる制裁については、我々は常に積極的に行動してきた。

我々は必要だと思う対露制裁を主張し続けていく」と述べている。

 

メイ首相は、「船舶および船員を解放し、状況の緩和を促さねばならない」と語った。

 

 

先に伝えられたところによると、トランプ氏は、ケルチ海峡でロシアの国境を侵犯したウクライナ海軍艦船が乗員もろとも拿捕された事件についての報告書に目を通した後、プーチン氏との会談を取りやめた。

 


ロシア連邦保安庁は11月25日午前、3隻のウクライナ船がロシア側に航行の許可を得ずにケルチ海峡に向かい、領海に侵入したと発表した。

 

 

〇 ウクライナ軍はドネツクにある中立地帯の一部を占領しているので、3隻の行動はロシアに対する挑発だと見て良いだろう。


イギリスは中東でも暗躍しているが、ウクライナでも活発に動いている。


遅くとも20世紀の初頭にイギリスはロシア制圧を戦略の中心に位置づけているが、それが続いているのかもしれない。

 


https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201811270000/

 

 

 

 

■安倍内閣(財務省)が2013年12月に英国大使館の敷地1万坪の8割、8000坪(路線価格約700億円)を英国政府に無償で譲渡したことを、あなたは知っていますか?

 

 

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/453b20ec146b3f7b0dba2ed00410a8ce

 

 

 

 

ロシア悪魔化 戦争や 黒幕 英国

  • 2018.11.29 Thursday
  • 23:18

 

 

 イギリスのテレグラフ紙によると、今年(2018年)6月から​イギリス陸軍の参謀総長を務めているマーク・カールトン-スミスはロシアについて、

アル・カイダやISISよりイギリスにとってはるかに脅威だと発言したという。


実際のターゲットは何かということは別にして、

アメリカやイギリスは「アル・カイダ」や「ISIS」が危険だとして戦争を始めている。


イギリス軍はロシアと戦争をするという意味だと理解されてもしかたがない。

実際、イギリス軍はウクライナ軍を訓練している。


アル・カイダはCIAの訓練を受けたムジャヒディンの登録リスト​だと指摘したのは、1997年から2001年にかけてイギリスの外務大臣を務めたロビン・クック。

その歴史は1970年代終盤にズビグネフ・ブレジンスキーがアフガニスタンで始めた秘密工作から始まる。


アフガニスタンへソ連軍を誘い込み、そこで「ベトナム戦争」を味わわせるという作戦だった。


CIAはムジャヒディンを軍事訓練し、TOW対戦車ミサイルや携帯型のスティンガー対空ミサイルを含む兵器を供給した。


この秘密工作にはパキスタン、サウジアラビア、王政時代のイランが協力、イスラエルも関係していた。

そうした仕組みの中からISIS(ダーイッシュ、イスラム国、IS、ISILとも表記)は生まれる。



アフガニスタンからソ連軍が撤退した後、

1994年にCIAはパキスタンの情報機関ISIの協力を得て「タリバーン」を組織した。


この組織がアメリカ支配層の傀儡になるはずだったのだが、まもなく自立してしまう。

パイプラインの敷設をアメリカでなくアルゼンチンの会社に認めたのだ。


ちなみに、ダーイッシュの早い段階やパキスタンの情報機関はISIだが、イギリスの対外情報機関はSIS。

イスラエルの情報機関はSISにイスラエルのイニシャル「I」を付け、ダーイッシュと同じようにISISと表記できる。


そのタリバーン政権を攻撃する口実にされる事件が引き起こされたのは1998年8月のこと。

ケニアとタンザニアのアメリカ大使館が爆破されたのだ。


アメリカ政府はオサマ・ビン・ラディンの命令で実行されたと断定、アメリカ軍はアフガニスタンとスーダンを巡航ミサイルで攻撃している。


ジョージ・W・ブッシュ政権は2003年3月にイラクを先制攻撃しているが、そうした侵略戦争の切っ掛けを作ったのは2001年9月11日の世界貿易センターと国防総省本部庁舎への攻撃。

アメリカ政府は詳しい調査をしないまま「アル・カイダ」が実行したと断定、アル・カイダ系武装集団と対立関係にあったイラクを攻撃したのだ。


この攻撃にイギリスは協力している。


2011年春にアメリカ、イスラエル、サウジアラビア、イギリス、フランス、トルコ、カタールといった国々はリビアとシリアに対する軍事攻撃をはじめるが、そのときに地上軍として使われたのがアル・カイダ系武装集団だ。



イギリス支配層にとってアル・カイダ系武装集団やダーイッシュは手先。

それに対し、ロシアは昔から侵略の対象だ。

 


徳川時代の末期から日本はそうしたイギリスの戦略に巻き込まれている。


カールトン-スミスと同じように、駐米イスラエル大使だったマイケル・オーレンは2013年9月、​シリアのアサド体制よりアル・カイダの方がましだ​と語っている。

またイスラエル国防相だったモシェ・ヤーロン国防相は2016年1月19日、INSS(国家安全保障研究所)で開かれた会議で​

イランとISIS(ダーイッシュ、IS、ISILとも表記)ならばISISを私は選ぶと発言​した。


実際、イスラエルとダーイッシュが連携している。
 

 


2001年9月11日から17年、中東から北アフリカにかけての地域は戦争で破壊され、イラクだけでも100万人程度の市民が殺されている。

そうした戦乱を引き起こす引き金として使われたニューヨークの世界貿易センターやバージニア州アーリントンのペンタゴンに対する攻撃。


その実行者だとされているのが「アル・カイダ」である。


その事実を踏まえ、マイケル・オーレン、モシェ・ヤーロン、そしてマーク・カールトン-スミスたちの発言を考えるべきだ。


こうした発言が問題にならない事実が恐ろしい。


https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201811270001/

 

 

 


 

長州の天皇征伐
クリエーター情報なし
成甲書房

 

 

 



 

ニツポンの作業員は英(王室)ファンだが 大英帝国は黒幕である

  • 2018.11.11 Sunday
  • 22:58

 




 

 


11.9  英国、EUに露情報機関指導部に対する制裁発動を求める=タイムズ紙

英国当局は、同国ソールズベリーでロシア軍参謀本部情報総局(GRU)のセルゲイ・スクリパリ元大佐と娘のユリアさんが毒物による襲撃を受けた事件で、

英国が同事件に関連していると考えるロシアの情報機関高官に対して制裁措置を発動するよう欧州連合(EU)に求めている。

英タイムズ紙が報じた。消息筋によると、制裁リストには「半ダースの人間」が含まれるという。


制裁対象となるのは、ロシア軍参謀本部情報総局の指導部。

制裁は、EUが合意した化学兵器使用国に対する規制措置制度の枠組みの中で課される可能性があるという。


タイムズ紙によると、英国はフランスとドイツの支持を前もって取り付けることに期待している。

また10月には、英国のハント外相が、ハンガリー外相と制裁について話し合った。


英国は制裁の一環として、ロシア人の資産凍結や、EUへの入国禁止を望んでいる。

 

英国当局は、「数週間以内に」パートナー国の承認を得ることに期待しているという。ブラックリストの公表は、12月に予定されている。



 

 

 

 

 

他国に 圧力

 

 






11.9  オーストリア外相、「スパイ・スキャンダル」を理由に訪露を取りやめ

オーストリアのクナイスル外相は、所謂「スパイ・スキャンダル」を理由に、ロシア訪問を取りやめた。

オーストリアのクルツ首相が発表した。クナイスル外相は、12月2〜3日にロシアを訪問する予定だった。

先に、オーストリア軍の元大佐が、ロシアのために諜報活動を行った容疑で拘束されたことが明らかとなった。
 

 

クルツ首相は9日、記者団に

「外相は、元軍人の疑惑に関する情報に反応した。本日、ロシア代表者を外務省に呼び出し、ロシア訪問を取りやめた」と述べ、
「現在、司法機関は、疑惑が確認されるかどうかを明らかにしなければならない。
今後の行動については、欧州のパートナーと議論する」と指摘した。




11.10  ロシア、オーストリアに抗議 スパイ疑惑を受け

ロシア外務省はオーストリアでの元大佐のスパイ疑惑を受けて、オーストリア大使を呼び出した。

オーストリア政府が、退役した同国軍の元大佐がロシアに情報を流していた疑いがあると発表したことを受け、ロシア外務省は抗議をするとともに、これら声明は2国間関係を複雑にしたと警告した。


「オーストリアのパートナーが、彼らが有する疑念を、確立した対話チャネルを通じて私たちと話し合わないことを選び、

残念ながら、多くの西側諸国にとって慣れ親しんだ手法である、メディアへのセンセーショナルな情報の詰め込みと、

私たちへの公的な説明要求に駆け寄ったのはなぜか、困惑を引き起こす」とロシア外務省は強調した。


ロシアへ国家機密を漏洩した疑いがあるオーストリア軍の退役した元大佐には、最高で禁錮10年が言い渡される可能性がある。

事件を担当する、ザルツブルグ検察庁のホルツライトナー氏が明らかにした。


オーストリアのKronen Zeitung紙が先に報じたところ、オーストリア軍の元大佐が、20年にわたってロシアのために諜報活動を行った容疑で拘束された。

元大佐は、オーストリアの空軍、砲システム、移民問題、軍高官多数に関する詳細な情報を収集することになっていたという。


「全方向のメッセージを確認している。特に、国家機密漏洩罪の方面でだ。これは私たちの国では最高10年の禁固刑で処罰される犯罪だ」とホルツライトナー氏は述べた。


オーストリアのクナセク国防相は先に、同省が数週間前に「友好的サービス」から情報を入手したと述べた。

報道によると、友好的サービスとはドイツ特殊部隊を指す




◎ 嘘の泥沼のなかで 嘘を吐き続けるイギリス政府

 

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201809060000/




 

オバマの出生証明書 と ニツポンのなりすまし と 〜〜

  • 2018.11.08 Thursday
  • 22:57

 

 

 

オバカ元大統領も、何処からともなく突然、月光仮面のように政界に現れ、巨額の資金援助とマスコミが総力を挙げて応援したお陰で、あっという間に大統領になりましたよね。と言うか祭り上げられました。

 

 

そのオバカの出生証明書は偽造だと言われているし、ハワイ大学在学中の記録を誰も見る事ができません。

 

Qは、オバカはハワイ大学在学中に、支配層の洗脳スペシャリストである、CIAの職員二人によってパキスタンに連れて行かれ、将来、アメリカ初の黒人の大統領になるべく洗脳されたと投稿していましたね。

 

 

トランプも何度も、オバカはアメリカ生まれではないと、トランプが大統領になる前から主張しています。

 

 

 

もしオバカが、アメリカ生まれではないと証明出来れば、国の極秘情報や核ミサイル、核爆弾の製造法を不法に中国やイランに売り飛ばして来たオバカも逮捕して、彼を刑務所に放り込めるのです。

 

 

でもそれが証明出来なければ、大統領経験者は逮捕出来ないという、支配層にとって都合の良い法律があるので、オバカに手をつけられないのです。

 

 

イギリスでも、女王や王室の連中は逮捕出来ないという法律があるのですよ。

 

たとえ核ミサイル発射ボタンを押して、何十万人を殺してもです。

 

支配層は勝手に超法規的な法律?を作るなっちゅうに。

 

 

でもQがオバカはアメリカ生まれではない、という証拠を掴んでいるのでしょうね。

 

 

オバカは選挙応援演説で、アメリカに好景気をもたらしたのは、自分の大統領期間中から始まったのであり、トランプ政権によるものではないと、大ボラを吹いていましたね。

 

 

これだけ平気で嘘を付き続けると、いつか精神異常になるでしょうね。もうなってるか。

 

 

https://blog.goo.ne.jp/saiponics

 

 

 

 

☆ ここで止まるのは いかにも 日本流と言えるでしょう。

 

ニツポンは

 

すべて オバマだらけと言えるでしょう。

 

オバマは  その素性がマイノリティです (素性の嘘と 夫人が男性ということも含めて)。 

だからこそ 闇の勢力の傀儡になれるのです。

 

 

言わなければいけませんね、

 

ニツポンの象徴は 日本籍では ないということを。

 

 

そして

 

法律より上の立場は 世界のディープステートの すべてです。

 

それは きっと

 

神 か 悪魔の 法律ですね。

 

現 日本の偽政府が 一切 正義を無視できるのは

 

地球の マイノリティ支配の特権を 体得しているからです。

 

 

正義があるのなら

 

明治からの天皇は 存在不可能です。

 

 

それは 現世界のロイヤルも すべて そうだと思いますが。

 

 

この日本は 狂ったままで いきそうですが

 

悪魔サイドの 正体が 目に見える今

 

時に喜劇にも感じます。

 

 

それでは いけないのですが ・・・

 

 

 

3年後  チャールズ・メルケル  沖縄基地とニツポン

  • 2018.11.01 Thursday
  • 23:08

 

 

 

10.31   マスコミが、チャールズ皇太子が英国王に就く時期を報じる

 

 

英エリザベス女王は、長男のチャールズ皇太子に統治を譲る計画。チャールズ皇太子は3年後に王位に就く可能性がある。

 

 

 


10.29   メルケル氏 2021年で首相辞任を宣言 次回の出馬はなし

 

 

 

☆ メルケルに関しては あと3年もするつもりか という感想です。

 

今 NWOの推進 自称国民の政治やは みな 普通の人間からは 早くやめてくれ というところだと思います。

 

 

けれど ナチスの血は 一切 そういうことは みごとに 気にしない。

 

チャールズが あと3年で国王

 

メルケルが あと3年は 地位を捨てない。

 

 

なんとなく 気になりました。

 

同じサイドのものたちなので。

 

 

 

☆ ニツポンは 沖縄基地に 狂気じみた執着を示しています。

 

多くは

 

ア〇の 性格ということで片付けていますが、ニツポンの政治やは 必ず その上の 表には出ない権力の意向にぴったりとついていますよ。

 

 

基地に執着しているのが 天皇なのか 政治やなのかはともかく かれらは 利害の一致する仲間です。

 

 

ワールドメイト という ヒロヒトは神とする国家神道では

 

2020年には

 

日本を中心とした世界政府ができる、その象徴がオリンピックと 本に書いてありました。

 

 

つまり

 

本当に 万世一系の天皇という神の国を造るという計画 狂気が 現実にあり続けたということでしょう。

 

 

ちょうど 2020年頃に メルケル チャールズも 重なります。

 

 

沖縄に 神の軍隊 皇軍でも つくるつもりなのか? と ふと思いました。

 

 

新米が みずから沖縄基地に執着していないのは明かで 巨額をだせば いてやってもよいというスタンスです。

 

 

流れとしては 米軍撤退の流れです。

 

 

ニツポンは 天皇の軍隊を

 

ディープステートの同盟国

 

英国 オーストラリア カナダ などと 造るつもりなのか? と ふと思いました。

 

 

ニツポンが NWOの長になる

 

天皇が 世界の長になる

 

そんなことを 本気で推進しそうな気がしてなりません。

 

 

天皇を中心とした神の国という言葉は

 

思いつきではなく 狂気の計画だったのではないのか?

 

 

背後には 今

 

天皇の犯罪 ニツポンの犯罪が 知られてきて いつ 訴えられてもおかしくない という情況もあると思います。

 

 

善と悪の力関係が変わると もう

 

731や 慰安婦や 原爆 原発特許で 嘘をつきとおすことが難しい それで

 

国内では元首に 共謀罪で

 

世界では NWOの長としての皇軍で ・・・

 

 

 

ニツポンも あえて 退位をして 

 

廃帝ではなくなるようなことをしましたね。

 

 

今のニツポンの 天皇を中心とした権力の動きは

 

ただならぬ 切迫感を 私は感じます。

 

 

戦争やと 嘘が 打たれますように。

 

 

タブーというのは

 

悪魔の法律ですよ。

 

 

神の国は 今まで 偽旗戦争の名手です。

 

狂ったことが おきませんように。

 

 

 

黒幕はロイヤル  英政府は王室の下

  • 2018.10.14 Sunday
  • 23:18

 

 

10.14  EU、対露新制裁を承認へ 英外務省発表

 

欧州連合(EU)諸国の外相らが、化学兵器の使用に関連した制裁措置を承認する意向だと、英外務省による報道発表で述べられている。

 

同省が指摘するところでは、外相らは15日、ルクセンブルクで開かれる閣僚理事会の会合で集まり、

 

「シリアとソールズベリーにおける攻撃後に英国とフランスによって提案された制裁体制」を公式に承認するという。

 

 

制裁には、EU諸国への入国に対する制限、また

 

「ロシア諜報組織の責任者らとその最も近い同僚ら」の外国口座凍結が含まれる可能性があると指摘されている。

 

 

しかし、英外務省の代表者は、

 

「問題となっているのはロシアとソールズベリーについてだけではなく、これらの措置は全世界での化学兵器使用に対して向けられたものだ」と強調している。

 

 

☆ ロイヤルも 王冠とティアラで 隠されていましたが ・・・

 

でも まだ 黒幕ではないという 嘘が 通りますね。

 

 

 

 

〇 彼らは如何に自分たちが人々に支配層だとバレないように、

人々の怒りが自分たちローマ帝国末裔である欧州貴族に向いて来ないようにする方法を知っています。

 

https://blog.goo.ne.jp/saiponics/e/06f0d7dbed9f804af37d248f597df169

 

 

☆ この文は Q情報の長い記事の 一文です。

 

スパシーバには 投稿しましたが また こちらにも 投稿します。

 

 

 

 

 

ディープステート戦争や  大英帝国  嘘つき

  • 2018.10.08 Monday
  • 23:20

 

 

10.7  英国防省、大規模サイバー攻撃を検討 ロシアの「侵攻」に備える狙い

同紙によると、英国防省において、同国がロシアとの軍事衝突に対応可能な十分な兵器庫を有していないとの懸念の声がささやかれている。

英政府はこれを受け、大規模なサイバー攻撃こそが核弾頭の使用に代わる、


ロシアによる侵攻に対応可能な唯一の手段との結論に至った。


同紙はまた、ロシアによる侵攻が行われた場合に

「モスクワの電力を断絶」するため英政府がサイバー空間における攻勢的な攻撃ポテンシャルを高める意向を示したことを明らかにした。
 

 

 


10.8  ロシア大使館、英に「サイバー攻撃」の情報共有を要請

在英ロシア大使館は英外務省に、ロシアが英国にサイバー攻撃を試みたという批判の根拠となる情報の即時共有を要求する書簡を送ったと発表した。


英政府はさらに4日、ロシア軍諜報機関が「英国の小規模なテレビ局の電子メールハッキングと情報盗難」に対して責任を負っているのは「ほぼ確実」だと発表した。


ドイツも英国とオランダに続き、ロシアのサイバー攻撃を批判。

ドイツのシュテフェン・ザイバート政府報道官は、OPCWに対するサイバー攻撃の試みに関するオランダと英国の発表に完全な信頼を持っていると発表した。



☆ 英 オランダ ドイツとは ・・・ ナチスですね。

ロイヤルが がんばってます。

 

 

 

 

セントジョーズ礼拝堂 菊の紋

 

 

 

ロイヤルはマスコミを支配して 戦争やの黒幕  露のサイバー攻撃と非難

  • 2018.10.05 Friday
  • 23:07

 

 

☆ ロイヤルほど こっけいにもほどがあるほど マスコミから美化されている存在はない。

 

ロイヤルは 黒幕なので 戦争を止めようとして 人間たちのためになろうとする人々と 敵対する。

 

とても 簡単な図式。

 

もちろん 殺人部隊をもっている。  

 

007 だけではなく ニツポンでも その汚い仕事を生業にしているものが 住み着いているでしょう。

 

なりすまし日本国から カルトがなくならないのは 偽権力の手足だからに他ならない。

 

 

 

 

 

10.4  ロシアによる化学兵器禁止機関へのハッカー攻撃は一切なく、ありえない=露外務省筋

ロシア外務省は、複数のロシア人が化学兵器禁止機関(OPCW)をハッカー攻撃したとする非難について、ロシアによる化学兵器禁止機関へのハッカー攻撃というものはなかったと発表した。


消息筋は、非難は根拠がなくロシアはすでに化学兵器禁止機関の情報へのアクセスを持っていると指摘した。


消息筋は、オランダのロシアに対する非難について、「いつもの愚かさ」と「スパイマニア」だと指摘した。

 


オランダ国防省は、同国の情報機関がロシア人4人による化学兵器禁止機関(OPCW)へのサイバー攻撃を未然に防いだと発表した。


オランダのバイレフェルト国防相によると、容疑がかけられているロシア人らは4月13日にオランダ領内から追放された。


 

 

 

◎ 露がサイバー攻撃をしたと主張する米英など西側諸国は サイバー戦争の先駆者


 オランダ政府やイギリス政府はサイバー攻撃を行ったとしてロシア軍の情報機関GRUを批判、アメリカ、カナダ、NATOもその合唱に加わっている。

例によって証拠は示されず、「我々を信じろ」という態度だ。

 

 

名前が挙がっているサイバー攻撃の対象のひとつはOPCW(化学兵器禁止機関)。

 

 

ジャイシュ・アル・イスラムやSCDの主張を調べるためにOPCWが現地入りする直前の4月14日、

アメリカ、イギリス、フランスの3カ国はシリアをミサイル攻撃した。


OPCWをコントロール仕切れていないので調査の前に攻撃しようとしたのだろう。

 

 

 

カナダは米英を中心とするアングロ・サクソン系国のひとつであり、オランダは米英の属国的な存在である。


アメリカとイギリスはサイバー攻撃に積極的な国として知られている。

 

そのために設立されたのがアメリカのNSAとイギリスのGCHQ。

 

 

この3カ国よりイスラエルの8200部隊の方がNSAとGCHQは緊密な関係にある。


NSAにしろ、GCHQにしろ、設立から30年程度は存在自体が秘密にされてい



https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201810050000/

 

 

 

☆ 英王室の膝下が 黒幕と言っていいと思います。

 

米 それ自体が 英王室の膝下でしょう。

 

 

日本のなりすましは ロイヤルを 支援しています ロイヤル礼賛。

 

必然的に アンチイエズス会のロシアを 猛烈に悪者にする。

 

よく働いています  ww

 

バージョンは かわりますけれども。

 

 

これからは トランプバッシングも 盛んになるはずです。

 







 

戦争やの黒幕は ロイヤル :平山氏   公然とシリアでの偽旗進行

  • 2018.09.16 Sunday
  • 23:26

 

 

☆ 戦争をしたくて 飢え乾いている戦争やが 発狂していますが

 

下記 平山氏の動画で 何度も 相手は 「ロイヤル」と 発言している。

 

 

平山氏は 和江さんも 知っていることは もっと はっきり言ってほしいとのことですが ・・・

 

この平山氏は

 

「私は 黒幕サイドの人間  CIAから 直接 講座に振り込まれていた。 なので あちら側の考えていることは よく分かる」

 

 

何処まで 寸止めしないで 発信していくのか あちら側だとするならば 結局 明治国家の秘密のなかの人なのか 分かりませんが・・・

 

私は かなり 興味深かったです。

 

 

 

〇 平山秀善氏「バクロスTV」 禁断の戦後史をバクロス!

「政(まつりごと)」を取り戻そう!緊急!国憂う講演会 ワールドフォーラム2018年7月

 

https://youtu.be/F-AqIByv_qU

 

 

 

 

 

◎ 戦争やの黒幕は 隠れているが 今 その下のものが 活躍している。

 

シリアでの偽旗計画をしています。

 

 

 

 

 

 

 

9.11  シリア、イドゥリブ住民が告発 

 

シリア軍が化学攻撃と見せかける煽動が準備


イドゥリブの住民からの情報によれば、現地ではすでに

 

「シリア軍による化学攻撃が行われた」という設定で煽動用の撮影が開始されている。

ロシアのシリア敵対方面和解センターの声明で明らかにされた。


住民らの情報によれば、シナリオではあたかも「シリア軍がいわゆる中毒物質の入った「樽状空爆」、つまり化学攻撃を行い、
その後、ジルス・エシュ・シュグルの住民に『ホワイトヘルメット』が救援活動をする」の図が仕立てられている。
 

 

偽造場面の撮影や「ホワイトヘルメット」による招集が「わざとらしくなく」仕上がるために、

ジルス・エシュ・シュグルでは11日午前、ヘルベト・エル・ジャウズ居住区から塩素を土台とした中毒物質を入れた2つの容器が運び込まれた

 

 

 

 




 


9.12  露国連大使「シリアでの『化学攻撃』準備の証拠を露は保有」 安保理会合で

 


ロシアのネベンジャ国連大使は、シリア政府が化学兵器を保有していないため、同国のアサド大統領は塩素を使用する命令を出すことはできなかったと強調した。


そのうえで、「その代わり、シリア政府の敵による、外国のパトロンによる武力支援を目当てにした挑発行為は、完全にあり得ることだ」と結論づけた。


 

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

日本古代史

日本古代史入門
クリエーター情報なし
作品社(インプレス)

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM